車のローンが組めない場合の対処法は?ローンが組めなくならないためのポイントとは

車のローンが組めない場合の対処法は?ローンが組めなくならないためのポイントとは
カルモくんなら新車が

車のローンを組む際には、月々の支払い能力を判断するための審査があります。審査の結果、信用情報に傷がついていたり携帯料金などの延滞があったりするとローンを組むことは難しくなります。それでも車のローンを組みたいときの対処法はあるのでしょうか。
ここでは車のローンが組めない場合の対処法やローン審査で気を付けたいポイントなどについてご紹介します。

車のローンとは?

車のローンとは、車の購入費をローン会社が一括で支払い、利用者はその金額をローン会社に分割払いで返済していくしくみのことです。車だけでなく、家のローンなどもこの方法が一般的で、車を購入する方のほとんどが利用しています。
この車のローンを組むためには、収入属性などの審査があります。
まずは、車のローンを利用する際の審査内容についてみていきましょう。

勤務先など属性

ローン審査では、安定した収入を得ているかどうかがチェックされるため、正規雇用であるかどうかが審査対象となります。また、収入によっても借入可能額が異なるため、年収なども審査に影響があります。

支払いなどの延滞の有無

現在の支払いの延滞はもちろん、過去の延滞の履歴なども個人信用情報機関の情報をもとに調査されます。また、個人信用情報機関ではローンだけでなく携帯電話本体代金の支払い状況やクレジットカードの支払い状況、奨学金の支払い状況なども情報として持っており、その内容も審査に影響します。そのため、審査内容が心配な場合は自身で情報開示手続きをして確認しておくのがおすすめです。

車のローンが組めないケースとは?

車のローンが組めないケースとは?

申込み時に安定した収入があって支払い能力がある場合でも、車のローン審査に落ちてしまうことがあります。
ここでは、車のローンが組めないケースについてご紹介します。

1. 過去5年の信用情報に問題がある

前述したとおり、ローン審査では過去の携帯料金や税金などの延滞状況も調査されるのですが、個人信用情報機関には2カ月以上延滞があると記録が残るようになっています。また、記録は1年、もしくは5年のあいだは残るため、数年前に完済していてもローン審査に落ちてしまうことがあります。

2. 複数のローンを組んでいる

ローン審査では、年収に対しての借入可能額(返済比率)が計算されています。通常、返済比率は年収の20%と決められているため、すでに返済比率を上回るローンやクレジットカードのキャッシングを利用していたりすると、審査に通らない可能性があります。また、利用開始になっていなくても複数のローンを同時に申し込んでいる場合は、審査通過が難しくなります。

3. 勤続年数が短い

ローン審査では、年収や勤務先、勤続年数などの情報も審査対象となります。ちなみに、勤続年数は3年以上であればローン審査が通りやすく、反対に勤続年数が1年未満の場合はローン審査が通りにくいといわれています。

4. 虚偽の内容を申告している

審査内容に心配があっても、虚偽の申告をしてはいけません。ローン審査では、勤務先への在籍確認をすることもあり、虚偽の申告が判明した時点で審査に通ることはありません。

まずは審査

ローンが組めないときの対処法はあるの?

ローンが組めないときの対処法はあるの?

審査に通らずローンが組めないとき、何かしらの対処をすることでローンが組める可能性があります。
そこで、ローンが組めないときに試したい対処法についてみていきましょう。

車のクラスを下げる

ここまでにご紹介したように、返済比率を考慮してローン審査は行われています。そのため、見合っていない金額の車種のローン審査を申し込んでいる場合には、車のクラスを下げることで審査に通る可能性があります。また、同じ車種でもグレードを下げると価格が下がることもあるので、見直してみるといいでしょう。

ほかのローンを解消する

現在、ほかにも利用しているローンがある場合、先にほかのローンを解消するという方法もあります。車の購入金額よりも低く、支払いを済ませることができるローンがあるのであれば試してみるといいでしょう。

信用情報がクリアになるまで待つ

過去に延滞をしてしまい信用情報に傷があるという場合、信用情報がクリアになるタイミングで審査申込みを行うのもひとつの方法です。信用情報は自身でも確認できるため、解消する時期も想定することができます。

保証人を立てる

未成年や自分の属性などでは審査通過が難しい場合、安定した収入のある連帯保証人を立てることで審査に通る可能性があります。ただし、基本的に保証人は家族や親戚などの親族が対象となります。

ローン会社ごとの審査方法をチェックする

車のローンには、銀行などの金融機関によるローン信販会社によるローンがあります。これらは審査内容や金利が異なるため、それぞれの審査内容をチェックしておくのもおすすめです。
なお、金融機関の自動車ローンは金利が安く、信販会社のローンのほうは審査に通りやすいというメリットがあります。

別のローン会社を利用する

審査を行ったローン会社と別のローン会社を利用して、再度審査を受けるという方法もあります。しかし、短期間で何度もいろいろなローンで申込みを繰り返すと審査に通りにくくなるので、半年以内に複数の申込みを行う件数は2〜3件にとどめておきましょう。
また、ローンもいいですが、カーリースで審査が通るか試してみるというのもいいでしょう。カーリースは最大11年まで契約期間があるものもありますから、月の支払額が低く抑えられます。支払額が少ないのであれば、支払うこともできると判断されやすいかもしれません。

10013_N BOX

頭金を入れる

ほかのローンを解消するのと同じ原理で、現金に余裕がある場合は頭金を入れて借入額を少なくするのもいいでしょう。勤続年数が短くて審査に落ちてしまったという場合も、勤続年数を重ねながら貯金をしておくことで、より審査に通りやすくなります。

審査中に転職をしない

審査期間中の転職も審査に落ちてしまう理由のひとつです。もちろん、退職も同様です。転職や退職などは収入源が安定せず、支払い能力も不安定という判断がされてしまうので注意しましょう。

ローン審査で気を付けたいこと

ローン審査で気を付けたいこと

ローン審査を行う上で少しでも不利になることは避けたいものです。審査を受ければ履歴が残ります。そのため、複数のローンに同時に申し込んだり、審査に落ちたりした事実があれば、必死にローンを申し込むほどお金に困っていると判断され、さらに状況が悪化してしまうので注意が必要です。

ローン審査の正しい知識を身につけて利用しよう

ローンは賢く使うととても便利な利用方法です。しかし、計画的に利用しなければ、今後に影響を与えてしまう可能性もあります。現在ローンが組めなくて困っている方は、焦って何度も申込みをせずに、審査に通る状況を作ってから臨みましょう。

よくある質問

Q1:車ローンの審査内容は?

A:ローンでは、利用者に支払い能力があるのかを判断するための審査があります。ローンの審査内容はどの種類でもほとんど同じで、勤務先や雇用形態、年収、勤続年数、信用情報がチェックされます。

Q2:ローンが組めない理由とは?

A:勤続年数が1年未満などと短い場合はローン審査に通りにくいと言われています。また、過去にクレジットカードや携帯料金などの支払い遅延があり、その情報が信用情報に記載されている状態ではローン審査通過は厳しいと言えるでしょう。複数のローンを組んでいる場合も審査に影響があることがあります。

Q3:ローン審査に通らない時はどうすればいい?

A:車のクラスを下げたり、頭金を入れたりして借入額を減らすとローン審査に通る可能性が高くなります。場合によっては保証人を立てることで審査に通ることもあります。また、信用情報に問題がある場合は信用情報がクリアになるまで待つなど、適切な時期にローン審査の申し込みを行うことも大切です。

※記事の内容は2019年11月時点の情報で執筆しています。

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

この記事をシェアする

タグから記事を探す

読了後バナー