個人事業主がカーリースの審査に通るには?基準や対処法などを徹底解説

個人事業主がカーリースの審査に通るには?基準や対処法などを徹底解説
カルモくんなら新車が

個人事業主がカーリースの審査を受ける場合、収入が安定しないと判断され、審査に通りにくいといわれています。社用車としてカーリースの利用を検討している個人事業主の中には、審査に通るのか不安な方もいるのではないでしょうか?

そこで、個人事業主が社用車としてカーリースを利用する場合の審査基準や審査対策、社用車の利用に適したカーリース会社を決めるポイントなどを解説します。

定額カルモくんには、審査に通るか試せる「お試し審査」があります。審査に通るか不安な方は、まずはこちらからチェックしてみましょう!

まずは審査

【この記事のポイント】
✔個人事業主でも、収入の安定性が認められればカーリースの審査に通る可能性がある
✔社用車に適したカーリース会社を選ぶには、取扱車種や料金などを比較することが大切
✔定額カルモくんなら、初期費用なしで事業に合った車を選んで乗れる

個人事業主が社用車としてカーリースを利用する場合の審査とは?

個人事業主が社用車としてカーリースを利用するためには、リース料を滞りなく支払えるかどうかを確認するために審査を受ける必要があります。

一般的に、カーリースには個人向けと法人向けの2種類があります。個人事業主が社用車としてカーリースを利用する場合、リース料金の引き落とし口座が個人名義の場合は個人向けカーリースの審査に申し込むことになります。一方、法人化していて口座が法人名義となっていると、法人向けカーリースの審査に申し込むことが多いです。

個人向けカーリースの審査では、職業や信用情報などが見られます。一方、法人向けカーリースの場合、会社の経営状況や事業内容などもチェックされるため、個人向けカーリースよりも審査に通るのがきびしい傾向があります。

個人事業主のカーリースの審査基準

個人事業主のカーリースの審査基準

カーリースの審査を通過しやすくするためには、事前におもな審査基準を把握しておくことが大切です。ここでは、個人向けと法人向けのそれぞれの場合で、個人事業主がカーリースの審査を受ける際にチェックされるおもな項目をご紹介します。

個人向けカーリースのおもな審査基準

個人事業主が個人向けカーリースの審査を受ける際、社用車として利用する場合でも、審査基準は基本的に個人向けカーリースと変わりません。まずは、個人向けカーリースを利用する場合のおもな審査基準をご紹介します。

  • 年収
    一般的に、年収200万円以上であることがひとつの目安となります。個人事業主の場合、安定した収入があることを確認するために、3年分の決算書などの提出が求められることもあります。
  • 職業
    収入が安定しているかどうかを判断するために、職業もチェックされます。個人事業主の場合、収入が不安定だとみなされることが多く、審査では不利になる傾向があります。
  • 勤続年数
    収入の安定性を判断するために、勤続年数がチェックされます。個人事業主が個人向けカーリースの審査を受ける場合、事業を始めてからの年数が審査されることが多いです。一般的に、3年以上経過していると収入が安定していると判断されやすくなります。
  • 信用情報
    自己破産や任意整理といった過去の金融事故の情報が「信用情報機関」に登録されていると、審査では不利になることが多いです。クレジットカードやキャッシング、ローンなどの支払遅延や滞納がある場合は注意が必要です。

法人向けカーリースのおもな審査基準

法人向けカーリースの場合、個人向けカーリースと審査基準が異なります。法人向けカーリースのおもな審査基準は次のようになります。

  • 経営状況
    法人向けカーリースの審査では、経営状況を判断するために、過去3年分の確定申告書や決算書などの提出が求められることがあります。赤字が続いているなどの場合では、審査で不利になる可能性もあります。
  • 事業年数
    事業年数が長いほど信用度は高くなり、審査に通過する可能性は高まるでしょう。年数が短いことで審査結果がマイナスに働くということではありませんが、1年未満など、設立して間もない場合は注意が必要です。
  • 債務残高
    債務残高とは、金融機関からの借入金や、仕入れで発生した買掛金、取引で発生した未払い金などのことです。審査では、事業の利益に対して債務残高が多いと判断されれば不利になる可能性があります。
  • 資本金
    会社の規模をチェックするために、資本金も審査されます。ただし、必ずしも資本金が少ないと審査に通過できないというわけではありません。黒字経営が続いていれば、少額の資本金でも審査に通る可能性があります。

個人事業主でカーリースの審査対策を行う際のポイント

個人事業主のカーリースの審査基準を知り、通過できるかどうか不安を覚えた方もいるでしょう。少しでも安心して審査に臨むには、事前に対策を行うことも大切です。ここでは、審査対策のポイントをご紹介します。

