ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

審査の甘いマイカーローンはどこ?ローンの種類や審査に通るポイントも紹介

審査の甘いカーローンとは?審査に通るポイントも紹介
目次上_審査に落ちた_新車乗れる

カーローンを組むにあたり、一番の心配事は審査が通るかどうかでしょう。もしも審査が甘いカーローンがあるなら知りたいと、多くの方が思っているのではないでしょうか。
一口にカーローンといってもいろいろな種類があり、どれを選ぶかによって審査基準にも違いがあります。
ここでは各種ローンの内容とローン審査に通るためのポイントを解説。また、審査に通りやすいと言われる金利なし、頭金なし、月々1万円台のサービスについてもご紹介します。

  • ディーラーローンや自社ローンは、比較的審査に通りやすい
  • 審査の甘いローンは金利が高くなりがち
  • 一般的なカーローンより審査に通りやすい車の乗り方がある

審査に通りやすいと言われる金利なし、頭金なし、月々1万円台のサービスはこちら

審査の甘いカーローンはある?

金利と審査の通りやすさ

カーローンには大きく分けて5種類あり、それぞれに審査基準が違います。そのため、審査が甘い傾向があるカーローンはあります。各カーローンの特徴は次のようになります。

1. 銀行ローン

メガバンクや地方銀行などが提供するカーローンです。ローンの申込みにおいてほかのローンに比べて審査がきびしい傾向があります。一方金利は低めで、1.5~5%程度であることが多いです。

2. 労金・信金ローン

信用金庫や労働金庫、信用組合などが提供するカーローンです。審査基準は銀行ローンと大きな差はありませんが、多くの場合、労金や信金の組合員であることが融資条件になっています。金利は2~4%台と低めです。

3. ディーラーローン

特定のメーカーの車だけを販売する特約店であるディーラーが、信販会社を通じて提供するカーローンです。銀行ローンや労金・信金ローンに比べて手続きにかかる時間が短く、およそ30分~1時間で審査結果が出ます。
購入した車を担保に融資を行うしくみなので、ローンを完済しない限り所有権が使用者に移らないのもディーラーローンの特徴です。しかし、銀行ローンや労金・信金ローンに比べると審査に通りやすいといえます。
また、ディーラーローンには、「通常のローン」と「残価設定ローン」があります。残価設定ローンとは、数年後に買い替えることを前提に、あらかじめ数年後の残価を最終回の返済に据え置き、差額を分割払いで返済していく方法です。一般的に、通常のローン金利はおよそ4~8%台、残価設定ローンの金利は2~3%台となっています。

4. 自社ローン

自社ローンとは、自動車販売店が独自に運営、提供しているものです。信販会社を通さない分、ディーラーローンに比べて審査が通りやすい傾向があり、最も審査の甘いカーローンといえます。銀行やディーラーのカーローンに通らなかった方が自社ローンを組めることも少なくありません。ただその分車両価格などに金利に相当する手数料が上乗せされて、総額が高くなることがほとんどです。

ローンより少ない負担で車を持つ方法があります。詳しくはこちら

5. 消費者ローン

車専用のローンではなく、一般的な消費者金融ローンを車の購入資金に使用する方法です。審査では、収入の安定性やほかの消費者金融などからの借入総額、支払い遅延など信用情報に問題がないかが重視されます。ほかのローンと比べて審査スピードが速く、条件をクリアしていれば即日融資が受けられることがほとんどです。

なお、大手の消費者金融ローンでは、初回の借入れから一定期間は無利子サービスもあります。ただし、審査に通りやすい一方で金利は高く、18%前後が一般的となっているため、利用時はよく検討しましょう。

ローンより審査のハードルが低いカーリースという手段も

カーリースもローンのように考えられる
カーローンのように月々払いで車を持つ方法として、カーリースがあります。カーリースは乗りたい車を購入するのではなく、中長期的に借りる方法ですが、マイカーと同じように自身で管理しながら自由に使えます。

カーリースを利用するにも審査がありますが、カーリースの審査はカーローンよりもハードルが低いと言われていて、カーローンの審査に落ちたけれどカーリースの審査に通ったというケースが多くあります。カーローンの審査に不安があるなら、カーリースを検討してみるのもおすすめです。

カーリースとは

カーリースとは、リース会社が利用者のリクエストに応じて用意した車を、契約期間を決めて貸し出すサービスです。利用者は頭金なし、ボーナス払いなしで、毎月一定の利用料金を払うだけで好きな車に乗ることができます。

また、カーリースには残価設定があり、リース料金は車の残価を差し引いた車両価格を元に算出されるので、車両価格の全額を返済するカーローンに比べて、月々の返済額を抑えられるという特徴があります。
つまり、頭金などまとまった費用の必要なく、ローンより安い月額払いで車を持てるのです。

カーリースの審査は甘い?

カーリースを利用するにも審査がありますが、カーリースは金銭の貸付ではないことや残価設定があることなどから、一般的なカーローンに比べれば審査に通りやすいといわれています。
また、カーローンの平均的な返済期間は5年程度なのに対し、カーリースは11年など契約期間を長く設定できることや、車の所有者がリース会社であることも、審査のハードルが低くなる理由と考えられます。

なお、カーローンとカーリースで審査のハードルの高さは違っても、審査項目や内容などに大きな差異はありません。審査対象となる金額が低ければその分審査に通りやすくなるといえます。したがって、審査にどうしても通りたいと考えるなら、料金設定の安いカーリース会社を選ぶのがいいでしょう。

業界最安水準のカーリースで審査に通るか試してみる

審査に通るためのポイント

審査基準は会社によって異なりますが、どのカーローン・カーリースも審査されている項目自体はだいたい同じです。審査に通るには、およそ次の4項目がポイントになります。

年収

収入が安定しているかどうかが重要になります。銀行ローンやディーラーローンでは収入200万円以上がひとつの目安とされることが多く、200万円未満だと連帯保証人を求められる場合もあります。

信用情報

審査では、自己破産や任意整理の履歴がないか、支払いの延滞や滞納の情報がないかといった「信用情報」が、CIC(割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関)やJICC(指定信用情報機関 株式会社日本信用情報機構)、JBA(全国銀行個人信用情報センター)といった信用情報機関への問い合わせを通じてチェックされます。

自己破産の履歴があったり、たびたび支払い遅延を起こしていたりすると、審査に通るのは非常にきびしくなります。なお、記録の保存期間は情報の種類や機関によって異なりますが、一般的に、自己破産の場合は約10年、支払い遅延などの場合は1~5年ほどです。

また、クレジットカードのリボ払いや未払い分を含め、ほかの機関からの借入れ状況もチェックされます。借入額が大きかったり、借入先が消費者金融であったりすると審査で不利になることがあります。

職業

正社員や公務員など、安定性の高い職種に就いていると高評価が得やすくなります。逆にフリーターや自営業者の場合は、たとえ収入が多くても安定性が低いとみなされ、審査上不利になりがちです。

勤続年数

勤続年数が1年以下だと安定性が低いとみなされ、審査で不利になることが多いです。

審査に不安がある方におすすめの最強サービス

カルモくん_new
審査に通る可能性を上げるなら、カーリースもおすすめです。カーリースは月額利用料で新車に乗れるサービスですが、「残価分を除いた車両代金で総額計算されるため、審査にかかる料金が少なくなること」「所有者はリース会社であることでの安心感」などから審査に通りやすいと言われています。

実際にカーローンに落ちて、カーリースの審査に通った方もいるようです。カーリースを利用している方の声をご紹介しましょう。
川崎市在住のKさんはダイハツ「ムーヴ」を11年契約で利用しています。

カルモ契約者:Kさん
カルモ契約者:Kさん

最初は車を購入するつもりだったんですが、以前、携帯電話代を払い忘れていたのが原因で、車のローンを組めなかったんです。そこで月々の固定費が低いサブスクなら審査も通るんじゃないかと思い、思い切って申し込んでみました。
結果は無事合格で、カルモくんが業界最安値だと聞いていたので、それがよかったのかもしれないです。しかも念願の新車に乗ることができて、本当にカルモくんに出会えてよかったです。

横浜市在住のKさんはホンダ「S660」を7年契約で利用しています。

カルモ契約者:Kさん
カルモ契約者:Kさん

これまでいろいろな車をいじって乗り倒して、今回、車の楽しみと維持費の安さを両立した一番良い車に乗りたかった。ただ僕の場合、ローン審査は難しいと思っていたんです。いろいろあって何回か試したけどやっぱり無理で。でも定額カルモくんに相談したら、一応やってみましょうよと言われてダメ元で審査を受けてみたら通ったのでびっくりしました。

リースは税金も何も全部コミコミで一定の月額が決まっていて、支払額が変わることがないから安心ですよね。だから、審査に通ったとわかって、じゃぁぜひぜひお願いしますと言って、おかげさまで相棒と呼べるS660の新車に乗れています。

宮城県在住のIさんはダイハツ「ウェイク」を11年契約で利用しています。

カルモ契約者:Iさん
カルモ契約者:Iさん

車検がきっかけで乗換えを検討し始めました。それまで中古車だったので、新車に乗りたいと思って。車種は最初から決めていて、あとは買うかリースにするかの2択でした。

ただ、実は前の車を買う時にカーローンの審査に落ちたことがあるんです。大学生の時にクレジットカードの支払いが遅れたせいかもしれません。だからローンは難しいかなと。

それで、落ちたらどうしようという不安もあったんですけど、試しに審査を受けてみたら、受かったって連絡が来たのでうれしかったです。その後は担当の方にいろいろと相談しながらプランを決められたので安心でした。リースの魅力は無理なく車を持てる点だと思います。ずっと同じ金額を払えばいいだけだから電話代とか電気代とかと変わりないですよね。

カーリースを検討するなら、利用料の安いところが向いているでしょう。数あるカーリースサービスに中でもおすすめなのは、業界最安水準の「おトクにマイカー 定額カルモくん」です。その特徴を見てみましょう。

最安水準の料金だから審査のハードルが下がる

定額カルモくんは、頭金なし、ボーナス払いなし、契約満了時の残価精算も不要なカーリースです。料金は業界最安水準なので、審査対象となる金額を抑えることにもつながります。
さらに、各種税金や自賠責保険料、登録諸費用も込みで月額11,220円から新車に乗ることができ、料金は契約満了までずっと定額です。

車は国産メーカーのすべての車種・グレードの中から選べるので、お好きな車にいくらで乗れるのか、下のバナーからチェックしてみましょう。車を選んだら、契約期間やオプションの設定を変えて料金シミュレーションが可能です。

料金をチェック

「お試し審査」で審査に通るか確認できる

定額カルモくんでは、審査に通るか不安な方や、ひとまず審査に通るかだけを知りたい方に向けて、ネットで簡単にできる「お試し審査」を用意しています。

申込みに必要な項目を入力するだけなので、5分程度で済む上、審査結果は通常翌営業日にはわかります。審査後には、実際にどの車ならリース可能なのかなど担当スタッフが細かくサポートしてくれます。審査に通った後でもキャンセル可能なので、気軽に申し込んでみてはいかがでしょうか。

簡単5分_お試し審査

審査をしても契約にはなりません。申込み後のキャンセルも可能です

専任のマイカーコンシェルジュがしっかりサポート

顧客対応満足度

定額カルモくんは顧客対応満足度98.9%*を誇るカーリースですが、その理由として、マイカーコンシェルジュに相談できることがあります。

マイカーコンシェルジュは利用者のリース生活をサポートするため、契約期間中はもちろん、契約前からさまざまな相談に対応しています。
相談は無料で何度でもできるので、審査のこと、カーリースのしくみのこと、自分に合った車選びなど、心配なことや詳しく聞きたいことがあれば、下のLINEや電話のバナーから気軽に問い合わせてみましょう。

LINE
フリーダイヤル

*2019年12月~2021年6月までの定額カルモくんご契約者様504名を対象としたアンケート

審査の甘いローンは金利が高くなりがち

全体として審査のきびしいカーローンの利率は低く、審査が甘いカーローンの利率は高く設定されています。審査の通りやすさだけで選んでしまうと、出費がかさんでしまいがちなので、一概にどちらが良いとはいえません。しかしカーリースであれば、カーローンと同じ車を選んでも審査対象となる金額が抑えやすいため、審査に通りる可能性が上がりやすいといえます。

さらにカーリースではカーローンにおける金利の概念がなく、月額料金は諸費用を含んだ金額になっているので、乗り続ける上でも経済的な負担を抑えられます。審査の不安少なく車に乗りたいと考えたとき、カーリースは選択肢から外せない車の新しい乗り方といえるでしょう。

おすすめのカーリース「定額カルモくん」について、詳しくはこちらの記事をご参照ください。

カーローンの審査に落ちたけどカーリースで車を持てたケースの実例はこちら

よくある質問

Q1:審査の甘いカーローンってあるの?

A:ローンはそれぞれの種類によって審査基準が異なるので、比較的審査に通りやすいローンという意味では審査の甘いローンもあるといえるでしょう、一般的に銀行ローンは審査が厳しく、ディーラーローンや自社ローンは銀行ローンと比較すると審査に通りやすい傾向があります。

Q2:審査でチェックされるポイントは?

A:審査でチェックされるポイントはどのローンでもほぼ同じです。年収や職業、勤続年数、自己破産や任意整理の履歴がないか、支払いの延滞や滞納の情報がないかなどは必ず確認されると考えておきましょう。

Q3:カーリースとローンは違うの?

A:ローンは自身で車を購入する際に利用しますが、カーリースは車を購入するのではなくリース会社の所有する車を長期的に借りる方法です。また、カーリースにも審査がありますが、一般的にカーローンに比べると審査に通りやすい傾向があるといわれています。

※記事の内容は2021年5月時点の情報で執筆しています。

関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる