ローンの種類とは?担保の有無や金利、返済方式の種類もわかりやすく解説

ローンの種類とは?担保の有無や金利、返済方式の種類もわかりやすく解説
ローン無しでも新車

ローンの種類には、車や住宅、教育などさまざまなものがあります。人生の中でまとまったお金が必要になってローンを組むとき、どの種類のローンを選ぶかによって負担が変わります。ここでは、代表的なローンの特徴を解説した上で、返済方式や金利、担保の有無といったローンの種類について解説します。

ローンを組まずに車に乗る方法はこちら

【この記事のポイント】
✔ローンの種類には車のローンや住宅ローン、教育ローンなどがある
✔ローンを組む際は、担保の有無や金利、返済方式などを選択する
✔ローンを組まずに新車に乗るなら、カーリースの定額カルモくんがおすすめ

Group 19

ローンの種類とは?

ローンの種類とは?

ローンとは、まとまったお金を金融機関などから借り入れるサービスのことで、利息をつけて月々返済していく必要があります。ローンにはどのような種類があるのでしょうか。用途別に代表的なローンの種類について確認しましょう。

車のローン

車のローンは新車や中古車を購入する際に組むことができるローンで、自動車ローンやオートローンと呼ばれることもあります。借入先によって、銀行系ローンやディーラーローンなどの種類に分かれます。なお、車のローンによっては、車の修理や車検、自動車免許取得、バイクや船舶の購入などにかかる費用を借り入れることも可能です。

車に関わる多額の費用を現金一括で支払えない場合でも、ローンを組めば月々分割で返済できるので、幅広く利用されています。

車検・税金コミコミ、頭金・ボーナス払いなしで月々10,000円台から新車に乗る方法があります。
詳しくはこちらからどうぞ

住宅ローン

住宅ローンとは、マンションや建売住宅の購入、一戸建ての建築などに必要なお金を借り入れる際に組むローンのことです。リフォームや土地の購入、中古マンションの購入など、住宅に関わることに使えます。住宅の購入には多額の資金が必要となり一括で支払えないケースが多いことから、多くの方が住宅の購入や改築などに住宅ローンを利用しています。

住宅ローンの場合、物件を担保とするため、契約者本人の属性情報や返済能力だけでなく、物件の担保価値も審査の対象となるのが特徴です。

教育ローン

教育ローンは、子供の教育資金などを借り入れることを目的としたローンで、子供の入学前に限らず在学中の必要なタイミングで借り入れることも可能です。入学金や学費だけでなく、一人暮らしをするための費用など、幅広い目的で利用できるのが特徴です。

教育ローンの種類には、国や公的機関が提供するローンのほか、銀行などが提供する民間の教育ローンなどがあります。なお、奨学金と混同されるケースもありますが、教育ローンは基本的に保護者が借りて返済するのが一般的であるのに対して、奨学金は子供が借りて返済するという違いがあります。

カードローン

カードローンとは、金融機関やクレジットカード会社などの貸金業者が提供するローンのことで、ATMや銀行口座からの引き出し、ネット振込などからお金を借り入れられるローンです。

基本的に、利用限度額の範囲内であれば何度でも借りられます。さらに、車のローンや住宅ローンなどと異なり使い道が決められていないため、借り入れたお金を自由に使うことができるのが特徴です。多くのカードローンが無担保かつ無保証で組むことができます。

似たような借入方法にクレジットカードのキャッシングがありますが、カードローンはキャッシングより金利が低い傾向があり、審査の内容によっては利用限度額も高く設定できます。

フリーローン

フリーローンとは、銀行やクレジットカード会社などで提供されるローンのことで、基本的に使用目的に制限がありません。使用目的の申告が必要な場合もありますが、結婚資金や旅行資金、保険適用外の手術や入院にかかる費用など、さまざまなことに利用できます。フリーローンを組んで車を買える場合もあります。

