ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

カーローンは一括返済が本当にお得か?繰上返済する場合の注意点を解説

カーローンは一括返済がお得?繰上返済する場合の注意点は?
走行距離制限なしのカーリース

ローンは返済期間が長いほど金利負担がかさむため、一般的には一括返済すれば総返済額を抑えることができます。しかし、カーローンでは繰上返済手数料などが加算される場合があり、一括返済が本当にお得なのかをしっかり見極める必要があります。そこで一括返済するメリットや注意点について、詳しくご紹介します。

  • 一括返済はタイミングが遅いと手数料が金利の軽減分を上回る
  • 一括返済では手数料がかかる場合があるため事前確認は必須
  • 一括返済で新たなローン契約が困難になったらカーリースの選択が有益

カーローンを一括返済するとは?

カーローンを一括返済するとは?

カーローンを繰上げて返済するには、残金の一部だけを繰上返済する方法と、残金すべてを清算する一括返済の2つの方法があります。一般的にローンは早期に返済するほど金利の負担分の返済を抑えることができるため、同じ繰上返済でも一括で返済したほうがより返済総額を抑えられます。

カーローンを一括返済するのはどんな場合?

カーローンを一括返済するためには、手元にまとまった資金が必要になるため、一般的には経済的にゆとりのできたときにするものといえます。しかし、それ以外にもローン返済中に車を売却したり、買換えを検討したり、あるいは事故などで廃車にしたりする場合には、貸し手側から一括返済を求められることがあります。

カーローンを一括返済するメリットとデメリットは?

カーローンを一括返済するメリットは、金利の負担や返済総額を抑えることができる点にあります。しかし、一方ではデメリットもあります。一括返済のメリットとデメリットを整理すると、以下のようになります。

〈カーローンを一括返済するメリット〉

  • 金利の負担や返済総額を抑えられる
  • 車の所有権を自分のものにできる
  • ローンがなくなることで精神的負担が軽減される

金利の負担や返済総額を抑えられることを期待できるのが最大のメリットです。それ以外にも、車の所有権を獲得できるということもあります。カーローンの返済中は、車の所有権はディーラー名義になっている場合がほとんどですが、一括返済すれば所有権を獲得でき、車の売却なども自由に行うことができます。

〈カーローンを一括返済するデメリット〉

  • まとまった金額を準備する必要がある
  • 高額な手数料が必要な場合がある
  • ローンの残り期間や金額が少ない場合は、利息の軽減につながらない

一方、デメリットは一括返済にまとまった金額が必要となり、手数料のかかる場合があること、そしてタイミングによっては利息の軽減につながらないこともあります。

カーローンの一括返済がお得になるケースは?

カーローンの一括返済がお得になるケースは?

一括返済のデメリットでご紹介したように、カーローンの一括返済が必ずしもお得になるとは限りません。どういうことなのか、さらに詳しくご説明しましょう。

一般のローンでは、金利は元金に応じて計算されるので、一括返済するのが早いほど金利負担が減り、効果的です。しかし、ローンの返済期間がすでに半分以上経過している場合には、無理に一括返済しても効果はあまり期待できません。一括返済するタイミングが遅い場合には、手数料が金利の軽減分を上回ってしまい、逆に損をする場合があります。

一括返済は、期間3年のローンなら1年以内のタイミングで一括返済をすれば、メリットが大きいといえます。

カーローンの返済方法をよく確認する

一括返済するタイミングとともに確認しておきたいのが、契約しているカーローンの返済方法です。カーローンの金利の精算方式には、「実質年利方式」と「アドオン方式」があります。

実質年利方式では、毎月の返済分は元本の返済に充当されます。残高に対して利率を計算するため、返済の初期は利息額が多く、返済が進むほど金利分の返済が減るしくみです。つまり、繰上返済や一括返済をすればその分、利息負担や総返済額を抑えることができます。

一方、アドオン方式では、元本にあらかじめ計算した利息の総額を加え、分割回数で割って毎月の返済額を算出するもので、この利率は最後まで同じです。つまり、途中で繰上返済や一括返済をしても、利息負担や総返済額は変わりません。

金利をどう精算していくかによって、それぞれ返済方法が違います。一括返済を希望する場合には、金利負担や総返済額が抑えられる実質年利方式であるか、事前に確認が必要です。

カーローンを一括返済する際の手続きは?

カーローンを一括返済するためには、残金の返済だけではなく、車の所有権を名義変更するなどの手続きが必要になります。そこで一括返済するための一連の手続きについて、具体的にご紹介します。

ローンの残金を返済する

カーローンを一括返済する場合、まず必要なのはローン残金の入金です。銀行系ローンを利用している場合には、一般的に契約者本人が通帳と印鑑を持参して銀行で手続きを行います。ディーラー系ローンの場合も基本的には同じですが、オンライン上で手続きを済ませ、口座振込で残金を返済すれば完了する場合もあります。

車の所有権を名義変更する

一般的にディーラー系カーローンで車を購入している場合、ローンの返済中、その車はディーラー名義となっています。一括返済でローンを完済したら、車の名義を自分に移す必要があります。

名義の書き換えは必要書類を持参し、陸運局に申請します。譲渡証明書、旧所有者(カーローン会社)の印鑑証明書と委任状、新所有者(自分)の印鑑証明書と委任状、車検証、新所有者(自分)の車庫証明書、手数料納付書、自動車税(種別割)・自動車取得税申告書、申請書などに印鑑が必要です。

一方、銀行系ローンの場合、車の所有権は買い手側にあり、車がローンの担保になっている「所有権の留保」も付帯していないのが一般的です。ただし、完済する前には必ず所有者が誰になっているのか、車検証などで確認しておきましょう。

カーローンを一括返済する際の注意点とは?

カーローンを一括返済する際の注意点とは?

一般的に銀行系・ディーラー系のカーローンともに、ローン期間中の一括返済を認めている場合がほとんどです。ただし、一括返済をする場合に一定の条件を設けていることもあり、この条件を理解しておかないと、一括返済しても逆に損が生じてしまう場合があるので注意が必要です。
どのような点に注意しなければならないのか、確認していきましょう。

一括返済で手数料がかかる場合がある

一括返済を行う場合、カーローンによっては手数料の規定が設けられていることがあります。手数料に特に決まりはありませんが、大手金融機関の場合で5,000円前後、中小金融機関では1,000~3,000円前後が相場のようです。ただし、銀行系ローンでは一括返済の手数料はかからないことをうたっていることも多くあります。できれば、カーローンを契約する前に、一括返済の手数料について確認しておくと安心です。

また、ディーラー系カーローンでは、「返済時に応相談」として一括返済の具体的な手数料を公表していないことも多くあります。しかし、大手ディーラー系のカーローンでは手数料を30,000円と公開している例もあり、銀行系よりも一括返済の手数料はかなり割高な傾向があります。

前倒し返済の方法が指定されている

一般にローンを前倒しで返済するには、一括返済だけでなく、一部前倒し返済という方法もあります。しかし、カーローンでは一括返済しか認められていない場合がほとんどです。まとまったお金が用意できない場合は、一部前倒し返済を検討するのは難しいということを事前に確認しておきましょう。

カーローンからカーリースへの切り替えもおすすめ

カーローンの一括返済を考える方には、それなりの理由があると考えられます。家族が増えて大きな車に乗り換えたいケースもありますし、事故などで廃車となり乗換えを余儀なくされるケースもあるでしょう。

経済的に余裕があれば、カーローンの一括返済はすぐにできます。しかし、事故などの突発的な出来事の場合、急に一括返済に必要な資金を作ることは難しいでしょう。仮に一括返済ができたとしても次の車の購入資金が不足し、新たなカーローンの契約は困難を極めます。

一括返済に資金を投入してしまい、新たな車の購入資金に不安がある場合は、初期費用のかからないカーリースを検討してみてはいかがでしょうか。

安さで人気の「おトクにマイカー 定額カルモくん」なら、頭金・ボーナス払いが不要で、毎月定額の利用料には税金や保険料、登録諸費用などが含まれているので、月額料金の支払いだけで新たなカーライフをスタートさせることができます

カーリースの定額カルモくんについて、詳しく見ていきましょう。

カーリースならお得に新車に乗れる定額カルモくんがおすすめ

カルモくん_new

定額カルモくんは、頭金なし、ボーナス払いなし、契約満了時の差額精算も不要の日本一安い*カーリースです。国産全メーカーすべての車種・グレードから選べる新車は、月額10,000円台から利用できます。初期費用はいっさい必要としないため、ローン一括返済後の新たなカーライフに負担をかける心配はありません

定額カルモくんを、自信を持っておすすめする理由を確認していきましょう。

* 一般社団法人日本自動車リース協会連合会所属のすべての業者の中で、完全定額(頭金なし・ボーナス払いなし・クローズドエンド契約)で新車を個人向けにリースしているサービスにおいて月額料金が日本最安値(2021年7月13日、ステラアソシエ株式会社調べ)

定額カルモくんはクローズドエンド方式だから、契約満了時も安心

カーリースの月額料金は、契約満了時の車の下取り価格(残価)をあらかじめ設定し、車両価格から差し引いて算出するのが一般的です。しかし、残価が当初の設定を下回った場合に差額の精算を求められるオープンエンド方式という契約があることも頭に入れておきましょう。

一方、クローズドエンド方式という契約では残価精算を行わないため、返却時の下取り価格が当初の設定を下回ったとしても差額の請求はありません。定額カルモくんはクローズドエンド方式を採用しているので、契約満了時も安心です。

長期契約なら走行距離制限なし、オプション追加で車がもらえる

カーリースを長く利用するためには、安心して乗れることはもちろんですが、お得感のあるメリットがあると、なおさらうれしいものです。
定額カルモくんでは、7年以上の契約で走行距離制限がなくなります。カーリースには走行距離制限が設けられていることが一般的なので、ほかのカーリースと比べるとお得感が増すのではないでしょうか。

さらに7年以上の契約に月額500円をプラスするだけで、それまで乗っていた車がもらえる「もらえるオプション」の利用も可能になります。

定額カルモくんの「もらえるオプション」について、詳しくはこちらのバナーをチェック

車がもらえる

定額カルモくんが選ばれるそのほかの理由

専門家が選ぶカーリース_3冠

定額カルモくんは、専門家が選ぶカーリースにおいて、「コストパフォーマンスが高い」「納得価格のカーリース」「サポートが充実しているカーリース」で1位*になっています。
定額カルモくんが選ばれるのには、理由があります。

〈カーリースの定額カルモくんが選ばれる理由〉

  • 国産全メーカーすべての車種、グレードの中から乗りたい新車を自由に選べる
  • 1年から11年のあいだで、1年単位の契約が可能
  • 頭金、ボーナス払いゼロで、月々の支払いはずっと定額
  • 月額料金には車体価格のほか、各種税金や自賠責保険料、登録諸費用が含まれている

ほかにもメリットいっぱい!定額カルモくんについて詳しく知りたい方は、こちらから

カルモくんを詳しく見る

*調査方法:インターネット調査 調査期間:2021年2月12日~15日 調査概要:カーリース10社を対象にしたイメージ調査 調査対象:男女、全国、18~69 歳、運転免許保有、(1)(2)週1回以上運転するファイナンシャルプランナー176s、(3)カーディーラー勤務者297s 調査実施:株式会社ショッパーズアイ 比較対象企業:「カーリース」Google 検索9社(2021年1月29日10 時時点) 広告、まとめサイトなどを除く

一括返済は早い時期に行うほど効果的!

金利の負担を抑えるために、一括返済を考える方は多いかもしれません。しかしタイミングを間違うと手数料が利息の軽減分を上回ってしまい、逆に損をする場合があります。一括返済はなるべくローンの早い時期に行うほうが効果的といえるでしょう。

また、ライフプランの変化に伴い新たに車を乗り換えるケースや、事故などで廃車となってしまったときに、一括返済を余儀なくされるケースもあります。一括返済が無事できたとしても、乗り換える車のローンの契約には初期費用を必要とし困難を極めます。そのようなときは、カーリースを検討することで解決の道が見えてくるのではないでしょうか。

よくある質問

Q1: カーローンは一括返済できるの?

A:できます。ただし、一括返済のための手数料の支払いが必要となる場合があります。

Q2: カーローンの一括返済のメリット・デメリットは?

A:カーローンの一括返済は、早期に一括返済するほど、利息の負担が軽減できるのがメリットです。一方デメリットは、一時的にまとまった金額の支出が必要になることや、ローンによっては高額な手数料などが必要になることです。

Q3:カーローンを一括返済する際の注意点は?

A:一括返済するタイミングが遅い場合には、手数料が金利の軽減分を上回ってしまい、損をする場合があります。さらに、ライフスタイルの変化や突発的な事故などで一括返済が余儀なくされるケースでは、一括返済に多額の資金が必要となり、新たな車を購入する資金調達に困難を極めることもあります。そのようなときはカーリースの定額カルモくんがおすすめです。初期費用がかからず、月額料金の支払いだけで新たなカーライフを始められます。

※記事の内容は2021年6月時点の情報で制作しています。

関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる
読了後バナー