ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

無職でも車のローン審査に通る方法は?落ちたときの対処法や注意点を解説

無職でも車のローン審査に通る方法はある?落ちたときの対処法や注意点を徹底解説

車の購入は日々の買い物の中でも特に高額のため、ローンを組んで月々数万円ずつ返済していくのが一般的です。しかし、ローンには収入などの審査があるため、無職の場合や収入が低くてローンを組めないケースもあります。

では、そのようなケースでも生活や仕事などで車が必要なときはどうすればいいのでしょうか。ここでは、無職でもローン審査に通る方法はあるか、落ちたときの対処法や注意点をご紹介します。また、ファイナンシャルプランナーの伊藤真二さんの解説も併せて見ていきましょう。

ローン審査に落ちた方が利用している新車に乗る方法とは?

  • 安定的な収入や社会的信用度の問題で無職ではローンに通りにくい
  • 給与所得以外の収入や資産があれば無職でもローン審査に通る可能性もある
  • カーリースなどローン以外にも新車を手に入れる方法はある

無職では車のローン審査に通りにくい理由

無職では車のローン審査に通りにくい理由

無職のように安定的な収入や社会的信用度の目安となる属性がない場合、滞りなく返済できる保証が不十分のため審査に通りにくくなっています。

また、車の購入のために用途が限定されたカーローンでは利用目的がはっきりしている分、金利が安く設定されていたり年収の3分の1を超える貸し付けを禁止する「総量規制」の対象外になったりと、借り入れる側のメリットが大きいのが特徴です。

しかし、審査基準はきびしい傾向があるため、無職の場合は審査に通るのは難しいでしょう。

中には、すでに就職が内定しているので収入の目処は立っているという方もいるかもしれません。そのような安定した収入が見込める場合も、なんらかの事情で内定が白紙になったり、すぐに仕事を辞めてしまったりする可能性もゼロではないため、審査に有利に働くといった可能性は低いでしょう。

就職している場合でも勤続年数が短いと審査に通らないこともあるので、働いていない段階ではさらに難しくなると考えられます。

FP:伊藤
FP:伊藤

車のローンには銀行のカーローンやディーラーローンなどさまざまな種類があります。審査基準はローンごとに異なりますが、審査を受ける際には年収や勤続先、雇用形態などの情報を申告するのが一般的です。

また、銀行のマイカーローンには年収200万円以上など細かな利用条件が記載されていることもあるように、車のローン審査において、年収は重要なポイントといえるでしょう。

無職でも車のローンが組めるケースもある

無職でも車のローンが組めるケースもある

車のローンにおいて年収や就業状況は重要なポイントですが、状況によっては、無職でもローンが組めることもあります。ここでは、無職でもローンを組める可能性があるケースについて、詳しくみていきましょう。

1. 休職している

仕事をしていないという意味では、休職中も無職も同じといえます。しかし、この場合は一時的に収入がない状態だと判断されることもあるため、ローンが組める可能性があります。しかし、ローンによっては、休職中であっても収入がないとみなされることもあるでしょう。

また、就職予定があり、就職先が決まっている場合なども、同様に返済できる見込みがあるとみなされることがあります。

2. 配偶者に安定した収入がある

主婦や主夫など、申込者が無職であっても、配偶者に安定した収入があれば審査に通るケースもあります。また、配偶者が連帯保証人になることを求められることもあるでしょう。ほかにも、無職の場合には、自身の名義ではなく、配偶者の名義で申込むケースも多くあります。

3. 副収入がある

アパート経営などで家賃収入がある方や年金を受け取っている方などは、就職していなくても安定的な収入があるとみなされて審査に通ることがあります。また、無職であっても株や不動産などの資産を所有していると、審査に有利に働くこともあります。

4. 年金を受給している

副収入と同様に、すでに退職して年金を受給している場合は、一定の収入があるとみなされ、ローンの審査に通るケースもあります。

ただし、ローンには年齢制限が設けられているので、ローン選びの際には注意が必要です。また、申込み時の年齢だけでなく、完済時の年齢が75歳以下などの制限が設けられているケースもあるので、年金をすでに受け取っている場合は、あらかじめローンの利用条件を調べておきましょう。

FP:伊藤
FP:伊藤

本人の収入の安定性は、給与収入だけに限りません。そのため、無職の専業主婦(主夫)でも、不動産などの資産を所有していたり世帯収入が高かったりすると審査に通るケースもあります。無職の場合でも、諦めずにまずは審査をしてみるといいでしょう。

無職でローン審査に通るにはどうすればいい?

無職でローン審査に通るにはどうすればいい?

無職の方でも審査に通るケースはありますが、連帯保証人をつけたり頭金を用意したりすることで、より審査に通過しやすくなる可能性があります。そこで、無職の方が車のローン審査を受ける際に行っておきたい対処法について見ていきましょう。

1. 連帯保証人をつける

専業主婦や学生の場合、自身に収入がなくても、配偶者や親などの安定した収入を得ている家族を連帯保証人につけると、返済能力や社会的信用度が上がり審査に通る場合があります

しかし、連帯保証人は債務者と同等の責任を負うだけでなく、成人(高齢者、年金生活者は認められない場合あり)で安定した収入があることや、多重債務者ではないことなど一定の条件があるため、依頼する際には事前によく話し合っておきましょう。

なお、世帯主ではない未成年者の場合は、保護者の連帯保証がなければ審査申込みができません。

2. 頭金を多めに用意する

ローンの審査に通りにくい無職の方でも、借入額が少なければ融資を受けられる場合があります。そのため、ある程度の頭金を用意しておけば借入額を下げることができるので、審査に通る可能性が上がります。

また、ローン会社によっては、頭金が用意できている状態を前向きに考慮してくれる可能性もあります。

3. 安い車種を選ぶ

中古車にしたり安い車にしたりするなど、ローンを組む車の価格を下げるのも借入額を下げる方法のひとつです。全額を借り入れるという点ではハードルが上がりますが、借入総額が低くなれば審査に通る可能性も上がります。

4. 審査基準が低いローンを利用する

カーローンの審査基準は会社によって異なるため、いくつかのローン会社を比較し、無職でも審査に通りやすいローン会社を選ぶのもひとつの方法です。

ある一定の条件を満たすと融資してくれる審査基準が低いローン会社もありますが、その代わりに金利が高いなどデメリットも考えられるため、返済計画まで見越した上で申し込むようにしましょう。

5. 家族に契約してもらう

家族で共有する車の場合、連帯保証人をつけるのではなく、配偶者や親族に契約してもらうのもひとつの方法です。自身がローン審査を受ける必要がなくなるので、収入の有無は影響しなくなります。

FP:伊藤
FP:伊藤

家族に代わりに契約してもらう場合、ローンの契約は家族の名義となります。そのため、事故などが起きたときに家族の責任となる場合もあるので、よく考えた上で検討する必要があります。また、名義貸しにならないように注意しなくてはいけないので、そのリスクも考えておきましょう。

無職の方が車のローンを組む際に注意したい「名義貸し」とは?

無職で車を手にする際に注意したい「名義貸し」とは?

第三者が名義人となってローンなどを組むことを「名義貸し」といい、刑法第246条により詐欺罪と定められている犯罪です。名義貸しで車のローンを組むと、契約者の支払いが滞ったり問題が起きたりしたときに、名義を貸した側に支払い責任が生じます。

また、名義貸しが判明した場合、期間などのローンの内容にかかわらず、一括精算を求められるリスクもあります。ほかにも、他人になりすまして契約した場合には、刑事罰の対象となることもあるので、絶対にやめましょう。

このように、無職の場合に配偶者や親族の善意で車を手にする際、意図していなくても名義貸しになってしまう可能性があります。しかし、たとえ夫婦や親子であっても認められるものではありません。

そのため、配偶者や親族名義で購入した車を利用する場合は、次のような点に注意しましょう。

  • ファミリーカーとして利用し、名義人以外が実質的な所有者とならないようにする
  • 返済義務や事故を起こしたときの責任は名義人にあるのを理解した上で運転する

無職の方が実質的に所有する車を購入する場合は、配偶者や親族に連帯保証人となってもらい、自分の名義でローンを組んだほうが安心です。

無職の方が車のローンに通らなかったときの対処法は?

