ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

10年のカーリース契約は可能?期間の選び方や長期契約のメリットを解説

10年のカーリース契約は可能?期間の選び方や長期契約のメリットを解説
新車が10000円台

車の平均使用年数や一般的な寿命は10年を超えていることもあり、車を持つ際には10年以上乗りたいという方も多いでしょう。それはカーリースにおいても同様のニーズがあるようです。そこで、そもそもカーリースでは10年以上の契約が可能なのか、長期契約のメリットやデメリット、長期契約におすすめのカーリースなどをご紹介します。

期間が自由に選べる
  • カーリースではサービスによって10年以上の長期契約ができる
  • カーリースの契約期間は、ライフプランに合わせて選ぶことが大切
  • 定額カルモくんなら1〜11年のあいだで1年単位の契約が可能

カーリースの契約年数、10年は選べる?

カーリースには1年未満の短期カーリースと、1年以上の長期カーリースの2種類があります。カーリースの契約年数はサービスによって異なりますが、長期カーリースであれば10年契約ができるケースもあります。

10年契約ができるカーリースを探しているなら、1〜11年のあいだで、1年単位で契約期間が選べるカーリースの定額カルモくんがおすすめです。

なお、2020年に一般財団法人 自動車検査登録情報協会が行った「わが国の自動車保有動向」の調査では、普通乗用車の平均使用年数は13.51年と5年連続増加しており、10年以上乗る方が増えていることがわかります。走行距離は1年間で10,000kmが目安とされているため、きちんとメンテナンスをしていればカーリース車でも問題なく10年以上乗れるでしょう。

カーリースの契約期間の選ぶときの注意点は?

カーリースの契約期間の選ぶときの注意点は?

カーリースの契約期間を決める際には、目的やライフプランに合わせて選ぶことが大切です。家族や子供の送迎がメインなのか、通勤や通学に利用するのかによっても必要な年数は変わります。このように、生活スタイルに合わせた車の乗り方をしたい場合には、1年単位などで契約年数を自由に設定できるカーリースのほうが生活に合わせやすいでしょう。

なお、もともと期間が決められているプランでも、1年ごとに設定する場合でも、基本的に契約後の契約年数の変更や中途解約はできないので注意が必要です。

カーリースを長期契約するメリット・デメリット

実際に10年などの長期間カーリース契約をすると、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

メリット

10年以上の長期カーリースの場合、通勤や買い物、送り迎えなど、日常的に同じ車を使い続けられるので、マイカーのように利用できます。また、カーリースの月額料金は車両代金から残価を差し引いた金額を契約期間で割って算出しているため、契約期間が長いほど月々の料金が安くなるのも大きなメリットです。

デメリット

カーリースは、基本的にリース契約期間中に中途解約することができません。生活環境の変化などで急に車が不要となった場合でも、解約すると違約金などが請求されることもあるので、さまざまなケースを想定した上で契約期間を選ぶことが大切です。

10年契約したら、カーリースの料金はいくらになる?

10年契約したら、カーリースの料金はいくらになる?

契約期間が長くなるほど月々の料金が安くなるのがカーリースの特徴ですが、10年契約ではどれくらいの金額で利用できるのでしょうか。カーリースの定額カルモくんの料金を基に、タイプ別の月額料金を見てみましょう。

〈タイプ別の月額料金シミュレーション〉

タイプ車種10年契約の月額料金※
軽自動車ミライース13,530円〜
コンパクトカーアクア25,900円〜
ミニバン・ワゴンシエンタ26,780円〜
SUV・クロカンハスラー16,880円〜
セダンカローラ28,760円〜
ステーションワゴンシャトル26,120円〜
クーペ・オープンカーコペン24,910円〜
※2021年5月時点で販売されている各車種の10年契約の最安値

カーリースで10年契約した場合、ダイハツ「ミライース」やスズキ「ハスラー」など、人気の軽自動車でも月々10,000円台から乗ることが可能です。そのほか、コンパクトカーも20,000円台となっており、月々の出費を抑えてマイカーが持てることがわかります。

定額カルモくんなら国産メーカーの全車種・全グレードを取り扱っているので、10年契約の場合には、気になる車種にいくらで乗れるのかチェックしてみてはいかがでしょうか。

料金をチェック

カーローンとカーリース、10年乗るならどっちがお得?

カーリースでは、契約期間中の税金や自賠責保険料は月額料金に含まれています。では、10年間カーローンを組んだ場合とどのような違いがあるのでしょうか。定額カルモくんのサービスを例に、購入時の初期費用と維持費を基に、それぞれの違いを見ていきましょう。

〈カーローンとカーリース、10年間の支出の違い〉

費用カーローンカーリース
初期費用各種税金・リサイクル料金
自賠責保険料、登録代行費用
車庫証明代行手数料
預かり法定費用・納車費用
ナンバープレート取得費用など
なし
維持費10年分のローン返済
各種税金・自賠責保険料
車検費用・ガソリン代
メンテナンス費用
駐車場代・高速代など
10年分のリース料金
駐車場代・高速代
ガソリン代など
(車検やメンテナンス費用
も月額料金に
含められる)

