ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

輸入車がカーリースできるおすすめサービス5選!特徴や選び方を徹底解説

輸入車カーリースでおすすめの会社5選!特徴や選び方を徹底解説

憧れの輸入車は、カーリースを利用して乗ることもできます。しかし、状態の良い輸入車を見極めるのは難しく、不安が伴うと思っている方も多いのではないでしょうか。そこで輸入車を扱っているおすすめのカーリースのサービスや賢い選び方について、ご紹介します。

  • 輸入車のカーリースはアフターフォローが充実しているサービスがおすすめ
  • 輸入車のカーリース選びは取扱い車種や走行距離制限に注意
  • 輸入車ならではのトラブルが心配なら国産車のカーリースがおすすめ

輸入車のカーリースを選ぶポイントは?

輸入車のカーリースを選ぶポイントは?

輸入車を扱っているカーリースを選ぶためのポイントを4つご紹介します。

アフターフォローがしっかりしているか

まず気をつけたいのは、アフターフォローの充実度です。輸入車の場合、国産車よりも故障のリスクが大きく、メンテナンスを定期的に行う必要があります。また、交換用部品を常備していないことも多く、取り寄せに時間がかかることもあるため、アフターフォローが充実しているかどうかチェックしておく必要があります。

また、メンテナンスプランなどのサービスがないと、故障時の修理が難しかったり、高額な費用がかかってしまったりするため、注意してください

好みの車種を取り扱っているか

カーリースで輸入車を扱っているといっても、すべての外国産メーカーを取り扱っているわけではありません。そのため好みのメーカーの車があるか、事前に確認する必要があります。

また好みのメーカーの車があっても、車種やグレードがそろっていない場合もあるので、詳しく調べておきましょう。もし好みのメーカーが「BMW」のように有名ブランドであれば、扱っているカーリースも多いでしょう。特に気になっている車種やグレードを取り扱っているか事前に調べておきましょう。

新車か中古車か

国産車であれば新車を取り扱うカーリースは多いですが、輸入車のカーリースでは中古車を扱う場合もあります。そのため、数少ない新車のカーリースを選ぶか、中古車にするかを決めなければいけません

中古車にするなら、新車よりも手頃な料金で利用できますが、故障のリスクに備えて新車以上にしっかりメンテナンスする必要があります。一方新車にするなら、故障が少なくきれいな車に乗れますが、リース費用は中古車よりも高くなります。

走行距離制限はどの程度か?

カーリースでは、基本的に走行距離制限がついています。制限距離を超えると追加料金が発生するので、休日の息抜きや日々のドライブも気にしながら運転しなくてはなりません。

しかし、カーリースのサービスの中には走行距離制限のないプランもあります。毎日距離を気にせずに輸入車に乗りたい場合は、走行距離制限のないカーリースのプランを選びましょう

輸入車が利用できるおすすめカーリース5選

輸入車のリースサービスはいくつかありますが、その中でもおすすめの5つをご紹介します。

SOMPOで乗ーる

SOMPOで乗ーる出典:SOMPOで乗ーる

「SOMPOで乗ーる」は、輸入車を扱っているリースサービスの中でも代表的なサービスです。国産車も多く扱っており、充実したメンテナンスプランが魅力です。

下取りサービスも行っていて、車検切れ前の車であれば、どんな車でも下取り価格最低10万円保証を行っており、今乗っている車の価値を保証することができます。現在乗っている車を下取りに出して、新しい車に乗り換えられるカーリースは少ないので、節約したい方は検討してみるといいでしょう。

もろコミ中古車リース

もろコミ カーコンカーリース出典:もろコミカーコンカーリース

「もろこみカーコンカーリース」の輸入中古車部門です。輸入車でも低料金で利用できるのが大きな魅力で、アフターフォローがしっかりしているのも特徴です。

メンテナンスプランは2種類あり、日常の整備ができるプランと、車検時に合わせてメンテナンスを行うプランがあります。またリース特約」が付帯した任意保険を取り扱っているため、万が一全損事故で中途解約費用を払わなくてはいけなくなったときでも、全額補償してくれます

ノレル

ノレル出典:ノレル

「ノレル」は、30日ごとの契約更新ができる珍しいカーリースサービスです。輸入車も扱っていて、お試し感覚で高級輸入車を利用したい方にはおすすめです。3つの定額プランがあり、ライフスタイルに合わせて選択できます。

LINEで相談もできるため使い勝手が良く、安心して利用できるカーリースです。

リースDeマイカーオンライン

リースDeマイカーオンライン出典:リースDeマイカーオンライン

「リースDeマイカーオンライン」は、国産車に輸入車、新車や中古車も扱っているカーリースです。初心者向けのサービスが充実しているのが特徴です。

特に新車に慣れるまでの1年間、1事故に限って修理代を最大10万円まで保証してもらえる「ミスルくん保証」があり、あまり車に乗り慣れていない方でも安心して利用できるでしょう。

スマボ

スマボ出典:スマボ

「スマートにボルボに乗れる」リースプログラムが「スマボ」です。契約形態は「スマボ 2/3」(3年契約の2年しばり)と「スマボ 3/5」(5年契約の3年しばり)の2種類があります。しばりの年数が経過すると、違うモデルのボルボに乗換えが可能となります。

契約年数を待たずに車を乗り換えられるのは画期的で、ライフスタイルの変化にも対応できます。支払方法では、ボーナス併用払いもできます。高級車のイメージがあるボルボが好きな方であれば契約したくなる、便利なカーリースです。

輸入車をカーリースで利用するメリット・デメリット

輸入車をカーリースで利用するメリット・デメリット

輸入車をカーリースで利用する場合のメリットとデメリットについて、ご紹介します。

メリット(1)乗換えの手続きが楽

乗換えの手続きが楽なことです。輸入車を契約満了時まで利用して別の輸入車に乗り換える場合、リース会社の担当者が乗換え手続きをサポートしてくれます。また、ネットのみで手続きを終えられることもあり、手間がかかりません。

購入した輸入車の場合、乗換えには下取りの手続きや改めて購入する手続きが必要です。手間を省いて気軽に乗り換えたいときは、カーリースが便利でしょう。

メリット(2)初期費用がゼロ

輸入車は国産車よりも価格が高い傾向がありますが、カーリースなら頭金がゼロ、初期費用なしで乗ることができます。まとまった資金の用意がなくても輸入車に乗ることができます。

メリット(3)維持費を定額にできる

カーリースの月額料金には、税金や自賠責保険料などが含まれているのが一般的です。さらに、リース会社によっては、車検や定期的なメンテナンス費用を月額料金に含めて定額払いにできます。

多くの維持費込みのプランなら、急に大きな出費が発生することなく、安心して輸入車を利用できます。毎月定額であれば収支計算が行いやすく、家計の管理もしやすいといえます。

デメリット(1)メンテナンスが難しい

輸入車のカーリースにはデメリットもあります。その1つ目は、メンテナンスが難しいことです。輸入車の純正部品は当然ながら海外製なので、国内で修理を行おうと思っても、業者や店舗によっては取扱いや在庫がないケースも考えられます。

そのため、カーリース会社のサポートがなくては満足な修理やメンテナンスを行うことができず、高額な修理代がかかることもあります。輸入車のカーリースを選ぶ際は、アフターケアもきちんと行うリースサービスかどうかを確認することが重要です。

デメリット(2)中途解約は不可

輸入車のカーリースに限りませんが、カーリースは原則的に中途解約ができません。カーリースの料金は、契約した期間利用してもらうことを前提に算出されているからです。

中途解約の場合、利用者は違約金として残りのリース料金と残価の支払いを求められるのが一般的です。自分のライフスタイルを考えて、中途解約しないで済むような年数で契約しましょう。

デメリット(3)走行距離制限がある

3つ目のデメリットは、カーリースには走行距離制限があることです。せっかく好きな車に乗っても、走行距離を気にしながら運転していては楽しくありません。

そんな心配があるときは、走行距離制限が免除されるプランのあるリースサービスを探すといいでしょう。

輸入車のトラブルやメンテナンスが心配なら

カーリースを利用すれば、高価な輸入車にも頭金や初期費用ゼロで乗れます。しかし、輸入車ならではのトラブルやメンテナンスの手間などを避けたいのであれば、国産車のカーリースがおすすめです。

国産車のカーリースなら、業界最安水準の料金の「おトクにマイカー 定額カルモくん」がおすすめです。国産メーカーの全車種・全グレードから選べ、専門家が選ぶカーリース「コストパフォーマンスの高さ(1)」「充実のサポート(2)」「納得価格(3)」の3冠を獲得*しています。

定額カルモくんについて詳しくはこちらをご覧ください。

カルモくん_詳しくみる

*調査方法:インターネット調査 調査期間:2021年2月12日~15日 調査概要:カーリース10社を対象にしたイメージ調査 調査対象:男女、全国、18~69 歳、運転免許保有、(1)(2)週1回以上運転するファイナンシャルプランナー176s、(3)カーディーラー勤務者297s 調査実施:株式会社ショッパーズアイ 比較対象企業:「カーリース」Google 検索9社(2021年1月29日10 時時点) 広告、まとめサイトなどを除く

よくある質問

Q1:輸入車はカーリースできる?

A:できます。ただし輸入車の場合、国産車よりも修理やメンテナンスに手間と費用がかかるリスクがあります。そうした意味で利用中のフォローも行ってくれるサービスかどうか見極めてから契約するのがおすすめです。

Q2:輸入車のカーリースを選ぶポイントは?

A:アフターフォローの充実度や走行距離は無制限かなどをチェックしましょう。また、乗りたいメーカーや車種を取り扱っているか、新車か中古車か、月額料金には何が含まれているかなどを比較するといいでしょう。

Q3:輸入車を扱うおすすめのカーリースは?

A:SOMPOで乗ーるもろコミ中古車リース、ノレル

※この記事の情報は2022年2月時点の情報で制作しています

関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる