ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

中古車の現金一括購入の値引きはある?相場や交渉術などお得な方法を紹介

中古車の現金一括購入の値引きはある?相場や交渉術などお得な方法を紹介
目次上_審査に落ちた_新車乗れる

車を購入する際、新車の場合は車両本体価格が高いので、ローンを組むのが一般的です。一方で、車両本体価格が安い中古車は、現金一括で購入するケースも少なくありません。しかし、家計への影響を考えて、値引きなどで少しでも購入費用を抑えたい方もいるのではないでしょうか。

そこで、中古車を現金一括購入すると値引きはあるのか、値引きの相場や交渉術など、お得に中古車を手に入れるための情報をご紹介します。また、ファイナンシャルプランナーの伊藤真二さんによる見解も併せて見ていきましょう。

  • 中古車は現金一括購入だから値引きを受けやすいわけではない
  • 値引きを受けるためには、諸費用を明確にすることが重要
  • 近い条件の中古車で相見積もりを取って比較するのがおすすめ

中古車を現金一括購入したら値引きはある?

中古車を現金一括購入したら値引きはある?

中古車を現金で一括購入した場合、ローン購入よりも値引きされやすいイメージを持っている方もいるでしょう。

しかし、ローンで購入した場合も、ローン会社から販売店に現金が一括で入るのは変わらないため、現金での一括購入が販売店にとって大きなメリットがあるわけではありません。そのため、支払方法を理由に値引き交渉をするのは難しい可能性が高いでしょう。

また、中古車は元々車両本体価格が安いため、大幅な値引きは難しい可能性が高いです。一般的には中古車の値引率は車両本体価格の10%が相場といわれていますが、車両本体価格が安すぎると値引きが難しいこともあるため、車種や販売価格によっても値引きできるかどうかは異なるでしょう。

FP:伊藤
FP:伊藤

中古車購入の値引率は、一概にはいえません。見積もりに含まれる費用や、車種の人気度、販売店の価格設定などによっても異なるので、一般的な相場は目安として考えたほうがいいでしょう。

また、一括で買うメリットもありますが、お金がなくなるリスクも考えておくと安心です。値引きをしてもらって無理に一括で買うよりも、中古車購入に使えるローンなどを利用するのもおすすめです。ほかにも、分割払いで車に乗るならリースという方法もあります。

車検と故障保証付き_中古車リース

中古車購入で値引きしてもらえるかどうかの3つの判断基準

中古車購入で値引きしてもらえるかどうかの3つの判断基準

中古車購入の際に値引きしてもらえるかどうかは、交渉術よりも販売店と車種選びが重要です。そこで、中古車購入の際に値引きしてもらうための3つの判断基準をご紹介します。

1. 購入にかかる諸費用

まずは、中古車販売店を選ぶ際に、車両本体価格以外にかかる諸費用が明示されているかを確認しましょう。なお、諸費用とは、各種税金や自賠責保険料などの法定費用、販売店代行手数料などのことです。

また、諸費用が明確でない場合、値引きされたとしても、あらかじめ諸費用に利益を上乗せしているケースもあります。諸費用が適切かを判断するためにも、欲しい車種の諸費用をあらかじめ把握しておきましょう。

例えば、諸費用が10万円かかる中古車を購入する場合、販売価格が同じ80万円でも、諸費用が明示されているかどうかでこのような違いが生じる可能性があります。

中古車_諸費用

そのため、諸費用が明示されていない場合に値引きを受けたとしても、あまり得にならないこともあるでしょう。ただし、車両本体価格の設定額は販売店によっても異なるので、年式や走行距離、オプションなど車の性能も含めて比較する必要があります。

2. 市場価値

次に、市場価格と販売価格を比べてみましょう。値引き交渉をスムーズに行うためにも、あらかじめ欲しい車種の市場価格を年式や走行距離、オプションなどを基に確認しておくことが大切です。相場より販売価格が高めなら、値引きしてもらえる可能性が高いでしょう。

3. 車種の希少価値

車種の希少価値は、販売価格や値引きの可否にも影響があります。なお、販売価格は車種の人気度やボディカラー、希少価値によって異なり、人気のある車種かつベーシックなボディカラー、出回っている数が少ない中古車は、比較的高値がつけられている可能性が高いでしょう。

一方で、人気の車種であっても在庫が多い場合は値引き交渉がしやすいでしょう。また、人気があまりない車種やボディカラーも値引き交渉がしやすいといえます。

このように車種や希少価値などによっても中古車の販売価格は異なり、販売店によってもかかる費用が違います。そのため、中古車を買うには比較検討や市場調査などさまざまな手間がかかります。しかし、すぐに中古車が欲しい方もいるのではないでしょうか。そういった方には、最短4日で手間をかけずに中古車を手に入れる方法がおすすめです。

マッハ納車

中古車を安く買うための交渉ポイント

中古車を安く買うための交渉ポイント

値引きが見込める車種が見つかったら、実際に交渉に進みます。ただし、交渉の前にさまざまな準備をしておくことで、より安く買うことができる可能性があります。ここでは、中古車を安く買うための交渉ポイントについて見ていきましょう。

ただし、これらの方法は必ず有効というわけではないため、交渉が難しいケースもあります。

他店の販売価格など比較対象を用意する

まずは、交渉の材料として、他店の販売価格を調査しておきましょう。この際、車両本体価格と諸費用に加えて、車の性能に関する情報も用意しておくと、よりスムーズに交渉ができるでしょう。

ただし、中古車は年式や走行距離など、車の状態によって価格が決められることから、まったく同じ中古車を見つけるのは難しいもの。そのため、他店との比較が交渉材料にならないこともあります。比較対象にはできるだけスペックが近い中古車を選ぶのがおすすめです。

月末や決算期に買う

中古車に限ったことではありませんが、販売店側が1台でも多く販売したい月末や、3月や9月頃などの決算期に購入することで、値引き交渉もしやすくなるでしょう。購入する時期を選べるようであれば、このようなタイミングを待って購入するのもひとつの方法です。

また、新生活の準備をする方が多い3月は、中古車の需要が高まる時期でもあります。需要が落ち着く4月中旬から5月などは価格が下がることも多いため、購入時期におすすめです。

代行手数料など諸費用の負担を減らす

中古車を購入する際には、車両本体価格や税金、自賠責保険料などの法定費用のほかに、さまざまな諸費用がかかります。そういった諸費用の中に、負担を減らせるものがあれば交渉してみるのもひとつの方法です。

ただし、販売店によって諸費用に含まれる手数料は異なります。名義変更手数料や納車費用、保証費用などが含まれているケースが一般的ですが、費用の負担を減らしたことで手間がかかることもあるので、内容をよく確認してから交渉しましょう。

予算は低めに伝える

値引き交渉を成功させるためには、値引きをすれば買ってもらえそうだと思ってもらうことが重要です。そのため、車種選びや他店と比較している段階などでは、予算を低めに伝えておきましょう。そうすることで、値引きを提案してもらえる可能性があります。

ただし、検討している車種に対してあまりに低い予算を伝えてしまうとほかの車種をすすめられ、交渉に至らない可能性もあるので注意しましょう。

すぐに買う意思があることを伝える

まず、値引き交渉を成功させるためには、購入する意思を伝えることが大切です。さらに、すぐに購入する意思を伝えることで、値引きの提案も受けやすくなるでしょう。そのため、他店と検討していることを前提に、「いくら値引きがあれば、今日この店で購入する」など、具体的に交渉するのもひとつの方法です。

また、見積もりを出してもらった段階で交渉すれば、値引額の詳細も交渉しやすいのではないでしょうか。

値引きではないサービスを受ける

販売価格や見積もりからの値引き交渉を断られてしまった場合には、修理やメンテナンス用品のサービス、オプションの追加など、別途かかる費用などを代わりにサービスしてもらう方法を試してみましょう。販売店によっては、オプションなどのサービスのほうが対応しやすいケースもあります。

中古車購入では、販売店で最低限の整備をした上で納車されるのが一般的です。タイヤやバッテリー、フィルターなど、納車時点で車の走行に支障のない消耗品は自身で必要なときに交換することが多いため、値引きの代わりに、すぐに交換が必要になりそうな消耗品を交換してもらうのも有効な交渉方法でしょう。

オンラインの販売店を選ぶ

中古車を扱っている販売店の中には、実際の店舗がなく、オンラインのみで展開しているケースもあります。そういったオンラインの中古車販売店であれば、店舗の維持コストがかからない分、安く買える可能性が高いでしょう。

ただし、実際に車の試乗や確認をすることができないため、車の状態がわかりにくいのはデメリットといえます。利用する際は、写真や動画などで、車の情報をしっかり確認しておきましょう。

総額や納車日などの詳細を確認する

車の販売価格の交渉が難しい場合は、総額の見積もりを基に交渉するのもひとつの方法です。総額から端数分を割り引いてもらうなど、少額であれば交渉できる場合もあるでしょう。また、販売店の都合で納車に時間がかかる場合は、そういった状況を材料に交渉する方法もあります。

FP:伊藤
FP:伊藤

交渉にはさまざまな方法が考えられますが、値引き交渉は慣れていないと容易ではありません。また、オンラインの中古車販売店であれば比較的安価での購入が可能ですが、情報が十分でなく不安なケースもあります。

そのため、オンラインの中古車販売店を利用する場合は、写真が複数枚あるか、走行距離や修復歴がしっかりと明示されているかなどもチェックしたほうがいいでしょう。

中古車を買うときの注意点

中古車を買うときの注意点

値引き交渉をして安く購入することも大切ですが、中古車は車によって状態が異なります。そのため、慎重に選ばなくてはいけません。そこで、中古車を買うときの注意点について見ていきましょう。

修復歴などがある

中古車を販売する際には、修復歴の表示が義務付けられています。修復歴とは、車の骨格部位を修復しているかどうかを示すものです。修復歴のある車は安価で販売されていることも多いため、安く中古車を手に入れる際の選択肢にする方もいるでしょう。

しかし、修復歴がなくても事故に遭っている可能性はあるため、相場より安い中古車を検討する場合には、修復歴だけでなく事故歴も確認しておきましょう。なお、事故歴については表示義務がないため、自ら確認する必要があります。

諸費用が高すぎる

中古車の購入時にかかる諸費用は、販売店ごとに異なります。諸費用が高すぎる場合、利益が過剰に上乗せされている可能性も考えられるので、見積もりの詳細を確認して、諸費用が適切かどうかをチェックしておきましょう。複数の販売店で同じ車種の相見積もりを取り、確認するのがおすすめです。

中古車は現金一括とローン、どちらで買うべき?

中古車は現金一括とローン、どちらで買うべき?

中古車の現金一括購入でまとまった金額の値引きを受けるのは難しい可能性が高いため、値引きがないならローンを選択肢として考える方もいるでしょう。そこで、お得に中古車を手に入れるためにも、中古車の現金一括とローン、それぞれの購入方法のメリット・デメリットをご紹介します。

〈購入方法別のメリット・デメリット〉

 メリットデメリット
現金一括・支払いが一度で終わる
・車をすぐに所有できる
・金利がかからない
・総額が安く抑えられる
・まとまった出費になる
・予算に応じた選択肢になる
ローン・計画的に返済できる
・家計への負担を抑えられる
・貯金が減る心配がない
・低金利のローンなら
総額も抑えられる
・好きな車が選びやすい
・ローン審査がある
・金利がかかる
・車の所有権がない
・好きなときに売却できない

 

現金一括とローンの違いは、金利や所有権の有無、家計への負担が大きなポイントとなります。

●現金一括購入
現金一括購入であれば、金利もかからず、自身が車の所有者となります。一方で、100万円近くの資金が必要となることもあるので、家計への負担は大きいといえます。そのため、家計に余裕があれば、現金一括での購入も問題ないでしょう。なお、予算によっては選べる車種が限られる点は注意が必要です。

●ローン購入
ローン購入では、返済期間や借入額に応じて金利がかかります。一方で、月々の返済は無理のない金額に設定できるので、利息の負担は増えるものの、家計への影響を抑えやすいでしょう。また、月々の返済可能額に合わせて返済期間を設定すれば、好きな中古車が選びやすいというメリットもあります。

現金一括やローンで買うよりもお得に中古車を手に入れる方法

現金一括やローンで買うよりもお得に中古車を手に入れる方法

現金一括やローンで中古車を購入するには、選択肢が限られたり家計に負担がかかったりなどの注意点もあります。しかし、カーリースならそういったデメリットをカバーしながら中古車を手に入れることができます。そこで、どうして現金一括やローンで買うよりもお得に中古車を手に入れられるのかを解説します。

カーリースは走行距離などの制限があるのが気になる方はこちら

1. 初期費用や頭金がかからない

ずっと定額

中古車を買う場合、現金一括でもローンでも、各種税金や自賠責保険料、手数料などの初期費用がかかります。なお、初期費用はローンで購入する場合も現金一括で支払わなくてはいけません。また、ローン購入では、借入額を抑えるために、車両本体価格の一部を頭金として用意することもあるでしょう。

しかし、カーリースでは初期費用や頭金がかかりません。まとまった資金がなくても契約できるため、家計への影響を心配する必要もありません。

2. 維持費を一定にできる

定額カルモくん料金設計

車は購入した後も、年に一度の自動車税(種別割)や、車検ごとにかかる法定費用やメンテナンス費用など、さまざまな維持費がかかります。ほかにも、車に不具合があれば、修理費用や部品の交換費用も必要となるでしょう。購入した場合は、これらの費用をその都度、負担しなくてはいけません。

一方、カーリースの月額料金には各種税金や自賠責保険料、各種手数料が含まれています。さらに、車検などのメンテナンス費用も定額化できるプランが用意されているカーリースが多いため、車の維持費もまとめて定額化が可能です。

3. 契約や手続きの手間が省ける

車を購入する際には、ディーラーや販売店に出向いて契約するのが一般的です。そのため、休日などに時間を設けて足を運ばなくてはいけません。また、手続きの度に店舗に行くのは負担だと感じる方も多いのではないでしょうか。

一方、カーリースではオンラインや郵送で契約ができるサービスもあるため、忙しい方でもスムーズに手続きが可能です。また、自宅まで車を運んでくれるカーリースなら、家にいながらカーライフを始めることができます。

4. 車検などのメンテナンスが受けやすい

新車を購入した場合、メンテナンスはディーラーに依頼するケースもありますが、中古車販売店で購入したマイカーのメンテナンスは自身で業者を探して依頼する方が多いでしょう。そのため、業者探しや費用の比較などの手間がかかります。

一方、カーリースでは提携業者があるケースが多いため、業者を探す手間がかかりません。また、メンテナンス費用を定額化できるプランに加入していれば、その度に費用を用意する必要もありません。

5. 長期的にサポートが受けられる

車を購入する場合は、ディーラーや販売店からサポートを受けることもあるでしょう。しかし、中古車販売店ではそういったサポートサービスを用意していないこともあります。そのため、基本的に購入後は自身で車の管理をしていかなくてはいけません。

一方、カーリースでは月額料金にサポート料が含まれていることもあるので、長期的にサポートが受けられて安心です。

一般的にカーリースには走行距離や原状回復、返却などの制限や義務が設けられているため、中古車は購入したほうがいいと思っている方もいるのではないでしょうか。しかし、そういった制約がなく、維持費もコミコミで月々10,000円台から中古車に乗れるサービスもあります。そのようなお得に中古車に乗れるサービスについて詳しく見ていきましょう。

維持費もコミコミで月々10,000円台から中古車に乗る方法

カルモくんスタッフ

カーリースは制約があるからと避けていた方におすすめなのが、走行距離制限なしで月々10,000円台から中古車に乗れる定額カルモくんです。質の高い中古車を扱っているのはもちろん、全車種に2年間の車検、1年間の保証がつくなど、安心して使用できるポイントについてご紹介します。

高い基準をクリアした中古車のみを取り扱っている

中古車を選ぶ際に気になるのが、修復歴や走行距離、年式などのポイントでしょう。定額カルモくんでは、修復歴がないことはもちろん、走行距離や年式など、高い基準をクリアした中古車のみを扱っています。また、初回の車検を受ける前の高年式の車種も扱っているため、比較的新しい中古車も選択可能です。

さらに、中古車の取扱台数は日本一*なので、豊富な選択肢の中から、質の良い中古車を選ぶことができます。

*JALAの特別会員・正会員の中で、一般消費者を対象にリースを行う中古車の取扱台数において(2021年7月2日、ステラアソシエ株式会社調べ)

全車種に2年間の車検がついている

中古車選びの際に気になるのが、車検の時期でしょう。仮に安く中古車を購入できても、車検の満了日が近ければすぐにまとまった出費が発生してしまい、値引きの意味がなくなってしまいます。

しかし、定額カルモくんの中古車リースでは、すべての車種に2年間の車検がついているため、そういった心配がありません。

1年間のカルモ保証付きだから安心して利用できる

中古車を購入した場合、目に見えない不具合などは気付けないことも多いため、購入後に故障が発生することもあるでしょう。また、保証がなければ、自己負担で修理や整備を受けなくてはいけません。そういった出費が生じれば、値引きを受けていても損をしてしまう可能性があります。

しかし、定額カルモくんの中古車リースでは、すべての車種に1年間の故障保証がついています。もし不具合が生じても、保証範囲内であれば修理費用はかかりません。また、ロードサービスやコールセンターなどのサービスも充実しているので、安心して利用できるのではないでしょうか。

全国30,000ヵ所以上でメンテナンスが受けられる

全国30,000ヵ所以上でメンテナンスが受けられる

中古車は車ごとに状態が異なるため、こまめなメンテナンスが必要となる可能性があります。そのため、ローンで購入した場合は、月々の返済とは別に、メンテナンス費用を負担しなくてはいけません。

しかし、定額カルモくんの中古車リースでは、車検整備代や消耗品の交換など、必要なメンテナンス費用を定額にできるだけでなく、全国30,000ヵ所以上の指定業者が利用できるので、手軽にメンテナンスが可能です。

契約満了時に車がもらえる

購入とカーリースの大きな違いは、走行距離や原状回復などの利用制限にあります。しかし、定額カルモくんのメンテナンスプランに加入すれば、契約満了後に車をもらうことができるので原状回復の心配もありません。そのため、一般的なカーリースのデメリットをカバーして、マイカーのように中古車に乗ることができます。

現金一括で中古車を購入しても値引きを受けるためには交渉の手間がかかります。また、人気のある車種は値引きが難しい可能性が高いでしょう。しかし、定額カルモくんの中古車リースであれば、家計に負担をかけずに豊富な選択肢から好きな車種を選ぶことができます。

さらに、定額カルモくんの利用者にはローン審査に落ちた経験がある方も多いので、審査が不安で現金一括を検討していた方にもおすすめです。

値引きなしでもお得に好きな中古車に乗れる方法もある

値引きなしでもお得に好きな中古車に乗れる方法もある

中古車を現金一括購入しても値引きが受けられないのであれば、家計の負担になるだけというケースもあるでしょう。また、値引きを受けるために好きな車種をあきらめてしまうのはもったいないので、値引きなしでも好きな中古車を選びやすい方法を検討してはいかがでしょうか。

車検と故障保証付き_中古車リース

よくある質問

Q1:中古車を現金一括で購入すると値引きはある?

A:現金一括購入でも、ローン購入でも、販売店は現金を一括で受け取ります。そのため、現金一括のほうが値引きを受けやすいということはありません。

Q2:中古車を買うなら、現金一括とローンのどちらがいい?

A:現金一括とローンの違いは、金利や所有権の有無、家計への負担が大きなポイントとなります。現金一括購入であれば、金利もかからず、自身が所有者となりますが、家計への負担は大きいといえます。一方、ローン購入では、返済期間や借入額に応じて金利がかかりますが、月々の返済は無理のない金額に設定できるのがメリットでしょう。

※この記事は2022年5月時点の情報で制作しています

関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる
車種×中古車_読了後