残価設定ローンは一括返済すべき?メリットや適切なタイミングについて解説

残価設定ローンは一括返済すべき?メリットや適切なタイミングについて解説|車購入のヒントならカルモマガジン
分割で買える_新しい乗り方

金銭的に余裕ができた場合、車の残価設定ローンは一括返済するべきでしょうか。
残価設定ローンを一括返済すると、総返済額が低くなるといったメリットがある一方で、いくつかの注意点もあります。そこで、残価設定ローンを一括返済する方法やメリット・デメリットや適切なタイミング、次の車への乗換え方などについて解説します。

【この記事のポイント】
✔︎ 残価設定ローンとは、車の下取り価格を設定し、その返済を最終回まで据え置くローン
✔︎ 残価設定ローンを一括返済すると、総返済額が低くなる
✔︎残価設定のしくみを利用して、ローンよりお得に車に乗れるサービスもある

そもそも残価設定ローンとは?

そもそも残価設定ローンとは?

残価設定ローンはディーラーローンの一種で、残価設定クレジットとも呼ばれています。
残価設定ローンにおける「残価」とは、車の下取り想定価格のことを指します。残価設定ローンとは、この残価の支払いを最終回まで据え置き、残りの金額を分割して返済するものです。

残価設定ローンは、残価が据え置かれている分、月々の返済額を低く抑えられるという特徴があります。
例えば、300万円の車を残価設定ローンで購入し、完済時の残価が100万円と想定された場合、【車両本体価格300万円-残価100万円=200万円】となるため、金利と200万円を分割で返済していくことになります。
残価分については、最終回にまとめて支払う必要があります。あるいは、車をディーラーに売却して残価を精算する、もしくはそれを下取りとして次の車に乗り換えるという方法も採れます。

残価設定ローンのメリット

残価設定ローンの一括返済を検討するにあたって、まず残価設定ローン自体のメリット・デメリットを把握しておきましょう。メリットとしては以下のようなものが挙げられます。

売却価格(残価)の保証がある

通常、車を売却する際は、その時点での市場価値によって売却価格が決まります。しかし、残価設定ローンの場合は、契約時に設定した残価が保証されます。そのため、契約期間が満了する時点の市場価値に関係なく、予定どおりの金額での売却が可能です。ただし、残価が保証されるには、車の状態などに条件があるので、注意が必要です。

月々の返済額が抑えられる

残価設定ローンでは、車両本体価格から残価を据え置いた金額を返済するため、フルローンで返済する場合と比べて、月々の返済額を抑えることができます。また、フルローンでは手が届かなかった金額の車に乗れる可能性もあります。

乗換えが楽

分割での返済が終わったタイミングで、ディーラーに残価で買い取ってもらい、できた資金を次の車の購入に充てる、ということが可能です。返済が終わる数年というスパンで新しい車に乗り換えたい方には、便利なしくみといえます。
ただし、この方法で乗り換える場合、乗り換える車は同じディーラーで扱う車に限られます。

残価設定ローンのデメリット

一方で、残価設定ローンには以下のようなデメリットもあります。

残価分にも利子が発生する

残価設定ローンで月々返済していくのは残価を据え置いた金額ですが、残価分は据え置かれているだけで借入額には含まれており、利子も発生します。

車は販売店名義のため、返済中は売却できない

残価設定ローンでは、車の所有権は販売店に留め置かれ、契約者はあくまで「使用者」となります。そのため、契約期間中、車は自己資産とみなされず、自由に売却することはできません。

利用に制限がある

設定された残価を担保するために、走行距離制限が設定されている場合が多く、超過するとその分の支払いが発生することがあります。

損傷があると差額を請求される

残価設定ローンでは基本的に返済終了時の売却価格が保証されていますが、傷やへこみなどがあると、車の状態が悪くなっていると見なされ差額を請求されることがあります。また、これを心配して車の利用に神経を使う、という点もデメリットといえるでしょう。

最後にまとまった出費が発生

通常、残価設定ローンでは、契約期間の満了時に車をディーラーに売却することになるので、車が残りません。
車を手元に残しておきたければ、残価分を一括で支払う必要があります。それが難しい場合は、新たなローンを組むなどの検討が必要になります。
その車にずっと乗り続けたい場合、最後にまとまった出費が発生してしまうのは、残価設定ローン最大のデメリットです。

残価設定ローンの一括返済は可能?

残価設定ローンも、通常のカーローンと同じようにローン残高を一括で返済することが可能です。一括返済すれば、返済の手間がなくなる、返済総額も減らせるといったメリットがあります。

ただし、一括返済を行っても利子が全額免除されるわけではありません。一般的には、本来支払うはずだった利子の一部を手数料として負担する必要があります。一括返済を検討する場合には、事前に販売店へ条件を問い合わせ、手数料などを試算しておきましょう。

また、そのまま車に乗り続けたい場合は、残価分も支払わなければならないため、かなり大きな金額を用意する必要があります。

多くの残価設定ローンでは、一括返済だけでなく、支払総額の一部のみを繰り上げて返済する「一部繰上返済」も可能です。繰り上げした分、ローンの最終回まで毎月の返済額を抑えることができます。
例えば、月々30,000円返済している中で、30万円の一部繰上返済を行った場合、30万円分がローン残高から差し引かれ、翌月以降は残りの契約期間で新たに計算された返済額になるというしくみです。

頭金もボーナス払いも金利もない。ローンよりお得な車の持ち方があります。詳しくはこちら

残価設定ローンを一括返済するメリット

残価設定ローンを一括返済するメリット

残価設定ローンを一括返済すれば、金額面だけでなく、家計の管理が楽になるなど、さまざまなメリットが期待できます。詳しく見ていきましょう。

返済総額が抑えられる

一括返済を行えば、総支払額を抑えられるというメリットがあります。
残価設定ローンに限らず、ローンを利用すると、借入額に応じて利子を支払う必要があります。数%の金利であっても、借入額が数百万円となると、利子だけでも大きな負担となってしまいます。また、返済期間を長く設定していれば、その分、利子も増えていきます。

一括返済にあたって手数料を請求されることもありますが、それを差し引いても、トータルでお得になる場合が多いことから、少しでも負担を抑えたい方にはおすすめです。

車が自分の名義になる

残価設定ローンの返済中、車の名義は販売店となっています。そのため、急に買い替えが必要になっても、自身の裁量で売却できません。しかし、一括返済すれば、名実ともに自分のものになるので、長く乗り続けるのも売却するのも自由にできます。

ほかのローンを組みやすくなる

ほかのローンを組みやすくなるというメリットもあります。
ローンを組む場合は、年収に対してどの程度の借入れがあるかがチェックされ、借入れの割合が多いと判断されれば、新たなローンを組むことができません。しかし、利用中の残価設定ローンを一括返済すれば、その分借入れが減るので住宅ローンなど新たなローンを組みやすくなります。

精神的な負担が減る

残価設定ローンの返済は毎月発生するものです。さらに、ボーナス払いを設定していれば、年に2回、大きな出費が発生するため、常に返済のために家計をやりくりしたり、期日を気にしたりする必要が生まれます。しかし、一括返済すれば、そうしたストレスから解放されます。

残価設定ローンを一括返済する際のデメリットと注意点

 

残価設定ローンを一括返済する際のデメリットと注意点

残価設定ローンの一括返済には、いくつかの注意点もあります。後悔のないよう、事前に確認しておきましょう。

手数料が発生する

先述したように、ローンの一括返済時には手数料が発生するケースがあります。手数料の金額は契約しているローンによって異なるため、下表を参考にしてください。

〈一括返済時の手数料の例〉

借入先手数料
メガバンク、地方銀行など5,000円程度
信用金庫、小規模な地方銀行など1,000~3,000円程度
販売店など30,000円程度(販売店により異なる)

参考:カーローンは前倒しの繰上返済がお得!?前倒しする場合の注意点とは

表はあくまでも一般的な金額ですので、ローンの契約時に確認しておきましょう。また、一括返済の可能性がある場合には、手数料のかからないローンを選ぶのもひとつの方法です。

タイミングによっては損することがある

一括返済を行えば、完済が前倒しになった分、利子の発生が抑えられるため、返済総額を減らすことができます。しかし、返済期間が残り少ない場合は注意が必要です。
たとえば、3年ローンで、返済期間の残りが1年を切っているような場合には、減らせる利子よりも、手数料のほうが上回ってしまうおそれもあります。

一括返済を検討する際は、事前に販売店へ問い合わせて返済金額と手数料を確認し、予定どおり返済し続けるのとどちらが得なのか、必ず確認するようにしましょう。
ちなみに、返済を始めてから1年程度であれば、ほとんどの場合、一括返済したほうが得であると考えられます。参考にしてください。

売却価格が保証されない

残価設定ローンでは契約時に設定された残価が保証されていますが、一括返済をすると完全に自身の所有物となり、価格の保証もなくなってしまいます。
そのため、需要の少ない車種などの場合、後で売却しようとしても思ったような価格がつかず、予定どおり返済を続けて、完済時に売却したほうがお得だったということもありえるという点にも注意してください。

残価設定でお得&もっと安心して乗れる方法があります。詳しくはこちら

残価設定ローンを一括返済するのに適したタイミングとは?

残価設定ローンを一括返済するのに適したタイミングとは?

残価設定ローンの一括返済自体は、資金さえあればいつでも可能ですし、予定どおりに返済するよりも利子の総額を抑えられます。しかし、返済期間が半分以上進んでいると、利子の計算基準である元金も減っているため、減らせる利子も少なくなってしまいます。

したがって、残価設定ローンの一括返済は、返済期間が半分を過ぎる前に行うことをおすすめします。具体的には、5年のローンであれば、最初の1年、あるいは2年目に入ったばかりのタイミングが狙い目です。
また、一括返済を検討する際は、現時点でのローン残高や減らせる利子の額を事前に確認しておきましょう。

残価設定ローンを一括返済する手順

残価設定ローンを一括返済する手順

残価設定ローンを一括返済したいと思ったら、どのような手順を踏めばいいのでしょうか。一般的な流れを見ていきましょう。

1. ローン会社に連絡する
一括返済をする場合は、まず販売店に一括返済したい旨の連絡を入れて、返済金額や手数料などを確認しましょう。
車を売却したいのか、そのまま乗り続けたいかも、このときに伝えてください。

2. 一括返済する
実際の返済は、振込と書類の郵送のみで完結できる場合もあれば、店舗などに出向く必要がある場合もあり、契約しているローンよって異なります。

3. 車の名義変更をする
そのまま乗り続けることを選択した場合、車を自分名義にすることができますが、その手続きは自身で行う必要があります。名義変更にあたっては、以下の書類が必要なので、事前に準備しておきましょう。書類がそろったら、陸運局へ持参して、手続きを行ってください。

〈名義変更に必要なもの〉

自身が準備する書類印鑑証明書、車検証、車庫証明書、手数料納付書、税申告書、実印
ローン会社から受け取る書類(記名押印済みの)譲渡証明書、印鑑証明書、委任状

 

このように、残価設定ローンの一括返済には手間も注意点も多く、慎重に検討しなければならないことがおわかりいただけたかと思います。一方、同じ「残価」を利用した負担の少ない車の乗り方でも、安心して利用できるサービスもあります。次の項で詳しく解説しましょう。

残価設定でお得&残価設定ローンより安心の車の持ち方とは

残価設定でお得&残価設定ローンより安心の車の持ち方とは

残価設定ローンと同じく、「残価」を利用した車の乗り方に、カーリースがあります。カーリースとは、リース会社が利用者の代わりに車を購入し、月々定額の料金で貸し出すというもので、「車のサブスクリプションサービス」と呼ばれています。ここからは、カーリースにおける残価設定の意味や、カーリースを利用するメリットなどを見ていきましょう。

カーリースにおける残価設定とは?

カーリースにおける残価設定も、契約期間が満了する時点における車の価値を指す、という点は残価設定ローンの場合と変わりません。しかし残価設定ローンでは残価も借入れの一部であるのに対し、カーリースでは残価はあらかじめ車両本体価格から差し引かれ、利用者が負担することはありません。

カーリースのメリット

カーリースは、契約者の希望する車をリース会社が購入して貸与するしくみのため、ローンのように利子は発生しません。また、購入した場合には別途負担しなければならない税金や自賠責保険料なども月額料金に含まれているので、突発的な費用負担の心配が少なく、安定したコストで車に乗れます。

さらに、カーリースによっては、メンテナンスや車検の費用も定額にできることから、家計の管理をより楽にすることができます。
次項では、数あるカーリースの中でも、特におすすめのサービスをそのメリットとともに紹介します。

最後まで定額料金だけで車に乗れるおすすめのサービス

カルモくん_new

数あるカーリースの中でも、特におすすめしたいのが「おトクにマイカー 定額カルモくん」です。どのような点が魅力的なのか、ほかのカーリースとどこが違うのかをご紹介しましょう。

初期費用不要、月額10,000円台から新車に乗れる

車の購入には、ローンを利用する場合でも頭金や税金など初期費用として、ある程度まとまったお金を準備する必要があります。しかし、定額カルモくんであれば、初期費用が必要なく、初月から月額料金だけで乗り始めることができるので、まとまったお金を用意するのが難しい方、手持ちの現金を減らしたくない方にも利用しやすいサービスとなっています。

また、国内メーカーの全車種・全グレードを取り扱っているので、購入するのと変わらない車選びが楽しめるのに加え、月額料金も10,000円台からという業界最安水準となっています。

契約満了時に残価の差額を請求されない

残価設定ローンの場合、車をディーラーに買い取ってもらい残価を精算する際、差額の支払いが生じる場合があります。カーリースでも車の返却時に、同じように差額を支払わなければいけないリースサービスもありますが、定額カルモくんは残価精算がありません。つまり、契約満了時には車を返却するだけでいいのです。
頭金やボーナス払いもないので、最初から最後まで定額の月額料金を支払うだけで利用できます。

残価を払わなくても車を自分のものにできる

残価設定ローンでは、車に乗り続けたい場合、残価を一括で返済する必要があります。
しかし定額カルモくんなら、7年以上の契約で月々500円の「もらえるオプション」に加入することで、契約満了時、追加の出費をすることなく、そのまま車をもらうことができます。

利子の発生するローンを組んだり、一括返済したりしなくても、車を自分のものにできるのは大きなメリットといえるでしょう。
定額カルモくんで希望の車に月々いくらで乗れるのか、ローンの返済額と比較してみてはいかがでしょうか。下のバナーから、車を選んで簡単に料金シミュレーションが可能です。

料金をチェック

一括返済は損しないタイミングで行おう

残価設定ローンの一括返済は、その後の利子を払う必要がなくなるため、一見、お得な方法にも思えます。しかし、タイミングによっては、減らせる負担よりも手数料のほうが高くなってしまうこともあるので、慎重に検討しなくてはなりません。

同じ「残価」を使った車の乗り方でも、「定額カルモくん」などのカーリースであれば、契約時、契約満了時のいずれにもまとまったお金が必要なく、最初から最後まで月々定額の料金だけで安心して乗ることができます。

残価設定ローンを一括返済して乗換えを検討するなら、カーリースの利用も検討してはいかがでしょうか。カーリースを利用できるかどうかは、「お試し審査」を活用すれば簡単に確かめることができます。お試し審査をしても契約になるわけではないですし、現時点で乗りたい車が決まっていなくても問題ありません。通常翌営業日には結果がわかるので、乗換えの準備として気軽に調べてみてはいかがでしょう。

気軽におためし審査

よくある質問

Q1:残価設定ローンとは?

A:完済の時点で見込まれる車の価値(残価)の返済を最終回に据え置き、残りの金額を分割して返済するローンです。返済期間の終了後もその車を手元に残すには、残価を一括で支払う必要があります。あるいは、同じディーラーに売却して次の車の購入資金にすることも可能です。

Q2:残価設定ローンは一括返済できる?

A:残価設定ローンも一般的なローンと同様に一括返済することが可能です。ただし、タイミングによっては、あまり得にならなかったり、手数料によって損をしてしまったりすることも考えられます。

Q3:残価設定ローンよりお得に車を手に入れる方法は?

A:カーリースの定額カルモくんがおすすめです。7年以上の契約であれば、月々500円の「もらえるオプション」に加入することで契約満了時にそのまま車をもらうことができます。加えて、頭金・ボーナス払い・残価の差額の支払いがないことも魅力です。

※この記事は2021年12月時点の情報で制作しています

関連記事
カーリースお役立ち記事
人気記事ランキング
注目のキーワード
ローンを組まなくても