ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

車ローンのメリット・デメリットは?現役FPが教えるここだけの話

知っておきたい車ローンの種類別メリット・デメリット

車の一括購入が難しいときに利用したい車のローン。ローンの利用は、一括購入と比較してどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

車のローンにはいくつか種類があるため、それぞれの特徴を知った上で、自分にぴったりのローンを選びたいところです。

そこで、ローンの種類別のメリット・デメリットや、変動金利型と固定金利型の違いなどについて、ファイナンシャルプランナーの伊藤真二さんの解説と併せてご紹介します。

初期費用0円で新車に乗る方法を先に知りたい方はこちら

  • 車ローンのメリットは、まとまったお金を一度に支払わなくてよいこと
  • 車ローンのデメリットは、金利がつくため一括購入より高額になりやすいこと
  • 分割なのに金利負担がない車の新しい乗り方がある

車ローンのメリット

車のローンのメリット

自動車ローンとは、ディーラーや金融機関などから車の購入資金を借りて、分割で返済するしくみのことです。車を購入する際の選択肢として広く利用されていて、以下のようなメリットがあります。

お金を一気に支払う必要がない

車のローンを利用すれば、貯金を一度に失わずに済むというメリットがあります。
ただし頭金を入れる場合、その分を現金で用意する必要があります。なお、頭金は車両本体価格の10~30%ほどが一般的といわれています。

また、車を購入する際には、車両代金以外に各種税金や自賠責保険料などの初期費用も必要で、基本的には現金で支払う必要があります。しかしローンの種類によっては初期費用も組み込める場合があります。

家計の見通しが立てやすい

ローンでは、借入額を毎月一定の割合で返済します。毎月出ていく金額がわかりやすいため、家計の見通しが立てやすくなるでしょう。借入期間を長くしたり、ボーナス払いを設定したりと、家計の収支に合わせて返済額を調整することも可能です。

タイミングによっては一括購入とほぼ同額になるケースも

ローンには金利が伴うため、基本的には一括購入より最終的な支払総額が大きくなります。しかし、申し込むタイミングによっては、一括購入とさほど変わらない金額で車を手に入れることも可能です。

金融機関や販売店が開催する低金利のキャンペーンを利用するという方法です。実施時期はさまざまですが、まれに1~2%以下の金利もあり、こうしたローンを利用すれば、一括購入との差をあまり気にせずに車を購入できるでしょう。

申込み条件を含め、さまざまな金融機関や販売店のローンのキャンペーン情報を集めてみることをおすすめします。

FP:伊藤
FP:伊藤

ローンは、車の購入資金が足りない方以外にも、今後のライフイベントのために貯蓄を残しておきたいと考える方にも向いています。一括で車を購入したことで貯蓄をすべて使い果たしてしまうとすれば、その後の生活に不安が残るでしょう。

将来起こり得るさまざまなイベントにスムーズに対応するためには、ある程度の資金は手元に残しておく必要があり、そのためにローンを利用する方は少なくありません。

車ローンのデメリット

自動車ローンは資金繰りの面で大きなメリットがある一方で、一括購入にはないデメリットも存在します。ローンを利用する前に確認しておくべきデメリットを詳しく見ていきましょう。

金利がつくため一括購入より高くなりやすい

ローンを利用すれば、車両本体価格だけでなく金利もいっしょに返済しなければいけません。銀行系ローンは2~4%と低金利ですが、ディーラー系ローンは金利が10%以上になるケースも少なくありません。この場合、最終的に支払う金額は一括購入よりかなり高くついてしまいます

仮に200万円の車を、頭金・ボーナス払いなしで5年ローンを組んだとすると、返済総額は金利3%ならば約216万円、金利10%ならば約255万円となり、一括購入したときと比べて大きな差が生まれます。

完済まで車が所有物にならない

ローンの種類によっては、完済するまで車の所有権をディーラーやローン会社が持つ場合があります。所有者の名義がディーラーやローン会社にあると、車の売却や譲渡などは自分の判断で行えません。売却したいなら、ローンを一括で返済する必要があります。

審査に通らないと借りられない

自動車ローンは審査を通過しなければ利用できません。審査では収入や職業、信用情報などを基に、借入額に見合った返済能力があるか否かを判断されます。条件によっては希望額を借り入れることができない場合もあるため注意しましょう。

