ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

新古車とは?どこで買える?メリットやデメリット、注意点なども解説

新古車の定義やどこで買えるか、メリット・デメリットなどについて解説する記事であることを示すタイトル画像
新古車の定義やどこで買えるか、メリット・デメリットなどについて解説する記事であることを示すタイトル画像

「新古車」は新車に近い状態でありながら、新車よりも安く買えることから人気が高い傾向があります。しかし、新車や中古車との違いが明確でなかったり、購入したくてもどこで買えるのかわかりづらかったりと、購入に際して不安に感じる点もあります。
そこで、新古車の特徴や新車・中古車との違いを解説したうえで、購入できる場所についてご紹介します。併せて、新古車を購入した方の体験談や購入時のポイントなどについても見てみましょう。

新古車を買うよりも
お得に新車に乗りたい方はこちら

  • 新古車とは、新車に近い状態の中古車。展示車などに用いられていたケースが多い
  • 新古車はメーカー認定の中古車販売店や新古車専門店などで買うことができる
  • 状態が悪いケースがある新古車の購入よりも新車に安く乗れる方法がおすすめ​

新古車とは?新車・中古車との違い

新車より価格が安く、一般的な中古車よりも車の状態が良いといわれる「新古車」とはどのような車なのでしょうか。なお、よく似た意味で使われる言葉として「登録(届出)済未使用車」もあります。以下で新古車と登録(届出)済未使用車について解説したうえで、新古車と新車、中古車との違いについて説明します。

新古車とは

新古車とは、新車として登録されてからほとんど使用されていない中古車のことで、未使用車とも呼ばれます。ディーラーで展示車や試乗車として用いられていたケースが多く、一般的には新車に近いコンディションを維持していますが、展示車として使用されていた場合は展示中にできた傷があったり、試乗車として使用されていた場合は長距離を走行していたりすることから、車両によって状態はさまざまです。

登録済未使用車とは何が違う?

新古車の中には「登録(届出)済未使用車」と呼ばれる車両があります。これは、自動車公正取引協議会で「初度登録(届出)された車両で、かつ、使用又は運行に供されていない車両(中古車)」と定義されている車で、普通車が登録済未使用車、軽自動車が届出済未使用車と記載されます。
また、自動車公正取引協議会に加盟している販売店では新古車を「登録(届出)済未使用車」という表示で販売しなければならないことが決められています

新古車と登録(届出)済未使用車の大きな違いとして、新古車には試乗車として公道を走行している車両が含まれるのに対し、登録(届出)済未使用車は公道を走行していない点が挙げられます。

なお、ここでは、試乗車なども含めた解説とするため、登録(届出)済未使用車も含めて新古車と記載して解説します。

新古車は新車や一般的な中古車とは何が違う?

〈新古車・新車・一般的な中古車の比較表〉

 新古車 新車 一般的な中古車 
価格  新車よりも安い 定価 新古車より安い 
車両の状態  ほとんど使用されていない 新しい 良くない場合もある 
色・装備の選択肢  在庫限り 多い 在庫限り 
納期までの期間  2~3週間ほど 数ヵ月以上 2~3週間ほど 
次の車検までの期間  登録後3年 購入後3年 前回の車検から2年後
(車検が切れた状態で販売されていることもある) 
自動車重量税  購入時点からの分を支払うケースがある 全額支払う 購入時点からの分を支払うケースがある 

 

上の表は、新古車と新車、一般的な中古車について、価格や車両状態、色・装備の選択肢などをまとめたものです。

価格は「新車>新古車>一般的な中古車」の順となっており、車両の状態もこの順に良好です。新古車は価格・車両の状態で新車と一般的な中古車のあいだに位置していることから、新車よりも購入費用を抑えられて、一般的な中古車よりも状態が良い点が魅力といえるでしょう。

一方で、色や装備などを自由に選択できる新車と異なり、現車での販売となる新古車や一般的な中古車では、これらの自由度は低くなってしまいます。このことから、新古車は条件やその優先度を確定させたうえで購入を検討することが大切だといえるでしょう。

新古車が市場に流通するのはなぜ?

一般的な中古車が市場に出回る理由は、購入者が何年か使用した後に車両を売却するためです。一方、新古車のような新車新規登録だけがなされた車が市場に出回るのは、ディーラーがメーカーから販売台数のノルマを負っていることに起因します。

ディーラーは、メーカーと特約店契約を結んでいます。メーカーからは販売台数のノルマが課されており、そのノルマをクリアできそうにない場合、ディーラーは自社で新車を購入して販売台数を増やすといったことを行います。これにより新車新規登録だけがなされた車両が生み出され、新古車として販売されるのです。

新古車はどこで買える?

新古車はどこで買える?をイメージした画像

新古車は市場に出回る数が少ないので見つけるのが難しいことに加え、販売店によっても取り扱っている台数や車種が異なります。希望の新古車を効率的に見つけられるよう、どのような販売店でどのような新古車が買えるのか、チェックしておきましょう。

新古車専門店

新古車を取り扱っている販売店はいくつかありますが、中には新古車のみを販売している新古車専門店があります。新古車を最も効率的に手に入れたい場合は、ここで新古車を探すのがいいでしょう。なお、新古車専門店では軽自動車の新古車を取り扱っている傾向が見られます

ディーラー

ディーラーでも、展示車や試乗車として使用されていた新古車を購入できます。
購入できる車種は限定されますが、品質やアフターケアが充実しているので安心して利用できるでしょう。

ただし、ディーラーでは新車販売がおもなことから、新古車を取り扱う店舗はそれほど多くありません。新古車の情報が広告やサイトなどに掲載されることも少ないので、確実な情報を得るにはディーラーの担当者に直接問い合わせることをおすすめします。なお、車の入れ替えを行うモデルチェンジの時期を狙うと新古車が見つかる可能性が高まります。

メーカー認定の中古車販売店

新古車は中古車の一種なので、中古車販売店でも購入することができます。中でも、メーカー認定の中古車販売店であれば、ディーラーで販売される新古車と同等の品質の車を、ディーラーよりも多く取り扱っている可能性が高く、状態の良い新古車を選びやすいといえます。

ただし、基本的に販売店が認定を受けているメーカーの車しか購入できないことから、幅広い選択肢から検討したい場合は適しません。また、取扱車種が限られるので、欲しい車種が決まっている場合は希望の条件を満たす在庫があるかを販売店に問い合わせておくのがいいでしょう。

一般の中古車販売店

一般的な中古車販売店でも新古車を取り扱っている場合があります。ただし、メーカーから新古車を仕入れるメーカー認定の中古車販売店に比べると、在庫が少ない傾向があります。また、販売店によっては数千kmほど走行している新古車を販売していることがあります。これらは試乗車である可能性が高く、車両の状態に注意が必要です。

中古車情報サイト

中古車情報サイトは、新古車専門店や中古車販売店などから得た新古車の情報をオンライン上で公開し、販売の仲介をしています。サイト内で検索条件を絞り込めるので、希望の車種やグレードの新古車を見つけやすいでしょう。また、複数の販売店から得た情報を掲載しているケースが多いことから、実店舗に出向かずに、短時間で多くの新古車を比較しながら効率的に探せます

ただし、写真や車両情報だけで判断しなければならないので、購入は慎重に行う必要があります。いくつか候補を挙げたうえで、店舗で実車確認をしてから購入を決めるのがおすすめです。

​流通台数が少ない新古車を、手間をかけて探すよりも、自分にぴったりの車を紹介してもらえるサービスに興味はありませんか。
カーリースの「​おトクにマイカー 定額カルモくん」では、「お試し審査」に申し込むことで、審査通過後にマイカーコンシェルジュが希望に合った車種やプランを提案してくれます。効率的に最適な車がわかることに加え、新車も新古車も取り扱っていることから選択肢の幅も広がります。下のバナーからオンラインで5分ほどの入力で申し込めて、キャンセルも可能なので、気軽に申し込んでみましょう。

希望や条件を伝えるだけ_お試し審査をしてみる

新古車を安く買うためのポイント

新古車を安く買うためのポイントをイメージした画像

新古車は新車よりは安いですが、中古車の中では高額です。ただし、安くなる時期や価格交渉しやすい状況があるので、これらを知っておくことで安く買える可能性を高められます。以下の3点を意識しておくといいでしょう。

新古車が出回りやすいタイミングを狙う

新古車には出回りやすいタイミングがあり、その時期は在庫が増えることで販売価格が下がる傾向があります。新古車が流通しやすい時期は以下の3つです。

決算期が過ぎた4月、10月

3月、9月は多くの企業の決算期にあたります。ディーラーや販売店などは、決算期に売れ残った新車をメーカーから買い取り、新古車として売り出すことが多いので、決算期を過ぎたタイミングで新古車が市場に流通しやすくなります

ボーナスの時期の7月、12月

多くの企業でボーナスが支給される7月や12月は、中古車販売店に新古車が出回るといわれています。中古車販売店の多くは、高額な商品が売れやすいこの時期に車の在庫を抱える傾向があります。セールやキャンペーンなどが行われることもあり、新古車を安く購入するのに適したタイミングといえます。

モデルチェンジの時期

車は2~3年ごとにモデルチェンジをするケースが多く見られます。ほとんどの自動車販売店では、新型モデルが出る前に価格を下げて抱えている在庫を処分する傾向があり、処分しきれず旧型モデルとなった車は新古車として売り出されるケースもあります
このため、モデルチェンジ前後を狙えば新古車が安く手に入る可能性が高まるでしょう。

人気の低い車種やボディカラーの新古車を購入する

中古車では、人気の低い車種やボディカラーの車は安くなります。中古車の一種である新古車も例外ではありません。このため、新古車を安く購入する場合は、人気の低い車種やボディカラーに絞って探してみるのがいいでしょう。

走行距離が長い場合は価格交渉してみる

新古車は、走行距離が長いほど値引交渉が行いやすくなります。新古車の一般的な走行距離は長くても数百kmです。走行距離が長くなると値下げしてもらえる可能性が高まることから、価格交渉のために走行距離をチェックしておくことが大切です。
中には数万km走行している新古車もあり、そのような車ではより値引きをしてもらいやすいでしょう。

​交渉の手間なし!好きな時期に月々10,000円台から新車に乗れる方法はこちら

新古車に乗っている方はどのように感じている?体験談を基にしたメリット・デメリット

新古車は、新車や一般的な中古車と違いがあることに加え、試乗車や展示車に使われていたなど、販売前の状況が1台ごとに異なります。車両の状態が良くないケースもあることから、実際に新古車を利用している方の声*を参考に、新古車のメリット・デメリットを見てみましょう。

30代・男性
30代・男性

​新古車を選んだのは、新車は値段が高く、中古車は気が進まなかったからです。中古車販売店のサイトで見つけた日産「セレナ」を約300万円で購入しました。年式と費用を気にして車を選びましたね。ほぼ走行しておらず、新車同然の車を1ヵ月で見つけられて大満足です!

30代・女性
30代・女性

新車より価格が手頃で状態も良かったので、スズキ「ハスラー」の新古車をディーラーで購入しました。購入するときは、傷やへこみがないことや、運転してみて違和感がないかということに注意して選びましたね。見つけるまでは3ヵ月くらいかかったと思います。内装がきれいで、カーナビの性能も良かったので、とても満足しています。後悔は一切ありません。

50代・男性
50代・男性

​日産「モコ」の新古車を約70万円で購入しました。購入先は中古車販売店です。値段が安かったので決めましたが、80,000kmほど走行しており、状態はあまり良くなかったです。見た目と値段にこだわりながら3ヵ月かけて探したのに結果的に満足できず、新車にすれば良かったと感じています。

このように、新古車を購入した方は、費用を気にして購入していることが多いようです。ただし、車の状態をチェックして購入した方は満足感を得られている一方、見た目だけを気にして購入した場合には車両の状態の悪さに気付かず、不満を感じる結果になることもあるようです。

​*カルモマガジン編集部が、チャット調査ツール「Sprint」にて2023年6月12日に「新古車を購入したことがある方」を対象として行ったインターネット調査を基に掲載

新古車のメリット​​

新古車のメリットをイメージした画像

新古車が人気の理由は以下のようなメリットがあるからです。新古車が自分に合った車かどうか確認しておきましょう。

新古車のメリット1. 新車よりも価格が安い

新古車は、新車に近い状態にもかかわらず、新車よりも安い価格で購入できます。この理由は、一般的に車は車両登録後、時間が経過するほど価値が下がるからです。元の価格にもよりますが、登録されてから半年ほど過ぎていると新車の車両本体価格よりも軽自動車なら25%程度、セダンやSUVなら20%程度安いこともあるでしょう。
新車に近い車に安く乗れることで浮いた資金を維持費に回せるので、家計の負担を減らしやすくなります。

新古車のメリット2. 納車が早い

新車は購入が決まってから発注をかけるので、納車まで数ヵ月以上かかります。一方、新古車は在庫車であることから納車までの期間が新車よりも短く、2~3週間程度で納車されます。条件が合えば数日で乗り始められることもあるので、できるだけ早く車が欲しい場合は大きなメリットとなります。

新古車のメリット3. 中古車よりも車検の有効期間が長く残っている

一般的な中古車の場合、車検期間は長くて2年程度です。中には車検が切れた状態で販売されており、購入時に車検が必要な車もあります。一方、新古車では購入時に車検期間が残っているケースが多く、車検期間が3年近く残っていることもあります。

このことから、車両購入時や車両購入直後に車検代が必要になるといった心配がなく、次の車検まである程度の余裕を持たせることができます。

新古車のメリット4. 故障のリスクが一般的な中古車よりも低い

新古車は新車に近い状態の車なので、一般的な中古車よりも故障しにくい傾向があります。特に、ディーラーで展示車として使用されていた場合は公道を走っておらず、良好な状態を保っている可能性が高くなります。

一方、試乗車の場合は公道で長距離走行した結果、一般的な中古車に近い状態となっているケースがあります。故障リスクが高まっているおそれがあることから注意が必要です。

新古車のメリット5. 購入時の税金や保険料の支払いが少なく済む

車を買うとなると、車両本体価格のほかに自動車重量税や自動車税(種別割)、自賠責保険料を支払う必要があります。一方、新古車では新車新規登録時にディーラーや販売店が税金や保険料を支払っています。このため、登録から購入までの期間に相当する分は販売店が負担し、購入者は購入時点からの分の税金や保険料を支払うだけでいいケースが多いです。

新車を購入する場合と異なり、税金や保険料を全額負担する必要がないのはメリットでしょう。

新古車のデメリット

新古車のデメリットをイメージした画像

購入者の体験談にもあったとおり、新古車にはデメリットもあります。知らずに購入して後悔しないよう、以下で新古車のデメリットについて確認しておきましょう。

新古車のデメリット1. 中古車の中では高額である

車の価格はおもに年式によって決まります。一般的な中古車は新車で購入されてから年数が経過しているのに対し、新古車は登録されてからそれほど年数が経過していません。このことから、新古車は一般的な中古車と比較して、価格が高い傾向があります。さらに、状態のいい車が多いことも高くなりやすい一因です。

新古車のデメリット2. 在庫を見つけるのが難しい

新古車は在庫のある場合しか購入できません。一方で、市場に流通する数が少なく、販売店で取り扱っている台数も限定されます。そのため、希望の車種やグレードはもちろん、新古車を購入すること自体が難しいケースが多く見られます。見つけるまでに時間や手間がかかってしまう可能性を考慮しておくことが大切です。

なお、新古車は人気が高く、すぐに売れてしまう傾向があるので、希望の新古車を見つけた際はすぐに購入を決断したほうがいいケースも多く見られます。後悔しない選択ができるよう、予算や機能などの判断基準を持っておくのがいいでしょう。

新古車のデメリット3. ボディカラーやオプションを自由に選べない

新古車は現品の受け渡しとなるので、新車を購入するときと違ってボディカラーを自由に選ぶことができません。また、製造後に追加できるオプションしか選べず、新車と比較して不自由な点が多いでしょう。
新古車は中古車の一種ですが、車両本体価格は一般的な中古車ほど安くはありません。金額の割には自由度が低く、好きな車に乗れないことでストレスにつながってしまう可能性もあることから、よく検討するようにしましょう。

新古車のデメリット4. 新車に比べて故障のリスクが高い

新古車は比較的新しい車ですが、新車とは異なり、生産・登録されてからある程度の期間が経過しています。また、試乗車として公道を走行している車両もあります。確実に新しく、状態のいい車というわけではないので、故障のリスクは新車よりも高くなってしまいます。場合によっては、購入してすぐに故障してしまうこともあり、購入費用がかかった直後に修理代も必要になってしまうケースも考えられます。

新古車のデメリット5. 使用感があったり、傷みが見られたりすることがある

新古車は、おもにディーラーで展示車や試乗車として使用されていた車です。展示車であれば走行しているケースはまれですが、ほかの方がさわることで汚れたり、傷みが見られたりする可能性があります。また、試乗車として使用されていた場合にも走行により傷がついたり、使用感があったりすることがあります
これらの点が気になる方は、新古車を購入する前にしっかりと確認しておくことをおすすめします。

新古車のデメリット6. 購入後最初の車検が3年以内に来る

新車の場合、購入後最初の車検は新車新規登録から3年後です。対して新古車は、購入時に新車新規登録からある程度の期間が経過しているため、3年を待たずして最初の車検を迎えます。中には登録してから数年経過している車が新古車として販売されていることもあるので、購入してすぐに車検のタイミングが来てしまい、出費がかさんでしまう可能性もあります。

新古車のデメリット7. ワンオーナー車でない

新車新規登録以降の所有者が1人の車のことを「ワンオーナー車」と呼びます。中古車市場では、このワンオーナー車かどうかが査定に響くことがあります

新車はワンオーナー車であるのに対し、新古車の場合はディーラーが最初のオーナーであることが多く、購入した方は2人目のオーナーになります。そのため、購入後の新古車はツーオーナー車となり、売却時の査定で不利になりやすいことを知っておきましょう。

デメリットの多い新古車を選ぶより、安く新車に乗れる方法がおすすめです。
新古車の購入と違って初期費用がかからず、月々10,000円台からの定額払いで好きな新車に乗れます。車の状態を心配する必要もありません。詳しくは下のバナーを見てみましょう。

新古車よりお得に新車に乗る方法

新古車を購入する際に注意したいポイント

新古車を購入する際に注意したいポイントをイメージした画像

新古車は中古車なので、購入時に注意しておくべきポイントがあります。費用がかさんだり、車の状態が悪かったりして後悔することがないように、購入前にしっかり確認しておくことが大切です。

新車より価格が高くなっていないか

新古車は、展示や試乗のために取り付けたオプションを装備したまま販売することで、オプション代も含めた価格となっています。そのため、オプションを取り付けていない新車よりも価格が高くなってしまうことがあります。

希望しないオプションにより高額になっている場合は、新車を購入して必要なオプションだけをつけたほうが安く済む可能性もあるでしょう。装備と価格をしっかり確認したうえで、購入するかを判断する必要があります。

長距離を走行していないか

新古車の中には試乗車として使用されたことで、走行距離が長くなっている車両もあります。そのような車は状態が良くない可能性があるので、走行距離を確認したうえで購入するようにしましょう。

なお、上述のとおり、登録(届出)済未使用車は「使用又は運行に供されていない中古車」と定義されます。そのため、公道を走行していない車が欲しい場合は、「登録(届出)済未使用車」として販売されている車両を購入するのが望ましいです。

保証を継承できるか

新車を購入すると、「メーカー保証」や「新車保証」と呼ばれる「一般保証」と「特別保証」が車両についてきます。比較的新しい車である新古車ではこの保証期間が残っていることが多く、一定の条件を満たせば保証を継承できるケースが多いでしょう。
ただし、販売店によっては保証継承について知らせてくれないこともあるので、新古車を買う際には保証を継承できるかを確認しておくことが大切です。

なお、メーカー保証や新車保証を引き継ぐためには、名義変更後、ディーラーに新古車を持って行く必要があります。

車検までの期間が短くないか

新古車は新車新規登録をしてからある程度の期間が経過していることから、新車を購入した場合よりも早く車検の時期を迎えます。場合によっては、購入してすぐに車検のタイミングとなることもあり、購入費用と合わせると短い期間での出費がかさんでしまいます。新古車を購入する場合には、車検までどのくらいの期間が残っているか、あらかじめ確認するようにしましょう。

新古車のデメリットや注意点を気にするよりも、新車に月々10,000円台から乗れる方法がおすすめ

カルモくん_new

中古車である新古車は品質面で新車ほど安心できるわけではなく、また、一般的な中古車よりは高額であるなど、デメリットも見られます。

中古車であることによるデメリットを気にしながら高額な新古車を買うより、初期費用0円で好きな新車に乗れるカーリースがおすすめです。中でも、「​定額カルモくん」は業界最安水準*の月々10,000円台から利用でき、サービスも充実しています。以下に、定額カルモくんについて詳しく解説します。

初期費用不要。購入するよりも負担を抑えて新車に乗れる

カーリースの月額料金には、車両本体価格だけではなく各種税金や自賠責保険料、手数料、お客様サポート料などさまざまな項目が含まれていることを表す図

カーリースは、利用者が月額のリース料金を支払うことで、リース会社が用意した新車に乗ることができるサブスクリプションサービスです。残価を差し引くことで車両本体価格が安くなるので、リーズナブルな料金で車に乗ることができます。中でも定額カルモくんは、月々12,490円から新車を利用することが可能です。

また、新車や新古車、一般的な中古車にかかわらず、車を購入する場合は車両本体価格以外に税金や保険料、手数料などの初期費用がかかりますが、定額カルモくんならこれらの費用が月額料金に含まれているので、まとまった資金を用意する必要なく、月額料金だけで車に乗り始められます。

〈定額カルモくん利用者の声〉

Yさん・40代・ダイハツ「ミライース」を11年でご契約
Yさん・40代・ダイハツ「ミライース」を11年でご契約

以前は中古車に乗っていたんですが、乗換えを検討しているときに定額カルモくんのテレビCMを見て、月々10,000円台で新車に乗れるところに興味を持ち申し込みました。車検切れに間に合わせたくて「一番早く、一番安い車」とリクエストしたところ、ダイハツ「ミライース」をすすめられたんです。車検切れまでに納車してもらえたし、乗り心地も良いので満足しています。

国産の全車種・全グレードから車を選べる

新古車は流通している数が少ないことから、希望の車を見つけられないこともあるでしょう。その点、定額カルモくんなら、国産の全車種・全グレードから新車を選ぶことができます。また、ディーラーで購入する場合と同じように、オプションをつけたり好きなボディカラーを選んだりできます。

さらに、時期によって価格が変動しやすい新古車と違って、購入するタイミングを気にする必要がないので、欲しいと思ったときに車が手に入ります。

〈定額カルモくん利用者の声〉

Mさん・20代・トヨタ「ルーミー」を9年でご契約
Mさん・20代・トヨタ「ルーミー」を9年でご契約

ほかのカーリース会社も見ましたが、希望のグレードが選べなかったり、エリア外だったりしたんですよね。費用面だけでなく、見た目も重視して車を選びたかったところ、定額カルモくんでは乗りたいグレードが選べたし、条件的にも納得できる内容だったので「ここだ!」と即決しました。

メンテナンス費用も月額料金にまとめられる

新車は新古車と比較して故障のリスクが低く、使用感や傷みもありません。もちろん、メーカー保証もついています。それでも、車に乗っている以上、車検やメンテナンスの費用は必要です。

定額カルモくんなら、これらを月額料金にまとめられるメンテナンスプランが用意されているので、車検やメンテナンス費用でまとまった出費が必要になる心配がありません。また、支払いをフラットにでき、家計管理が楽になります。

〈定額カルモくん利用者の声〉

Oさん・30代・スズキ「ハスラー」を9年でご契約
Oさん・30代・スズキ「ハスラー」を9年でご契約

主​​人に車の購入を相談したときにカーリースをすすめられたんです。その中でも「定額カルモくん」は、家計管理や手続きが簡単そうだったので、面倒くさがりな私でも大丈夫だと思いました。プランを決めるのに悩むことはほとんどありませんでしたが、メンテナンスプランにはこだわりましたね。車検代や税金の支払いのための出費がないことがわかっているのも安心です。

一般的に、​カーリースを利用するには審査があり、結果が出るまで数日~1週間程度待たなければなりません。
その点、定額カルモくんの「お試し審査」なら、オンラインで5分ほどの入力で申し込めて、通常翌営業日には結果を知らせてもらえます。さらに、希望に合った車種やプランを提案してもらえるので、自分にぴったりの条件で新車に乗れます。
まずは、下のバナーから申し込んでみましょう。

希望や条件を伝えるだけ_お試し審査をしてみる

​* 文末の制作日における調査結果に基づく。調査概要はコンテンツポリシー参照

条件と価格を比較して安くて安心できる車に乗ろう

条件と価格を比較して安くて安心できる車に乗ろうをイメージした画像

新古車は、新車と比べて価格が安いというメリットがありますが、流通台数が少なく購入が難しかったり、長距離を走行しているケースがあったりと、デメリットも見られます。
その点、カーリースの定額カルモくんなら、初期費用なしで新車に乗れることに加え、国産の全車種・全グレードから車を選べて10,000円台からの月額料金だけで済むなど、新古車の購入で気になる点をカバーするだけでなく、メリットも豊富です。

​また、「お試し審査」を受けておけば、審査通過後に担当のスタッフと相談しながら車種やプランをじっくり検討でき、自分にぴったりの条件で新車に乗ることができます。オンラインで5分程度の入力で申し込めて手間もかかりません。下のバナーから気軽に申し込んでみましょう。

車種やプランは後から選べる_お試し審査をしてみる

​※審査に通過してもキャンセル可能です

よくある質問

Q1:新古車とは?

A:新古車とは、新車に近い状態の中古車のことで、未使用車とも呼ばれます。ディーラーで展示車や試乗車として用いられていたケースが多く、中には長距離を走行している車両もあります。​新古車について、詳しくはこちらをご覧ください。

Q2:新古車はどこで買える?

A:新古車は、新古車専門店やディーラー、中古車販売店などで購入することができます。ただし、販売店によっては車種が限定されたり、取扱台数が少なかったりします。​各販売店でどのような新古車が購入できるかについて、詳しくはこちらをご覧ください。

Q3:新古車購入より負担を抑えて新車に乗るなら?

A:カーリースなら、毎月の定額料金だけで新車に乗れ、車の購入時に必要な初期費用もいりません。中でも、定額カルモくんなら国産全車種から車を選べるうえ、月々10,000円台から利用できます。​​定額カルモくんのサービスについて、詳しくはこちらをご覧ください。

※この記事は2023年6月16日時点の情報で制作しています

関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる

20万人が申し込んだ 人気のカーリース 定額カルモくんの資料を見る