新卒で200万円の車は買える?憧れの車種に乗るために知っておきたいこと

新卒で200万円の車は買える?憧れの車種に乗るために知っておきたいこと

社会人になって収入や生活が安定したことで、マイカーを持ちたいと考えている方も多いでしょう。車の価格帯は幅広く、新車か中古車かによっても購入できる車種は大きく変わってきます。ここでは、新卒の年収と合わせて、200万円程度の車を購入することは可能なのかをシミュレーションしていくとともに新卒の収入でも無理せず車に乗る方法についてもみていきましょう。

新卒ではどの程度の車が買えるの?

一般的に車を購入する際の予算は、年収の半額程度が目安とされています。まずは新卒の平均年収を踏まえて、車を購入する場合の予算や実際に無理なく購入できる金額やマイカーローンを組む場合の返済負担比率などについてみていきましょう。

新卒の平均年収に対する車の予算

新卒の平均年収は200万~250万円程度。車を購入ためのする予算はその半額の100万~125万円程度ということになるでしょう。
この予算よりもさらに上の200万円の車を購入したい場合は、年収400万円程度が必要と考えられます。
この年収に達していない場合、貯金に余裕がある場合を除いて、200万円の車を購入することは少し難しいかもしれません。

新卒が無理なく購入できる金額

車の購入には、車両そのものの代金だけでなく、税金や保険料をはじめとしたさまざまな諸経費がかかります。
一般的に、車の購入で発生する諸費用は車両代金の1〜2割程度が目安とされているため、このような諸経費も考慮して、最終的な予算を設定することが大切です。したがって、新卒の平均年収で車を購入したい場合は、車両代金は80万~100万円程度が相場といえるでしょう。

ただし、これは一括購入をする場合の話です。マイカーローンを組む場合は、年収と同額程度までであれば借入れができるため、年収に近い金額を予算にすることもできるでしょう。年収を大きく超える金額を借り入れたいとなると、審査がきびしくなってしまう可能性があります。

覚えておきたいマイカーローンの返済負担比率

マイカーローンを組む際、年収のうちどの程度の割合をローン返済にあてるのかという返済負担比率を設定します。
マイカーローンの場合、この返済負担比率を年収の3割程度以内にすると、無理せず返済していけるといわれています。

例えば、年収200万円の場合に返済負担比率を25%に設定した場合、1年間で50万円以内であれば無理なくローン返済ができるという計算になります。つまり、年収200万円の場合には、1年間のローン返済額は50万円以内となるように返済期間や車の価格を決めていくといいでしょう。

まずは審査

200万円の車を買った場合どうなる?

200万円の車を買った場合どうなる?

ローン契約をする際は生活費や貯金を確保するためにも、契約年数や車の金額を考慮して何パターンかシミュレーションをしつつ、無理のない返済プランを立てることが大切です。ここからは、200万円の車をローンで購入する場合の月々のローン返済額や購入にかかる維持費などを考えていきましょう。

月々のローン返済額は?

車を購入する場合、多くの人が、頭金+ローンというかたちで車を購入します。
そこでここでは、200万円の車の購入で頭金30万円支払った上で、残りの170万円を3年もしくは5年ローンで支払う場合の返済プランを考えていきましょう。(金利は3%、ボーナス払いなしで計算)

・3年(36ヵ月)ローンで支払う場合
毎月返済額:49,438円
総返済額: 1,779,768円

・5年(60ヵ月)ローンで支払う場合
毎月返済額:30,547円
総返済額:1,832,820円

維持費も考慮する

車を所有するとなると、購入時以外にも維持費としてさまざまな費用がかかります。なかでも、毎年納める必要がある自動車税(種別割)および軽自動車税(種別割)は、まとまった費用が必要となるため、家計に響きやすくなっています。購入後にこうした費用を負担することで生活が苦しくなってしまわないよう、自動車購入の予算は貯金に余裕を持たせて決めることが重要です。車の維持費には次のような費用があります。

・燃料代
・自動車重量税
・自動車税(種別割)および軽自動車税(種別割)
・自賠責保険料
・車検費用
・メンテナンス代
・駐車場代 など

カーリースについて詳しく知りたい方はこちら

200万円で買える車にはどんな車種がある?

200万円で買える車にはどんな車種がある?

