カーリースで開業する方法は?代理店を募集している企業5社を徹底比較!

カーリースで開業する方法は?代理店を募集している企業5社を徹底比較!
加盟店第一期募集_目次上

最近では起業や独立のために、カーリース事業で開業する方が増えています。代理店に選ぶカーリースのサービスによっては、仕入れや販売の必要がないので、起業しやすいのも人気を集めている理由のひとつです。そこで、カーリースで開業する方法や代理店を募集している企業などについてご紹介します。

【この記事のポイント】
✔カーリースで開業すれば継続的な収入が見込める
✔取次だけの代理店であれば、負担や販売の手間がかからない
✔定額カルモくんと取次提携すれば気軽にカーリース事業が始められる

カーリース事業で開業するとは?

カーリース事業で開業するとは、カーリース会社と代理店契約やフランチャイズ加盟で提携して、カーリースのサービスを提供することです。新車のみを扱うカーリースや中古車も扱うカーリースなど、提携するカーリース会社によってサービスの内容が異なります。なお、基本的にはリース契約成立時の手数料や使用料から利益を得られるしくみです。

車関係の事業には新車や中古車の販売・買取りや、レンタカーやカーシェアリングなどがありますが、中でもカーリースはメリットの多い事業です。リース化や審査はカーリース会社が行うことが多いため、人的負担を抑えて収益を得ることができます

カーリースで開業するには2種類の方法がある

カーリースで開業するには2種類の方法がある

カーリースで開業する際には、おもに加盟先と同じサービスを提供する「フランチャイズ」と、カーリース契約の販売を請け負う「代理店」の2種類があります。どちらもカーリースを提供する開業方法ですが、それぞれに特徴やメリット、デメリットが異なります。

フランチャイズ

フランチャイズで開業する場合は、カーリース会社のフランチャイズに加盟して、カーリースの提案を行います。加盟元のカーリース会社のブランド力を使って事業を運営できる上、営業のノウハウや販売促進ツールが提供されることもあります。研修なども用意されていることが多いので、車業界初心者の方でも事業に参入しやすいのもメリットとして挙げられます。

フランチャイズ契約では売上に応じて、使用料であるロイヤリティを支払うことになります。そのため、契約条件によっては、売上に関係なく一定のロイヤリティが発生することもあり、開業当初は資金繰りに苦労する可能性があるというデメリットもあります。

代理店

代理店で開業する場合は、カーリース会社の代理店として契約してカーリースの販売を請け負います。販売や取引きが成立すると手数料が支払われ、利益を得ることができます。フランチャイズ同様、契約元のカーリース会社の名前を使って事業を行うことができますが、フランチャイズよりもルールなどが厳しく定められていないので、比較的自由に事業を運営できることが大きなメリットです。

しかし、営業力がなければ成約が取れず、場合によっては収益を上げにくいことがあるというデメリットもあります。

カーリースで開業できる企業 5社

カーリース事業で開業するためには、企業の特徴やメリットなどを理解しておくことが大切です。また、契約内容やどういった収益が見込めるのかも、提携先選びでは重要なポイントです。ここでは、カーリース事業のフランチャイズや代理店として業務提携を行うことができる企業5社をご紹介します。

株式会社オートコミュニケーションズ「フラット7」

フラット7は、7年契約のカーリースで、国産の全メーカーの新車を扱っています。オイル交換費用なども月額料金に含まれており、月々8,800円からの料金設定となっています。加盟店になると、看板やのぼり、チラシデザインなどの販売促進ツールが使用できるのはもちろん、ノウハウを集約する定期勉強会にも参加できるなど、事業のサポートが受けられるというメリットがあります。

株式会社ジェーユーシー「アンドリース」

アンドリースは、新車と中古車を扱う、5年契約のみのカーリースです。代理店になると、顧客へダイレクトにアプローチできるシステムが利用できたり、大手広告媒体と連携した集客サポートが受けられたりといったメリットがあります。また、自社で営業できない場合には営業サポートを使えたり、高額車両の買取時には資金立替制度を利用できたりといったサポートも充実しています。

住友三井オートサービス株式会社「Carsma」

Carsmaでは、月替わりで毎月お得な特選車が用意されるなど、お得感のあるカーリースです。

代理店になると、審査や車両購入資金の調達、リース料の回収、車両管理業務などは住友三井オートサービスで行うため、代理店側は営業活動に専念できます。また、実績に応じてインセンティブを得られる「代理店方式」やお客様の紹介手数料で収益を得る「手数料方式」、リース事業を行う「リース&リース方式」の3つの提携方法があります。

株式会社オリコオートリース「オリコオートリース」

オリコオートリースは、リース車両にロードサービスが付いているカーリースです。毎月のリース料金にはメンテナンス費用や税金、自賠責保険料などが含まれています。代理店として契約すると、スムーズに商談するためのリース料計算システムや顧客管理システムなどを使用することができます。

