ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

ガソリンスタンド車検って安いの?メリット・デメリットと費用を抑える方法

ガソリンスタンド車検って安いの?メリット・デメリットと費用を抑える方法
ガソリンスタンド車検って安いの?メリット・デメリットと費用を抑える方法

車検費用は車の維持費の中でも大きな出費のひとつです。車検費用が安いといわれるガソリンスタンドの車検を利用すれば、車にかかる出費を抑えられるでしょう。ガソリンスタンドの車検にはいくつかデメリットがありますが、対策を知っていれば安心かつお得に車検を済ませられます。

そこで、ガソリンスタンドでの車検の特徴や上手に利用するためのコツ、さらにガソリンスタンドに車検を依頼するよりもお得に新車に乗り換える方法を紹介します。

車検時の大きな出費を抑えたい方におすすめ方法はこちら

  • ガソリンスタンド車検の費用相場は60,000〜80,000円
  • ガソリンスタンド車検は安いが店舗によってサービスの質が違うため注意
  • ガソリンスタンドで費用を抑えるより、車検前に車を乗り換えるのもおすすめ

ガソリンスタンド車検の特徴

ガソリンスタンド車検の特徴

かつてのガソリンスタンドは給油をメインに行っていましたが、最近では整備工場を備えていたり、国家整備士を配置したりと、車検を受けられるガソリンスタンドが増えてきています。給油のついでに車検の見積もりから予約まで行えるため、手軽に車検を受けられるのが特徴です。

中には24時間、車検の受付をしている店舗もあり、昼間に時間を確保できない方にとっても利用しやすい車検業者です。

ガソリンスタンド車検とほかの業者の費用相場を比較

ガソリンスタンド車検とほかの業者の費用相場を比較

ほかの車検業者よりも費用を抑えられるガソリンスタンドの車検ですが、具体的にどれくらい安いのか気になるところです。

そこで、カルモマガジン独自の調査結果から、車両重量が1〜1.5tで5ナンバーのトヨタ「シエンタ」やホンダ「フィット」などの自家用乗用車を継続車検に出す場合を例に、ガソリンスタンドの車検と他業者の費用を比較してみました。

〈車検業者ごとの費用相場〉*1

業者法定費用*2車検基本料総額
ディーラー46,310円約35,000〜100,000円約80,000〜150,000円
整備工場46,310円約20,000〜65,000円約65,000〜110,000円
ガソリンスタンド46,310円約15,000〜35,000円約60,000〜80,000円

*12021年11月定額カルモくん調べ
*2法定費用のうち自動車重量税は新車登録から13年未満、「エコカー減免適用なし(エコカー以外)」の車両の場合

車検にはおもに法定費用と車検基本料がかかります。法定費用とは、車検時にどの業者を利用しても料金が変わらない費用のことをいい、自動車重量税や自賠責保険料、検査手数料の総額を指します。上記の表では、車体重量が1〜1.5tで5ナンバーの自家用乗用車の法定費用の自動車重量税の24,600円、自賠責保険料金の20,010円、検査手数料1,700円の総額46,310円がかかるものとしています。

一方の車検基本料も、法定費用と同じく車検時に必要な費用ですが、車検業者によって金額が異なり、ガソリンスタンドの車検はディーラーや整備工場よりも安い金額が設定されています。上記の表で法定費用と車検基本料の総額を比較してみるとディーラーや整備工場よりも、車検費用の総額を約5,000円〜90,000円ほど抑えることが可能です。

車検の費用をさらに安くする4つの方法を知りたい方はこちら

ガソリンスタンド車検のメリット

ガソリンスタンド車検のメリット

ガソリンスタンドの車検には、ほかの業者にはない便利でお得なメリットがあります。どういったメリットがあるか、具体的に見ていきましょう。

ほかの業者よりも費用が安い

ガソリンスタンド最大のメリットは、ほかの車検業者よりも費用を安く抑えられることです。ガソリンスタンドでの車検では、車検に合格させるために必要な点検や部品交換を最低限に抑えているため、ディーラーや整備工場で受ける車検よりも、比較的安く費用を抑えることができます

一方、ディーラーや整備工場での車検では、車検に直接関係しない点検や消耗品などを事前に交換することでより安全性を高めていますが、そのぶん費用が多くかかります。このように、車検業者によって費用や点検内容は異なります。つまりガソリンスタンドは費用を抑えたいという方には相性のいい車検業者といえるでしょう。

手軽に車検を依頼できる

ガソリンスタンドは家の近くやいつも通っている場所なので、気軽に車検を受けられるのもメリットです。給油のついでに予約や見積もりをお願いできるので、利便性が高く、効率良く車検の準備をすることができます。また通い慣れた場所であれば、気軽に車検に関する相談もできるでしょう。

ディーラーや整備工場に相談するのはハードルが高いと思っている方にとって、ガソリンスタンドは利用しやすい車検業者といえます。

24時間受付けしている

ガソリンスタンドの中には24時間365日営業している店舗もあり、受付スタッフがいればいつでも車検の予約や見積もりの依頼ができるのもメリットです。特に、平日の日中に時間が取りにくい方にとっては、使いやすい車検業者といえます。中にはインターネットで24時間予約を受け付けている店舗もあるため、近くのガソリンスタンドが24時間営業していない場合にはネット予約も検討してみるといいでしょう。

なお、24時間営業のガソリンスタンドは受付けの対応を24時間行っていますが、車検の整備を24時間しているわけではありません。車検実施日は車検の予約後に設定されます。希望日に車検を終わらせたいのであれば、早めの予約が必要です。

特典があるケースも

ガソリンスタンドで車検を受けると、ガソリンの割引や洗車サービスなどの特典が用意されているケースが多いです。車の維持費を抑えられる特典を受けられれば、それだけお得に車に乗ることができます。車検の特典があるガソリンスタンドでは、どのような特典を受けられるかを確認するといいでしょう。

ガソリンスタンド車検のデメリット

ガソリンスタンド車検のデメリット

ガソリンスタンドの車検にはいくつかデメリットもあります。納得して車検業者を決めるためにも以下を押さえておきましょう。

場所によって整備やサービスの質がバラバラ

ガソリンスタンドは給油をメインに行う場所です。そのため、車検においては最低限の点検や整備を行うだけの人員と設備を用意しているケースもあり、整備やサービスの質が店舗ごとに異なります。ガソリンスタンドごとに整備やサービスに差があり、適当な店舗を選ぶ手間がかかるのがデメリットです。

ほかの業者よりも時間がかかる場合がある

ガソリンスタンドの中には、地方運輸局長から指定工場の認証を受けた工場が併設された店舗があります。指定工場は民間車検場とも呼ばれ、整備した車を検査のために陸運支局などに持ち込む必要がありません。そのため店舗内で車検を完結することができます。つまり、指定工場の認証を受けたガソリンスタンドであれば、最短で1日で車検を終わらせることが可能です。

しかし、店舗で車検を受け付け、別の場所で整備と検査を行うガソリンスタンドでは、別の工場や店舗などに車を移動させる必要があるため、車検に日数がかかってしまいます。混雑次第ではありますが、ディーラー車検や整備工場のように営業所内で整備点検を行う車検業者に比べると、日数がかかることがありますので、通勤や通学をはじめ毎日車を利用している方は何日で車検が終わるか事前に確認しましょう。

代車を借りられない場合がある

ディーラーや整備工場の車検であれば代車を借りることができるケースが多く、車検期間中も車を利用することができます。しかしガソリンスタンドの車検の場合、代車の用意がない店舗が多い傾向があります。車検中に代車が必要な方は、代車の有無を事前に確認しておくといいでしょう。

車検の依頼先を探すのが面倒!そのような方におすすめの車の新しい乗り方はこちら

ガソリンスタンド車検を受ける際の流れ

ガソリンスタンド車検を受ける際の流れ

安く手軽に車検を受けられるガソリンスタンドですが、すべてのガソリンスタンドが車検をしているわけではありません。そのため、まずはいつも利用しているガソリンスタンドが車検を実施しているかどうか確認しておきましょう。具体的な車検を受ける際の流れは以下のとおりです。

