ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

ムーヴキャンバスに乗って「後悔した」と思うのはどんなとき?利用者の声やデメリットを解説

ダイハツ「ムーヴキャンバス」を購入して、後悔した人はいるのか確かめようとしている女性の画像
ダイハツ「ムーヴキャンバス」を購入して、後悔した人はいるのか確かめようとしている女性の画像

キュートな軽自動車の代表格といえる、ダイハツの軽ハイトワゴン「ムーヴキャンバス」。ムーヴキャンバスを選んで後悔する点があるのかどうか、気になるところではないでしょうか。

できるだけ後悔のない、満足度の高いカーライフを実現するためにはその車のメリットだけでなく、デメリットや後悔することになりかねない部分を把握しておくことも大切です。ここでは、ムーヴキャンバスのデメリットや実際の利用者の口コミなどをご紹介します。

  • ムーヴキャンバスは車両本体価格が高いことやエントリーグレードの快適装備が少ないことなどがデメリットとなりうる
  • おしゃれなデザインであることや、「あったらうれしい」機能が多数あることがメリット
  • 上位グレードを選んで後悔のないカーライフを実現する方法もある

かわいいデザインが人気のムーヴキャンバス!後悔しそうなポイントは?

車種画像バナー

ダイハツ「ムーヴキャンバス」は、かわいらしいカラーリングやデザインが人気を集めている軽ハイトワゴンです。両側パワースライドドアを備えていることに加え、ポケッテリアの使い勝手の良さなどに定評がありますが、そんなムーヴキャンバスにも実際に乗ったら後悔するかもしれないポイントがあります。

ここでは、ムーヴキャンバスを選んで後悔につながりそうな部分について見ていきましょう。

車両本体価格が高い

軽自動車は、経済性の高さがひとつの魅力といえます。とはいえ近年は車が高額化していることに加え、軽自動車の中でもスーパーハイトワゴンやハイトワゴンは車両本体価格が高い傾向があります。

ムーヴキャンバスは両側パワースライドドアなどの快適性を高める機能を多数搭載するなど、装備が比較的充実したモデルです。そのため、エントリーグレードであっても車両本体価格が150万円近く、ターボエンジンを搭載する4WD車になると190万円を超えてきます。

この価格帯になると、トヨタ「ヤリス」やスズキ「ソリオ」などのコンパクトカーも視野に入ってくるため、軽自動車としては「車両本体価格が高い」ことが後悔するポイントのひとつになるかもしれません。

エントリーグレード「X」は装備が物足りない

ムーヴキャンバスは2トーンカラーの「ストライプス」、シックなモノトーンの「セオリー」ともに「X」「G」「Gターボ」の3つのグレードがラインナップされています。

ターボエンジンを搭載する「Gターボ」と上位グレードの「G」はほぼ同じ装備内容であり、現行型の目玉となる保温機能付きのカップホルダーなどの快適装備が搭載されていますが、エントリーグレードの「X」では大幅に快適装備が省かれており、上位グレードには標準装備である電動パーキングブレーキやオートブレーキホールド機能もありません。

その分価格は抑えられていますが、価格のみに注目してグレードを選んでしまうと後悔につながるリスクは否定できません。

インテリアのキュートさが減った

ムーヴキャンバスの先代モデルでは、ボディカラーに合わせたアクセントカラーがあしらわれるなど、キュートな雰囲気が強いインテリアを採用していました。そのため好みのアクセントカラーのインテリアを選ぶ楽しみがあることに加え、乗る度にかわいらしさを実感できるといったメリットがありました。

しかし、現行型では「ストライプス」と「セオリー」内でそれぞれインテリアは固定されており、カラーなどが選択できる自由度はありません。また、「ストライプス」ではホワイト基調、「セオリー」ではブラウン×ネイビーを組み合わせ、いずれもシンプルですっきりとした仕上がりになっているため、先代型のようなキュートさを期待しているとがっかりする可能性もあります。

【聞いてみた】実際にムーヴキャンバスに乗った方の口コミ

実際にムーヴキャンバスを購入した方の中には、「思っていたのと違った」「期待しすぎた」などの後悔を感じている方もいるようです。ここでは、口コミ*を通してムーヴキャンバスのどのような部分が公開につながるのかを確認してみましょう。

燃費が思ったほど良くない

東京都在住・30代後半・女性
東京都在住・30代後半・女性

現行型は燃費が良くなったと聞いていたので期待していたのですが、実燃費があまり伸びなかったのが若干後悔している部分です。ちょっと期待しすぎたのもあるかもしれませんが、私にとって燃費は車選びの重要ポイントなので…。でもデザインは気に入っています。

エアコンが温まるまでに時間がかかる

宮城県在住・40代前半・女性
宮城県在住・40代前半・女性

デザイン性だけではなく機能性もよく考えられている点が気に入って購入しました。不満なのは冬場にエアコンが温まるまでに少し時間がかかること。ただ、選んだグレードにはシートヒーターや保温機能のあるカップホルダーも搭載されているので、そこまで気になるわけではありません。といっても地域柄冬場はかなり寒いので、マイナスポイントではあります。

セダンタイプと比較すると走行安定性に欠ける

静岡県在住・30代後半・女性
静岡県在住・30代後半・女性

購入時にムーヴキャンバスのほかに検討していた車種がセダンタイプだったこともあり、試乗した感じはセダンタイプの安定性が良く運転しやすかったのですが、ルックスの良さに負けてムーヴキャンバスを選びました。毎日使用していると、やはり背の高いトールワゴンならではの不安定感はありますね。

車選びで後悔したくない方は、カーリースの利用を検討してはいかがでしょう。
カーリースは「車のサブスク」ともいわれ、頭金などの初期費用0円、月々定額で新車に乗れます。
費用を抑えて車に乗り始める方法として、おすすめです。

申込者数15万人以上_おすすめのサービスをみる

*チャットアンケートツールを用いた独自調査による

「後悔」なんて言わせない!ムーヴキャンバスにはこんなメリットが

「後悔」なんて言わせない!ムーヴキャンバスにはこんなメリットが出典:ムーヴキャンバス 外観ギャラリー

ここまでデメリットとなる部分やムーヴキャンバスに乗っている方が「後悔した」と感じたポイントなどを見てきましたが、ほかの軽自動車では得られないムーヴキャンバスならではのメリットもたくさんあります。

ここではデザイン性や快適装備の充実度など、ムーヴキャンバスのメリットとなる部分に焦点を当ててみましょう。

気分が上がる、デザインコンシャスなモデル

ムーヴキャンバスの最も大きなメリットは、その見た目と言っても過言ではありません。元々自身のライフスタイルを楽しむ若い女性ユーザーに寄り添う車として開発されたこともあり、機能性はもちろんのこと、それ以上にデザイン性を重視して開発されたモデルです。

ひと目で「ムーヴキャンバス」とわかるパステルカラーの2トーンカラーはムーヴキャンバスならでは。なお、2022年7月に登場した2代目となる現行型では、先代モデルの雰囲気を受け継いだ2トーンカラーの「ストライプス」と、大人っぽく落ち着いた雰囲気の「セオリー」の2つのスタイルが設定され、選択の幅が広がりました。

ターボエンジンが選択可能に

ムーヴキャンバスは、先代モデルではターボエンジンの設定がなくNA(自然吸気)エンジンのみというラインナップでした。しかし、ムーヴキャンバスはスライドドアを搭載するモデルであり軽自動車の中では比較的車両重量が重く、NAエンジンでは加速が物足りないという声が多くあったようです。

そのため、現行型では顧客の要望を反映させる形でターボエンジンが設定されました。また、車体の軽量化や専用のサスペンションチューニングによって走りの質感も進化させています。

「あったらうれしい」機能を多数搭載

上位グレードでは、自動車初(2022年7月時点、ダイハツ調べ)となる保温機能付きのカップホルダー「ホッとカップホルダー」や、運転席、助手席のシートヒーター、すべての席を日差しから守ってくれる360°スーパーUV&IRカットガラスなどが標準装備となっているなど、ドライブを楽しくしてくれるような快適装備が多数そろいます

また、エントリーグレードを含む全車に両側パワースライドドアが標準装備されます。パワースライドドアを採用する車種であっても両側に備わるのは上位グレードのみ、という車種も少なくない中、これは大きなメリットといえるでしょう。

出費を抑えて新車に乗れる!カーリース(車のサブスク)で後悔しない車選び
この車種で料金シミュレーションをする

ムーヴキャンバスに乗っても後悔しないのはどのような方?

ムーヴキャンバスは、車に自身の個性を反映できるような選択肢があることや、デザイン性の高いおしゃれな軽ハイトワゴンが欲しい方には最適なモデルではないでしょうか。

そのほかにも、季節を問わず快適にドライブが楽しめる機能が充実した車に乗りたい方や、軽スーパーハイトワゴンほどの高さは不要だけれども両側パワースライドドアは欲しい、といった方には向いています。

また、現行型はターボモデルがラインナップされているので、高速道路や坂道を走る機会が多いなどパワーに余裕が欲しい方でも選びやすくなっている点も特筆すべきポイントといえるでしょう。

購入するより手軽にムーヴキャンバスに乗ればきっと後悔しない

カルモくん_new

現金一括やローンを組んで車を購入するのではなく、「車のサブスク」とも呼ばれるカーリースを利用してダイハツ「ムーヴキャンバス」に乗る方法もあります。

カーリースは、月々定額で新車に乗れるサービスです。車を購入するときのようにまとまった初期費用を用意する必要がなく、気軽に車に乗り始めることができます。

とりわけカーリースの「おトクにマイカー 定額カルモくん」は業界最安水準*で、ムーヴキャンバスには月々 19,090 円から利用できます

*文末の制作日における調査結果に基づく。調査概要はコンテンツポリシー参照

ムーヴキャンバスの特徴を知れば後悔なくカーライフを楽しめる

かわいいムーヴキャンバスにも、見方によっては後悔しうるデメリットがあるかもしれません。しかし、そのようなデメリットをあらかじめ知っておけば、ムーヴキャンバスを快適に乗りこなせるでしょう。

カーリースのように、費用を抑えながらマイカー同様、新車に乗れるサービスを利用すれば、さらに安心してムーヴキャンバスに乗れるのではないでしょうか。

乗りたい車の特徴を把握して、ベストな方法を選ぶことで後悔とは無縁のカーライフを送りましょう。

カーリースにも、カーローンを組んで車を購入するときと同様、審査があります。

「定額カルモくん」の「お試し審査」は、審査に通るかどうか簡単に確かめられるツールです。まずはこの「お試し審査」で、ムーヴキャンバスに乗れるかどうか確かめてみてはいかがでしょう。

申込者数15万人以上_お試し審査

2024年サマーキャンペーン

サービス資料(パンフレット)もございます。

サービスガイド

カーローンで購入した場合との費用比較や、大手リース他社とのサービス・料金比較、素朴な疑問への回答など、詳しくご紹介しています。

カルモくんを資料で詳しく

よくある質問

Q1:ムーヴキャンバスを買ったら後悔する?

A:ムーヴキャンバスに実際に乗っている方の口コミでは、「安定性が悪い」「燃費が思ったほど良くない」といった点が後悔したポイントとして挙げられています。また、車両本体価格が高い、エントリーグレードは快適装備が少ないことも後悔につながる部分といえそうです。

Q2:ムーヴキャンバスはどのような方に向いている車?

A:自分らしさを表現できるデザイン性の高いおしゃれな軽自動車に乗りたい方には最適な1台です。また、快適装備が充実している車が欲しい方や、両側パワースライドドアは必須という方にもぴったりでしょう。

Q3:ムーヴキャンバスに後悔しないで乗れる方法は?

A:「車のサブスク」として月々定額でムーヴキャンバスに乗れるカーリースの利用がおすすめです。カーリースの「おトクにマイカー 定額カルモくん」であれば、車にまつわる相談ができるマイカーコンシェルジュが在籍しているため、車種やグレード選びで後悔するデメリットを回避できるでしょう。

※この記事は2023年3月1日時点の情報で制作しています

ダイハツムーヴキャンバスの新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他のダイハツムーヴキャンバスの記事
関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる

車検・税金込みでも月1万円台~ 定額カルモくんの資料を見る