ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

【2022年4月最新】車のサブスク15社を徹底比較!お得で安心なサービスは?

車 サブスク

月額定額制で新車に乗れる車のサブスクは、まとまった出費も必要なく、手軽に車に乗れる方法として人気を集めています。しかし、利用しようと思っても、最近では車のサブスクのサービスも増えていることから、比較が難しいのではないでしょうか。

そこで、人気の車のサブスク15社について、サービスの内容を比較してみました。また、車のサブスクを選ぶポイントやおすすめの車サービスについて、マイカーコンシェルジュの若林由晃さんの解説も併せて詳しくご紹介します。

  • 車のサブスクを選ぶ際は、契約期間や取扱車種などを比較する
  • 車のサブスクは残価設定によって月々安く新車に乗れるしくみ
  • 車のサブスクをお得に利用するには残価精算のないサービスを選ぶことが重要

車のサブスク、どこがいい?おすすめ15社を比較

車のサブスク、どこがいい?おすすめ15社を比較

初期費用がかからない車のサブスクは、近年、手軽にカーライフを送れる方法として人気を集めています。しかし、サービスが増えていることから、選ぶのが難しいと感じている方もいるのではないでしょうか。そこで、人気の車のサブスク15社について、詳しくご紹介します。

おトクにマイカー 定額カルモくん

一本化用定額カルモくん
契約期間1〜11年(1年単位)
最安の車種ダイハツ「ミライース」
最安料金
(月額均等プラン)
月々11,220円
ボーナス払いなし
取扱車種国産全車種・全グレード
各種税金・自賠責保険料月額料金に含まれる
メンテナンスプランあり

 

頭金なし、ボーナス払いなし、税金・自賠責保険料コミコミで業界最安水準の月額11,220円~利用できる「おトクにマイカー 定額カルモくんは、契約満了時に車がもらえるオプションや、メーカー保証と同等の保証が受けられるメンテナンスプランなど、多様なニーズに応えるサービスがそろった車のサブスクです。

7年契約以上のすべての車で走行距離制限がなくなるほか、月額500円の「もらえるオプション」に加入すれば利用中のカスタマイズも可能になるなど、独自サービスが豊富な点でも人気を集めています。

定額カルモくんが人気の理由を知りたい方はこちら

定額カルモくんは、業界最安水準の月額料金が魅力のサブスクです。電気自動車やディーゼル車以外の国産メーカーの全車種・全グレードを扱っているので、乗りたい車種が決まっている方も、豊富な選択肢から選びたい方にもおすすめです。

ENEOSカーリース

契約期間3年・5年・7年
最安の車種ダイハツ「ミライース」
最安料金
(月額均等プラン)
月々25,630円
ボーナス払いえらべるプランなら可
取扱車種国産全車種
(プランによって異なる)
各種税金・自賠責保険料メンテパック契約で
コミコミになる
メンテナンスプランあり

 

ENEOSが自社のサービスステーションで展開する車のサブスクです。ENEOSカードの利用で、契約者本人と家族カード所持者もガソリン代の割引きが受けられるほか、「お客様サポートSS登録」をすることで、さらに5円/Lが割り引かれます。

一定の条件を満たすと契約満了前でも違約金なしで乗換えができます。また、65歳以上で免許返納による解約の場合も、解約金が不要になります。

クルマ専門家:若林
クルマ専門家:若林

オプションのメンテナンスプランにロードサービスが付帯している珍しいサービスです。契約期間は3タイプしかないため、短期間で車を乗り換えたい方に向いています。なお、月間の走行距離は500km、1,000km、1,500kmから選ぶことができます。

オートバックスカーリース

契約期間1〜7年
最安の車種ダイハツ「ミライース」
ホンダ「N VAN」
ダイハツ「タント」など
最安料金
(月額均等プラン)
月々20,790円
ボーナス払い
取扱車種一部の国産車種
各種税金・自賠責保険料月額料金に含まれる
メンテナンスプランあり

 

カー用品店のオートバックスが提供する車のサブスクです。契約時に自身で選んだオートバックス店内の商品をリース料金に組み込めるほか、契約期間中はカー用品が店頭表示価格より10%OFFで購入できます。

契約年数に合わせた長期契約ができる自動車保険(任意保険)もあり、月々定額で、車両の全損などもしもの場合に備えることも可能です。

クルマ専門家:若林
クルマ専門家:若林

基本的に車のサブスクではカスタマイズが禁止されていますが、オートバックスカーリースでは、車検に通る範囲でカスタマイズが楽しめるので、その自由度の高さは魅力でしょう。好きなカーナビやホイール、ドライブレコーダーをつけたまま返却できるので、返却時の原状回復も必要ありません。

オリックス カーリース・オンライン

契約期間5年・7年・9年・11年
最安の車種ダイハツ「ミライース」
最安料金
(月額均等プラン)
月々13,200円〜
ボーナス払い
取扱車種国産メーカーの全車種
各種税金・自賠責保険料月額料金に含まれる
メンテナンスプランなし

 

1984年より「マイカーリース」を提供するオリックス カーリース・オンラインでは、契約期間別に「いまのりくん」「いまのりセブン」「いまのりナイン」「いまのりイレブン」の4つのプランが提供されています。

また、5年契約の「いまのりくん」では契約から2年経過後、そのほかのプランでは契約満了の2年前より車の返却が可能となるため、不要になったタイミングで返却や乗換えが選べるのが便利なポイントです。

クルマ専門家:若林
クルマ専門家:若林

カーリースに限らず、車を良い状態で保つためにはこまめなオイル交換が欠かせません。オリックス カーリース・オンラインには、一部のプランにオイル交換や車検の基本点検整備費用が無料になるクーポンがついているので、安心して定期的にメンテナンスができるのではないでしょうか。

カーコンカーリース「もろコミ」

契約期間7年・9年・11年
最安の車種ダイハツ「ミライース」
最安料金
(月額均等プラン)
月々14,190円
ボーナス払い
取扱車種国産メーカーの全車種
各種税金・自賠責保険料月額料金に含まれる
メンテナンスプランあり

 

カーコンビニ倶楽部株式会社の提供するカーコンカーリース「もろコミ」では、契約期間が異なる3つのプランが用意されています。どのプランでも契約が満了すると車がもらえるため、将来的にマイカーが欲しい方にも便利なサブスクです。

また、ボーナス払いも併用でき、年に2回33,000円のボーナス加算を負担すれば、月々の料金は8,690円からと、10,000円以下で利用できます。なお、ボーナス加算の負担額は11,000円、22,000円、33,000円の3パターンから選べるので、予算に合わせて調節が可能です。

クルマ専門家:若林
クルマ専門家:若林

「もろコミ」は、福祉車両やミニカー、輸入車の中古車など、ほかのカーリースにはない車種の選択肢が魅力です。ボーナス払いの併用ができるので、憧れの車種にも手が届きやすいのではないでしょうか。

KINTO

契約期間3年、5年、7年
(レクサス車・モリゾウ
セレクションは3年のみ)
最安の車種トヨタ「ルーミー」
最安料金
(月額均等プラン)
月々33,000円
ボーナス払い
取扱車種トヨタとレクサスの一部車種
各種税金・自賠責保険料月額料金に含まれる
メンテナンスプランなし

 

トヨタ自動車のサブスクサービス「KINTO」では、3、5、7年ごとに新しいトヨタ車に乗り換えられます。取扱車種はトヨタとレクサスの一部車種で、レクサスのみ契約可能期間が3年となる点には注意が必要です。

初期費用不要の「初期費用フリープラン」と、中途解約時の解約金が不要になる「解約金フリープラン」の2種類から選べるので、資金計画に合わせた利用がしやすいでしょう。

クルマ専門家:若林
クルマ専門家:若林

利用期間を決めずに契約できる「解約金フリープラン」は、中途解約が心配な方にとっては利用しやすいプランでしょう。ただし、申込金として月額料金の5ヵ月分相当がかかるので、ローン購入時のように初期費用が負担になってしまう可能性があります。

コスモMyカーリース

契約期間3年・5年・7年
最安の車種トヨタ「ピクシスエポック」
最安料金
(月額均等プラン)
月々16,280円
ボーナス払い
取扱車種国産メーカーの全車種
各種税金・自賠責保険料月額料金に含まれる
メンテナンスプランあり

 

コスモ石油の提供するコスモMyカーリースでは、選んだプランに応じて給油料金が割引きになる(コスモ・ザ・カードで支払いの場合)というメリットがあります。
プランは走行距離や頭金、ボーナス払いの有無などを細かく設定できるため、ライフスタイルに合わせた契約内容を選びやすいでしょう。

クルマ専門家:若林
クルマ専門家:若林

コスモMyカーリースは頭金とボーナス払いを任意で設定できるため、家計の状況に合わせた料金プランを決めやすいでしょう。とはいえ、月額料金に含められる内容が少ないため、プランのグレードアップ、または実費負担の金額も考慮する必要があります。

SUBARU サブスクプラン

契約期間1年・2年
最安の車種スバル「インプレッサ スポーツ」
最安料金
(月額均等プラン)
月々39,820円〜
ボーナス払いなし
取扱車種SUBARUの一部車種
各種税金・自賠責保険料月額料金に含まれる
メンテナンスプランなし

 

SUBARUが提供するサブスクは、運転支援システム「アイサイト」を搭載したスバル車に定額で乗れるサービスです。月々の料金は39,820円からと、ほかのサブスクと比べると高めですが、自動車保険や車検などの維持費も含まれているため、別途それらの費用を用意する必要がありません。

また、月間の制限距離は1,500kmと長めのため、安全性の高い車でドライブや遠出を楽しみたい方にもおすすめです。契約期間は1年もしくは2年から選ぶことができ、1回まで同じ期間での更新が可能となっています。

クルマ専門家:若林
クルマ専門家:若林

車の購入にかかる諸費用だけでなく、維持にかかる車検や自動車保険まで月額料金にコミコミなので、ほかのサブスクと比べると家計管理が簡単な点が魅力でしょう。ただし、SUBARU車の中でも取扱車種が限られるため、選択肢はあまり多いとはいえません。

SOMPOで乗―る

契約期間3年・5年
7年・9年
最安の車種スズキ「キャリイトラック」
最安料金
(月額均等プラン)
月々12,320円
ボーナス払い
取扱車種外国車を含めた
290以上の車種
各種税金・自賠責保険料月額料金に含まれる
メンテナンスプランあり

 

SOMPOとDeNAの共同出資会社による車のサブスクサービスで、国内で販売されている車種であれば、国産、外国産を問わず取り扱っています。オプション料金を支払うことで、一定期間以上利用すれば契約期間途中での乗換えも可能になるプランもあります。

クルマ専門家:若林
クルマ専門家:若林

車のサブスクの中で、輸入車を多く扱っているサービスは珍しいですね。また、中途解約ができるオプションプランもあるので、ライフプランやライフスタイルが変わっても利用しやすいのではないでしょうか。

ニコノリ

契約期間1〜9年
最安の車種ダイハツ「ミライース」
最安料金
(月額均等プラン)
月々14,960円
ボーナス払い
取扱車種国産メーカーの全車種
各種税金・自賠責保険料月額料金に含まれる
メンテナンスプランあり

 

ニコノリは、5年契約の「ニコノリパック」と、9年契約の「もらえるパック」の2種類のプランがある車のサブスクサービスです。ボーナス払い併用であれば月々5,500円から利用が可能となっています。

また、月額料金には車検やエンジンオイル交換、ウォッシャー液の補充など、一部のメンテナンス費用も含まれており、オプションプランでさらに充実したメンテナンスを受けることができます。

クルマ専門家:若林
クルマ専門家:若林

ボーナス払い併用であれば、月々5,500円からと格安の料金で利用できるのがニコノリの魅力ではないでしょうか。ただし、ボーナス払いを併用する場合は、年に2回のボーナス加算となるので、あらかじめ備えておくと安心です。

NOREL

契約期間1〜9年
最安の車種ダイハツ「ミライース」
最安料金
(月額均等プラン)
月々17,270円
ボーナス払い
取扱車種国産メーカーの
一部の車種
各種税金・自賠責保険料月額料金に含まれる
メンテナンスプランあり

 

大手中古車販売店ガリバーのネットワークを利用した中古車と新車の両方を取り扱う車のサブスクです。中古車プランの場合、補償内容に合わせてプランを選べる任意保険があったり、契約満了前に乗換えができたりと、充実したサポートが受けられます。

また、カーシェアサービスに登録することで、利用中の車を個人間カーシェアリング車両にでき、シェアした分の料金をもらうことが可能です。

クルマ専門家:若林
クルマ専門家:若林

1〜9年で契約できる新車プランのほかに、最短1ヵ月ごとに乗り換えられるマンスリープランもあるので、必要な期間に合わせてプランを選びやすいサブスクです。ただし、新車プランは一部車種の決められたグレードしか選ぶことができない点は注意が必要でしょう。

ピタクル

契約期間5年・7年
最安の車種トヨタ「ピクシス エポック」
最安料金
(月額均等プラン)
月々23,320円
ボーナス払い
取扱車種国内メーカーの全車種
各種税金・自賠責保険料初回のみ
月額料金に含まれる
メンテナンスプランあり

 

三菱オートリース株式会社が提供する「ピタクル」では、国産メーカーの全車種だけでなく、日産「アリア」や三菱「アウトランダーPHEV」などの電気自動車も取り扱っています。そのため、豊富な選択肢から車選びを楽しみたい方におすすめです。

また、通常カーリースでは、車の全損など例外的に認められた場合を除いて、契約期間の途中での解約はできません。しかし、ピタクルでは、結婚などでほかの都道府県に転居した場合などにも、条件を満たせば、中途解約の違約金が免除となります。

クルマ専門家:若林
クルマ専門家:若林

基本的に中途解約が認められる条件は、リース会社によって異なります。そのため、ピタクルのように、条件が明示されるケースは珍しいでしょう。そのため、将来的に転居の可能性があり、長期契約に不安がある方にとっては、利用しやすいのではないでしょうか。

Honda マンスリーオーナー

契約期間1~11ヵ月
最安の車種ホンダ「N BOX」
「N WGN」など
最安料金
(月額均等プラン)
月々29,800円
ボーナス払いなし
取扱車種ホンダの一部車種
各種税金・自賠責保険料月額料金に含まれる
メンテナンスプランなし

 

自動車メーカーの本田技研工業株式会社が提供するホンダ「マンスリーオーナー」は、2020年1月よりサービスを開始した、1ヵ月単位で契約できる車のサブスクです。取扱車種は、ホンダの一部車種のみとなっているので、ホンダの車に乗りたい方におすすめです。

なお、車を返却しなければ自動更新となるので、更新手続きは必要ありません。また、車のサブスクでは珍しいクレジットカードでの支払いとなります。

クルマ専門家:若林
クルマ専門家:若林

1ヵ月単位で更新できるので、中途解約のリスクを軽減したい方には便利なサービスでしょう。ただし、長期契約ならもっと安く利用できるので、短期の利用を目的としている場合におすすめです。

MOTA

契約期間5年・7年・11年
最安の車種ダイハツ「ミライース」
最安料金
(月額均等プラン)
月々11,770円
ボーナス払い
取扱車種国内メーカー
レクサス
各種税金・自賠責保険料月額料金に含まれる
メンテナンスプランあり

 

株式会社MOTAが提供する「MOTAカーリース」は、追加費用なしで車がもらえる点が魅力のサブスクです。車がもらえることで走行距離や原状回復の心配もなくなるので、カーリースを使ったことがない方にとっても、利用しやすいサービスといえるでしょう。

また、レクサスの車種も扱っており、ボーナス払いを併用すれば月々20,000円台で乗ることも可能です。ただし、契約期間の選択肢が少ないので、必要な期間ぴったりで契約できない可能性もあるでしょう。

クルマ専門家:若林
クルマ専門家:若林

月額料金も10,000円台からと利用しやすく、カーリースのデメリットとされる走行距離の制限や原状回復をカバーできるプランはとても魅力的といえるでしょう。MOTAのように原状回復のいらない、もらえるサブスクは、ファミリーカーとしても使いやすいのではないでしょうか。

リースナブル

契約期間3年・5年
最安の車種ホンダ「N BOX」
日産「ノート」など
最安料金
(月額均等プラン)
月々19,800円
ボーナス払い
取扱車種国産メーカーの
一部車種
各種税金・自賠責保険料月額料金に含まれる
メンテナンスプランあり

 

ボーナス加算を併用することで月額料金を6,600円からと安く抑えられるプランがある車のサブスクで、人気車種を中心に6メーカー48車種を取り扱っています。契約期間は原則として3年と5年なので、短期で乗り換えたい方に向いているでしょう。

契約満了時には残価精算が必要ですが、月々3,000円の積立てを利用して残価精算の資金にあてることも可能です。

クルマ専門家:若林
クルマ専門家:若林

リースナブルは、軽自動車やコンパクトカーはボーナス払い併用で月々6,600円から、SUVやミニバンは月々19,800円からと、料金体系がわかりやすい車のサブスクです。月額料金の安さは魅力ですが、ボーナス月の負担が大きくなる点は注意が必要です。

そもそも車のサブスクとは?

車のサブスク

そもそも車のサブスクとは、サブスク会社が利用者に代わって新車を購入し、月々定額の利用料で貸し出すしくみのサービスです。利用者は契約期間中、定額制でマイカーのように自由に車を使えるので、購入した場合と変わらないカーライフを手軽に実現できます。

さらに、月額料金には車を購入、維持する上で必要な各種税金や自賠責保険料、各種手数料などが含まれているため、これらの費用を別途用意する必要がありません。なお、月額料金に含まれる項目は利用するサブスクによって異なりますが、次のような費用が含まれている場合もあります。

〈月額料金に含まれる費用〉

  • 車両本体価格
  • 自動車税(種別割)、軽自動車税(種別割)
  • 自動車重量税
  • 環境性能割
  • 自賠責保険料
  • 印紙代
  • 登録諸費用
  • 車庫証明取得費用
  • 納車費用
  • リサイクル料金
  • 各種手数料
  • サポート料など

※すべて利用期間分

また、車のサブスクによっては車検やメンテナンスにかかる費用も月額料金に含まれていたり、定額化できるプランが用意されていたりするのが一般的のため、車を購入した場合にかかるさまざまな費用をフラットにすることが可能です。

このように車の購入や維持にはまとまったお金がかかるので、その都度用意しなくてはいけません。また、これらの費用以外にも、利用に応じてガソリン代や駐車場代などがかかります。そのため、車が必要であっても、家計を理由にあきらめている方も多いのではないでしょうか。

また、カーシェアやレンタカーなどでは予約や返却の手間がかかるため、マイカーのように使うのは難しいものです。しかし、車のサブスクなら手軽にカーライフが送れるので、費用面での不安を抱える方におすすめしたいサービスです。

車のサブスク10のメリット

車のサブスク7つのメリット

マイカー所有と変わらないカーライフを手軽に実現できる車のサブスクですが、あらためてどのようなメリットがあるのかを詳しく見ていきましょう。なお、サービスによってもメリットは異なるため、自分にはどのようなメリットが必要かを考えておくとサブスクが選びやすくなります。

1. 初期費用を抑えられる

車を購入する際には、車両本体価格の20~30%の頭金以外にも、自動車税(種別割)や環境性能割などの税金、自賠責保険料、各種手数料といった登録諸費用が車両本体価格の10~20%程度かかることもあります。

そのため、車の購入費用に多くの資金をあてられない場合には、購入をあきらめたり、車種やグレードを下げたりしなければなりません。しかしサブスクを利用すれば、これらの初期費用はすべて月々の支払いに含まれているので、まとまったお金がないという場合にも希望に合わせたカーライフを実現できます。

2. 維持費も定額にできる

車のサブスクでは、初期費用だけでなく、車を維持する上で必要な費用も月々の料金に含まれています。購入した車では税金や車検費用などで不定期にまとまった支出があり、家計を圧迫するおそれもありますが、車のサブスクでは月々定額で利用できるため、家計管理もしやすくなります。

なお、プランによっては消耗品の交換やメンテナンスも定額にでき、費用の心配なく車のコンディションを良好に保てる点も車のサブスクの魅力といえるでしょう。

3. 車の困り事もすぐに相談できる

購入した車では、トラブルの際に自身で対処しなければなりません。一方、車のサブスクは、相談窓口でさまざまなサポートを受けることができ、トラブル時の対応はもちろん、ちょっとした疑問や悩みなど、車に関することなら何でも無料で相談できます。

車検時期のお知らせや、メンテナンス時期などの確認ができるアプリがあるサブスクもあり、車を初めて持つ方や車に詳しくない方もで、安心してカーライフを送れるサポートが充実しています。

充実したサポートが受けられる車のサブスクはこちら

4. 指定業者でメンテナンスが受けられる

車検やメンテナンスを受ける際、購入した車では信頼できる業者選びや相見積もりなどの手間がかかります。その点、車のサブスクは指定の整備工場を利用するため、依頼先を探す手間なく安心して預けられます。定額料金内で行えるメンテナンスであれば、費用の心配もありません。

指定業者の数が多いサブスクなら選択肢も広がり、より便利に利用できるでしょう。

クルマ専門家:若林
クルマ専門家:若林

自宅近くに指定業者があれば、メンテナンスも手軽に受けられます。中には、指定業者が少なく、足を延ばさなければメンテナンスが受けられないケースもあるので、契約前に行きやすい場所にあるかどうか確認しておくと安心です。

5. 必要な期間だけ利用できる

車のサブスクは契約期間を決めて利用するため、ライフスタイルに合わせて車を持つことができます。契約満了時は車を返却するだけなので、購入した車のように買取業者を探したり、廃車手続きを行ったりする必要もありません。

なお、契約満了を迎えた際にもう少しのあいだ車が必要になったという場合でも、再リースや初期費用なしでの乗換えが可能です。また、期間を決めずに乗りたい場合は、契約満了時に車をもらえるプランがあるサブスクを選ぶといいでしょう。

6. 社用車としても使いやすい

初期費用の負担なく、定額制で利用できる車のサブスクは、社用車としての利用にも適しています。
なお、車のサブスクの利用料はそのまま経費として計上できるので、購入した車のように減価償却をする必要がなく、仕分けの手間も減るといったメリットもあり、法人や個人事業主の利用が増えています。

法人の車のサブスクについて問い合わせる

7. 予算に合わせた利用がしやすい

車のサブスクの月額料金は総額を契約月数で割って算出するため、予算に合わせて月額料金を設定しやすいというメリットがあります。なお、総額とは、車両本体価格から契約満了時の想定残価を差し引き、各種税金などの諸費用を加えた金額となります。

例えば総額180万円の車をサブスクで利用する場合、契約期間5年では月々30,000円ですが、7年にすると月々約21,500円、10年なら月々15,000円と、契約年数が長くなるほど月額料金を抑えられます。そのため、同じ車種でも、月々の負担を抑えることが可能です。

8. 新車に手軽に乗り続けられる

新車を購入する場合、軽自動車でも100万円以上、コンパクトカーでは200万円以上の車種も多くあります。また、初期費用や維持費もかかることから、手軽に新車を購入するのは難しいものです。

しかし、車のサブスクであれば、初期費用もかからず、月々10,000円台で乗れる車種も多いので、購入と比べて比較的手軽に乗り始めることができます。また、維持費もコミコミにできるサブスクを利用すれば、車検費用の心配も軽減され、乗り続けやすいでしょう。

9. 手間がかからない

車を購入するときには、店頭で契約手続きをしたり車を受け取りに行ったりとさまざまな手間がかかります。また、手放すときも、自分で買取りに出したり廃車手続きをしたりしなくてはいけません。

車のサブスクでは、オンラインで契約手続きができるサービスも多く、契約が満了すれば車を返却するだけで手続きが完了するため、手間がかかりません。また、車検に出す際なども、提携の業者に依頼すれば、業者を探す手間も省くことができます。

10. 車検でまとまった費用がかかる心配がない

車を維持する上で、車検費用は家計の負担になることが多いもの。また、経年劣化などにより年数を重ねるほど高くなる傾向があるので、マイカーに長く乗り続けると負担が大きくなってしまう可能性があります。

しかし、車のサブスクでは、月額料金に車検時の法定費用が含まれていることが多く、車検にかかるそのほかの費用も定額化できるサービスもあるため、まとまった費用がかかる心配がありません。また、長期で契約しても料金は一定なので、長く乗り続けることができます。

なお、どの車のサブスクでも契約には審査があります。利用を検討しているのであれば、業界最安水準の車のサブスクで、まずは審査に通るか確認してみてはいかがでしょうか。審査後のキャンセルや車種変更なども可能なので、気軽に受けることができます。

気軽におためし審査

審査をしても契約にはなりません。申込み後のキャンセルも可能です

車のサブスク3つのデメリット

車のサブスク3つのデメリット

メリットが豊富で手軽にマイカーライフを手に入れられる車のサブスクですが、利用方法や契約内容によってはデメリットになる面もあるのが実際のところです。車のサブスクのデメリットについて、対策と併せて見ていきましょう。

1. 利用に制限が設けられているケースが多い

車のサブスクは一定期間車を借りるシステムなので、返却時の車の状態を担保するために、利用に制限を設けていることが大半です。おもな制約は次のようなものになります。

・走行距離制限
ひと月や契約満了までに走行可能な距離が決められています。超過した場合は、超過分の距離や車の消耗具合に応じて追加で費用が発生します。

・カスタマイズの禁止
車のサブスクでは、返却する車を契約時の状態に戻す「原状回復」が義務付けられています。そのため、一般的に元に戻せないカスタマイズは禁止されています。

・定期メンテナンス
指定業者にて、毎月や半年ごとなど定期的なメンテナンスを必須としている車のサブスクもあります。ただし、制約の内容はサブスクによって異なります。気にせず利用したいときは、走行距離やカスタマイズの制限がなく、定期メンテナンスも法定12ヵ月点検程度となっているサブスクを利用するといいでしょう。

クルマ専門家:若林
クルマ専門家:若林

これまでマイカーを利用していた方にとって、こういった利用制限が不安な方も多いでしょう。しかし、車をもらえるサブスクならこれらのデメリットもカバーできます。さらに、返却時の原状回復も不要になるので、サブスクの車だからと必要以上に気を付けることなく、マイカーのように利用できます。

2. 契約期間途中でのプラン変更や中途解約ができない

車のサブスクは月額料金の算出方法により、契約期間途中でのプラン変更や解約が原則として認められていません。やむをえない事情で認められた場合でも、違約金や解約金が発生することがあります。

このようなリスクを下げるには、事前に契約内容をよく確認する、希望に合わせた契約年数が選べるサブスクを利用する、違約金などをカバーできる自動車保険に加入しておくといった方法が有効です。

クルマ専門家:若林
クルマ専門家:若林

違約金は、残りの契約期間分に相当する料金や、車の残価相当の一括精算が求められるなど、サービスによってさまざまです。また、中途解約が認められるケースも契約内容によって異なるので、事前に確認しておくと安心でしょう。

3. 返却時に高額な費用を請求されることがある

車のサブスクには、契約満了時に残価を精算する方式と残価精算を行わない方式の2つの契約方式があります。

残価精算を行う契約方式では、返却時の車の市場価値が契約時に設定した残価を下回っていた場合に差額を支払う必要があるため、車の状態によっては高額な請求が発生します。最後まで安心して利用したい場合は、残価精算のない契約方式のサブスクを選びましょう

デメリットをカバーして新車に乗れる車のサブスクはこちら

車のサブスクとカーリース・レンタカー・カーシェアとの違い

車のサブスクは車を借りる方法のため、カーリースやレンタカー、カーシェアと比較されることもあります。そこで、車のサブスクとカーリース、車のサブスクとレンタカー・カーシェアの違いについて見ていきましょう。

車のサブスクとカーリースの違い

車のサブスクと似ているサービスに、カーリースがあります。元々「サブスク」という言葉には定期購読や継続購入といった意味があり、おもにコンテンツやサービスを定額で提供するビジネスモデルを指します。

対して「リース」は、高額な商品を中長期的に貸し出すビジネスモデルで、購入するより安く、必要な期間だけ利用できるサービスです。このようにサブスクとリースには若干の違いがありますが、車の場合は呼び方が異なるだけで、サービス内容は同じになります。

車のサブスクとレンタカー・カーシェアリングの違い

車を借りて乗る方法にはレンタカーやカーシェアリングもありますが、車のサブスクとは利用方法が大きく異なります。

車のサブスクは、購入時のように好きな車を選べます。また、契約期間中は自身の駐車場で管理できるため、乗りたいときに自由に使えるのが特徴です。ナンバープレートも一般ナンバーなので、サブスクで借りている車とはわかりません。

一方、レンタカーやカーシェアリングは、その都度予約や返却をしなくてはいけません。

レンタカー

数時間や数日間など一時的に車を借りられるサービスです。使いたい日時や用途に合わせて好きな車種を選べますが、有償貸渡業の登録車なので「わ」や「れ」ナンバーとなります。また、利用の際は予約をする必要があり、利用開始の手続きや返却は、営業所や店舗の営業時間内に行わなければいけません。

料金は車のタイプや利用時間によって異なるほか、季節によっても変動することがあります。なお、返却時にはガソリンを満タンにするのが一般的です。

カーシェアリング

ステーションに配置された車を複数人で共用するシステムで、15分や30分といった短時間から利用できます。予約や利用開始は専用アプリからできるケースが多く、24時間対応していますが、事前登録が必要です。

また、ほかの利用者が使用しているあいだは車が使えないので、必要なときに使えないこともあるでしょう。ほかにも、利用時間や走行距離に応じた利用料のほか、登録料や月会費などがかかる場合があります。

ただし、利用料に燃料費が含まれているため、レンタカーのように満タンにして返す必要はありません。

レンタカーやカーシェアリングとの違いをもっと詳しく知りたい方はこちら

結局、車のサブスクと購入はどちらがお得?

結局、車のサブスクと購入はどちらがお得?

初期費用や維持費も込みと聞くと高そうな印象がありますが、実際は購入した場合より負担が軽いことも少なくありません。なぜなら、車のサブスクには「残価設定」があるからです。

リース料金の残価設定

残価設定とは、契約満了時に残っていると想定される車の価値を「残価」として設定し、契約時に車両本体価格から差し引くしくみです。この残価設定により車両本体価格は購入する場合よりも安くなるため、諸費用を合わせても無理なく支払える金額に抑えることが可能になります。

一方、購入した車の場合は、車両本体価格全額を支払う必要がある上、購入時には頭金や登録諸費用、維持する上でも各種税金や車検費用などをその都度支払わなければなりません。そのため、車のサブスクのほうがお得に利用できるといえるでしょう。

月々の負担もカーローンより車のサブスクのほうが抑えやすい

一本化用月々支払

車の購入にカーローンを利用した場合は、車両本体価格を分割して支払えます。車のサブスクも車両本体価格と諸費用の総額を契約月数で割って月額料金を算出するので、一度に高額な支払いをしなくていいという点は同じといえるでしょう。

しかし、カーローンは一般的に借入期間が3年や5年と短めです。一方、車のサブスクは7年や11年など長期の契約ができることから、分割回数が多くなり、月額料金をカーローンの月々の返済額より安くすることが可能です。

人気車種で車のサブスクと購入にかかる費用をシミュレーション

N-BOX

7年連続で軽自動車の販売台数1位に輝いたホンダ「N BOX」は、車のサブスクでも人気の車種です。そこで、車のサブスクで「N BOX」を利用した場合と、ホンダファイナンスリースを利用してN BOXを購入した場合で、購入時の費用と維持費をそれぞれ比較してみましょう。

なお、車両本体価格144万8,700円のGグレードを、5年契約した場合をシミュレーションしています。

購入時にかかる費用の違い

〈車のサブスクと購入を比較〉

ホンダ「N BOX」
Gグレード
車のサブスク
(定額カルモくん)
購入*
月額料金/月々の返済額25,970円26,300円
(初回のみ29,297円)
【初期費用】
軽自動車税(種別割)
自動車重量税
環境性能割
自賠責保険料(37ヵ月分)
登録諸費用、代行手数料など
月額料金に含む93,570円
合計25,970円12万2,867円

*ホンダ「セルフ見積もり」参照
※2022年4月時点の金額です

N BOXを購入する場合は、自動車重量税や環境性能割でエコカー減税が受けられるほか、購入時期によっては軽自動車税(種別割)もかかりません。その点はほかの車種を買うよりも負担が減りますが、37ヵ月分の自賠責保険料や代行手数料などの諸費用、ローンの初回返済額で12万2,867円が必要です。

一方で、初期費用が月額料金に含まれる車のサブスクでは、月額料金の25,970円のみで利用を開始できます

維持にかかる費用の違い

車のサブスクでは、月額料金に維持にかかる費用が含まれているため、5,000円程度のオプションプランを追加するだけで、維持費のほとんどをフラットにできます

一方で、購入の場合には、各種税金や車検費用、メンテナンス費用など、ローンの月々の返済以外にも不定期に出費が発生します。車検の際には車検費用だけで10万円を超える場合もあり、まとまった出費を負担に感じる方も多いようです。

このように車のサブスクであれば、まとまった出費の心配なくカーライフを送ることができます。

N-BOX

車のサブスクなら審査に通る可能性も上がる

車のサブスクなら審査に通る可能性も上がる

カーローンも車のサブスクも審査があり、通過しなければ利用することができません。審査内容や難易度は申込先によって異なりますが、いずれも安定した収入が見込めない場合や、ほかに借入れがある場合などは審査に通らない可能性があります。

しかし車のサブスクは、残価設定によって審査対象となる金額を抑えられる上に、契約次第で月々の支払額を安くして年間負担率を下げることもできるので、同じ車種でもカーローンより審査に通る可能性を上げられる場合があります。

実際に、カーローン審査に落ちたものの、車のサブスクで憧れの車種の新車を手に入れた方も大勢います。そこで、実際にカーローンの審査に落ちた経験があり、現在は車のサブスクの審査に通過し、新車でカーライフを送っている方のお話をご紹介します。

車のサブスクがカーローンより審査に通る可能性が高い理由を知りたい方はこちら

「メンテナンスプランをつけても審査に通りました!」

契約者Kさん

Kさん(40代)・川崎市在住。定額カルモくんでダイハツ「ムーヴ」を11年で契約中

最初は購入するつもりでしたが、携帯電話料金の払い忘れが影響したらしく、車のローン審査に通りませんでした。通勤に車が必要で困っていたとき、車のサブスクなら審査に通るかもしれないという話を聞いて申し込んでみたんです。

定額カルモくんは月額料金が安いからか、無事に審査も通り、元々乗りたかったムーヴに、車検費用や消耗品の交換も定額になるメンテナンスプランもつけて契約することができました。おかげで今は、休日は趣味の山登りやスノーボード、サーフィンなども楽しめています!

「念願の新車に乗れたから大事にしています」

契約者Iさん

Iさん(30代)・宮城県在住。定額カルモくんでダイハツ「ウェイク」を11年で契約中

中古のシエンタに乗っていたんですが、エンジン周りの調子が悪くなってきていて、ちょうど車検を通すか通さないかどうしようか悩んでいました。でも、一度くらい新車に乗ってみたいと思っていて。

ただ、ローン審査に一度落ちたことがあったので、ローンを組むのは難しいかなと思っていたんです。そんなときに、友人に定額カルモくんをすすめられました。ダメかなと思いつつも試しに審査を受けてみて、受かったって連絡が来たときはうれしかったですね。

納車されたときは、家族にも「新しい車来たぞ!」って自慢しました。子供も喜んでくれているので、新車にして本当によかったです。

「ローン審査は何回か試したけどダメだった」

契約者Kさん

Kさん(60代)・横浜市在住。定額カルモくんでホンダ「S660」を7年で契約中

子供の頃は、今と違ってとにかく貧富の差が激しかった。うちはとても車なんて持てないけど、近くの青果工場の社長なんかは、ポルシェに乗っていて。そのころの僕にとっては、車というのは夢の夢。成し遂げた人が手に入れる成功の証しだと感じていました。

でも、18歳になって日産に勤めて、初めて自分の車を手に入れました。それからは高級車にも乗ったし、いろんな車をカスタムして楽しんでいたんですが、還暦を迎えて車を買い替えるとなると、「最後の新車になるかもしれない」なと。

でも、いろいろあって何回か試したけどやっぱり無理だったから、ローン審査は難しいと思っていたんですよね。だから、ダメ元で定額カルモくんの審査を受けたら通ったから驚きましたね。

ここでご紹介したように、審査に不安がある方も、定額カルモくんなら審査に通るかもしれません。審査に通過してもキャンセルはできるので、一度試してみてはいかがでしょうか。

月々10,000円から新車に乗れる車のサブスクがおすすめの理由

月々10,000円から新車に乗れる車のサブスクがおすすめの理由

手軽にカーライフを始められる車のサブスクですが、サービスによってその内容は大きく異なります。そのため、デメリットを抑えながら安く利用できるサブスクを選ぶことが大切です。そこで、車のサブスクの中でも、特にお得に利用できる定額カルモくんについて見ていきましょう。

月額料金に必要な費用が含まれている

月額料金は安いほどお得に感じますが、含まれる項目が少ないと、その分、実費での支払いが増えてしまいます。そのため、最低限の必要な費用が含まれているかどうかが重要です。

定額カルモくんでは、車の取得や維持に必要な各種税金や自賠責保険料、各種諸費用が含まれています。また、車検時の法定費用もコミコミになっているので、別途負担する必要はありません。

ほかにも、頭金やボーナス払い、契約満了時の残価精算がないため、まとまった出費の心配もなくカーライフを送ることができます。

業界最安水準の料金だから家計にやさしい

定額カルモくんは月々11,220円からと、業界最安水準の月額料金で新車に乗ることができます。国産メーカーの全車種を扱っていて、月々10,000円台の車種も多いため、家計に負担をかけずに好きな車でカーライフを送ることができるでしょう。

また、7年契約以上であれば契約満了時に車がもらえるオプションプランも月々500円で追加できるので、将来的にはマイカーが欲しいと思っている方にもおすすめです。

予算や家計の収支に合わせて契約しやすい

車のサブスクは、契約期間が長くなるほど月額料金が安くなるしくみです。そのため、予算に合わせて期間を調整すれば、家計に負担をかけずに車を手に入れられます。ただし、契約プランによっては、5年や7年など契約期間が決まっている車のサブスクも少なくありません。

しかし、定額カルモくんなら、1年から11年のあいだで、1年単位で好きな期間が選べるので、予算に合わせられるだけでなく、必要な期間だけ無駄なく契約することができます。

メンテナンスプランが充実している

メンテナンスは車の維持に欠かせないものですが、費用の負担が大きい維持費でもあります。そのため、多くのサブスクではメンテナンス費用を定額化できるプランを用意しています。ただし、対象となるメンテナンスはサブスクやプランによって異なります。

定額カルモくんでは、予算や希望に合わせてメンテナンスの範囲が選べるプランを用意しているため、家計への負担を抑えながら、しっかりとメンテナンスすることが可能です。また、すべてのメンテナンスプランに返却時の原状回復費用補償が含まれているので、契約満了時の費用負担も軽減してくれます。

手続きが簡単&自宅まで納車してくれる

定額カルモくんはオンラインをメインとしたサブスクなので、料金のシミュレーションも簡単にサイト上で行うことができます。さらに、審査申込みもオンラインから、契約は郵送で行うため、忙しい方でもスムーズに手続きが進められます。

また、納車時期が決まったらディーラーの担当者から連絡があり、都合のいい日時を伝えるだけで、自宅まで納車してくれるので、手軽にカーライフを始めることができます。

初めて車のサブスクを利用する方にとっては、不安なことが多いかもしれません。ただ、利用するかどうか迷っている方も、審査に通らなければ契約できないので、まずは5分程度で簡単に申し込める審査を受けてみてはいかがでしょうか。

車のサブスクなら、貯金がなくても手軽にカーライフを始められる!

車のサブスクなら、貯金がなくても手軽にカーライフを始められる!

車のサブスクを利用すれば、まとまった費用を用意しなくても手軽に車に乗り始めることができます。さらに、必要な期間だけ乗りたい車に乗れるので、所有するよりもフレキシブルにカーライフを実現できるでしょう。

経済的な負担を抑え、より自分らしく車のサブスクを利用するには、各社の特徴をしっかり理解して比較検討することが大切です。まずは業界最安水準の定額カルモくんで、車のサブスクについて詳しく見てみてはいかがでしょうか。

カルモくんについて詳しくみる

よくある質問

Q1:車のサブスクってどんなサービス?

A:車のサブスクとは、月々決まった使用料金を支払うことで、自身が選んだ車をマイカー感覚で使用できるサービスです。月額料金には車を購入、維持する上で必要な各種税金や自賠責保険料、各種手数料などが含まれているため、これらの費用を別途用意する必要がありません。なお、月額料金に含まれる項目は利用するサブスクによって異なります。

Q2:車のサブスクはどうやって選べばいい?

A:車のサブスクは各社で月額料金や特徴が異なります。予算はいくらか、自身がどのように車を利用したいかといったことに合わせて、サービスやプランを比較しましょう。その際、月額料金に含まれる費用やボーナス払いの有無、契約満了時に残価精算があるかといった点を確認することが大切です。

Q3:車のサブスクのメリットとデメリットは?

A:車のサブスクでは、初期費用不要で新車に乗れる、月々定額の料金で車を維持できる、必要な期間だけ利用できるといったメリットがあります。一方で、利用に制限があったり、中途解約ができなかったりするデメリットもありますが、サービスやプランを上手に選べばデメリットをカバーできます。

※この記事は2022年4月時点の情報で制作しています

関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる
車がもらえる