カードローンと似ていますが、フリーローンの場合、一度の契約でお金を借り入れられるのは1回のみとなります。

事業ローン

事業ローンとは、企業や事業主、個人経営者などがビジネスのためにお金を借り入れるローンのことです。提供している金融機関によっては、ビジネスローンや事業者ローンと呼ばれることもあります。事業主の個人名義で借りられたり、法人名義で借りられたりする場合もあります。

ローンの種類と金利の関係

ローンの種類と金利の関係

ローンは、資金の用途によってさまざまな種類があり、ローンの種類によって金利も変わってきます。では、ローンの種類と金利の関係について確認しましょう。

ローンは種類に限らず必ず金利がかかる

ローンを組む場合、種類にかかわらず借入残高に金利がかかり、利息を含めた金額を返済する必要があります。ローンにかかる金利は、ローンの種類のほか、金融機関など借入先によっても異なります。ローンを選ぶ際は、適用される金利が低いものを選ぶことで、返済総額を抑えることができます。

金利とは

金利とは、借入金額に対する利息の割合のことです。例えば、100万円を借り入れて1年間の利息が52,000円だった場合、金利は年間5.2%となります。ローンの金利は、借りている金額、つまり元金に対してかかります。ローンを契約して毎月返済をすることで元金は減っていき、残っている元金に対して金利がかかります。

用途が限られるローンは金利が低め

車のローンや教育ローンなど、用途が限られるローンは適用される金利が低めに設定される傾向があります。一方、借り入れた資金の用途が制限されていない自由度の高いローンの場合、金利が高くなりやすいです。これは、ローン商品が、借入残高に金利をかけた金額、つまり利息によって利益を生み出していることが関係します。

一般的に、ローンの金利は借入金額と返済期間によって決まります。住宅ローンやカーローンなど用途が限られるローンの場合は、借入金額が大きくなりやすく、返済期間も長くなる傾向があることから、金利が低くても一定の利益を得られます。一方、利用限度額が比較的低いフリーローンなどは、金利を高めに設定しないと利益を出せないのです

ローンを組む際は、目的に合わせてローンを選ぶことで利息の負担を下げられる可能性があります。

初期費用がかからず月々10,000円台から新車に乗る方法は、こちら

月々10000円台で新車

ローンの金利とその種類

ローンの金利とその種類

金利には固定金利と変動金利の2種類があります。ローンを組む際に後悔しないように、契約前に金利の種類についての特徴を押さえておく必要があります。ここでは、固定金利と変動金利の特徴についてご紹介します。

固定金利

固定金利とは、ローン契約が終了するまで利率が変わらない金利のことです。固定金利には、借入期間の中で金利が固定される期間を選べる「固定金利選択型」と、契約時に決定した金利が契約期間中ずっと変わらない「全期間固定金利型」があります。

金利が固定されれば毎月の返済額も一定となるため、返済計画が立てやすくなります。一方、市場の金利が下がった場合でも金利を変更できないのはデメリットといえます。さらに固定金利は、変動金利に比べて利率が高く設定される傾向があり、利息が高くなりやすいのが特徴です。

変動金利

変動金利は、市場の動きに合わせて利率の見直しが行われ、変動する金利のことです。変動金利は、固定金利に比べて金利が低く設定される傾向があり、返済総額を抑えやすいというメリットがあります。一方、金利の変化によって返済額が変わりやすく、返済計画が立てにくいのはデメリットといえます。

おもな返済方式とその種類

おもな返済方式とその種類

ローンは金利だけでなく返済方式にも種類があります。おもな返済方式として、元利均等返済と元金均等返済が挙げられます。返済方式が変わると負担する利息も変わるので、それぞれの特徴を確認しておきましょう。

元利均等返済

元利均等方式

元利均等返済は、元金と利息の割合を調整して月々の返済額が均一となる返済方式です。返済額が一定なので、出費が明確になり返済計画が立てやすいというメリットがあります。一方、元金が減っていくペースが遅いため、利息が増えて返済総額が高くなる可能性があります。車のローンは、この元利均等方式が適用されることが多いです。

元金均等返済

元金均等方式

元金均等返済は、毎月の返済額のうち元金を一定の金額として、そこに利息を加えて返済する方法です。元金均等返済の返済額は、借入残高に応じて変化します。

元金が減るスピードが早いので、同じ期間で借り入れた場合は元利均等返済よりも返済総額を抑えられるのがメリットです。一方、返済開始時の利息が最も高くなるため、最初の返済額の負担が大きいというデメリットがあります。

担保の有無によるローンの違い

担保の有無によるローンの違い

ローンの種類は、担保の有無によっても分けられます。ここでは、有担保ローンと無担保ローン、それぞれの特徴を見ていきましょう。

有担保ローン

有担保ローンとは、借入れの条件として担保が必要となるローンのことです。代表的な有担保ローンとして、不動産担保ローンや自動車担保ローンが挙げられます。

担保があることで、低い金利で高額な融資を受けられることが多いのが特徴です。一方、返済が滞ると担保にしていたものを失うというリスクもあります。なお、有担保ローンの場合、審査では契約者の返済能力だけでなく、担保の価値が見合っているかどうかを精査する時間が必要なため、借りるまでに時間を要することもあります。

無担保ローン

無担保ローンとは、担保なしで利用できるローンのことです。審査で担保の価値も判断する有担保ローンに比べて、審査が早いのが特徴です。一般的に、契約者の身分証明書など必要書類を用意すれば、すぐに借りられます。

無担保ローンは、有担保ローンに比べて借入れできる金額が低い傾向があり、金利も高めに設定されることが多いです。

複数種類のローンを同時に組むことはできる?

住宅ローンと車のローンを組みたいという場合や、住宅ローンと教育ローンをいっしょに申し込みたいというときは、複数のローンを同時に組むことができます。しかし年収の3分の1を超える貸付けが禁止されている総量規制の対象となるローンを組む場合、借入金額によっては複数のローンを同時に利用できないことがあります

なお、年収に占めるローンの年間返済額を表す割合のことを「返済負担率」といいます。金融機関によって返済負担率の基準は異なりますが、年収の30〜35%程度が目安といわれています。複数のローンを組む際は、予算や年収に合わせて計画的な返済プランを立てるようにしましょう。

次項からは、住宅ローンとカーローン、両方組みたいときのおすすめの方法や、ローンを組まずに車を持つ方法をご紹介していきます。

住宅ローンとカーローンの両方を検討しているなら、カーリースがおすすめ

憧れのマイホームとマイカーを所有するために住宅ローンと車のローンを両立させたいという場合は、返済負担率を考慮した上で慎重に検討する必要があります。返済負担率が高くなり2つのローンを同時に組むのが難しい場合は、借入金額が高くなりがちな住宅をローンで購入し、車のローンを組まずにカーリースを利用するという方法もあります。

カーリースとは、月々定額の料金を支払うことで一定期間、車に乗ることができるサービスです。カーリースを利用すれば、購入時のように頭金や初期費用がかからず、まとまった資金を用意する必要がありません
さらに、毎月定額で利用できることから、住宅ローンを併用した場合も家計の管理がしやすくなります。

定額カルモくんなら初期費用がかからずローンよりお得に新車に乗れる

カルモくん_new

数あるカーリースの中でもおトクにマイカー 定額カルモくん」なら、頭金や初期費用がかからず購入時よりも負担を抑えて新車に乗れます。ここでは、頭金なし、ボーナス払いなしの完全定額制で新車に乗れる定額カルモくんについてご紹介します。