個人向けカーリースの審査対策のポイント

個人事業主が個人向けカーリースの審査を受けるときは、以下のようなポイントを意識すると審査通過の可能性を高められることがあります。

  • 個人の信用情報を見直す
    支払遅延や滞納、自己破産、任意整理など、自分の信用情報が気になる方は、審査の前に確認をしておきましょう。信用情報は「信用情報機関」に保管されていて、必要であれば開示を求めることができます。
  • 収入に合った車種やグレードを選ぶ
    カーリースの審査でも、収入とリース料金などの支出とのバランスを考慮することが大切です。収入に見合った車種やグレードを選ぶことで、無理なくリース料金を支払えると判断されれば、審査で有利になる可能性があります。

法人向けカーリースの審査対策のポイント

法人向けカーリースの審査基準は、個人向けカーリースよりきびしい傾向がありますが、事前に対策を取ることで通過する可能性もあります。ここでは、法人向けカーリースの審査対策のポイントをご紹介します。

  • 虚偽なく正確な情報を記載する
    提出する書類には、正しい内容を記載するようにしましょう。審査に通過するために事業年数や売上高などの情報を偽って記載すると、会社に対する信用を失うだけでなく、審査に通過しにくくなる場合もあります。
  • 経営者の信用情報も確認しておく
    法人向けカーリースの場合では、経営者の信用情報もチェックされることがあるので、事前に確認しておきましょう。支払遅延や未払いなどがある場合は、注意が必要です。

審査に通過しなかった際の対処法

審査に通過しなかった場合、審査に落ちた要因を把握して解消することで、再度審査を受ければ通過する場合があります。ここでは、審査に通過しなかったときの対処法をご紹介します。

連帯保証人を立てる

個人事業主で事業年数が1年に満たないなどの場合では、連帯保証人を立てることで審査に通る可能性を高められることがあります。連帯保証人に求められるおもな条件は、以下のとおりです。

〈連帯保証人のおもな条件〉

  • 安定した収入がある
  • 成人である
  • 勤続年数が1年以上ある
  • 年収が基準を満たしている
  • ローンや税金といった支払遅延や滞納、未払いなどの履歴がない

なお、法人向けカーリースの審査では、法人代表者を連帯保証人とするという規定がある場合もあります。カーリース会社によって連帯保証人に求める条件は異なるので、事前に確認しておきましょう。

別のカーリース会社の審査を受ける

審査基準はカーリース会社によって異なります。そのため、審査に落ちても別のカーリース会社の審査で通過する場合もあります。一般的には、信販会社を通さずに自社で審査を行うカーリースなら、比較的、審査の基準が甘い傾向があるといわれています。
ただ、自社審査を行うカーリースでは中古車を扱っている場合が多いので、新車や高級車に乗りたいという方などは気を付けましょう。

社用車の利用に適したカーリース会社を選ぶポイント

個人事業主がカーリースを利用する場合、社用車の利用に適したカーリース会社を選ぶことが大切です。ここでは、個人事業主がカーリース会社を選ぶときに気を付けておきたいポイントについて解説します。

取扱車種を確認する

カーリース会社によって、取り扱う車種に違いがありますが、社用車としてカーリースを利用するなら、事業内容や目的に合った車種を取り扱っているカーリース会社を選ぶことが大切です
荷物を運搬するのであれば、荷台の広い車やバンなどを扱っているカーリース会社がおすすめです。一方、営業や打ち合わせのためなら、比較的小回りが利く軽自動車やコンパクトカーなどを選べるカーリース会社がいいでしょう。

カーリースの料金を比較する

同じ車種であっても、カーリース会社によってリース料金が異なります。リース料金を抑えたい場合は、各カーリース会社のリース料金を比較し、予算に合う車を扱っているリース会社を選びましょう。
カーリース会社の中には、新車だけでなく、中古車を扱っている場合もあります。中古車であれば新車より車両価格を抑えられる可能性もあるため、予算が足りないなどの場合は、中古車を取り扱うカーリース会社を選ぶといいでしょう。

欲しいサービスを提供しているカーリース会社を選ぶ

個人事業主が社用車としてカーリースを利用するなら、事業に合ったサービスを提供しているカーリース会社を選ぶことが大切です。カーリース会社によって、提供するメンテナンスプランは異なりますが、メンテナンスプランが充実しているカーリースを利用すれば、出張先で車に不具合が生じたときも安心です。