また、審査には数日から数週間ほどかかる場合もあるため、余裕を持った購入計画を立てておく必要があります。

FP:伊藤
FP:伊藤

車をローンで購入する最大のデメリットは、支払総額が膨らむ点です。ローンの返済期間を長くすればするほど利息総額が膨らむため、少しでも負担を抑えたい場合は、頭金を多めに入れたり、ボーナス払いを併用したりするほか、返済期間を短めに設定するといいでしょう。また、車を売却したい時期が決まっている場合は、その時期には自身できちんとローンを完済できるように、逆算して返済プランを考える必要があります。

金利負担なく分割払いができる車の新しい持ち方とは?詳しくはこちら

4種類の車のローン

4種類の車のローン

一口に車のローンといっても、借入先や金利タイプによって特徴が異なります。

まず、車のローンはおもに4種類に分類されます。銀行系ローン、ディーラーローン、残価設定ローン、自社ローンです。それぞれ審査の通りやすさや借入れまでのスピードなどが異なります。

また、ローンは借入額に対してかかる金利によって、変動金利タイプと固定金利タイプの2種類に分けられます

これらの違いを把握して、自身に適した方法で車を手に入れましょう。
次の項では、ローンの種類ごとにメリット・デメリットを詳しく解説します。

銀行系ローンのメリット・デメリット

銀行系ローンは、住宅ローンと同様に、車の支払いのために銀行から借入れを行う形式のローンです。銀行系ローンのメリット・デメリットとして、次のような点が挙げられます。

銀行系ローンのメリット

低金利である
・ローンの選択肢が多い
・車両代金以外の費用もローンに組み込めることがある
・車を購入した後はすぐに自分の名義となるため、車の買替えやローンの借換えがしやすい
・同じ銀行で住宅ローンなどを利用している場合、金利の優遇が受けられることがある
・銀行系ローンは総量規制(年収の3分の1を超える借入れを原則禁止とする貸金業法)の対象外となっているため、住宅ローンなどほかのローンを利用していても借入額に影響がない
・中古車購入時でも利用できる

銀行系ローンのデメリット

ほかのローンに比べて審査がきびしい傾向がある
・審査結果が出るまで日数がかかるケースが多い
・借入先の支店まで行くケースが多い
・別途、保証料や事務手数料が発生することがある
・車を手放してもローンが残っていれば返済し続ける必要がある

FP:伊藤
FP:伊藤

銀行系ローンは金利が安い点がメリットですが、審査の際は職業や勤続年数などもきびしくチェックされる傾向があります。そのため、雇用形態が正社員ではない方や転職したばかりの方などは、ローン審査の際に不利になってしまいがちです。

ディーラーローンのメリット・デメリット

ディーラーローンのメリット・デメリット

ディーラーローンとは、ディーラー(自動車販売店)が提供する自動車ローンのことです。購入者は車を担保にして、ディーラーと提携する信販会社に返済していきます。
ディーラーローンのメリット・デメリットとしては、次のような点が挙げられます。

ディーラーローンのメリット

・車の購入時にその場でローン契約を結べて、煩雑な手続きがない
銀行系ローンに比べて審査に通りやすい傾向がある
・ディーラーローンの利用を前提に、車両本体価格の割引きやオプションなどの特典を受けられる場合がある
・低金利や金利0%などのキャンペーンを利用できる場合がある

ディーラーローンのデメリット

銀行系ローンに比べて金利が高い
・ローン適用範囲は車両本体価格のみで、それ以外の費用は別途準備が必要な場合が多い
・ほかのローンと比較すると、返済期間の設定が短い傾向がある
・ローンを完済するまで車が自分名義にならない(所有権留保)ので、途中で売却や買替えをしたくなったら一括返済する必要がある
・返済途中に事故などで車が全損した場合、残債の一括返済を求められるケースがある

FP:伊藤
FP:伊藤

ディーラーローンは銀行系ローンに比べて審査が緩い傾向があります。そのため、銀行系ローンで不利になりがちな非正規雇用の方や個人事業主の方には有力候補となるでしょう。

ただし、銀行系ローンに比べて金利は高くなるため、利息も含めた返済総額で利用を判断する必要があります。

残価設定ローンのメリット・デメリット

残価設定ローンはディーラーローンの一種で、信販会社と契約を結ぶ形式のローンです。ほかのローンと違うのは、ローン返済終了後の車の想定価格「残価」を、最終回の返済まで据え置くという点です。

