子供がいる生活保護受給者が車を持つには?所有できる条件について解説!

子供がいる生活保護受給者が車を持つには?所有できる条件について解説!

生活保護を受給するための条件として、預貯金や生活に利用されていない土地、家屋などの資産は売却して生活費にあてるよう指導されます。これは子供の有無にかかわらず、生活保護受給者全員に課せられる条件です。一般的に車も資産の一部として判断されるため、原則として所有は認められません

しかし、子供がいる世帯では、車が必要と感じる場面も少なくないでしょう。生活保護の受給に際し、住んでいる地域の交通事情やそのほかの理由によっては、車の所有が特別に認められる場合もあります。生活保護を受給している子供のいる家庭が車の所有を認められる条件について解説します。

生活保護受給中に車の保有を認められた場合、初期費用なしで新車に乗れる方法はこちらのバナーからチェックしてみましょう。

月々10000円台で新車

【この記事のポイント】
✔生活保護受給下では子供の有無にかかわらず車を手放すことが一般的
✔子供の通院など車の所有が認められるケースもある
✔カーリースなら子供のいる生活保護受給者でも利用しやすい

子供がいて生活保護を受給する場合は?車のとらえられ方と現状

子供がいて生活保護を受給する場合は?車のとらえられ方と現状

生活保護制度の本来の目的は、困窮した国民の生活を最低限保障し、生活を立て直すサポートをすることです。生活保護を受給するためには「不動産や貯蓄といった資産がない」などの条件を満たす必要があり、申請時に車を所有している場合は処分や売却を指導されます。ここでは、生活保護を受給する際の所有車のとらえられ方と現状について解説します。

車は「資産」ととらえられる

生活保護を申請する際に車を所有していた場合、一般的に車は資産の一部として判断されるため、手放すことを指導されます。車を所有することで発生する駐車場代やガソリン代、保険料などの維持費や、万が一事故を起こして加害者になってしまった場合の賠償金などを支払えない可能性があることも理由のひとつです。子供がいるという理由だけで所有を認められることは原則ありません

車の利用も制限される

知人や親戚の車を借りたり、乗せてもらったりする場合も、車を所有しているときと同様「事故が起こった際に賠償金を支払える可能性が低い」という理由から利用を制限される傾向があります。賠償金を支払う能力が低いと判断されることを前提に考えると、生活保護を受給する場合にはレンタカーの利用も制限される可能性が高いでしょう。

また、特定の事情によって車の所有が認められたとしても、許可をもらう際に申告した目的以外で使用することは原則禁止とされています。

車を所有するために生活保護を受給しない世帯もある

公共交通機関が発達していない地域では、車を手放すと子供の送迎や買い出しなどもままならず、日常生活を送ることが困難になってしまいます。そのため、生活が困窮していても生活保護を申請しない世帯が多くあるのが現状です。

このような場合、生活保護の受給をあきらめるのではなく、まずは事情を説明し生活保護受給時も車の所有を認めてもらえないか相談するのが得策です。

子供のいる生活保護受給者が車の所有を認められる条件

子供のいる生活保護受給者が車の所有を認められる条件

地域の交通事情や、子供の送迎で車が必要といった家庭事情を生活保護の相談員やケースワーカーに相談することで車の所有が認められる場合があります。次のようなケースに該当する場合は問い合わせてみましょう。

1. 最低限の生活を送るために必要であると認められた場合

「最低限の生活」を送る上で車の所有が必須と判断された場合は、許可される可能性が高くなります。おもなケースは以下のとおりです。

  • 公共交通機関が発達しておらず、自分自身や子供、家族の通勤や通院に必要である
  • 公共交通機関が運行していない時間に出勤しなければならない
  • 通院や通勤の度に送り迎えを頼める親族や知人がいない

公共交通機関が発達しておらず車がないと日常生活を送るのに支障をきたすと判断された場合や、持病や障がいにより継続的な車での通院が必要な場合は、「最低限の生活」を保障するために車の所有が許可される可能性が高い傾向にあります。

2. 自営業で使用する場合

生活保護受給者が自営業者であり、車がないと仕事ができなくなるなどの明確な理由がある場合は、車の所有を認められる可能性が高くなります。ただし、自営業の仕事で得た収入から車の維持費が支払えることを証明する必要があります。また、車の用途は仕事に限られるため、休日に子供の送迎で使ったりすることはできません。

3. 半年後までに生活保護を受給しなくなる見込みがある

生活保護受給者が、半年以内に生活保護を受けなくなる見込みがある場合、普段の生活に必要な機能だけがついている処分価値が低い車であれば処分対象から外れるケースがあります。最近はリーズナブルに車を利用できる方法もあるため、数ヵ月後に就労の予定がある場合などは、事前に申告して車の利用について相談してみましょう。

生活保護受給中でも車の所有が認められたら、カーリースがおすすめ

生活保護受給中でも車の所有が認められた場合は、カーリースがおすすめです。カーリースとは、リース会社が契約者に代わって購入した新車を、月額料金を支払うことで中長期的に借りられるサービスです。車を購入するときのように頭金を用意したりローンを組んだりする必要がなく、初期費用なしで新車に乗ることができます。

また、カーリースの月額料金には車両代金や各種税金などが含まれており、プランによっては車検代やメンテナンス費用も月額料金でカバーすることができます。子育て世代にとって生活の必需品ともいえる車を、毎月決まった金額でマイカーのように利用できるのは、カーリースならではのメリットといえるでしょう。

定額カルモくんなら、月額10,000円台から新車に乗れる

一本化用定額カルモくん

カーリースの定額カルモくんは、月額10,000円台から新車に乗れるカーリースです。生活保護受給中でも、車を持つことが許可されていれば申込みが可能です。

定額カルモくんでは、車検や税金などの費用も月額料金に含まれているため、大きな出費がなく安心して利用できます。毎月支払う月額料金は契約期間が終了するまでずっと一定で、ボーナス月などに支払額が大きくなることもありません。まとまった出費がないため、車購入のための貯金が認められていない生活保護受給者でも申込みがしやすいでしょう。

人気のファミリーカーも初期費用なしで乗れる!

パッソ

子育て中のママに人気のトヨタ「パッソ」も月額18,150円〜利用可能!

おトクにマイカー 定額カルモくん」は取扱車種が豊富なのも特徴で、国産メーカーの全車種、全グレード、全カラーから自分の好きな新車を選ぶことができます。子供のいる家庭に人気のあるファミリーカーも多数そろっているため、家計への負担を最小限に抑えながら、用途に合った車をマイカー感覚で利用できます

子供がいる生活保護受給者の車所有は、まず自治体の生活保護窓口へ相談

自治体によって審査基準は異なり、条件をクリアすれば必ず車の所有が認められるというわけではありません。しかし世帯の事情が考慮されれば、車の所有を認めてもらえる可能性も十分にあります。まずは最寄りの生活保護の相談窓口へ相談してみましょう。車の所有が許可されたら、カーリースについて検討してみてはいかがでしょうか。

定額カルモくんについて詳しく知りたい方はこちらのバナーからチェックしてみましょう。

カルモくんなら新車が

よくある質問

Q1:子供がいれば生活保護を受けながら車を所有できるって本当?

A:生活保護を受給するためには自身の家庭で所有しているあらゆる「資産」を手放す必要があります。車も資産の一部として判断されるため、子供の有無にかかわらず、手放すように指導されるのが一般的です。子供がいるという理由だけで車の所有を認められることは原則ありません。

Q2:生活保護受給中に子供の送り迎えでどうしても車が必要な場合は?

A:住んでいる地域の公共交通機関が発達しておらず、自分自身や子供、家族の通勤や通院に車の利用が必須であると判断された場合などは、所有を認めてもらえることがあります。まずは自治体の生活保護窓口へ家庭の事情を伝え、相談してみましょう。

Q3:生活保護を受給しながら、お金をかけずに車に乗る方法はある?

A:初期費用なしで、貯金なしでも新車に乗れるカーリースがおすすめです。定額カルモくんなら、人気のファミリーカーにも月額10,000円台から乗ることができます。車検や税金などの費用もすべて月額料金に含まれているため、大きな出費もなく安心です。

※記事の内容は2021年4月時点の情報で制作しています。

カーリースお役立ち記事

注目のキーワード

タグから記事を探す

pr