購入費用

カーローンで車を購入した場合、ローンの頭金を支払うほか、税金などのさまざまな諸費用の支払いが必要です。環境性能割、自動車重量税、自動車税(種別割)といった各種税金や、リサイクル料金、自賠責保険料、登録代行費用、車庫証明代行手数料、預かり法定費用、納車費用、ナンバープレート取得費用、さらに車の下取りを行うのであれば査定料や各種代行費用、任意保険に加入するなら保険料などがかかります。

一方、カーリースでは初期費用がかかりません。環境性能割、自動車重量税、自動車税(種別割)といった各種税金や、リサイクル料金、自賠責保険料、登録代行費用、納車費用、ナンバープレート取得費用などは、月額料金に含まれています。

維持費

カーローンの場合には、車を維持していく中でも自動車重量税、自動車税(種別割)といった各種税金や、自賠責保険料、車検費用、ガソリン代、駐車場代、その他メンテナンス費用などが都度発生し、月々のローン返済とは別に支払いが必要となります。

一方、カーリースの場合はそれらの費用が月額料金に含まれているので、リース料金以外に必要となるのはガソリン代や駐車場代、車検やメンテナンスなどの費用となります。また、定額カルモくんのメンテナンスプランに加入すれば、車検やメンテナンスにかかる費用も月額料金に含めることができるので、車の維持費はほぼリース料金のみとなります。

カーリースと購入、どちらがお得かもっと詳しく知りたい方はこちら

10年契約なら、コスパ抜群の定額カルモくんで決まり!

カルモくん_new

カーリースの定額カルモくんなら、契約期間を1年から11年のあいだで自由に選べるため、10年契約も可能です。コストパフォーマンスの高さや充実したサポートでも評価されているので、安心して長期間の契約ができます。ここでは、定額カルモくんの特徴について詳しくご紹介します。

高コスパで充実のサポートだから安心して長期契約できる

専門家が選ぶカーリース_3冠

定額カルモくんは、ファイナンシャルプランナーやカーディーラー勤務者を対象に行われたカーリースのインターネットイメージ調査で、「コストパフォーマンスが高いカーリース(1)」「サポートが充実しているカーリース(2)」「納得価格のカーリース(3)」の3つの部門で1位を獲得*しています。

カーリースを選ぶ際の重要ポイントとなる価格について高い評価を得ているだけでなく、10年という長期契約に欠かせないサポートも充実しているので安心して利用できるのではないでしょうか。

*調査方法:インターネット調査 調査期間:2021年2月12日~15日 調査概要:カーリース10社を対象にしたイメージ調査 調査対象:男女、全国、18~69 歳、運転免許保有、(1)(2)週1回以上運転するファイナンシャルプランナー176s、(3)カーディーラー勤務者297s 調査実施:株式会社ショッパーズアイ 比較対象企業:「カーリース」Google 検索9社(2021年1月29日10 時時点) 広告、まとめサイトなどを除く

走行距離無制限でマイカーのように使える

一般的にカーリースでは走行距離に制限が設けられています。しかし、定額カルモくんなら、全車種を対象に7年以上の契約で走行距離が無制限になります。そのため、カーリース期間中もマイカーと変わらない感覚でカーライフを送ることができます。

将来的に車がもらえる

カーリースは原則として返却を前提としたサービスですが、定額カルモくんには月々500円追加すると契約満了時に車がもらえる「もらえるオプション」があります。そのため、契約満了後は、乗り慣れた車をマイカーとして利用することができます。

維持費もコミコミにできるから家計管理も簡単

定額カルモくんの月額料金には、税金や自賠責保険料が含まれています。さらに、メンテナンスプランに加入すれば、車検基本料やオイル交換費用などのメンテナンスにかかる費用も月額料金に含めることができるので、車にかかる費用がフラットになります。

また、数種類のプランが用意されているので、予算やニーズに合わせてプランに含めるメンテナンスの範囲を選ぶことができるのも魅力のひとつです。

このように定額カルモくんにはさまざまなメリットがあります。もっと定額カルモくんについて詳しく知りたい方は、こちらのバナーをチェック!

カルモくんなら新車が

ライフプランに合わせた期間でカーリースを契約しよう

カーリースの契約期間は、ライフプランに合わせて設定することが大切です。定額カルモくんなら1年単位で契約期間を決めることができるので、10年契約も可能。価格が安くサポートも充実しているので、長期間契約できるカーリースを探している方は定額カルモくんのカーリースをチェックしてみてはいかがでしょうか。

よくある質問

Q1:カーリースは10年契約できる?

A:10年契約できるカーリースもあります。契約期間はカーリース会社によって異なりますが、3年、5年、7年など、あらかじめ契約年数が決められています。

Q2:カーリースを10年で契約するメリットは?

A:カーリースを10年契約することで、月額料金を安く抑えることができます。カーリースの月額料金は車両代金から残価を差し引いた金額を契約期間で割って算出しているため、契約期間が長いほど安くなります。また、乗り慣れた車を長期間利用できるので、マイカー感覚で乗れるというメリットもあります。

Q3:10年で契約できるカーリースはある?

A:カーリースの定額カルモくんなら、1年単位で最長11年まで契約期間を自由に設定できるので、10年での契約も可能です。月々10,000円台から乗れる車種も多いので、長期間安く乗りたい方にもおすすめです。

※記事の内容は2021年6月時点の情報で制作しています。

関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる
高コスパ