無職でもローンを組めるケースはありますが、審査に通る可能性は高くありません。どうしても車が必要なのに、ローンが通らなかったという場合には、次のような方法を検討してみてはいかがでしょうか。

一括購入できる額の車を選ぶ

貯金などである程度の資金が用意できている場合には、その金額内で購入できる車から探すとローンを組むことなく車を手に入れることができます。

フリーローンなど、ほかのローンを利用する

フリーローンは幅広い用途で借り入れができるので、目的別ローンよりは審査に通りやすいとされています。また、銀行のローンで審査に通らなかった場合もディーラーのローン審査は通ったというケースもあります。

そのため、ローン会社やローンの種類を比較すると利用できるローンが見つかるかもしれません。しかし、手当たり次第に申し込むと短期間で照会件数が増えて逆効果になってしまうので、申込みは慎重に行いましょう。

レンタカーやカーシェアを利用する

車が必要なときだけ借りるレンタカーやカーシェアリングなどであれば、ローンを組まなくても利用することができます。車の使用目的や利用頻度などを考慮して、ライフスタイルに合った方法を見つけるのもひとつの方法でしょう。

カーリースの利用を検討する

新車の購入を検討しているものの、無職でカーローンの審査が通らないといった場合は、カーリースの利用を検討してみるのもひとつの方法です。自己資金がなくても、月々定額のリース料金だけで新車を手にすることができます。

当然、カーリースの利用にも審査はありますが、銀行系のカーローンなどと比べれば審査はきびしくないケースがありますので、調べてみてはいかがでしょうか。

なお、「おトクにマイカー カルモくん」なら、審査に通るかどうか、わずか5分で確認可能な「お試し審査」を行えます。乗りたい車種が決まっていなくても、希望に近い金額の車種で審査に通るかどうかを試せるので、こちらのバナーから確認してみましょう。

気軽におためし審査

審査をしても契約にはなりません。申込み後のキャンセルも可能です

ローン審査に通らなかった方が新車に乗っている方法とは?

無職のためローンを組んで新車を購入するのが難しく、車自体をあきらめようとしている方もいるかもしれません。そんな方におすすめしたいのは、定額カルモくんです。

定額カルモくんの利用者には、車のローン審査に落ちた経験がある方も多くいるため、審査に不安がある方でも利用しやすいといえます。これは、月々10,000円台という家計への負担が少ない料金の安さと、ローンのように金銭の貸付けではないサブスクリプションサービスであることなどが理由です。

そこで、頭金などの初期費用0円、月々定額のリース料だけで新車に乗れる定額カルモくんを利用するメリットをいくつかご紹介しましょう。

国産新車が10,000円台から手に入るので無理なく支払いが可能

定額カルモくんは、国産の新車が月額10,000円台からのリース料金で利用できるため、ローンで購入するよりも月々の支払いが無理のない範囲に抑えやすいのが特徴です。

しかも、月額のリース料金には、自動車税(種別割)や自動車重量税などの各種税金や、自賠責保険料のほか、お客様サポート料なども含まれているため、維持・管理のためにかかる出費の多くを月額料金に含めることができます。

また、7年以上の契約の場合、月々500円をプラスすることで、契約満了時にそのまま車がもらえる「もらえるオプション」をつけることができます。そのため、ローンを組まなくても、費用の負担を抑えながら、将来的にマイカーを手に入れられます。

走行距離制限なしカーリースをみる

メンテナンスプラン加入で必要なメンテナンス費もカバー

車を維持していくには、どうしてもメンテナンスが欠かせません。また、メンテナンス費用は予想以上に大きな出費となり、月額のローン返済とは別に発生するため、無職の方がローンを組めたとしても負担となってしまうでしょう。

しかし、定額カルモくんのメンテナンスプランに加入すれば、車を維持する上で必要なメンテナンス費用を月額料金に含めることができます。そのため、その都度、メンテナンス費用としてまとまったお金を用意する必要がありません。

また、プランによって補償の範囲は異なりますが、いずれのプランにも返却時の原状回復費用補償や車検基本料、法定12ヵ月点検やエンジンオイル交換、オイルフィルター交換の費用が含まれています。

さらに、プランによってはメーカー保証と同じレベルの保証が契約期間満了まで受けられるなど、長期契約でも安心してカーライフが送れる内容となっています。

ほかにも、定額カルモくんのメンテナンスプランでは、なじみの業者で車検を受けられるだけでなく、全国30,000店以上の提携業者でもメンテナンスが受けられます。このように希望に合わせてメンテナンスを受けるお店を選べるのも、定額カルモくんのメリットです。

メンテバナー

5分で申込み可能なお試し審査でリースできるか今すぐチェック!

定額カルモくんにも、ローンと同じく審査があります。ただ、業界最安水準のカーリースなので、無職の方でも審査基準に達すれば利用できる可能性があります。また、カーリースを利用できるか気軽に確かめられる「お試し審査」もあるので、審査が不安な方にもおすすめです。

お試し審査はインターネット上で簡単に行うことができ、5分程度の所要時間で申込みが完了します。しかも、結果は最短で翌営業日、最大でも3営業日以内にわかるのでスムーズです。

審査に通ったら、契約可能な車種をサービス担当者から提案してもらえるので、ゆっくり車選びを楽しめます。もちろん、審査通過後の車種やプランの変更も可能です。車を持つことをあきらめる前に、カーリースが利用できるか、まずはお試し審査を受けてみてはいかがでしょうか。

気軽におためし審査

審査をしても契約にはなりません。申込み後のキャンセルも可能です

ローンの正しい知識を身に付けて自分に合ったカーライフを

車のローンを利用する上で、無職の場合は選択肢が少なく困ることも多いかもしれませんが、ローン会社によって審査の方法もさまざまなので、正しい知識を身に付けて、自分に合った方法でカーライフを送りましょう。

なお、ローンよりも手軽に新車を手に入れられるカーリースも併せて検討してみてはいかがでしょうか。

よくある質問

Q1:どうして無職だと車のローン審査に通りにくいの?

A:車のローン審査では、年収や勤続年数などの属性を基に審査を行っています。それらの情報によって、安定した収入が得られ、滞りなく返済ができるかが判断されます。そのため、収入のない無職の方は審査に通りにくいといわれています。

Q2:無職でも利用できるローンはある?

A:ローン審査は、ローンの種類やローン会社によって審査基準が異なります。そのため、無職の方でも利用できるローンはあります。しかし、審査基準が低いと金利が高くなるという現実もあるので、慎重に選ぶことが大切です。

Q3:無職でローン審査に通る方法は?

A: 無職の場合は、給与所得以外の資産や収入があったり連帯保証人をつけたりすれば、ローン審査に通る場合があります。ほかにも、頭金を用意したり借入額を少なくしたりすることで、審査に通る可能性は高くなります。

Q4:ローンが通らなかったらどうすればいい?

A:フリーローンなどの多目的な用途に利用できるローンを使ったり、一括購入できる車を選んだりするのも方法のひとつです。使用頻度によっては、利用する際に審査がないレンタカーやカーシェアを使うのもいいでしょう。

※この記事は2022年4月時点の情報で制作しています

関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる
読了後バナー