車のサブスクリプションを徹底比較!KINTOや定額カルモくんの新車に乗れるしくみとは?

車 サブスク
カルモくんなら新車が

月額定額制でサービスを利用するサブスクリプションという方法。動画や音楽の配信などを中心に世界中で広がっているサブスク市場に、車業界も続々と参入しています。マイカー気分を味わうことができる車のサブスクは、2019年1月にトヨタ自動車がサービスを開始したことでも話題になりました。

そこで今回は、現在人気の車のサブスクリプションサービスの比較に加えて、利用方法や種類、マイカーとの費用の違いなどを比較してご紹介します。

日本でも車のサブスクが熱い!

海外では車の利用方法として主流のサブスクリプション。高級車のポルシェも2018年よりサブスクリプションサービスを導入するなど、アメリカでは車を利用する人の約33%がカーリースを利用しています。日本の車業界でもサブスク化が進み、一定期間車が乗り放題になる「NOREL」や「KINTO」、マイカーのように長期的に車を借りるカーリースの定額カルモくんなど、さまざまなサービスが提供されています。

この記事のポイント

  • 日本でも多数の車のサブスクサービスが存在。それぞれに異なる特徴を持つ
  • 車のサブスクでは、返却を前提として残価が設定されているなど、月々安くできる理由がある
  • 新車に乗れる、維持費などの出費を定額に抑えられるなど、さまざまなメリットも

各サービスを徹底比較

日本で提供されている車のサブスクについて、月額料金に含まれている費用や詳細、それぞれのサービスの特徴をご紹介します。

なお、各社の情報は2020年7月時点の情報で執筆しています。

 NOREL(中古車)KINTO定額カルモくんニコノリコスモ
契約期間3ヵ月〜(1ヶ月更新)
もしくは2年契約
3・5・7年1〜11年原則5年2,5,6年
月額料金(税抜)59,800円〜(税抜)32,780円〜12,870円〜11,000円〜(ボーナス払いあり)14,100円〜
メーカーメルセデスベンツ・BMW
日産・MAZDAなど
トヨタ・レクサス全国産車種全国産車種全国産車種
自賠責保険料月額料金に含まれる月額料金に含まれる月額料金に含まれる月額料金に含まれる月額料金に含まれる
税金月額料金に含まれる月額料金に含まれる月額料金に含まれる月額料金に含まれる月額料金に含まれる
任意保険月額料金に含まれる一括契約可能
車検月額料金に含まれる月額料金に含まれる定額制にできる一部含む定額制にできる
メンテナンス月額料金に含まれる定額制にできる一部含む定額制にできる
支払い方法クレジットカードクレジットカード銀行口座引き落とし銀行口座引き落とし銀行口座引き落とし

 

乗り換え放題「NOREL」

中古車販売大手のガリバーが運営する「NOREL」は、登録済み未使用車や中古車の中から乗りたい車をネット予約、店頭で受け取り、一定期間車を利用することができるサービスです。選べる車種には、人気のSUVからスポーツカー、高級車、輸入車など、バラエティ豊かなラインナップとなっています。

NORELでは、買取台数No.1のガリバー(2019年3月時点)の在庫から車を選ぶことができるため、乗りたかった車が見つかるかもしれません。また、最短90日で乗り換えられる「通常プラン」と、2年契約でお得に乗れる「2年割プラン」の2種類のプランがあります。

<利用例>
月々の利用料金は車種によって異なりますが、「通常プラン」では月額59,800円(税抜)〜、「2年割プラン」では月額 39,800円(税抜)、月額 59,800円(税抜)、月額 79,800円(税抜)の3パターン。月額料金には、対人・対物・人身傷害保険、自動車税、重量税、車検代などが含まれています。

トヨタ車に乗り続けられる「KINTO」

トヨタ自動車のサブスクサービス「KINTO」は、3、5、7年ごとに新しいトヨタ車に乗ることができる「KINTO ONE」と、3年間で3台もしくは6台のレクサスに乗ることができる「KINTO FLEX」の2つのプランがあります。
頭金や登録費用などの初期費用が不要、メンテナンスや任意保険の手続きなども定額サービスに含まれているため、契約者は車に乗るだけ。契約は店頭またはネットのみで完結し、メンテナンスや修理はトヨタ・レクサスの正規販売店で実施します。

<利用例>
月々の利用料金は、「KINTO ONE」で契約期間3年、ボーナス払い併用なしの場合は、ハリアーであれば61,600円(税込)~、アルファードであれば72,600円(税込)~、RAIZEであれば39,820円(税込)~など車種によってさまざま。一方で「KINTO FLEX」は3年間に6台であれば180,000円(税抜)、3台であれば160,000円(税抜)となっています。

おトクにマイカー 定額カルモくん

カルモくん_new

頭金なし、ボーナス払いなし、税金・自賠責保険コミコミのリースでは日本一安い完全定額12,870円の「カーリ―スの 定額カルモくん」は、一定の条件下で契約満了時に車がもらえるプランや、メーカー保証と同等の保証が受けられるメンテナンスプランなど、多様なニーズに応えるサービスがそろったカーリースです。申込みから納車手続きまでがネットで完結するため、店頭に足を運ぶ必要もありません。

購入可能なメーカーは、日産・ホンダ・トヨタ・スバルなど、国産車メーカーの全車種全グレードから選ぶことができます。定額カルモくんでは、車の返却時の価値(残価)を除いた金額を、希望の契約回数で割った金額が月々の支払い金額となるため、安い料金設定で購入できるのが魅力です。さらに、ネット販売によるコスト削減や、リース市場最長の11年契約(2020年3月、定額カルモくん調べ)により、日本一安い金額を実現しました。

<利用例>
月々の料金は、最長の11年契約の場合、ホンダ「N-BOX」が16,600円(税抜)〜、スズキ「ソリオ」が19,800円(税抜)〜利用可能です。また、月々のメンテナンスや車検については、メンテナンスプランで月額3,340 円〜でカバーできます。つまり、N-BOXであれば、車検基本料もコミコミで20,000円前後で乗ることができます。

定額カルモくんについてさらに詳しく知りたい方はこちら

カルモくんなら新車が

定額ニコノリパック

定額ニコノリパックは、5年契約の「ニコノリパック」と、9年契約の「もらえるパック」の2種類のプランがあるサービスです。どちらもボーナス併用払いであれば月々10,000円(税抜)での利用が可能となっています。また、月額料金には車検やエンジンオイル交換、ウォッシャー液の補充など、一部のメンテナンス費用も含まれており、オプションプランでさらに充実したメンテナンスを受けることができます。

<利用例>
月々の料金は、どちらのプランもボーナス併用払いと均等払いから選ぶことができます。スズキ「ハスラー」を契約した場合には、5年契約の均等払いが22,500円(税抜)、ボーナス月に10回75,000円(税抜)が加算されるボーナス併用払いでは10,000円(税抜)となります。

コスモMyカーリース

コスモ石油の提供するコスモMyカーリースでは、選んだプランに応じて給油料金が割引になる(コスモ・ザ・カードで支払いの場合)というメリットがあります。また、走行距離や頭金、ボーナス払いの有無などを細かく設定できるため、ライフプランに合った契約内容を選ぶことができます。

<利用例>
月々の料金は、最長の7年契約、頭金やボーナスなし、月間走行距離を1,500kmとした場合、ホンダ「N-BOX」が19,600円(税抜)で利用可能です。また、メンテナンスパックにはライトメンテナンスのシルバーパックが2,700円(税抜)、フルメンテナンスのゴールドパックが5,900円(税抜)の2種類が用意されています。

車のサブスクリプションのしくみ

車のサブスクリプションサービスとは、毎月一定額を支払うことで、選んだ車をマイカーのように乗ることができるというもの。車を所有するのは難しいと感じていた方も、車のサブスクの登場でカーライフがより身近に感じられるかもしれません。ここでは、サブスクの安さの秘密や契約方法など、サブスクリプションのしくみについて見ていきましょう。

サブスクの安さの秘密

サブスクが安いと言われる秘密は、頭金がないことやオンラインや郵送のみで手続きが可能なことのほかにもあります。

車のサブスクは返却を前提としていることから、車の価値を保持するために走行距離の制限やカスタマイズの禁止などをルールとしています。そして、契約満了時の車の想定価値である残価を設定して、月額料金を算出しているため、月々の費用を抑えることができるのです。
以下が月額料金の算出式です。

月額料金 =(車両代金 − 残価)÷ 契約月数

車のサブスクは契約方法に注目!

車のサブスクの契約方法には、オープンエンド方式とクローズドエンド方式の2種類があります。サブスクのデメリットとして契約満了時の追加精算があげられることがありますが、追加精算があるのはオープンエンド方式のみなので、クローズドエンド方式であれば追加精算の心配はありません。

・オープンエンド方式
あらかじめ契約時に残価を明示した上で、月額料金を計算する契約方法です。契約満了時に車を返却する際、車の状態や市場価値によって設定していた残価よりも査定額が下回った場合には差額の精算をしなくてはいけません。なお、契約満了時には、差額を一括で支払って契約を終了、車を買い取り、リース期間を延長するなどの選択肢があります。

・クローズドエンド方式
契約時に残価を明示せずに月額料金を計算するため、差額精算がない契約方法です。
契約満了時には、車を返却して契約を終了、リース期間を延長するという選択肢があります。

車のサブスクの魅力とは?

マイカー購入時には初期費用がかかったり、購入後も税金などの出費が発生したり、さまざまなお金がかかりますが、サブスクは定額制なので頭金がかからず、月々のコストを抑えられることや家計管理がしやすいのが特徴です。
サービスごとに金額や利用できる期間、車種などは異なりますが、初期費用や維持費が抑えられることや新しい車に乗り続けられることなどがメリットです。まずは、車のサブスクの魅力について詳しくご紹介します。

・新しい車に乗り続けられる
購入時には最新のデザインや車両装備の車も、年数が経過すると古くなってしまいます。乗り換えにはお金もかかるため、マイカーでは最新機能や流行のデザインの車に乗り続けることは難しいですが、サブスクで車を利用することで新しい車に乗り続けることができます。また、使用年数や走行距離が経過すれば修理や故障なども増えていくため、メンテナンス費用の負担も避けられます。

・初期費用を抑えられる
車を購入する際には、車両価格の10%前後の頭金や自動車税や環境性能割などの税金、自賠責保険料などを初期費用として用意する必要があります。サブスクを利用すれば、これらの初期費用はすべて月々の支払いに含まれているので、まとまったお金がないという場合にもマイカー感覚を楽しむことができます。

・保険料や税金もコミコミ
車を維持するためにはメンテナンス費用だけでなく、自賠責保険や自動車税などの費用を支払わなくではいけません。しかし、サブスクでは保険料や税金なども月額利用料金に含まれているため、急な出費もなく安心です。

・新車に乗れる
車を購入する際、初期費用を抑えるために中古車という選択をする方もいるでしょう。しかし、サブスクでは初期費用を用意しなくても新車に乗ることができます。中古車を選んだ場合、初期投資は抑えることができますが、2年の間で車検を受けなければならなかったり、新車と比べてメンテナンスなどで維持費がかかったりという可能性も考えられます。

・維持費も定額にできる
安全で快適なカーライフを送る上で、維持費は必要不可欠です。点検や車検、消耗品の交換などのメンテナンスにかかる費用は予測することが難しく、急な出費となることもありますが、サブスクではオプションプランを利用することで維持費も定額にすることができます。

・出費を一定にできる
車の維持費は月によって変わるため、家計管理がしにくいというデメリットがありますが、サブスクであれば毎月定額で利用できるため、家計管理が簡単です。

・社用車として使いやすい
車のサブスクは、もともとは法人サービスとして利用されてきたものです。車の購入にかかる費用はすべてを経費として計上することが難しいという懸念点がありますが、サブスクでは使用料として全額経費として計上することができます。そのため、社用車としても使いやすく節税対策にもなることから、企業や個人事業主からも人気を集めています。

まずは審査

車のサブスクの注意点

さまざまなメリットのある車のサブスクですが、注意点やマイカーとの違いも知っておきたいところ。
細かいルールはサービスによって異なりますが、原状回復や改造やカスタマイズの禁止など、一般的には以下のような点があげられます。

・原状回復
サブスクでは返却時に原状回復できる状態で使用することが条件となっています。傷やへこみなどを直さずに返却した場合、原状回復にかかる費用を追加で請求される可能性があります。

なお、定額カルモくんのメンテナンスプランのように、原状回復のサポート費用がオプションプランに含まれているサービスもあります。

・改造やカスタマイズ禁止
返却を前提としたサービスのため、原状回復できる状態で使用することがルールとなっています。そのため、改造やカスタマイズをすることはできません。

・走行距離制限
サブスクでは、車の価値を保持するという観点から走行距離が制限されています。制限をオーバーした場合は超過分相当の追加料金が発生することがあります。しかし、定額カルモくんの「もらえるオプション」のように、走行距離を気にしなくていいケースもあります。

・中途解約の不可や違約金
あらかじめ期間を決めて契約を行うため、中途解約を希望する場合には違約金が発生することがあります。なお、違約金の計算方法や発生するケースはサービスによって異なります。また、事故を起こして全損となってしまった場合には、強制解約となり、違約金が発生します。この場合は車両保険に入っておけば、そのお金を違約金に充てることができるので安心です。

・任意保険への加入
ドライバーに義務付けられている自賠責保険料は月額料金に含まれていますが、万が一の事故の際に相手方やドライバー、同乗者、車両の補償などをカバーできる任意保険は、契約者が自分で加入しなくてはいけません。しかし、これについてはサブスクなのか一括購入なのかに限らず、加入することをおすすめします。

マイカーやレンタカー、カーシェアとの利用方法を比較

マイカーやレンタカー、カーシェアとの利用方法の違い

車を利用する方法には、車を購入して所有するマイカーや、一時的に利用するレンタカーやカーシェアなどさまざまな乗り方があります。マイカーと同様に利用できるサブスクでは、費用にどのくらいの違いが生じるのでしょうか。
ここでは、それぞれの利用方法の特徴やマイカーとサブスクの費用の違いについて見ていきましょう。

それぞれの利用方法の特徴

マイカーやレンタカー、カーシェアの3つの利用方法について、それぞれの特徴をご紹介します。

・いつでも好きなときに乗れる「マイカー」
好きな車が選べることや、いつでもどこでも自由に乗ることができるのがマイカーを所有する最大のメリットです。ローンの返済期間や金額は収入に合わせて設定することが可能ですが、保険や税金などの維持費がかかります。また、簡単に乗り換えができないことや、車検や売却、廃車などさまざまな手続きを自身で行う必要があります。長く良い状態で乗るためには、日々のメンテナンスが必要不可欠です。

・一時的に利用したいときには「レンタカー」
短期間、一時的に車を使いたいときに便利なレンタカーです。使いたい日時や用途に合わせて好きな車種を借りることができますが、ネットや電話などであらかじめ借りる日時を指定する必要があります。利用開始の手続きや返却は、営業所や店舗の営業時間内に行わなければいけないので、深夜や早朝などは利用開始や返却ができない場合があります。

料金は、軽自動車や普通乗用車、ワンボックスカーなどの車のタイプによって異なり、利用する季節によっても料金が変動することがあります。なお、返却時にはガソリンを満タンにして営業所へ返却するのが基本です。予約時間が長くなるほど割安になるため、旅行やドライブなどの利用に向いています。

・利用頻度が少ない方向け「カーシェア」
ほとんどのカーシェアサービスでは、スマホアプリのみで予約や利用開始手続きが可能です。あらかじめ車が設置されている駐車場に行き、スマホで利用開始手続きを行うため、24時間利用することができます。1回あたりの最低利用時間も30分からと短く、買い物など短時間だけ使いたいときに向いています。

利用料金にガソリン代が含まれているため、レンタカーのようにガソリンを満タンにして返す必要はありません。月額利用料と使った分の料金を、登録したクレジットカードで支払います。
しかし、ほかの方が使用していないときでないと利用はできないので、自由に乗れるとは限りません。

マイカーとの費用の違い

よく比べられるマイカーローンとサブスク。車種の選択肢の豊富さやいつでも乗れるという共通のメリットがありますが、実際に利用した際にはどのくらいの費用の違いがあるのでしょうか。
頭金や金利など、マイカーとサブスクの維持費の違いを見ていきましょう。

 マイカーローンサブスク
頭金必要不要
金利かかるかからない
税金都度払い月額料金に含まれる
自賠責保険料かかる月額料金に含まれる
駐車場代実費実費
メンテナンス都度払い定額にできる
車検かかる定額にできる

初期費用や維持費を抑えてお得にマイカーライフを楽しみたい方にはサブスク、費用は掛かっても自分好みのカスタマイズをしたい方や、走行距離を気にせず車に乗りたい方はマイカーローンがおすすめです。

車のサブスクなら、定額カルモくんがおすすめ!

カルモくん_new

車のサブスクの中でも、マイカーのように車を借りたい方におすすめなのが「定額カルモくん」です。ほかのサービスと比較しても、月々の支払い金額が控えめなので、無理なく利用できます。また、質問や相談は、LINEや電話、メールで気軽に行うことができるので、車初心者の方にもおすすめです。
ほかにも、豊富な車種やメンテナンスプラン完備など、定額カルモくんのおすすめポイントをご紹介します。

月々1万円台から利用できる

通常、車のサブスクサービスの契約期間は3〜7年となっていますが、定額カルモくんの契約期間は最長11年に設定が可能です。そのため、月額料金を大幅にダウンすることができます。人気車種のホンダ「N BOX」やスズキ「ワゴンR」などは月額1万円台から、トヨタ「ヴィッツ」や日産「マーチ」などのコンパクトカーやホンダ「ヴェゼル」なども月額2万円から利用できます。

人気車種からオープンカーまで種類が豊富

定額カルモくんで取り扱っている車のタイプは、軽自動車やコンパクトカーのほかにも、SUV、ステーションワゴン、セダン、クーペ、オープンカーと種類が豊富です。サイトに掲載がない車種でも国産車はすべて取り扱い可能なので、好きな車種がないという心配もありません。

充実のメンテナンスプラン

オプションプランとして、全国30,000店以上の大手整備事業者で車検やメンテナンスが受けられるメンテナンスプランが用意されています。メンテナンスプランには車を返却する際の原状回復費用が含まれているので、返却時の価値が大幅に下がることも避けられます。また、通常は数年で切れるメーカー保証と同等の事故に対する保証が長年受けられるプランもあります。

もらえるオプションが契約できる

月額料金に月々500円上乗せするだけで、月々の走行距離制限がなく、契約満了後に車を自分のものにできます。対象車種は軽自動車とコンパクトカーで、契約年数は7年以上との条件はありますが、長距離や車に長く乗りたい方にはおトクでうれしいオプションです。

中古車カーリースもできる

定額カルモくんでは、2019年12月から中古車専用のサブスクも開始しています。毎朝在庫が追加される業界最大級の掲載台数の中から好きな車種を選ぶことができるので、費用は抑えたいけど車選びは妥協したくないという方にもおすすめです。また、修理費用の上限もなく、1年間の故障保証がついているので、中古車でも安心して利用することができます。

定額カルモくんについて詳しく知りたい方はこちら

車のサブスクでカーライフを楽しもう!

まだまだ日本では馴染みのない車のサブスクリプションですが、車を所有するのはハードルが高いという方もコストを抑えて気軽に利用できるのが最大の魅力です。
車は、単なる移動手段だけでなく、行動範囲を広げて毎日を充実させてくれるアイテムでもあります。
これまで車のない生活をしていたという方も、今までにない毎日を体験してみませんか?

カルモくんなら新車が

よくある質問

Q1.車のサブスクリプションサービスってどんなサービス?

A:車のサブスクリプションサービスとは、月々決まった使用料金を支払うことで選んだ車をマイカー感覚で使用できるサービスです。

Q2:車のサブスクのメリットって?

A:車のサブスクでは通常、車を購入する際に必要になる頭金が不要。貯金がなくても好きな新車に乗れます。また、車に関する税金、自賠責保険料などが月額料金に含まれていて、さらにオプションプランを利用すれば車検や法定点検、部品の交換費用などのメンテナンス費用も定額制にできるので、急な出費がなく、家計が安定するため安心してカーライフを楽しめます。

Q3:車のサブスクが安いのはどうして?

A:車のサブスクが安いといわれる理由には、オンラインや郵送のみで手続きが可能なことに加えて、残価が設定されていることが大きく関係しています。車のサブスクでは契約満了時の車の想定価格である残価を事前に設定し、車両価格から残価を引いて月額料金を算出しているので、月々の使用料金を安く抑えることができるのです。

 

※記事の内容は2020年7月時点の情報で執筆しています。

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

タグから記事を探す

読了後バナー