ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

クローズドエンドのカーリースがお得!知っておきたいリースの仕組みを徹底解説

クローズドエンド のカーリースがお得!知っておきたいリースの仕組みを徹底解説

月々定額制で車を利用できる法人向けのサービスとして利用されてきたカーリースは、個人向けのサービスとしても近年注目を集めています。カーリース契約には独自のルールがあるので、契約方法によっては、知っておかないと損をしてしまう可能性があるので、仕組みを正しく理解した上で利用することが大切です。今回は、そんなカーリースの契約方法クローズドエンドについて詳しく解説します。

カーリースについて詳しく知りたい方はこちら

カーリースには2つの契約方法がある

カーリースには2つの契約方法がある

カーリースの契約方法には、オープンエンド方式とクローズドエンド方式の2つの方法があります。契約方法のポイントとなるのは、リース契約終了時の車の価値を表す残価です。
ここでは、それぞれの契約方法について詳しく見ていきましょう。

オープンエンド方式

オープンエンド方式とは、残価を明示した上で契約を行い、契約終了時に査定額と残価の差額精算を行う方法です。そのため、設定する残価次第では月額料金を抑えることができますが、追加請求の可能性があるので注意が必要です。なお、オープンエンド方式では、査定額との差額を支払うことで、車を買い取ることができます。

クローズドエンド 方式

クローズドエンド方式とは、契約時に残価を公表せずに月々の料金を算出し、差額精算を行わない契約方法です。サービスによっては、オープンエンド方式と比較すると月々の支払いが高くなることもあります。また、カーリースでは契約終了時の原状回復が原則となっているので、車の使用状況が著しく悪い場合などには違約金や修理費用が請求されることもあります。なお、基本的な契約終了時の選択肢は、車を返却もしくはリース期間延長となっていますが、買い取りができるケースもあります。

知っておきたいカーリースのメリット

カーリースは、月々の料金を抑えて新車に乗ることができる便利な方法です。また、月額料金は契約期間によって異なり、長く乗れば乗るほど安くなるというメリットもあります。
そんなカーリースのメリットについて、詳しくご紹介します。

1. 残価を設定するから安く乗れる

通常、車を購入するときには、現金一括で支払うか、ローンを組んで分割で支払うのが一般的です。
しかし、カーリースでは、契約時に設定した残価を車両価格から差し引いて月額料金を算出するため、月々の支払いを抑えて車に乗ることができます。

2. 維持費も定額にできる

車を自身で所有していると、メンテナンスや自動車税(種別割)などの維持費が必要になります。しかし、リース契約では、月々の支払いに税金や自賠責保険料などが含まれているので、これらの維持費を一定にすることができます。また、点検や車検などのメンテナンス費用は、オプションプランを利用することで定額にできるので、まとまった出費の心配もありません。

N-BOX

3. 新車に乗れる

車選びの際、費用面を考慮して中古車を選ぶ方も多いでしょう。しかし、カーリースでは、月々定額制で気軽に新車に乗ることができます。

4. 契約期間が長いほど安くなる

カーリースの月額料金は、車両代金から残価を差し引き、契約期間で割ることで料金を算出しています。
そのため、契約期間が短いと月々の料金が高くなり、契約期間が長いと安くなります。月々の支払いを安く、より長く車に乗りたいと考えている方には、長期契約のリースがおすすめです。

カーリース利用の流れ について詳しく知りたい方はこちら

カーリースを利用するときの注意点

カーリースを利用するときの注意点

カーリースは返却を前提としたサービスのため、原状回復の義務や走行距離制限などのルールが定められていることがあります。なお、リース業者によってこれらのルールは異なるため、契約時に確認することが大切です。カーリースを利用するときの注意点について見ていきましょう。

原状回復義務がある

カーリースは返却を前提としたサービスのため、契約終了時に車を当初の状態に回復する義務があります。オープンエンド方式の場合、破損している部分があればそれだけ車の価値が下がるので、契約終了時の査定額が低くなり、設定した残価と契約終了時の査定額との差額請求が生じます。なお、クローズドエンド 方式の場合は、契約終了時に残価との差額精算はありませんが、原状回復に修理などが必要であれば利用者負担にて行わなければなりません。また、自分の好みに合わせた改造やカスタマイズは、基本的にリース車では行うことはできません。

走行距離制限がある

カーリースでは、車の価値を保つために1ヵ月の走行距離に制限が設けられています。なお、走行距離はサービスや契約によって異なりますが、日常生活で利用する範囲であれば問題ない場合が多いでしょう。

違約金が発生する可能性がある

カーリース契約では、基本的に中途解約ができません。そのため、交通事故などで車が全損し、車が使用不可能になってしまった場合には違約金が発生します。違約金は契約内容によって異なりますが、残りの契約期間の料金となるのが一般的です。

定額カルモくんはクローズドエンド だから安心!

おトクにマイカー 定額カルモくんでは、契約終了時に追加精算のないクローズドエンド 方式を採用しています。カーリースのデメリットともされる追加精算を行わないことで、安心して利用していただけるのではないでしょうか。

また、定額カルモくんでは最長11年契約が可能のため、月々の支払額をより安く利用することが可能です。通常クローズドエンド 方式では、契約終了時の精算がない代わりに、車を買い取ることができません。しかし、定額カルモくんのオプションプラン「もらえるオプション」を利用すれば、契約終了後は車をもらうことができます。なお、もらえるオプションは、7年以上の契約や車種などの条件を満たすことで、加入が可能です。

定額カルモくんについて詳しく知りたい方はこちら

カーリースがもっとお得になるクローズドエンド契約

カーリースを利用するなら、さらにお得に利用できるクローズドエンド方式での契約がおすすめです。また、契約方法や月額料金の計算方法など、カーリースの仕組みを正しく理解することで、よりお得にカーライフを送ることができるのではないでしょうか。カーリースについての疑問や気になる点があれば、LINEやメールで問い合わせができる定額カルモくんのサポートセンターにご連絡ください。

※記事の内容は2020年2月時点の情報で制作しています。

関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる
読了後バナー