ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

車の買い替えのタイミングは何年目がベスト?車買い替えの注意点を解説

車の買い替えは何年がベスト?買い替ええのタイミングや注意点を紹介

車を買い替えるタイミングは購入から何年目がベストなのでしょうか。車の年式が古くなり走行距離が増えるに伴い、買い替えのタイミングを見計らう方は多いでしょう。とはいえ、車の買い替えには費用がかかるため、適切なタイミングで行いたいものです。では、購入から何年程度で買い替えるのが一般的なのでしょうか。買い替えのポイントも含め、その適切なタイミングについて解説します。

  • 車検前や税金が上がる前、メーカー保証終了時に車を買い替える傾向がある
  • 車の買い替え時、売却か下取りかによって対応が異なることを確認しておく
  • 車の買い替え費用を用意できなければ、カーリースで新車に乗る方法もある

車の買い替えのタイミングは?

車は何年で買い替えるべき?

車の寿命は約10年ともいわれていますが、いつ買い替えるべきなのか悩む方は多いのではないでしょうか。一般社団法人日本自動車工業会の「2019年度乗用車市場動向調査」によると、車の平均保有期間は7.1年です。平均的な買い替えのタイミングを確認した上で、自分の車を適切な時期に買い替えるためのタイミングについてまとめます。

3年や5年、7年など車検の時期に合わせる

車検は新車購入から3年目、それ以降は5年目、7年目と2年ごとに行うよう規定されています。車検には定期的にまとまった費用がかかるだけでなく、購入からの年数が経過するほど合格するためのメンテナンスが増える傾向があり、費用負担は大きなものとなります。そのため車検を更新せず、有効期間が切れるタイミングで車を買い替える方も多くいます。

走行距離が10万kmを超えたとき

車の買い替えの目安のひとつとして、走行距離10万kmとなったタイミング[/marker]があります。走行距離が10万kmを超えると、エンジンに影響を与えるゴム製の「タイミングベルト」などのメンテナンスが必要になるからです。タイミングベルトの交換は高額な費用がかかるので、その前に買い替えれば負担を軽減できます。

自動車税(種別割)が上がる前

環境への負荷を考慮して課せられる自動車税(種別割)は、一定の年数が経つと税率が上がるしくみとなっています。ディーゼル車は11年、ガソリン車は13年を超えると税率が15%上乗せされるため、その前に買い替えを検討する方がいます。なお、軽自動車は20%とさらに高い重課となっているので、税率が上がるタイミングで新しい軽自動車を買い替えるケースも多いようです。

メーカー保証の期間が終わるとき

新車を購入した際には、購入から3年間は「一般保証」と呼ばれるメーカー保証がついています。しかし、3年以内でも走行距離が60,000kmを超えると一般保証は終了します。メーカーの保証期間内は不具合があった場合、修理などの対応をしてもらえますが、以降はそれらに費用が必要となります。したがって、保証の終了時期は買い替えのひとつのタイミングといえそうです。

修理費用が高額になるとき

車検費用と同様、長く車に乗っていると修理や車の走行に関わる部品の交換が必要になることがあります。それらのメンテナンスには、消耗品の交換費用など細かなものと比べて、まとまった金額がかかります。修理費用と買い替えの費用を比較して買い替えのほうが安くなる場合は、買い替えが妥当な判断となるでしょう。

ライフステージや生活環境の変化に合わせて

独身時代に趣味で乗っていたスポーツカーを、結婚を機にセダンに買い替えたり、子供が生まれて家族が増えたので大きめの車に買い替えたりと、ライフステージの変化に合わせて車を買い替える場合は多いでしょう。また、引越しや単身赴任といった生活環境の変化に応じて用途や適したサイズを考えるなど、買い替えを検討するタイミングは日々の生活の中にも度々訪れます。

新型モデルの発売時期

所有の車の新型モデルが発売されるタイミングで、車を買い替える方もいるでしょう。しかし新型モデルが発売されてから買い替えたのでは、旧型車の売却額は下がってしまうので注意が必要です。

ただし、車種によっては旧型車のほうが人気のある場合もあり、新型発売時に下がった査定額が後になって上がってくることもあります。そのような事情があるので、新型モデルに買い替える場合はタイミングを見極めることも大切です。