月々10,000円台から新車に乗れる

リース料金の残価設定

カーリースの月額料金には、契約満了時の車の下取り価格、つまり残価が関係しています。契約時に設定した残価を車両本体価格から差し引いた金額を基に月額料金を算出していることから、安価な料金で車を提供できるのです。
定額カルモくんの場合、月々10,000円台から新車に乗れるなど、日本一安いカーリース*として注目を集めています。カーリースと聞くと、残価の支払いが不安という方もいるかもしれませんが、定額カルモくんは残価精算なしのリースサービスです。

*一般社団法人日本自動車リース協会連合会所属のすべての業者の中で、完全定額(頭金なし・ボーナス払いなし・クローズドエンド契約)で新車を個人向けにリースしているサービスにおいて月額料金が日本最安値(2021年7月13日、ステラアソシエ株式会社調べ)

車検込みで月々10,000円台から新車に乗れる定額カルモくんについて、詳しくはこちらからどうぞ

新車を1万円

メンテナンスプランをつければ維持費も定額にできる

車を購入する場合、車両本体価格とは別に税金や保険料、車の維持費などとしてまとまった費用を用意しておく必要があります。しかし、定額カルモくんを利用すれば、月額料金に税金や自賠責保険料、各種手数料が含まれます。さらに、メンテナンスプランを利用すれば、車検費用や消耗品の修理・交換費用などの維持費も定額にできます

修理の度に突発的な費用を負担する必要がなく、毎月定額で家計の管理がしやすいというメリットがあります。

契約期間は1~11年のあいだで自由に設定できる

車のローンで設定できる返済期間は、銀行系ローンで7~10年、ディーラーローンだと6~8年程度であることが一般的です。定額カルモくんの場合、契約期間は1〜11年のあいだで、1年単位で自由に設定できるため、ライフイベントに合わせて利用しやすいという特徴があります。

さらに定額カルモくんには、7年以上の契約で月々500円をプラスすれば契約満了時に車が自分のものとなる「もらえるオプション」があります。マイカーとして車に乗り続けたいという方には、最適のプランではないでしょうか。

定額カルモくんなら、オンラインからたった5分で手軽に「お試し審査」ができます。
とりあえずリースを利用できるかどうか確かめたい、という方にもおすすめです

まずは審査_キャプションあり

ローンの種類を理解して負担を抑えてお得に利用しよう

ローンにはさまざまな種類があります。ローンを組む際は、金利や返済方式、担保の有無などの特徴をきちんと確認し、予算に合わせて適切なものを選ぶことが大切です。複数のローンを組むこともできますが、返済額が増えて生活を圧迫しやすくなるため、利用は慎重に考えなければなりません。

車のローンを検討するなら、カーリースも選択肢に入れてみてはどうでしょうか。中でも、定額カルモくんがおすすめです。初期費用がかからず購入時の負担を抑えられることからローンと併用する場合も安心です。気になる方は、下のバナーから確認できます。

業界最安値のカーリース

よくある質問

Q1:ローンの種類にはどのようなものがある?

A:用途が決まっているローンには、車のローンや住宅ローン、教育ローン、事業ローンなどがあります。一方、用途を限定しない自由度の高いローンには、カードローンやフリーローンがあります。なお用途を限定しないローンは、金利が高い傾向があります。

Q2:ローンの種類を選ぶとき、何に注目すればいい?

A:金利や返済方式、担保の有無について確認しましょう。選ぶローンの種類によって、返済総額が大きく変わる可能性があります。事前にローンの種類と特徴を押さえておくことが大切です。

Q3:ローンは複数利用してもいい?

A:複数のローンを同時に組むことはできますが、年収に対する年間の返済額の割合を示す「返済負担率」が高くなり、審査に通りにくくなることがあります。車を持ちたいなら、ローンを組むよりカーリースの定額カルモくんを利用すれば負担を抑えて新車に乗れます。毎月定額で利用できるので、ほかにローンを組む際も家計の管理がしやすくなります。

※記事の内容は、2021年10月時点の情報で制作しています。

関連記事

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

読了後バナー