マイカーローンを利用した場合、新卒でも200万円の車を購入するのは難しくないでしょう。そこで、予算を200万円と設定した場合にどのような車を買うことができるのか、新車と中古車のメリットとあわせて見ていきましょう。

新車の場合

新車で予算を200万円とする場合、選択肢のメインは軽自動車またはコンパクトカーとなるでしょう。
これらのクラスの人気車種には、ホンダの軽自動車「N-BOX」(税込141万1,300円〜)、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」(税込141万1,300円~)、マツダのコンパクトカー「MAZDA2(旧デミオ)」(税込157万3,000円~)などがあります。また、新車のメリット・デメリットは以下の通りです。

<メリット>
・内装や外装がきれい
・最新機能搭載の車に乗れる
・オプションやグレードを好きに設定できる
・保証付きのため、故障時も心配不要

<デメリット>
・中古車と比べて価格が高い
・旧モデルなどは取扱いが難しく、選択肢は少なくなる
・納車まで日数がかかる

中古車の場合

新車と中古車を比べると、同じ車種でも金額が2倍以上になることも珍しくありません。中古車と聞くと不安に思う方もいるかもしれませんが、最近は中古車市場の活性化という背景もあり、中古車でも新車のように保証が付くケースも増えつつあります。保証の有無をきちんと把握した上で購入すれば、購入後の故障や不具合の際のリスクを軽減できるでしょう。
また、中古車を選択肢に入れることで、新車では購入が難しい憧れの車に乗ることもできるので、多くの選択肢から選ぶことができます。価格は販売店や車の状態によってさまざまですが、ベンツのコンパクトモデルやBMWなどの車種も、中古車であれば十分に購入可能です。中古車のメリット・デメリットは次の通りです。

<メリット>
・新車よりも安く購入できる
・外車など、新車では手が届かない車も選択肢に入れられる
・中古でも保証が付くものもある

<デメリット>
・内装や外装の状態は前オーナー次第で異なる
・車両状態が分かりにくく、目に見えない故障や不具合がある可能性がある
・価格の相場が分かりにくい

訴求用N-BOX

定額で車に乗れる「カーリース」という選択肢もある

一括購入やローンでの車の購入が難しいという場合には、カーリースを利用するという選択肢もあります。カーリースは、リース会社の所有する新車に月々の定額制で乗ることができるサービスです。車の購入に必要な頭金や諸費用が不要で、定額料金は自賠責保険料や各種税金などが含まれた金額となっているため、購入後に発生する諸費用を確保しておく心配も必要ありません。さらに、メンテナンス費も定額にできるプランもあるため、サービス内容の充実したプランにすることで、手厚いサポートを受けながら、安心・安全のカーライフを送ることができるでしょう。

カーリースなら定額カルモくんがおすすめ

おトクにマイカー 「定額カルモくん」では、オリックス自動車の取り扱う正規ディーラー新車を提供しています。
また、国産メーカーの全車種・全グレードを取り扱っているため、新車を購入するのではハードルの高い価格の車種であっても、定額カルモくんのカーリースなら月々の定額制でリーズナブルに乗ることができます。サイトに掲載されていない車種については、電話やメール、LINEなどで気軽に問い合わせることができます。

定額カルモくんについて詳しく知りたい方はこちら

よくある質問

Q1:新卒でも車は買えるの?

A:車を購入する際には、現金一括・ローンという選択肢があります。マイカーローンでは年収に対してローン金額が決まり、1年の返済額が収入の3割程度であれば組むことができます。そのため、年収と予算に見合った車であれば、ローンを組んで購入することは可能となっています。

Q2:新卒で200万円の車は買える?

A:ローンを組むことは可能ですが、購入時に発生する諸費用(車両代金の1〜2割程度)や維持費がかかることもふまえて返済金額を設定することが大切です。また、年収200万円の場合の返済負担比率を計算すると、1年間のローン返済額は50万円以内に設定しておくと無理なく購入できるでしょう。

Q3:どうしてカーリースは新卒におすすめなの?

A:マイカー購入では、頭金や初期費用、維持費などさまざまな費用がかかります。しかし、カーリースであればそれらの費用が月額料金に含まれているので、家計管理がしやすく、収入の安定しない時期でも無理なく利用することができます。また、サポートサービスが充実しているので、初めてのカーライフも安心して始めることができます。

マイカー購入まではカーリースを利用すると便利

新卒で車を購入するとなると、まだ収入が安定しないために家計への負担が大きかったり、予算の都合で希望の車種を選べなかったりすることも珍しくありません。新卒から数年は将来的に憧れのマイカーを購入するための準備期間として無理に車の購入には踏み出さず、カーリースなど手軽にマイカーライフが始められるサービスを利用してみるのもおすすめです。

※記事の内容は2019年11月時点の情報で制作しています。

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

この記事をシェアする

タグから記事を探す

pr