さらに、社用車を利用するためには、走行距離制限が設けられているかどうかもチェックする必要があります。多くのカーリース会社では月間の走行距離制限が設けられているので、事業の目的に合わせて、走行距離を気にせず利用できるカーリース会社を選びましょう。

ほかにも、カーリース会社ごとに設定されている契約年数にも着目しましょう。社用車を利用する頻度や期間に合わせて、契約期間を設定できるカーリースを選ぶことが大切です。なお、カーリースの定額カルモくんなら、契約期間1年から11年のあいだで、1年単位で自由に決めることができます。

社用車として利用するなら初期費用がかからない定額カルモくんのカーリースがおすすめ

カルモくん_new

個人事業主の場合、個人口座を開設しているケースが多いことなどから、社用車でも個人向けカーリースを利用する方もいるでしょう。おトクにマイカー 定額カルモくん」は、個人向けとしては日本一安い*カーリースであるため、予算を抑えたいと考える個人事業主にもおすすめです。
ここでは、定額カルモくんを利用するメリットについてご紹介します。

* 一般社団法人日本自動車リース協会連合会所属のすべての業者の中で、完全定額(頭金なし・ボーナス払いなし・クローズドエンド契約)で新車を個人向けにリースしているサービスにおいて月額料金が日本最安値(2021年7月13日、ステラアソシエ株式会社調べ)

初期費用がかからない

社用車としてカーリースを利用する個人事業主なら、事業資金などの兼ね合いで予算を抑えたいと考える方もいるでしょう。定額カルモくんは、頭金などの初期費用がかからず、月々10,000円台から新車に乗ることができます。費用を抑えられるだけでなく、毎月定額で利用できるため、資金管理もしやすいという特徴もあります。
さらに、事業目的でカーリースを利用する場合は、リース料金のすべてを経費として計上できるため、節税効果も期待できます。

7年以上の契約で走行距離が無制限

事業目的でカーリースを利用する場合、長距離を移動したり、頻繁に車を使用したりすることもあるでしょう。定額カルモくんなら、7年以上の契約で走行距離が無制限となるので、超過による追加料金などの心配もなく、必要なぶんだけ社用車を使用することができます。
さらに、月々500円をプラスすれば、契約満了時にリース車がそのまま自分のものになる「もらえるオプション」を付けられます。オプションを利用すれば、契約満了時の原状回復などを気にせず、自社の車として利用することができます。

定額カルモくんなら簡単に審査を受けられる

定額カルモくんでは、審査に通るか試せる「お試し審査」があります。ネット上で必要事項を入力するだけなので、5分程度で手軽に申し込むことができます。審査通過後のキャンセルや車種などの変更もできるので、まずは「お試し審査」に申し込んでみてはいかがでしょうか?

まずは審査

なお、定額カルモくんには法人向けカーリースの窓口もあります。法人化した個人事業主で、カーリースの利用を検討している方はこちらのバナーからチェックしてみましょう!

一本化 法人

個人事業主でカーリースを利用するなら審査のポイントを押さえよう

個人事業主であっても、カーリースのおもな審査基準を把握して、事前に対策を講じることで審査のハードルを下げることができるでしょう。定額カルモくんのカーリースであれば、業務の効率化が図れたり、節税効果が期待できたり、社用車としてカーリースを利用する個人事業主にもお得なサービスがそろっています。

まずは希望の車種にいくらで乗れるか気になる方は、こちらのバナーをチェックしてみましょう!

よくある質問

Q1:個人事業主だとカーリース審査は通りにくい?

A:個人事業主は会社員などに比べれば審査に通りにくい傾向があります。ただ、結果は受けてみないとわかりません。なお、カーリースには、個人向けと法人向けの2種類があります。それぞれの場合で審査基準が異なりますので、事前にチェックされる内容を確認しておきましょう。

Q2:個人事業主のカーリースの審査対策は?

A:個人向けカーリースであれば、収入に見合う車種やグレードを選んだり、支払遅延や滞納などがある場合は事前に解消したりしておきましょう。法人向けカーリースの審査を受ける場合、提出する書類に事業年数や売上高などを正しく記載したり、経営者自身の信用情報を見直したりすることも大切です。

Q3:個人事業主がカーリースを利用する場合、どこの会社がおすすめ?

A:定額カルモくんなら、7年以上の契約で月間の走行距離が無制限になります。さらに月々500円をプラスして「もらえるオプション」を利用すれば、契約満了後は車を自社のものとして使用できるようになります。定額カルモくんには、事業のために社用車が欠かせない個人事業主などでも、安心して利用できるサービスがそろっています。

※記事の内容は2021年6月時点の情報で制作しています。

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

タグから記事を探す

法人個人事業主