例えば、300万円の車を購入し、5年後の残価を100万円とした場合、300万円から100万円を差し引いた200万円を5年間で返済します。返済期間の最後に、残価の100万円を一括返済して車を自分のものにするか、ディーラーに買い取ってもらって残価を精算するかを選べます。

残価設定ローンのメリット・デメリットとしては、次のような点が挙げられます。

残価設定ローンのメリット

・残価の返済が据え置かれている分、ほかのローンより月々の返済額を抑えられる
・ディーラーローンよりも金利が低いケースが多い
・下取り価格が保証されている
・返済期間を3~5年の範囲内で設定できる

残価設定ローンのデメリット

・残価を担保するために、カスタマイズができない、走行距離制限があるなど、車の利用に制限が設けられているケースが多い
・車に損傷などがあり設定した残価分の価値が残っていない場合、精算時に差額を支払う必要がある
・返済終了まで、所有権はディーラーにある
車を自分の手元に残すなら残価を一括返済する必要がある
・据え置いた残価分にも金利がかかる

FP:伊藤
FP:伊藤

残価設定ローンで忘れてはならないのは、契約期間後も車に乗り続けたい場合、据え置いた残価を最後にまとめて精算しなければならない点です。残価設定ローンは一見、お得なしくみのようにも見えますが、返済の最終回まで据え置かれた残価にも金利がかかるため、その点も理解した上で慎重に検討することが大切です。

自社ローンのメリット・デメリット

自社ローンのメリット・デメリット

自社ローンは、中古車購入時に利用できるローンで、銀行や信販会社といった金融機関を通さず、中古車販売店が貸主となって直接ローンを組む形式のものです。
自社ローンのメリット・デメリットとしては、次のような点が挙げられます。

自社ローンのメリット

・販売店が独自の基準で審査するので、ほかのローンよりもハードルが低い傾向がある
・店頭で審査などの手続きが済む

自社ローンのデメリット

・「金利0%」をうたっていても、手数料や保証料などが上乗せされるので、ほかのローンよりも返済総額が高くなるケースが多い
・ローン完済まで車の所有権は販売店にあるため、返済中に車の売却や買替えをしたい場合は一括返済する必要がある

FP:伊藤
FP:伊藤

自社ローンの審査は信販会社を通さずに行われるため、そのほかのローンで審査に通らなかった方でも利用できる可能性があるといえます。ただし、金利がない代わりに高額な手数料が上乗せされる点には注意が必要です。審査に通りやすそうという理由だけで安易に申し込むことはやめましょう。

ローンよりもお得で手軽な車の持ち方があります。詳しくはこちら

車ローンを一括返済するメリット・デメリット

車のローンは途中で一括返済することも可能ですが、一括返済にはメリットだけでなくデメリットもあるため、事前にポイントを押さえておくことが大切です。それぞれ詳しく見ていきましょう。

車ローンを一括返済するメリット

車のローンを一括返済することによって、利息負担が減り返済総額が安くなります。また、ローンを利用した場合、完済するまで車の名義はディーラーやローン会社になりますが、一括返済することによって自分名義に変更することができます。

そのため、車の売却なども自由に行えるようになる点もメリットです。

車ローンを一括返済するデメリット

ローンの残債が大きい場合、一括返済することによって家計を圧迫してしまう可能性があります。返済を急ぐあまりに無理をして一括返済をしても、その後の生活に支障が出るようであれば意味がないため、家計の状況を踏まえた上で一括返済するかしないかを検討するようにしましょう。

また、ローン会社によっては一括返済の手数料が発生するケースもあるため、事前に必ず確認しておくことが大切です。

FP:伊藤
FP:伊藤

借金をしているという焦りから、ローンの一括返済を急ぐ方もいらっしゃいますが、一括返済することが必ずしも正解というわけではありません。現在の家計状況と今後発生する可能性のある支出なども踏まえ、一括返済しても家計に影響がないと判断できる場合にのみ、行うようにしましょう。

変動金利と固定金利の違い

車のローンには、住宅ローンなどと同様に「変動金利型」と「固定金利型」があります。それぞれの特徴とメリット・デメリットを押さえておきましょう。

変動金利型

変動金利型とは、経済情勢や景気の動向に応じて利率が変動していくタイプのローンです。

変動金利型のメリット

  • 固定金利に比べて、利率が低く設定されている
  • 不景気の際は金利が低くなる

変動金利型のデメリット

  • 好景気になると金利が上がり、総返済額が高くなる可能性がある

固定金利型

固定金利型のローンは、経済状況による影響を受けません。完済時まで、ローン契約をした時点で設定した利率がずっと続きます。

固定金利型のメリット

  • 好景気になっても利率が上がらず、一定の返済額のままで済む

固定金利型のデメリット

  • 変動金利に比べて、利率が高く設定されている
  • 金利相場が低い場合でも、高金利のまま返済しなくてはならない
FP:伊藤
FP:伊藤

とにかく金利を低くしたいという方は、変動金利型が向いているといえるでしょう。ただし、返済期間が長い場合、金利変動リスクが高くなる点には注意が必要です。

一方、毎月決まった額を計画的に返済したい方には固定金利型が向いているといえます。変動金利に比べて利率は高くなりますが、途中で金利が上がることもないため、安心感は得られるでしょう。

ローンを組むよりお得!?車の新しい乗り方とは

ローンを組むよりお得!?車の新しい乗り方とは

一括購入は難しいけれどローンのデメリットが気になるという場合、車の新しい乗り方である車のサブスクリプションサービスを検討してはいかがでしょうか。

車のサブスクは、毎月の定額料金の支払いで新車をマイカーのように利用できるサービスです。車のサブスクもローンのように月々払いですが、お金の貸し付けではないので金利がかかりません。

また、車のサブスクのメリットとして、残価設定があるため車両本体分として支払う金額が抑えられ、全額を払うローンよりも負担が抑えられる、ということがあります

まずは、車のサブスクとローンでは支払額にどのような違いがあるのか、人気車種にかかる費用を例に比較してみましょう。

〈車のサブスクとカーローンの比較(5年契約)〉*

  車のサブスク カーローン 
トヨタ 
「ヤリスクロス(X“Bパッケージ”2WD」
179万8,000円 
初期費用 不要 180,320円 
月額料金または月々の返済額 37,890円~ 37,100円 
税金 
自賠責保険料 
不要 166,610円 
ホンダ
「N BOX(G FF)」 
142万8,900円 
初期費用 不要 93,570円 
月額料金または月々の返済額 25,970円~ 25,900円 
税金 
自賠責保険料 
不要 69,530円 

 

(2022年4月時点の情報)

*車のサブスクは「おトクにマイカー 定額カルモくん」で5年契約をした際の月額料金、カーローンはトヨタとホンダの各公式サイトでの返済期間5年のローンの見積もり結果です。税金および自賠責保険料は自動車税・軽自動車税(種別割)4年分と自動車重量税・自賠責保険料2年分で算出しています

月々の返済額ではカーローンのほうが安く見えます。しかし、車のサブスクの月額料金には初期費用や税金、自賠責保険料などが含まれているため、総額で考えるとサブスクのほうが安いことがわかります。

さらに、税金の手続きなどがない、定額の料金で安心感がある、といった利点のあるサブスクは、ローンに代わる車の乗り方としてたいへんお得なサービスといえるのではないでしょうか。

車の新しい乗り方ができる人気3社を紹介

ローンよりも負担を抑えやすい車のサブスクは、近年人気が急上昇しており各社からさまざまなサービスが登場しています。

ここでは、全国1540人を対象に行ったインターネット調査「最も好感の持てるカーリース」(2022年4月 編集部調べ)で上位となった人気のカーリース3社をピックアップしてご紹介します。

おトクにマイカー 定額カルモくん

カルモくん_new

おトクにマイカー 定額カルモくん」は、業界最安水準のお得な料金が最大の魅力です。頭金やボーナス払いのないわかりやすい料金体系となっており、例えばダイハツ「ミライース」なら月額11,220円から、メンテナンスプランをつけて車検費用を込みにしても月額14,560円で乗ることができます。

取り扱う車種も国産メーカーの全車種・全グレードと豊富で、欲しかった憧れの車にもローンを使わず乗ることができるでしょう。

メンテナンスプランには、必要なメンテナンス項目に応じて複数のプランがあり、車検や消耗品の交換費用がまかなえるほか、メーカーと同程度の延長保証もあります。支出のでこぼこをなくし家計の管理を楽にできるサービスといえるでしょう。

さらに、7年以上の契約で走行距離が無制限、契約期間満了後に車をもらえるオプションがあるなど、うれしいプランも多数用意されています。

簡単5分_お試し審査

KINTO

KINTO出典:KINTO

「KINTO」は、大手自動車メーカーのトヨタが提供する車のサブスクで、トヨタとレクサスの車を取り扱っています。特徴的なのは、任意保険(自動車保険)料やメンテナンス費用込みの料金体系。年齢や保険等級にかかわらず一定料金のため、任意保険料が高くなりがちな若年層にとってはメリットが大きいでしょう。

また、契約期間の途中で乗換えが可能なプランもあり、家族構成やライフスタイルが変わっても、気軽に次の車に乗り換えられます。

コスモMyカーリース

コスモMyカーリース出典:コスモMyカーリース

「コスモMyカーリース」は、コスモ石油が提供するサービスです。契約期間、走行距離、メンテナンスプランをそれぞれ選んで組み合わせることができ、自身のライフスタイルに合ったオリジナルプランを簡単に作成できます。店舗数が多く、車のトラブルがあった際にも身近なガソリンスタンドで相談でき安心です。

また、プランに応じて全国のコスモ石油のガソリンスタンドで給油割引を受けることができ、車の維持費として大きな割合を占めるガソリン代の節約にもつながります。

定額カルモくん利用者の口コミは?

リース会社を選ぶ際は、実際に利用している方の口コミを確認することも大切です。

ここでは、実際に定額カルモくんを利用している方のリアルな口コミをご紹介します。

定額カルモくんでは、正規ディーラー車を自宅や指定場所まで丁寧に届けてくれます。人気車種の新型にも負担を抑えて乗れるため、理想のカーライフを実現しやすいでしょう。

定額カルモくんでは、7年以上の契約で走行距離制限がなくなります。毎日の通勤で車を使う方や、頻繁に遠出をする方でも、安心して運転することができるでしょう。

定額カルモくんでは、車選びから契約手続きまでネットと郵送だけで完結します。契約のためにわざわざ店舗まで足を運ぶ必要がないため、忙しい方でも隙間時間で納車に向けて準備を進めることが可能です。

ローンのメリット・デメリットをよく考慮して、車の持ち方を検討しよう

車のローンは、銀行系やディーラー系など、種類によって金利の高さや審査の通りやすさが異なります。予算や自身の状況を踏まえて、複数の借入先を比較検討してみることが大切です。返済のシミュレーションを行いつつ、無理のない範囲で契約できるようにしましょう。

また、新しい選択肢として、ローンを組むよりもお得に車を利用できる車のサブスクもおすすめです。中でも顧客対応満足度98.9%*を誇る定額カルモくんなら、サブスクが初めての方も安心して利用できるでしょう。

なお、車のサブスクにもローンと同様に審査がありますが、ローンに比べてハードルが低いといわれています。定額カルモくんの「お試し審査」なら、サブスクを利用できるか簡単にチェックできるので、審査が不安な方にもおすすめです。審査通過後のキャンセルや車種・プランの変更も可能なので、まずは気軽に確認してみてはいかがでしょうか。

気軽におためし審査

*2019年12月~2021年6月までの定額カルモくんご契約者様504名を対象としたアンケート

よくある質問

Q1:車のローンを組むデメリットは?

A:金利がつくため一括購入より支払総額が高くなりやすい、完済まで車が所有物にならない、などの点がデメリットです。ローンの返済途中で車を売却したい場合、一括返済を求められることがあります。また、そもそも審査に通らなければローンを組めないということも理解しておきましょう。

Q2:車のローンにはどのようなものがある?

A:銀行系ローン、ディーラーを通して信販会社が提供するディーラーローン、中古車販売店が貸主となる自社ローンがあります。ディーラーローンの中には、事前に車両本体価格から残価を据え置いた上で分割返済する「残価設定ローン」という方法もあります。

Q3:ローンを組みたくないときの選択肢はある?

A:車のサブスクがおすすめです。頭金などの初期費用が不要で、決められた月額料金のみで車を持てます。また車両本体価格から残価が差し引かれる分、ローンよりもお得な料金になっています。最長11年契約ができる「定額カルモくん」なら、月々の負担をより抑えた乗り方も可能です。

※この記事は2022年4月時点の情報で制作しています

関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる