ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

残価設定ローンは途中解約できる?注意点を解説し、よりお得なサービスも紹介

残価設定ローンは途中解約できる?注意点を解説し、よりお得なサービスも紹介

残価設定ローンは月々の返済額を抑えられる便利なローンですが、返済中にさまざまな事情で車の乗換えや売却をするために途中解約したいと考えることもあるでしょう。その際、残価設定ローンは途中解約できるのか不安になることもあるのではないでしょうか。

そこで、残価設定ローンの途中解約について解説した上で、途中解約のコツや注意点を確認します。また、ローンを組むよりも気軽にお得に新車に乗る方法をご紹介します。

残価設定ローンよりも気軽に車を乗り換えられるサービスについて先に知りたい方はこちら

  • 残価設定ローンは一括返済で途中解約が可能
  • 残価設定ローンの途中解約時の負担は、車を高く買い取ってもらうと軽くなる
  • 残価設定ローンの途中で乗り換えるなら初期費用0円のカーリースがおすすめ

残価設定ローンの途中解約は可能

残価設定ローンの途中解約は可能

月々の返済額を減らせることから人気を集めている残価設定ローンですが、ローン返済中の途中解約は可能なのでしょうか。まずは、残価設定ローンのしくみを改めて確認し、途中解約ができるかどうかについて説明します。

残価設定ローンのしくみ

残価設定ローンのしくみ

残価設定ローンは、車両本体価格から契約期間終了時の車の残存価格(残価)を差し引いた金額でローンを組み、毎月返済していくしくみです。例えば、車両本体価格が300万円の車を残価設定ローンで購入することになり、残価が100万円だった場合は、残りの200万円を借り入れて毎月返済をすることになります。

残価設定ローンのメリット

残価設定ローンは一般的なカーローンに比べて借入金額を抑えられるため、月々の返済額を安くできます。また、3〜5年程度の短期間の契約が基本なので、費用負担を抑えながら次々と車を乗り換えられるという点もメリットです。

さらに、多くの場合、契約時に設定された残価が保証されているため、契約終了後に車を手放す際、あらかじめ設定した残価で下取りしてもらえます

残価設定ローンのデメリット

一方で残価設定ローンは、一般的なカーローンよりも支払う利息が多くなってしまうことがあります。残価を差し引いた金額でローンを組むために月々の返済額を抑えられる残価設定ローンですが、利息は残価も含めた元金に対してかかります。残価は契約期間中ずっと減らないため元金が減りにくく、一般的なカーローンに比べて利息が高くなるのです。

また、残価設定ローンでは基本的に、残価の保証条件が設けられています。多くの場合、車を返却することを前提としているため走行距離に制限があり、カスタマイズも禁止されています。決められた走行距離をオーバーしたり、事故などにより車に損傷があったりした場合、追加費用が発生することもあるので注意が必要です。

残価設定ローンは途中解約できる?

残価設定ローンの支払いがきびしいと感じたときや、ローンの途中で車の買替えを検討している場合は、残価設定ローンを途中解約することが可能かどうか気になるところでしょう。

結論から述べると、残価設定ローンを途中解約することは可能です。しかし、途中解約をしたからといってローンの残債から解放されるわけではありません。

途中解約というのは、あくまで残価の精算をすることとローンの残債をまとめて返済することです。残価が保証されていれば残価精算で支払いが発生することはありませんが、そのときの車の状態などによっては設定されていた残価と査定額との差額を支払う必要があります。その上でローンの残債をすべて返済すると解約となります。

残価設定ローンを途中解約する場合、基本的に違約金は発生しません。途中解約といっても、残価精算をしてローンの残債をまとめて支払うので完済したことになるのです。しかし、まれに違約金が発生するケースもあるため、残価設定ローンを組む場合は契約書をきちんと確認しておきましょう。

残価精算なしの月々払いでお得に新車に乗る方法を知りたい方はこちら

残価設定ローンを途中解約する方法

残価設定ローンを途中解約する方法

残価設定ローンを途中解約するためには、ローン残債を一括返済する必要があります。ここで、一括返済の方法を確認しましょう。

ディーラーに車を早期返却する

残価設定ローンの返済中に、購入したディーラーで車の査定をしてもらい早期返却する、つまり買い取ってもらうことができます。査定額と残価で精算を行うので、当初設定した残価よりも高い査定額でディーラーに買い取ってもらえる場合は、残価分の支払いがない上に、差額をローン残債の返済にあてることができます。

しかし多くの場合、買取額でローン残債すべてをカバーすることはできないため、残債をすべて返し終わるまで支払いが続くことは忘れないようにしましょう。

ローン残債と車の残価を一括返済する

残価設定ローンでは、契約時に設定した残価が本来払うべき車両本体価格から差し引かれています。これは、いずれディーラーに車を返却することを前提としているからです。いずれ返してもらえるとわかっているからこそ、ディーラーは残価分を値引きしてくれるのです。

なお、繰り返しになりますが、車の「返却」といっても、実質的には保証された残価で買い取ってもらっているのであって、もしその時点での査定額と残価に差があれば、それを精算する必要があります。

そのような事情から、購入したディーラーではなく別の買取店に車を売却したい場合は、ローンの残債だけでなく車の残価も一括でディーラーに支払わなければなりません。一括返済すれば車の所有権を自分に移せるので、売却先を自由に選べるようになります。

ローンの借換えを行って一括返済する

新たにローンを組んでお金を借り、そのお金を残価設定ローンの一括返済と残価の精算にあてることもできます。手元にある資金でローンの残債を一括返済するのが難しい場合は、ローンの借換えも検討してみましょう。

ただし、借換えをするためには新たに契約するローンの審査に通らなければなりません。買取業者が借換え用のローンを提供していることもありますが、審査に通らない場合はフリーローンなどの利用も検討する必要があります。借りたお金の用途が制限されていないフリーローンは、カーローンよりも金利が高い傾向があるため注意しましょう。

残価設定ローンを途中解約する際のポイント

残価設定ローンを途中解約する際のポイント

残価設定ローンの返済中に今すぐ車を手放したいと思ったとしても、無計画で途中解約することはおすすめできません。残価設定ローンを途中解約するときは、以下のポイントを押さえておきましょう。

車をできるだけ高く買い取ってもらうと返済が楽になる

残価設定ローンを契約するときに決めた残価よりも売却するときの査定額が高ければ、残価分の支払いはなくなります。車をできるだけ高く買い取ってもらうとローン残債の返済にあてられるため、金銭的な負担を軽くすることが可能です。可能な限り車を高く買い取ってもらえるよう、準備できることはしておきましょう。

車を高く買い取ってもらうコツを知りたい方はこちら

負担がどの程度になるか想定しておく

残価設定ローンを途中解約したいと思ったら、残債や残価分の負担がどの程度になるか考える必要があります。途中解約した場合に支払わなければならない金額を、あらかじめシミュレーションしておきましょう。

通常の場合

負担がどの程度になるか想定_通常の場合

例えば、300万円の車を購入するために返済期間5年で残価設定ローンを組み、残価を100万円に設定したとします。返済額は、300万円から100万円を差し引いた200万円となり、毎年40万円ずつ返済することになります。

途中解約する場合

負担がどの程度になるか想定_途中解約する場合

*図中の金額は金利を考慮せずに単純化しています

では、3年後に途中解約すると仮定して、査定額が50万円と100万円の場合を、それぞれ見てみましょう。計算を単純にするため、金利は考えないものとします。
3年経って売却するなら、残りの2年間で支払う予定だったローンの80万円と残価の100万円、合計180万円が残っています。残価設定ローンを途中解約するなら、この180万円を返済しなければなりません。

3年後の査定額が50万円だった場合は、残価の差額50万円とローンの残り80万円を合わせて130万円を返済する必要があります。一方、査定額が100万円だった場合は、残価分は完済できるため残りは80万円です。

このように、残価設定ローンを途中解約する際は、査定額によっては支払額が多くなる可能性があるので、どのくらいの負担が生じるのか事前に確認しておきましょう。

残価設定ローンを途中解約する際に車を高く買い取ってもらうコツ

残価設定ローンを途中解約する際に車を高く買い取ってもらうコツ

ここまで、残価設定ローンを途中解約するためには残価精算とローン残債の返済が必要であることを確認してきました。そもそも残価設定ローンでは、一般的に契約終了時の残価が保証されていますが、保証には「車体の傷など査定の減点数が基準値以内であること」や「走行距離の制限を超えていないこと」など、メーカーごとに条件があります

そのため、残価設定ローンを組んだ際は残価保証条件を満たすよう気を付けて車に乗っていれば、残価の精算で負担が発生することはありません。

また車がよりきれいな状態であるほうが、ディーラーに買い取ってもらう場合でも、買った店とは異なる店に買取りに出す場合でも高額査定につながります。

そこで、ここでは車の査定額を上げるためのコツを4つご紹介します。

車の状態を良好に保つ

高く買い取ってもらうために、日頃から車の状態を良好に保つことを心掛けましょう。車は時間とともに劣化するので、ある程度価値が下がるのは仕方ありません。しかし、丁寧に扱うと良い状態を保ちやすくなります。エンジンやタイヤを酷使しないよう、乱暴な運転を避け慎重に運転しましょう。
さらに、こまめにメンテナンスをして、故障している箇所がないか確認しておくと安心です。

また、残価の保証条件として走行距離に制限が設けられていることも多いので注意が必要です。契約内容をしっかり確認しておき、長距離のドライブを頻繁にする際は走行距離を気にするようにしましょう。

車をなるべくきれいにしておく

車の見た目も査定額に大きく影響します。外装についた汚れは放置せず、適度に洗車をして落としておきましょう。傷がついた場合は自分で修理すると査定額が下がってしまうことが多いので、余計な手を加えないようにしましょう。

また、外装だけでなく内装もきれいにする必要があります。シートのゴミやほこりを掃除機で吸い取り、汚れを拭き取りましょう。消臭スプレーや換気などを習慣づけて、たばこやペットのにおいを軽減しておくのも効果的です。

洗車や掃除ができていないと、査定士はメンテナンスがされていないという印象をもったり、細かい傷などの把握が難しかったりするため、査定額を最低限に抑える可能性があります。そういった減点により残価の保証条件をクリアできないということもあるので気を付けましょう。

売却する時期を決める

車が高く売れやすい時期を意識すると、同じ車でも査定額が高くなることがあります。進学や就職で生活に変化がある3月と夏のボーナスで購入する人が増える9月は、中古車の販売数が増える傾向にあります。たくさん販売する時期は、買取業者が在庫を確保するために少々高くても買い取ってくれます。3月と9月は決算期とも重なり、買取業者が特に販売台数を増やしたいと考える時期なので、売却を検討してみましょう。

純正の付属品やオプションがあればそろえておく

車に最初から付いている純正品を取り外した場合は、紛失しないよう保管しておくことをおすすめします。改造車よりも純正品使用の車のほうが高く買い取ってもらえるので、最初に付いていた付属品やオプションも査定時にそろえておきましょう。パーツのほか、取扱説明書やスペアキーなども忘れずに渡すと査定額アップにつながります。

とはいえ、車の状態を整えても思うような査定額が望めないこともあるでしょう。
そのような場合でも新車を安く調達できる、おすすめの方法を次項でご紹介します。

査定額を気にせずお得に車に乗れるカーリースがおすすめ

査定額を気にせずお得に車に乗れるカーリースがおすすめ

途中解約して車を乗り換えたいと思っても、査定額が低かった場合は別途ローンを組み直す必要に迫られることもあり、手軽に乗換えができないのが残価設定ローンです。

ここでは、初期費用が不要で残価設定ローンよりもお得に新車に乗れるカーリースをご紹介します。

カーリースとは

カーリースは、利用者が希望する車をリース会社が代わりに購入し貸し出してくれる車のサブスクリプションサービスです。利用者は、リース会社に毎月定額のリース料金を支払うことで車に乗れます。レンタカーのように「わ」や「れ」ナンバーではなく、車を使う度に返却する必要もないので自由に車に乗ることが可能です。

カーリースも残価設定ローンと同様、残価によって月々の料金が決まります。カーリースは、車両本体価格から残価を差し引いた金額を契約月数で割ることにより、月々の料金を算出するのが特徴です。カーリースの契約期間終了後は新たな車に乗り換える、乗っていた車を返却する、再リースするなどの方法を選べます。

カーリースでは、車両価格を契約月数で割ってリース料金が算出されているため、基本的に途中解約ができません。しかし、残価設定ローンの契約年数が一般的に3~5年であるのに対して、カーリースは契約年数をニーズに合わせて細かく設定できるので、月々の料金と契約期間の組み合わせで最適なプランを選択しやすいといえます。

また、カーリースは各種税金や自賠責保険料などの初期費用がかからないだけでなく、維持費の大半を月額料金に含められるプランもあり、残価設定ローンよりもお得に車に乗れるのでおすすめです。

料金が手頃でおすすめのカーリースはこちら

残価設定ローンとカーリースの違い

残価設定ローンとカーリースは、どちらも契約時に残価を設定するという共通点があります。しかし、しくみは大きく異なるので違いを確認しておきましょう。

なお、カーリースのサービス内容はリース会社によって異なりますが、ここでは「おトクにマイカー 定額カルモくん」を例として取り上げています。

〈残価設定ローンとカーリースの違い〉

 残価設定ローンカーリースの「定額カルモくん」
初期費用
(各種税金や登録諸費用など)
別途支払いが必要不要
月々の返済・月額料金以外に
定期的に発生する費用
(税金、自賠責保険料など)
別途支払いが必要不要
契約年数3~5年1~11年
走行距離制限ありなし
(7年以上の契約の場合)
契約終了時の無償譲渡なしあり
(7年以上の契約でオプションをつけた場合)
契約終了時の残価精算大きな出費の可能性ありなし

 

初期費用

残価設定ローンの毎月の返済額には、購入時にかかる各種税金や登録諸費用などは含まれないので、そのための費用を別途用意する必要があります。一方、一般的にカーリースでは月額料金にそれらの費用が含まれているので、月額料金の支払いのみで車に乗り始めることができます。

定期的に発生する費用

車を購入した場合、数万円の自動車税(種別割)を毎年支払う必要があるほか、購入から1年後には法定12ヵ月点検に10,000円以上、その後車検の度に10万円以上の費用負担があります。しかし、カーリースではそれらの費用を月額料金に含めることができ、突発的な出費に備える必要がなく安心です。車にかかる費用が明確なので、家計管理がしやすいというメリットもあります。

〈残価設定ローンの返済イメージ〉

残価設定ローン

〈カーリースの支払いイメージ〉

カーリースの支払いイメージ

契約年数

残価設定ローンは、契約年数が3〜5年と短い傾向にあり、次々と車を乗り換えるのに向いているローンといえます。一方、カーリースの契約年数は多くが7~9年と長めで、中には1~11年という高い自由度で契約できるカーリースもあります。

一般的に、契約期間が長いほど月額料金を抑えられるので、費用負担をできるだけ分散させたい方には長期間の契約ができるカーリースがおすすめです。

走行距離制限

カーリースも走行距離が制限されていることが多いですが、走行距離制限がないリースサービスもあるので、長距離のドライブや旅行を楽しみたい方は、走行距離制限の有無もチェックしましょう。

契約終了時の無償譲渡

残価設定ローンの場合、契約終了時に残価の分をディーラーに支払わない限り、乗っていた車を自分のものにすることはできません。カーリースも乗っていた車をリース会社に返却することが前提ですが、プランによっては契約終了時に無償でもらえるサービスがあります。

契約終了時の残価精算

残価精算を行わないクローズドエンド方式のカーリースなら契約終了時に差額の精算がありません。契約終了時の思わぬ出費を避けたい方は、残価精算のないリースサービスを選ぶと安心でしょう。

このようなことから、できるだけ車にかかる月々の負担を少なくかつ均等にして、走行距離や残価を気にせず車に乗りたい方には、残価設定ローンよりもカーリースのほうが適しているといえます。その中でも特におすすめできるリースサービスについて、次項でご紹介します。

定額カルモくんなら、残価精算不要でお得に新車に乗れる

カルモくん_new

税金や自賠責保険料なども含めて毎月定額にしたい方や、月々の負担をなるべく抑えて新車に乗りたいと考えている方には、「おトクにマイカー 定額カルモくん」がおすすめです。定額カルモくんなら頭金やボーナス払いが不要で、家計に余裕がなくても車に乗り始められます。ほかにも以下のようなメリットがあります。

定額カルモくんなら残価精算不要で安心!

定額カルモくんは、残価精算不要のクローズドエンド方式の契約を採用しているのが特徴です。車を改造したり、故障を修理せずに返却したりしない限り、支払いはありません。契約終了時の大きな出費を心配することなく新車に乗り続けられます。

また、定額カルモくんは料金が日本一安いカーリース*なので、車検費用などの維持費をカバーするプランに加入しても月々10,000円台から新車に乗れます。例えば、ダイハツ「ミラ イース」であれば、車検込みでも月額料金は14,560円からリース可能となっています

*一般社団法人日本自動車リース協会連合会所属のすべての業者の中で、完全定額(頭金なし・ボーナス払いなし・クローズドエンド契約)で新車を個人向けにリースしているサービスにおいて月額料金が日本最安値(2021年7月13日、ステラアソシエ株式会社調べ)

走行距離制限なし&乗っていた車をもらえる!

一般的に、残価設定ローンでもカーリースでも走行距離の制限が設けられています。しかし定額カルモくんで7年以上の契約をした場合、走行距離制限がなくなります。

また7年以上の契約で、月々500円の「もらえるオプション」を追加すると、契約終了後に乗っていた車をそのままもらえるようになります。残価設定ローンでは基本的にカスタマイズができませんが、車をもらえるとなれば自分好みのカスタマイズができます。お気に入りの車に長く乗り続けたい方や、自分好みの1台に仕上げたい方にもおすすめです。

車がもらえるカーリースのメリットについて詳しくはこちら

ネットで簡単5分のお試し審査ができる

定額カルモくんは、車選びから審査、申込みまでネットで完結するカーリースです。店舗に行く必要がないので、忙しい方でも隙間時間に申し込めます。

また、定額カルモくんには契約前にカーリースを利用できるかどうか確かめられる「お試し審査」があります。お試し審査は5分で申込みが完了する気軽な審査で、通過しても契約が強制されるものではありません。まずは気軽にお試し審査を受けて、その後車を選び直したりオプションを追加したりすることも可能です。気になる方は、ぜひこちらからお試し審査を受けてみてはいかがでしょうか。

まずは審査

残価設定ローンの途中解約が不安なら、気軽に乗り換えられるカーリースを

残価設定ローンは途中解約できますが、ローン残債や残価を一括で支払わなければならないので、本当に途中解約が適切かどうかは慎重に判断しましょう。
カーリースであれば、車検費用などの維持費も含めた月額料金でお得に新車に乗ることができます。中でも「定額カルモくん」なら残価精算不要で、オプションをつけると車をもらうこともできます。

また、新車を購入すると多くの場合、納車までに1~3ヵ月かかりますが、定額カルモくんでは契約から最短3週間*で納車が可能な「即納新車」があります。さらに、大至急車が必要という方には最短4日*で高年式の中古車が納車される「マッハ納車」というサービスもあり、急いで乗り換えたい方におすすめです。

加えて、定額カルモくんでは中古車リースも扱っています。月々の料金をより安く抑えたい方は「定額カルモくん 中古車」もぜひチェックしてみてください。

全車に故障保証1年と車検2年がついて安心の「定額カルモくん 中古車」はこちら

*対象車種や地域に限りがあります

よくある質問

Q1:残価設定ローンは途中解約できる?

A:残価設定ローンの残債と車の残価を一括返済すれば、途中解約できます。買ったディーラーに車を早期返却して精算する、ローンの残債と車の残価を一括返済する、ローンの借換えを行って一括返済するなどの方法をとると、返済中の残価設定ローンを途中解約することが可能です。

Q2:残価設定ローンを途中解約するときの注意点は?

A:残価の分とローン残債の一括返済が必要なので、車の査定額により負担が大きく変わります。設定された残価よりも査定額が低い場合、当初の予定よりも返済総額が多くなってしまうことに注意が必要です。査定額が高いほど返済は楽になるので、車をきれいにして中古車の需要が高まる3月や9月に査定に出すようにしましょう。

Q3:残価設定ローンよりもお得に新車に乗る方法は?

A:カーリースがおすすめです。カーリースなら一般的に初期費用が不要なので、資金の用意がなくても車に乗り始められます。定額カルモくんなら、車検費用込みで月々10,000円台から乗れる上、プランにより走行距離制限をなくしたり車をもらったりできるので、残価や走行距離を気にせず安心して車に乗れます。

※記事の内容は2021年10月時点の情報で制作しています。

関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる
カーローンよりおトクに新車