ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

残価設定ローンの審査基準は?利用時の注意点や落ちてしまったときの対処法

残価設定ローンの審査基準は?利用時の注意点や落ちてしまったときの対処法
残価設定ローンの審査基準は?利用時の注意点や落ちてしまったときの対処法
貯金ゼロでも

車をローンで購入したいと検討している方の中には、審査に通りやすいカーローンを探している方も多いのではないでしょうか。中でも残価設定ローンは、ほかのカーローンよりも審査に通りやすいという声もありますが、本当かどうか気になるところです。

ここでは、残価設定ローンの審査基準や、審査に通りやすくするための事前の対策、また、審査に落ちてしまったときの対処法を解説します。併せて、同じく残価を設定する方法で、カーローンよりも気軽に審査を受けられるカーリースについてもご紹介しましょう。

ローン無しでも新車
  • 残価設定ローンの審査基準はほかのローンと変わらない
  • 審査に通りやすくするには支払いの遅延を起こさないなどの対策が大切
  • 同じ残価設定なら、定額制で気楽に新車に乗れるカーリースがおすすめ

残価設定ローンの審査は甘いって本当?

残価設定ローンの審査は甘いって本当?

車両本体価格全額を支払うよりも、月々の返済額が安い残価設定ローンですが、ほかのカーローンと比べて審査に通りやすい、というのは本当なのでしょうか。残価設定ローンのしくみと併せて確認しましょう。

そもそも残価設定ローンとは?

残価とは、購入した車を数年後に下取りに出した場合の想定価格のことです。残価設定ローンでは、契約時に設定した車の残価をローン最終回の返済に据え置き、車両価格から残価を除いた金額を借入期間で分割して返済します。

残価設定ローンの最終返済時には、次のいずれかの方法を選択することになります。

  • 車を買い取る
  • 車を返却する
  • 車を返却して新しい車に乗り換える

車を買い取って乗り続ける場合は残価を一括か分割で返済しなくてはなりません。分割で返済するとなると、再度ローン契約を結ぶ必要があるため、さらに金利の負担がかかります。

また、車を返却する場合、基本的に残価精算は不要です。しかし走行距離をオーバーしていたり、傷やへこみがあったり、車の状態によっては差額精算を求められる可能性があります。返却して新しい車に乗り換える場合には、同じメーカーの車からしか選べません。

残価設定ローンと通常ローンの審査は違う?

残価設定ローンのほうが残価設定をしない通常のカーローンよりも審査に通りやすいということはありません。残価設定ローンの借入額は、残価も含めた総額で判断されるためです。

ただし、審査基準のひとつである 「返済負担率」においては、通常のカーローンと比べて残価設定ローンのほうが有利といえるでしょう。返済負担率とは、年収に対する年間の返済額の割合のことです。残価設定ローンでは総額から残価を差し引いた金額を借入期間で分割して返済するため、この返済負担率も抑えることができます。

なお、残価設定ローンは車を担保とするディーラーローンの一種であり、無担保である銀行のマイカーローンと比べると、審査に通りやすいといえます。

ローン無しでも新車

カーローンの審査基準

カーローンの審査基準

残価設定ローンも通常のカーローンも、審査内容にほとんど違いはありません。細かい審査基準や条件はローンを組む金融機関によって異なるため明確な基準を把握することは難しいですが、重視される情報はある程度共通しています。
残価設定ローンを含む、カーローンのおもな審査基準について見ていきましょう。

年収

年収はカーローンの借入額を決める上でも特に重視される要素です。基本的には、年収が高いほど借入可能額も高くなります。一方、借入希望額に対して年収が低いと審査にも通りにくくなります。残価設定ローンの審査においても、借入額が年収に対して高すぎないかどうか確認が必要です

なお、カーローンによっては、年収200万円未満の場合、連帯保証人を立てなければならないこともあります。

信用情報

信用情報とは、各種ローンやクレジットカードの利用履歴など、個人のお金の借入れや、返済に関する情報です。信用情報は信用情報機関によって、管理・提供されます。自身の信用情報を知りたい場合は、信用情報機関に情報開示を請求することも可能です。一般的に、信用情報は5~10年間保存されます。

日本の信用情報機関は下記の3つです。

  • CIC(割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関)
  • JICC(指定信用情報機関 株式会社日本信用情報機構)
  • JBA(全国銀行個人信用情報センター)

特に自己破産やクレジットカードの滞納、ローンの滞納などがあった場合は、カーローンの審査に通らない可能性があります。

雇用形態・勤続年数

カーローンの審査では収入の安定性を確認するため、雇用形態や勤続年数もチェックされます。安定した収入が見込める公務員や正社員は審査にも通りやすい一方、アルバイトやフリーター、自営業は不利になる傾向があります。ただし、パートやアルバイトでも、勤続年数が長い場合は安定した収入があると判断されることがあります。

ほかにも、勤続年数は1年以上であることが目安とされています。転職期間中や転職してすぐに申し込んだ場合、審査に通らない可能性があるため注意しなければなりません。また、個人事業主は、借入希望額によっては頭金を用意する、連帯保証人を立てる、といった対策が必要です。

ほかの借入状況

カーローンの審査では、住宅ローンやカードローンなど、ほかの借入状況も、確認されます。カーローンに申し込むときは、住宅ローンやカードローンなど、ほかの借入状況を申告します。他社のローンに遅延なく返済できているか、年収に対してカーローンも含めた借入総額が高すぎないか、といったことをチェックするためです。

カーローンの借入可能額についても、ほかの借入状況が参照され、場合によっては希望額の借入れができない可能性があります。

カーローンの審査に通りやすくするには?

カーローンの審査に通りやすくするには?

カーローンの審査に通るかどうか、不安な方もいるのではないでしょうか。カーローンは事前に対策することで、審査に通りやすくなる場合があります。残価設定ローンを含むカーローンの審査に通るために、事前にできる対策を見ていきましょう。

返済負担率を調整する

カーローンの審査に通りやすくするには、返済負担率の調整が有効です。返済負担率は、年収に対してローンの年間返済額がどれくらいの割合なのかを示します。返済負担率はカーローン審査でも重視される情報であり、すべての借入れを合わせた合計返済額が年収の3割程度に収まるといいとされています。逆に合計返済額の3割を上回ると、ローンを組めない可能性もあります。

返済負担率が3割を超えてしまう場合は、ほかの借入れを完済してからカーローンへ申し込む、車種やグレードを見直して借入額を下げるなどの対策をしましょう。

頭金を用意する

カーローンは、頭金を用意して借入額を抑えれば審査に通りやすくなる可能性があります。ただし、ある程度まとまった費用が必要になるため、資金に不安がある方は慎重に検討しなくてはなりません。車のローン購入では、車両本体価格以外にも登録諸費用が必要ですし、購入後は車の維持費がかかります。こうしたローン返済以外の費用も発生するため、頭金は家計に余裕がある場合に検討することをおすすめします。

信用情報に傷をつけない

カーローンの審査に通る可能性を高めるには、信用情報に傷をつけないよう、気をつけましょう。自己破産や返済遅延など、信用情報に傷があるとカーローンの審査で不利になります。ほかにも、クレジットカードや携帯料金の支払い遅延など、信用情報に傷をつける可能性があるので気をつけましょう

嘘の申告をせずもっと気楽に受けられる審査はこちら

残価設定ローンの審査に落ちてしまったときの対処法

残価設定ローンの審査に落ちてしまったときの対処法 

残価設定ローンの審査に落ちてしまったときは、借入希望額を下げたり、保証人を立てたりすることで、再審査に備えることが可能です。また、再審査も通るかどうか不安な方は、カーリースで車を手に入れる選択肢も検討してもいいでしょう。

残価設定ローンの審査に落ちてしまったときの対処法を詳しく解説します。

借入希望額を下げる

残価設定ローンの審査に落ちてしまったときは、借入希望額を下げて再審査を受けてみましょう。カーローンの審査に落ちてしまう原因のひとつとして、申込者の支払能力に対して、借入希望額が大きいことが挙げられます。車種やグレードを見直す、頭金を用意するといった方法で借入希望額を下げれば審査に通る可能性があります

連帯保証人を立てる

残価設定ローンは、連帯保証人を立てることで審査に通る場合があります。ただし、連帯保証人は、契約者がローンを返済できない場合に代わって返済しなければなりません。連帯保証人を立てる予定がある方は、家族・親族などの身内に相談しておくといいでしょう。

カーリースを利用する

残価設定ローンの審査に落ちた方は、同じく残価を設定して、月々定額で車に乗れる「カーリース」を検討してもいいでしょう。カーリースとは、残価設定ローンと同様に、車の残価を設定することで月々の負担額を抑えて車に乗る方法です。一般的には、カーリースは金銭の貸付けでないので、カーローンより審査に通りやすい可能性があります。

同じ残価設定ならカーリースのほうがお得な理由

同じ残価設定ならカーリースのほうがお得な理由

カーリースは残価を設定する点で残価設定ローンと共通していますが金利が発生しません。また、カーリースは頭金が不要なので、初期費用が気になる方にもおすすめです。金利なし・頭金不要で好きな車に乗れる、カーリースの魅力をご紹介します。

金利を気にせず車に乗れる

カーリースはカーローンと異なり金利を気にせず車に乗れます。残価設定ローンはお金を借りて車を買う方法ですから、金利が設定され、利息が発生します。一方、カーリースは借入れではないので、金利は設定されませんし利息も発生しません。

金利を気にせず車に乗る方法を知りたい方はこちら

頭金や初期費用不要で車に乗れる

カーリースは頭金も不要なため、まとまった資金がなくても月額料金だけでカーライフをスタートできます。また、カーローンで車を購入するときは、車両本体価格のほかにも登録費用などさまざまな費用が必要になります。一方カーリースの場合、ほとんどの費用が月額料金に含まれているので、別途用意する必要がありません。

長期間、マイカーのように乗れる

カーリースは長い期間、マイカーのように車に乗れるのが魅力です。残価設定ローンの契約期間が3~5年ほどであるのに対しカーリースは7~9年、最長で11年の契約が可能です。なお、カーリースは残価を引いた車両本体価格を契約年数で割るしくみなので、契約期間が長いほど月額料金がお得になります。

安定した維持費で車に乗れる

安定した維持費で車に乗れる点もカーリースの魅力でしょう。車を購入した後は、車検費用やメンテナンス代などの維持費がかかります。カーローンで購入する場合は、返済額以外の維持費を考慮して返済計画を立てなくてはなりません。

しかし「おトクにマイカー 定額カルモくん」のように、カーリースによっては車検費用やメンテナンス費用を月額料金に組み込むことが可能です。月々の車の維持費が定額化するので家計管理が楽になります。

車をもらえるプランも!定額カルモくんの魅力

カーリースは魅力的だけれど、契約満了時には車を返さなくてはならないのでは?と不安に思う方もいるのではないでしょうか。その点、カーリースの定額カルモくんなら、プランによっては車をそのままもらえます。さらに、走行距離が無制限になるなど、契約期間によってはマイカーのように車に乗れます。

業界最安水準*のカーリース、定額カルモくんの特徴をご紹介しましょう。

*一般社団法人日本自動車リース協会連合会所属のすべての業者の中で、完全定額(頭金なし・ボーナス払いなし・クローズドエンド契約)で新車を個人向けにリースしているサービスにおいて月額料金が日本最安値(2021年7月13日、ステラアソシエ株式会社調べ)

走行距離が無制限になる

定額カルモくんは一般的なカーリースより月間走行距離が長く、1,500 kmとなっています。長距離運転を頻繁にする方や毎日車に乗る方でも、定額カルモくんなら安心です。さらに、契約期間が7年以上の場合は、すべての車種で走行距離が無制限となります。

残価精算のないクローズドエンド方式を採用

クローズドエンドとオープンエンド

カーリースには、残価精算を行う「オープンエンド方式」と、残価精算を行わない「クローズドエンド方式」の2種類があります。

オープンエンド方式はリース期間満了時に市場価格を基にした査定が行われ、差額が出た場合は精算を行う必要があります。一方クローズドエンド方式は、市場価格にかかわらずリース期間満了時の精算は必要ありません。

定額カルモくんは残価精算なしで安心して車に乗れるクローズドエンド方式を採用しているので、契約満了時まで残価を気にせず車に乗れます。

「もらえるオプション」なら車を返却しなくて済む

定額カルモくんは7年契約以上の契約で、契約期間満了時に車が自分のものになる「もらえるオプション」をつけられます。月々わずか500円で、もらえるオプションをつければ、車を返却する必要がなくなります。返却時の原状回復を気にせず、気楽に車に乗れるのが魅力です。乗り慣れた愛着のある車に、契約満了後も乗り続けることができます。

「お試し審査」で審査に通るか気楽に試せる

カーリースを利用するには、カーローンのように審査に通る必要があります。中には、審査に通るか不安な方もいるでしょう。定額カルモくんでは、審査が不安な方に向けて、ネットで簡単に申込みできる「お試し審査」を用意しています。オンラインの無料審査なので、必要書類を用意したり、窓口に出向いたりする必要もありません。

審査結果は最短翌営業日、最大3営業日以内にメールで届きます。審査後の車種の変更やキャンセルも可能なため、まずはカーリースを利用できるかどうか知りたいという方も、気軽に申し込めます。

まずは審査

残価設定ローンも通常のローンも審査内容は同じ

審査が甘いといわれることがある残価設定ローンですが、審査内容はほかのカーローンと同じです。おもに年収に対して借入額が高すぎないかどうか、ほかのローンや料金の支払いで遅延や滞納はないか、といった情報がチェックされます。

カーローンの審査に通るかどうか不安な場合は、金利の概念がなく費用負担も抑えて車に乗れるカーリースも検討してみてはいかがでしょうか。定額カルモくんのお試し審査なら、オンラインで気軽に受けることができるため、カーリースを初めて利用したい方にもおすすめです。

よくある質問

Q1:残価設定ローンの審査基準は?

A:残価設定ローンの審査では、年収や信用情報、雇用形態、勤続年数やカードローンや住宅ローンなどほかの借入状況などが確認されます。借入額の目安は、カーローンとほかの借入額と合わせて年収の3割程度です。借入額が年収に対して高すぎないかを踏まえて決める必要があるでしょう。

Q2:残価設定ローンの審査は通常のローンより甘い?

A:残価設定ローンの審査はほかのカーローンと同様に行われます。しかし返済負担率においては、通常のカーローンよりも有利といえるでしょう。また、ディーラーローンである残価設定ローンは、銀行系マイカーローンと比べると、審査に通りやすい傾向があります。

Q3:残価設定ローンよりお得に車に乗る方法は?

A:残価設定ローンよりお得に車に乗るには、金利の概念がなく頭金も不要のカーリースがおすすめです。定額カルモくんなら「もらえるオプション」で車をもらえる上、ネットで気軽にお試し審査を受けられます。

※記事の内容は2021年10月時点の情報で制作しています。

関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる
新車が1万円台