ナイル株式会社「おトクにマイカー 定額カルモくん」

定額カルモくんは、日本一安い*カーリースです。頭金や初期費用が不要で、月々10,000円台からの料金で新車に乗れるため、貯金のない方でも気軽にカーライフが始められます

また、新車だけでなく中古車も取り扱っており、取次加盟店になると在庫を持たずに全国の中古車をリース車として提案できます。さらに、第一期募集なら加盟金や月会費なしで、立ち上げ準備金を50万円まで定額カルモくんで負担しているため、初期投資を抑えてカーリースで開業したい方にもおすすめです。

* 一般社団法人日本自動車リース協会連合会所属のすべての業者の中で、完全定額(頭金なし・ボーナス払いなし・クローズドエンド契約)で新車を個人向けにリースしているサービスにおいて月額料金が日本最安値(2021年7月13日、ステラアソシエ株式会社調べ)

カーリースで開業するときの注意点

カーリースの開業では、提携するサービスを選ぶ際に注意すべきポイントがあります。
まずは、ブランド力のあるサービスを選ぶことが大切です。

次に大切なのが契約内容です。売上目標達成へのコミットメントや研修会への参加を強いられるケースなど、カーリース会社によって契約内容が異なるため、契約内容によっては従業員の負担が増えてしまうことがあるので注意が必要です。

最後に、在庫リスクです。特に中古車のカーリースの場合は、在庫車が必要なケースもあります。

開業時はできるだけ負担を抑えて事業を始められるように、こうしたリスクを回避できるサービスを選びましょう。
定額カルモくんの代理店事業なら、このようなリスクを回避しながら、カーリースで開業できます。詳しい内容について、見ていきましょう。

定額カルモくんのカーリース代理店事業なら新規参入でも安心!

カルモくん代理事業

カーリースで開業を考えているなら、新規参入でも安心のサポート体制が整っている「おトクにマイカー 定額カルモくん」の取次加盟店がおすすめです。そんな定額カルモくんの代理店事業は、従来のフランチャイズと次のような違いがあります。

1. 協業体制が違う:人的負担を抑えて新しい収益源を得られる!

定額カルモくんの取次加盟店では、集客と審査までの取次だけで収益が還元されます。それ以外の営業や審査、リース化は定額カルモくんで行うので、人的負担を抑えて新しい収益源を得ることが可能です。また、認定・指定整備工場であれば、定額カルモくんのメンテナンスプラン適応事業者として登録されるので、車検や点検の顧客獲得にもつながります。

2. 集客力が違う:テレビCMとネット広告で全国での認知度急上昇中!

定額カルモくんは2019年4月より2年間で申込み件数が20倍に増えるなど、認知度も急上昇しています。取次加盟店になれば、圧倒的なブランド力で新規顧客の獲得が期待できます。もちろん販売促進ツールは充実していますし、トレーニング体制も整っているので、サービス案内や集客においても手厚いサポートが受けられます。

3. 商材力が違う:中古車カーリースも提供可能!

定額カルモくんは、新車だけでなく中古車も取り扱っています。自社で在庫を抱えている中古車も定額カルモくんでリース化することができるだけでなく、在庫を持たなくても全国の中古車をリース車として案内することが可能です。そのため、お客様に合わせて幅広く提案できるのが定額カルモくんのカーリースの魅力です。

さらに第一期募集なら、加盟金ゼロ!月会費ゼロ!立ち上げ準備金50万円まで定額カルモくんが負担!気になる方は、お早めにお問い合わせください!

さらに詳しく知りたい方は、こちらからお問い合わせください

少ない負担で始められる、カーリースで開業するのがおすすめ

カーリースに限らず、事業を成功させるコツは負担を抑えて開業することです。できるだけ初期投資が少ないカーリース会社と提携し、事業を軌道にのせましょう。また、カーリースで開業を検討しているなら、定額カルモくんがおすすめです。定額カルモくんなら新車も中古車も取り扱いでき、人的負担や在庫リスクを抑えてカーリースを開業できます。

よくある質問

Q1:カーリースで開業するにはどうすればいい?

A: カーリースで開業するには、カーリース会社と代理店契約やフランチャイズ加盟で提携する必要があります。新車を扱うカーリースや中古車を扱うカーリースなど、提携するカーリース会社によって取り扱う内容や収益が得られる方法が異なります。

Q2:カーリースで開業するメリットとは?

A:カーリースで開業するメリットには、負担を抑えて開業できることなどが挙げられます。新車の仕入れはカーリース会社が行い、審査の取次までで収益を還元できるケースもあるので、仕入れの問題を抱えず、人的負担を抑えて収益源を得ることができます。

Q3:カーリースの代理店はどこがおすすめ?

A: カーリースの代理店なら、定額カルモくんの取次加盟店がおすすめです。定額カルモくんなら新車だけでなく中古車も扱っており、在庫がなくても全国の中古車を取り扱うことが可能です。自社に在庫がある場合も定額カルモくんでリース化できるので、お客様への提案の幅を大きく広げることができます。

※記事の内容は2021年6月時点の情報で制作しています。

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

タグから記事を探す

加盟店募集