車の買い替えは今!そう思い立った方は、まずはこちらをチェック

車を買い替える平均的な時期とは

車を買い替える平均的な時期とは

車の平均保有期間は、前述の「2019年度乗用車市場動向調査」によると7.1年となっています。車の長期使用化は進んできているとはいえ、調査結果が示すように7年目の車検前に買い替えを検討する方が多い傾向があります。

車は7年を超えると部品交換にかかるコストが高くなってくるといわれています。メーカー保証も終了している上、故障や修理にかかる費用も気になり始める時期です。車種にもよりますが、7年を超えると査定額が新車価格の10%以下になることもあり、その後の維持費や売却額を考えた場合、7年での買い替えが妥当といえます。

買い替えるか悩んだときに考えたいこと

維持費やメンテナンス費用

新車登録からの年数やメンテナンス費用を考えて、今すぐ買い替える必要はない場合においても、新しいモデルが欲しくなって買い替えを検討する方もいるでしょう。そんなときは、売却価格やローンの残額、今後必要になってくる維持費などを考えて決めるのがおすすめです。

売却価格

買い替えに悩んだときは、それにかかる費用と売却価格のバランスを考えることが大切です。車を買い替える際に下取りや買取りに出す方は多いですが、年数が経過して走行距離が長くなるほど、売却価格は低くなっていきます。そのため、高く売れるうちに買い替えたほうがお得なケースもあるので、下取りや売却でどのくらいの値段が付くのか確認しておきましょう。

また、2〜3月は中古車の需要が高まるため、1〜2月に売却すれば高く買い取ってもらえる可能性があります。こうした需要が増えるタイミングに合わせて売却するのがポイントです。なお、新車登録から3年以内は高値が付く可能性が高いことも、ひとつの目安となるでしょう。

ローンの返済状況

現在乗っている車のローンの返済状況も、買い替えの大きなポイントとなります。すでにローンを完済していれば、車は自分の名義になっているので、好きなタイミングで下取りや売却を行うことが可能です。

しかし、ローンを返済しているあいだは、ディーラーやローン会社の名義となっているので、売却することができません。そのため、ローンを組む際には、買い替えの時期をふまえて返済期間を設定することが大切です。

メンテナンス費用や保証期間

点検や車検、消耗品の交換など、車を維持するための費用に加えて、年数が経過するとエンジンなどの大きな部品のメンテナンスが必要となります。また、5年間はメーカー「特別保証」で、エンジンやシートベルト、エアバッグなど走行性能や安全性能に関わる部品の保証がついています。特別保証の期間を過ぎると、自己負担でこれらのメンテナンスを行わなくてはいけないので、まとまった費用がかかる可能性があります。

車の買い替えは今!そう思い立った方は、まずはこちらをチェック

買い替えを決めたらやっておくべきこと

今の車を手放すことを決めたら、買い替える車を選ばなくてはいけません。必要な期間や買い替えたい理由によって選ぶべき車種は変わるので、慎重に考えましょう。

また、売却するのか下取りに出すのか、譲渡するのかなど、手放す方法についても考える必要があります。下取りであればディーラーや販売店で次の車の購入時に手続きができますが、売却や譲渡であれば、スムーズに買い替えるためにも早めに手続きを進めておきましょう。

ローンを組んで買い替えたい場合には、新しい車を買う前に審査申込みを行い、審査結果に応じて予算を決めた上で、車種選びや売却などの手続きを行うと安心です。

車の買い替えで必要になる書類

車の買い替えで必要になる書類

車を買い替えるには、さまざまな手続きがあり、それに伴って必要な書類があります。購入時と売却時、それぞれに必要な書類は以下のようになります。
〈車の購入時に必要な書類〉
●車検証
●自賠責保険証
●実印(軽自動車の場合は認印でも可)
●印鑑登録証明書(軽自動車の場合は不要)
●車庫証明書(軽自動の場合は地域により不要)
●委任状

〈車の売却時に必要な書類〉
●車検証
●自賠責保険証
●自動車税納税証明書
●実印
●印鑑登録証明書
●リサイクル券
●譲渡証明書
●委任状
●住民票(車検証に記載された住所と印鑑登録証明書の住所が異なる場合)

なお一般的に、車検証や自賠責保険証、委任状、譲渡証明書は販売店側が用意します。そのほか、場合によっては必要となる書類があります。買い替え前にしっかり確認しておきましょう。

買い替え後は任意保険(自動車保険)の手続きも忘れずにしよう

車の買い替えが決まったら、任意保険(自動車保険)の車両入替の手続きも忘れずに行いましょう。任意保険は登録している車に対して補償をするものなので、買い替えで自動的に新しい車に適用されるわけではありません

任意保険の車両入替手続きには、入替前の車を譲渡や売却などですでに手放していることや、入替後の車の所有者が同一であることなど、いくつかの条件があるので確認しておきましょう。また、等級を引き継ぐためには、買い替えから30日以内に手続きを行わなくてはいけません。

買い替えずに乗り続けたほうがお得なケースもある

車は新車登録からの年数だけでは状態が判断しにくく、運転状況や走行距離、使用頻度によっても状態が変わるため、買い替えに適した時期も異なります。最近の車種は丈夫で耐久性のあるものが多いことや、車の年間平均走行距離が10,000km といわれていることを考えれば、使用頻度が少ない場合は10年以上乗り続けられることもあります。

また、売却価格が安くなってしまう場合は、そのまま乗り続けて廃車にするほうが経済的なケースもあります。そのため、今後の人生でどのくらい車が必要なのかを考えた上で、乗り続けるか、買い替えるかを検討するのがおすすめです。

買い替えのタイミングと思ったらカーリースがおすすめ!

買い替えのタイミングと思ったらカーリースがおすすめ!

車の買い替えは今しかない!と思い立ったとしても、まとまった費用を用意する必要がありますし、古い車を売却や下取りに出す手続きなどにも労力を割かなければなりません。また、車を高値で売却できるタイミングがまさに今しかないという場合、悠長に構えていることはできません。

そんな方はカーリースを検討してみることをおすすめします。

カーリースとは、利用者が選んだ新車をカーリース会社が代わりに購入して、中長期的に貸し出す車のサブスクリプションサービスです。定額の月額料金を支払うだけで新車に乗れるという手軽さで、多くの方に利用されています。

まさに今が車を買い替えるタイミングという方は、カーリースの定額カルモくんをチェックしてみてください。

カーリースに乗り換えるなら定額カルモくんで

カルモくん_new

車を買い替えたいと思っていても、費用や手続きのことを考えるとためらってしまうというときは、「おトクにマイカー 定額カルモくん 」のカーリースがおすすめです。

定額カルモくんは、頭金なし、ボーナス払いなし、契約満了時の精算(残価精算)も不要の日本一安い*カーリースです。豊富なラインナップの中から選べる新車に、車検込みでも月額10,000円台からとリーズナブルな料金で乗ることができます。

*一般社団法人日本自動車リース協会連合会所属のすべての業者の中で、完全定額(頭金なし・ボーナス払いなし・クローズドエンド契約)で新車を個人向けにリースしているサービスにおいて月額料金が日本最安値(2021年7月13日、ステラアソシエ株式会社調べ)

定額カルモくんなら最短3週間で納車が可能*

車の乗り換えでは、購入して納車されるまでのあいだ、代車を利用することが多くなります。しかし納車までの期間が長いと、代車では心もとないのではないでしょうか。新車の場合、納車には1~3ヵ月を要しますので、慣れない車で過ごすのはつらいものです。

そんなときは、定額カルモくんの即納新車サービスが便利です。人気車種の新車が最短3週間で納車可能*なので、スムーズに新たなカーライフを始められます。

また、契約期間も1年~11年のあいだで、1年単位の契約が可能なので、ライフプランに合わせて柔軟に期間を設定できるのも魅力です。
*対象の車種と地域に限りがあります

台数限定!早いもの勝ちの即納新車はこちらからチェックできます

豊富なラインナップからメーカーやグレードも自由に選べる

定額カルモくんの扱う新車は、国産メーカーの全車種・全グレードと豊富です。購入するのと同じ感覚で、ボディカラーやグレードを自由に選べるのはもちろん、カーナビやETCなどのオプションもメーカー純正品を選べます。

すべての車種の利用料金には各種税金や保険料、登録諸費用が含まれるので、初期費用を別途用意する必要はなく、そのぶんの費用を車種のグレードアップやオプション追加などに使うこともできます。もちろん、メーカー保証も購入の場合と同様についてくるので安心です。

欲しい車がいくらで乗れるか、さっそくチェックしてみましょう!

料金をチェック

走行距離無制限&車がもらえるオプションもある

カーリースでは契約満了時に返却される車の価値を下げないために、走行距離制限を設けるのが一般的です。しかし、定額カルモくんでは、7年以上の契約で走行距離が無制限になります。日々の通勤や買い物、休日のドライブにも、距離を気にすることなく気ままに車で出掛けられるでしょう。

同じく7年以上の契約の場合に、月額500円の「もらえるオプション」を用意しています。契約満了時にそれまで乗っていた車がそのままもらえるというオプションサービスで、車を返却する必要がなくなるため、カスタマイズすることも可能になります。

また、車検費用や消耗品の交換費用を月額料金に組み込めるメンテナンスプランに加入すると、車の維持費を抑えることにもつながり、家計の管理もシンプルになるでしょう。

定額カルモくんについて、もっと詳しく知りたい方はこちら

定額カルモくんでは中古車もカーリースで乗れる

カーリースというと新車を借りるイメージがありますが、定額カルモくんでは中古車リースも提供しています。「定額カルモくん 中古車」は取扱台数日本一*¹。製造終了となった珍しい車に出会える可能性もあります。どうしても欲しかったけど買えなかった車などを探したい場合にもおすすめです。

また、マッハ納車」サービスを利用すれば最短4日*²で、最新タイプの中古車が納車可能です。すぐに車が必要という方にはおすすめです。

最短4日の「マッハ納車」について詳しく知りたい方はこちら

*¹ JALAの特別会員・正会員の中で、一般消費者を対象にリースを行う中古車の取り扱い台数において(2021年7月2日、ステラアソシエ株式会社調べ)
*² 対応可能な車種は日々変動します。また在庫に限りがあるため、商談中に利用できなくなる場合があります

中古車を探す

車の買い替えはタイミングの見極めが大切

車の購入にはさまざまな手続きが必要となるだけでなく、お金もかかります。現在の維持費と買い替えにかかる費用のバランスを考えて、適切なタイミングを選ぶことが大切です。また、まとまったお金はないけれど新車に乗り換えたいという方には、定額料金でカーライフが始められる「カーリース」がおすすめです。

カーリースの「定額カルモくん」では、3つの車種から希望の月額料金に近い車種を選んで、リースを利用できるか気軽に試せる「お試し審査」を用意しています。審査に通ると、利用可能な車やプランを紹介してもらえるため、審査と車選びを効率的に行えます。

定額カルモくんの「お試し審査」から、さっそく候補の車を見つけてみましょう

簡単5分_お試し審査

よくある質問

Q1:車の買い替えを考えるタイミングは?

A:新車購入から3年目、それ以降は2年ごとに実施する車検の有効期間が切れる前に、車を買い替える方は多いです。また一般的な目安としては走行距離10万kmとなったタイミングといえます。そのほかには、自動車税(種別割)が上がる前やメーカー保証が切れるタイミングなどが考えられます。

Q2:買い替え費用がなくても車に乗り換える方法はある?

A:頭金不要で税金や保険料が月額料金に含まれているカーリースなら、初期費用がかからないので負担を抑えて新車に乗り換えられます。中でも定額カルモくんなら、走行距離が無制限になったり、契約満了時に車がもらえたりと、魅力のあるサービスがたくさん用意されているので、乗り換えを考える多くの方から選ばれています。

Q3:カーリースを利用して中古車への乗り換えもできるの?

A:中古車もカーリースで利用できます。「おトクにマイカー 定額カルモくん 中古車」なら、中古車の取扱台数は日本一*。さらに、在庫は毎朝追加されるため、乗りたい車を探している方におすすめです。

*JALAの特別会員・正会員の中で、一般消費者を対象にリースを行う中古車の取り扱い台数において(2021年7月2日、ステラアソシエ株式会社調べ)

※記事の内容は2021年9月時点の情報で制作しています。

関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる
読了後バナー