〈ガソリンスタンド車検を受ける際の流れ〉
1. 車検の見積もりを依頼する
2. 見積もり額を確認する
3. 車検を予約する
4. 予約日に入庫、受付をする
5. 車検を実施する
6. 車を引き取る

入庫する際は手続きのため、車検証、自賠責保険証、自動車税(軽自動車税)種別割納税証明書、車検費用、印鑑が必要なため、事前にガソリンスタンドで確認し、準備しておくといいでしょう。なお、ガソリンスタンドでの車検は3日ほどかかるといわれています。車検が終わったら、店舗で車を引き取って車検は終了です。

ガソリンスタンド車検を受ける際の注意点

ガソリンスタンド車検を受ける際の注意点

費用を安く抑えられるガソリンスタンドの車検ですが、店舗によって整備とサービスの質が異なるため、依頼する際にはいくつか注意点を押さえておく必要があります。安心かつ納得してガソリンスタンドの車検を利用するためにも、以下の点を確認しておきましょう。

車検以外の修理の有無を確認

ガソリンスタンドの車検は、原則は車検に通すための最低限の点検と整備を行いますが、まれに見積もりの際に車検に必要な箇所以外の整備や修理の提案を受けることがあります。

もし修理の提案があっても、車検の費用を安く抑えたい場合は、その修理を車検と同時に行うのでなく車検を通した後でも修理できるか確認しましょう。

また費用はかかりますが、今後も長く乗ることを考えて、提案された修理を実施するのもいいでしょう。ただし、提案された修理が特殊な機材を使うことがあると、ガソリンスタンドでは対応できない場合があります。その場合は車検を受け付けたガソリンスタンドから、ディーラーや整備工場などの別の業者に車を入庫させることになり時間がさらにかかってしまうので、予定をしっかり確認しましょう。

専門の整備士が常駐しているか

車検を依頼するガソリンスタンドに専門の整備士が常駐しているかどうか確認しておくのも重要です。最近ではガソリンスタンドにも国家整備士が常駐している店舗が増えています。国家整備士がいるかいないかは、整備の質を判断するひとつの材料になるでしょう。

車検の費用や内容を気にせず安心して車に乗る方法はこちら

車検の費用をさらに抑える4つの方法

車検の費用をさらに抑える4つの方法

ガソリンスタンドの車検を受ければ、ディーラーや整備工場よりも車検費用を抑えることが可能です。しかし以下の4つの方法を試すことで、車検費用をさらに抑えやすくなります。車検費用は車の維持費の中でも大きな出費のひとつです。以下の方法を知って、賢く車に乗りましょう。

1. 複数のガソリンスタンドから見積もりをもらう

ガソリンスタンドの車検をよりお得に受けるためにも、見積もりは複数社からもらいましょう。複数社の見積もりを比較することで、どのガソリンスタンドを使えば最も安く車検を受けられるかがわかります。また金額だけでなく、それぞれの内訳を確認することで、車に必要な点検、整備箇所をより正確に把握することができるのもメリットです。比較検討することで、より車検の費用を節約することができます。

インターネットを使うと見積もりを手軽にたくさん取得できるので便利です。効率的に見積もり比較をしたいという場合には利用するといいでしょう。

2. 普段から車を手入れしておく

先述したとおりガソリンスタンドの車検では、車検に通すための最低限の点検や整備が行われます。しかし、想定外の点検や整備が必要となった場合には追加で費用がかかる可能性があり、整備項目が増えるほど費用がかさんでしまいます

そこで、車を普段から手入れしておくことが重要です。普段から車を手入れすれば消耗品の交換や不具合を察知し、車検の際には予想外の出費を防ぐことができます。

3. ユーザー車検も検討してみる

車検費用を抑えるには、ユーザー車検という方法もあります。ユーザー車検とは、車検を業者に依頼せず、自分自身で車を整備点検し、車検を行うことをいいます。自ら運輸支局などにある検査コースに車を持ち込む手間と時間がかかりますが、車検基本料金を支払う必要がないため、大幅な車検費用の節約になります。

ただしユーザー車検は、正しい知識と技術がないと車検に合格することができず、不合格になった箇所を整備しなおし検査コースに持ち込むことを繰り返してしまった結果、費用が膨らんでしまうことがあります。そのため、車に関する知識や時間的な余裕がある方に限って可能な方法です。

4. 費用がかさんだら、買替えも検討する

使用年数が長い車ほど、車検を通す際に修理箇所が増えてくる傾向があります。その分車検にかかる費用も増えるため、車検費用がかさんできたら車の買替えを検討するのもひとつの方法です。

車を買い替えるタイミングは、車検前がおすすめです。年数を重ねて車検費用がかさんできたからとユーザー車検を検討しても、自分で車を持ち込んで検査を受けなければならないユーザー車検は、やはり手間や時間がかかり面倒くさいものです。車検前に車を買い替えてしまえば、車検はしばらく必要なくなります。

そうはいっても、車を買い替えるとなると大きな出費と煩雑な手続きが伴います。そこでおすすめなのが、今人気が高まっている車のサブスクリプションサービスへの乗換えです。サブスクなら、初期費用不要で好きな新車に気楽に乗り換えることができ、車検時の負担からも解放されます。詳しくは次項で見ていきましょう。

初期費用0円で新車に乗り換えられる!車の新しい乗り方ができるおすすめ3社はこちら

ガソリンスタンド車検で費用を節約するよりも乗換えがおすすめ!

ガソリンスタンド車検で費用を節約するよりも乗換えがおすすめ!

できるだけ安く車検を受けられるガソリンスタンドを探したり、ユーザー車検を利用したりすることは、手間も時間もかかってしまいます。車検の費用や手間にわずらわしさを感じている方は、車検をやめて車のサブスクでの乗換えがおすすめです。

車のサブスクは毎月一定の料金で新車に乗れるので、車の新しい乗り方として今注目を集めています。各種税金や手数料などの初期費用は不要なので、月額料金だけで好きな新車に乗り始められます。サブスクで乗り換えれば車検にかかるはずだった10万円前後のお金のほとんどを浮かせることができるのです。

また、会社やプランによっては月額料金に車検費用を含めることも可能です。車の点検や整備にかかる費用を定額にできれば、車検時の大きな出費がなくなるだけでなく、安い業者や車検費用の節約方法を探す手間も省け、カーライフがぐっと楽になります。

次項では、このようにお得な乗り方ができるおすすめの3社をご紹介します。

車検費用に悩まない新しい乗り方ができるおすすめ3社紹介

車検費用に悩まない新しい乗り方ができるおすすめ3社紹介

車検費用に悩まされることがなくなる車のサブスクリプションサービスは、さまざまな会社が提供しています。ここからは、特におすすめの3社をご紹介します。それぞれに特色豊かなサービスを展開しているので、確認してみましょう。

おトクにマイカー 定額カルモくん

おトクにマイカー 定額カルモくん」は、顧客対応満足度が98.9%*と高く、契約期間をライフスタイルに合わせて1~11年のあいだで選べるのが特徴です。人気の理由を詳しくご紹介します。

業界最安水準!新車に乗換え時の費用負担は12,490円からの月額料金のみ

月額料金は12,490円からと業界最安水準です。10万円前後かかる車検をやめて定額カルモくんで乗り換えれば、車検の手間をなくし月額料金だけで好きな新車に乗り始められます。手続きはすべてオンラインと郵送で完結するので、自宅にいながらスムーズな乗換えが可能です。

車検は全国30,000店以上の指定業者で受けられる

メンテナンスプランに加入すると車検費用を月額料金に含めることができ、メーカーのディーラーを含む全国30,000店以上の指定業者で車検やメンテナンスを受けられます。車検を受けるために複数のガソリンスタンドや業者で見積もりを取らなくても、身近にある指定業者に任せるだけなので手軽かつ安心です。

納車は中古車最短3週間&新車最短3週間から

最短3週間で高年式かつ低走行距離の中古車を納車してもらえる「マッハ納車というサービスがあります。車検がもうすぐ切れるけれど多額の出費をしたくないという方も、マッハ納車を利用すればすぐに月額料金だけで乗り換えられます。また、新車の場合は最短3週間で自宅に納車される「即納新車もおすすめです。

*2019年12月~2021年6月までの定額カルモくんご契約者様504名を対象としたアンケート

カルモくんを資料で詳しく

コスモMyカーリース

「コスモMyカーリース」はコスモ石油が提供しており、ガソリンスタンドならではのサービスが特徴です。詳しく見てみましょう。

燃料代が値引きされる

プランに応じて給油の割引サービスがあり、ガソリン・軽油が最大5円/L引きになるため、少しでも燃料代を節約したい方におすすめです。

契約満了時の選択肢が豊富

一般的に車のサブスクは、契約期間が終了したら車を返却することになります。しかし、コスモMyカーリースは契約満了時に乗換え・再リース・買取り・返却の4つの中から希望するものを選べます。気に入った車にずっと乗り続けたいと考える方も満足できるでしょう。

カーコンカーリース「もろコミ」

「もろコミ」は、残価設定がなく契約満了時に車をもらえるのが特徴です。サービス内容を見てみましょう。

充実のオプションで安心して乗れる

カーナビやバックアイカメラなど運転に必要なカーアクセサリーをつけられたり、消耗品交換費用が定額になったりするなどオプションが充実しています。車のサブスクを利用したことがなく、勝手がよくわからないからリース会社にお任せしたいという方も安心です。

最短14日でカーライフを始められる

もろコミを利用する場合、契約から納車まで最短14日で完結するため、早く車が欲しい方も安心です。車検が切れそうで、多額の車検費用を支払うか車を乗り換えるか迷い時間が経ってしまった方も、車検前に乗り換えられる可能性が高まります。

車検費用を上手に抑えて快適なカーライフを送ろう!

車検費用を上手に抑えて快適なカーライフを送ろう!

ガソリンスタンド車検には、費用が安く手軽に車検を依頼できるというメリットがあります。しかし、いくらガソリンスタンドで費用を抑えられるといっても車検は回数を重ねるごとに費用がかさんでしまうため、車検前に車を乗り換えてしまうのも節約方法のひとつです。

車のサブスクを利用すれば、定額の月額料金のみで車を乗り換えられます。その中でも定額カルモくんなら、車の新しい乗り方への不安や車検に関する疑問などを専任のカーコンシェルジュに相談できます。相談は電話・メール・LINEを利用して何度でも無料でできるため、まずは気軽に相談してみてはいかがでしょうか。

あなたと相性最高の車は?約100種の国産車からピッタリの一台が見つかる!LINEで無料診断してみる

よくある質問

Q1:ガソリンスタンド車検はどれぐらい安い?

A:車検費用の相場は、ディーラーが80,000〜150,000円、整備工場が65,000〜110,000円、ガソリンスタンドが60,000〜80,000円です。相場としては、ガソリンスタンドがほかの業者より5,000〜90,000円ほど安い傾向があります。しかし業者により特徴は異なるのでしっかり比較して選ぶようにしましょう。

Q2:ガソリンスタンド車検のメリット・デメリットは?

A:ほかの業者よりも費用が安いことに加え、どこにでもあり手軽に車検を依頼できることや24時間受付をしてもらえることがメリットです。一方、車検を依頼する場所によって整備やサービスの質がバラバラなことや、ほかの業者よりも整備に時間がかかることには注意が必要です。

Q3:ガソリンスタンド車検よりも費用を抑える方法は?

A:ユーザー車検は費用を安くできますが、時間や手間がかかってしまいます。そこで、車検前にサブスクを利用して定額料金だけで新しい車に乗り換えるのがおすすめです。会社やプランにより車検費用を月額料金に含められるので、車検の度に大きな出費に頭を悩ませることもなくなります。

※この記事は2021年11月時点の情報で制作しています

関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる