ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

外車(輸入車)も自社ローンで買える?審査や利息、注意点を詳しく解説

外車(輸入車)も自社ローンで買える?審査や利息、注意点を詳しく解説

高額な外車(輸入車)でも、中古車販売店の自社ローンを使えば、月々の支払い負担を減らして乗れる可能性があります。ただし、自社ローンは一般的なカーローンとはシステムが違います。後々トラブルにならないよう、制度を十分に理解してから利用しましょう。

ここでは、外車購入に自社ローンを使うメリットや注意点、必要書類と併せて、審査に通りやすくするポイントも解説。また、自社ローンを組まずに外車に乗る方法についてもご紹介します。

  • 外車(輸入車)でも自社ローンを使って購入できる
  • 自社ローンは注意点が多いため制度を理解した上で利用する
  • 月々の負担を抑えて外車に乗るなら、カーリースという選択肢もある

外車(輸入車)も自社ローンで買える?

外車(輸入車)も自社ローンで買える?

外車(輸入車)であっても、自社ローンで買うことは可能です。ただし、自社ローンは基本的に中古車販売店が取り扱っているサービスで、ディーラーでは利用できません。自社ローンで外車を買いたい方は、以下の条件を満たす販売店を探すところから始めましょう。

  • 外車を取り扱っている
  • 自社ローンを取り扱っている

さらに、取り扱っている外車の種類や、自社ローンの融資条件なども、それぞれの販売店によって異なります。まずは、希望を満たす販売店がないか探し、希望に合致する販売店が見つかったら、在庫情報や入荷情報の中から買いたい外車を探すのがおすすめです。

そもそも自社ローンとは

自社ローンとは、おもに中古車販売店が独自に用意している分割制度のことです。また、一部、新車でも自社ローンを使える販売店もあります。

ここでは、自社ローンを利用する上で知っておきたい「審査」と「金利」について解説します。

自社ローンの審査

自社ローンでは、金融機関を通さずに販売店と顧客が独自に分割契約を結びます。審査もそれぞれの販売店独自の基準で行われますが、一般的なカーローンよりは通りやすい場合が多いでしょう。

ただし、中古車でも高額なことが多い外車は、審査が厳しくなりがちです。実践できるポイントがあれば、積極的に行いましょう。自社ローンに通りやすくするためのポイントは以下のとおりです。

自社ローンの審査を通りやすくするポイント

・頭金を多めに入れる
頭金をたくさん入れることで、「借入総額を減らす」「金銭的な余裕があるアピールになって信頼度が高まる」という2つのメリットを得られます。

生活が圧迫するほど頭金を入れる必要はありませんが、できる範囲で頭金を用意しましょう。また、たとえ高額でなくても、頭金0円よりは、頭金があるほうが審査に通りやすい傾向があります

・連帯保証人を立てる
連帯保証人とは、万一お金を借りた人が返せなくなってしまったときに、代わりに返済の義務を負う人のことです。自社ローンの中には、本人の審査が緩い分、連帯保証人を必須にしているローンもあります。連帯保証人を立てられるのであれば、審査に通る確率を上げることができるでしょう。

・収入証明書を提出する
安定した収入や貯蓄があることを証明することで、販売会社に信用してもらいやすくなります。会社員であれば給料明細や源泉徴収票、自営業者なら確定申告書など、収入があることを証明できるものを提出しましょう。

なお、自社ローンの審査基準や審査の際に重視されるポイントは販売店ごとにそれぞれ異なり、審査が緩い自社ローンであっても、その分手数料が高かったり、連帯保証人が複数必要だったりといった難点がある場合もあるため、注意しましょう。

自社ローンの金利

自社ローンは分割払いのため、金利を支払う必要はありません。その代わり、「手数料」といった名目で、購入する車両の価格に10~20%程度の上乗せがあります。具体的な手数料率は販売店によって異なるため、個別に確認しましょう。

なお、自社ローンの手数料は、マイカーローンやディーラーローンの「金利」とは計算方法が違います。一般的なローンと比較する場合は、最終的な「支払利息総額」と比べましょう。

外車を自社ローンで買うときに必要な書類

外車を自社ローンで買うときに必要な書類

外車を自社ローンで買う際に必要な書類は各販売店によって異なりますが、一般的には以下のようなものが必要になります。

  • 印鑑証明書
  • 身分証明書
  • 健康保険証
  • 住民票 など

印鑑証明書や住民票は、役所に行って取得しなければならないため、計画的に準備しておきましょう。そのほか、収入を証明できる書類や、銀行残高を証明できる書類などを求められることもあります

自社ローン以外で外車に乗る方法

外車の購入時に利用できるローンは、自社ローンのほかに、ディーラーローンや銀行のマイカーローンなどがあります。どのローンを選べば一番メリットが大きいのか、それぞれの特徴を知った上で検討しましょう。

ディーラーローン

ディーラーローンとは、車を購入するディーラーや販売店で申し込むローンです。車の購入手続きと同時にローンの申込みや契約手続きを進められるため、手間がかからないというメリットがあります。一方、金利相場は4~8%程度で銀行のマイカーローンより高めの傾向があります。

銀行のマイカーローン

銀行が提供している車専用のローンが、マイカーローンです。借りられる金額は車の購入額が上限なので、販売店やディーラーから発行される注文書などを提出する必要があります。

マイカーローンは車の契約とは別に、自分で申込みや契約手続きをしなければいけません。ディーラーローンに比べて手間がかかる上に、審査も厳しめの傾向があります。一方、金利相場は1~4%と低く、ディーラーローンよりも支払総額を抑えられる可能性が高いでしょう

ローンも初期費用も不要!月々10,000円台から新車に乗る方法はこちら

外車を自社ローンで買うメリット

ローン選ぶにあたり、審査の通りやすさや、手続きの簡単さを重視する方は、自社ローンを選ぶとメリットを得られます。それぞれ、詳しく見ていきましょう。

審査に通りやすい

自社ローンは、それぞれの販売店独自の基準で審査が行われるため、通常のローンが組めない方でも借りられる可能性があります。

「信用情報に傷がある方でも購入可能」ということをウリにしている自社ローンもあるため、ほかで断られてしまった経験があっても、諦める必要はありません。また、自営業者やフリーターなど、会社員以外の属性の方でも申し込める自社ローンも多くあります。

手続きがスムーズ

自社ローンは販売店で申込みをするため、車の購入手続きと同時にローンの契約手続きを行えます。銀行のマイカーローンのように、わざわざ申込みや契約のために金融機関窓口へ行く必要はありません。また、販売店が独自に審査を行っているため結果が出るのが早く、即日納車が可能な場合もあります。

自社ローンを利用して外車を買うときの注意点

自社ローンを利用して外車を買うときの注意点

自社ローンを利用して外車を買うときは、注意点についても理解しておきましょう。後悔することがないよう、注意点を踏まえて事前にしっかり検討しておくことが大切です。

連帯保証人が必要なことがある

自社ローンは、審査に通りやすい分、連帯保証人を求められることがあります。場合によっては2人必要なこともあるので、連帯保証人の心当たりがない方は注意が必要です。

なお、万一返済が滞ると、連帯保証人の方へ残債の請求がいってしまいます。そのため、安易に友人や知人に頼むのはおすすめできません。まずは、配偶者や親、兄弟など、家族に相談してみましょう。

返済期間が短い場合がある

自社ローンでは、返済期間もそれぞれの販売店が独自に設定しています。60回や120回といった長期返済が可能な自社ローンがある一方で、12~24回という短期間でしか契約できない自社ローンもあるため注意が必要です

外車は購入価格も高くなりがちなので、返済期間が短いと、月々の返済負担が大きくなってしまいます。長期のローンを希望する場合は、あらかじめ可能かどうか確認しておくと安心です。

高額な外車は審査が通りにくい

外車は、たとえ中古車でも販売価格が非常に高額な場合が少なくありません。そのため、どうしても自社ローンの借入額も大きくなってしまいます。比較的審査に通りやすい自社ローンですが、借入額が高くなると、それだけ審査難易度も上がることを念頭に置いておきましょう。

故障したり廃車になったりしても支払いが続く

一度組んだ自社ローンは、その後、完済するまで支払い続けなければいけません。中古の外車は故障した際のリスクが高く、修理に高額な費用がかかってしまうこともあります。しかし、不具合が起こって修理に多額の費用が必要でも、自社ローンの支払いは続きます

1年保証を付けている中古車販売店もありますが、保証が切れた後は、故障のリスクを抱えたままローンを支払うことになります。

返済が終わるまで売却できない

自社ローンを組んで外車を購入すると、完済するまでは自由に売却することができません。買い替える際は、まず、自社ローンを完済する必要があります。

なお、買取業者にローンの残債を立て替えてもらって売却する方法もありますが、売却額が残債よりも安かった場合は、差額を別途用意して支払わなければいけません。

外車に負担を抑えて乗るならカーリースという方法もある

外車に負担を抑えて乗るならカーリースという方法もある

自社ローンは、審査に通りやすいというメリットがある反面、デメリットも多い方法です。「一括で外車を買うお金はないけれど、自社ローンを組むのも不安がある……」という方は、カーリースも検討してみてください。

カーリースとは

カーリースは、リース会社から車を借りて乗る方法です。車を買うのではなく、リースすることになりますが、長期的に自分の車庫に置き、マイカーと同じように好きなときに使えます。また、支払いは月々定額のリース料金のみで、一般的なカーリースであれば初期費用や頭金は必要ありません。

取扱車種はそれぞれのカーリース会社によって異なりますが、BMWやベンツ、フォルクスワーゲンといった外車を取り扱っているカーリース会社もあります。

カーリースで外車に乗るメリット

外車に乗る際、カーリースを選択することで、購入する場合には得られないメリットを得られます。
カーリースで外車に乗るメリットは以下のとおりです。

●サポート体制が整っている
外車と国産車では、乗り心地や操作性など、さまざまな違いがあります。初めて外車に乗る方は、戸惑いを感じることもあるかもしれません。また外車の場合、国産車に比べて故障やトラブルが起こってしまうリスクも高い傾向があります。

カーリースなら、専任の担当者や24時間対応のコールセンターで、各種トラブルや疑問を相談できるため安心です。

●税金が月額料金に含まれる
自社ローンで外車を買った場合、月々の返済のほかに、自動車税や自賠責保険料を随時支払わなければいけません。一方、カーリースでは、このような費用も月額料金に含まれているのが一般的です。別途用意する必要がないため、家計の負担を抑えられるでしょう。

●メンテナンス付きプランなら維持費も定額にできる
カーリース会社の中には、車検代やエンジンオイル交換費用といったメンテナンス費用を月額料金に含められるプランを用意しているところもあります。このようなプランを利用すれば、ガソリン代以外のほとんどの維持費を一定にすることが可能です

特に、外車はメンテナンスにかかる費用が高いことから、維持費が高いといわれています。メンテナンス費用を一定にできれば、安心して乗り続けられるでしょう。

外車に乗れるカーリースは?

カーリース会社の多くは、国産車をメインに取り扱っているところがほとんどですが、外車に乗れるカーリース会社もあります。ここでは、外車を選択できるカーリース会社を3社ご紹介します。

●BMWクローズドエンド・リース
BMWの公式カーリースです。信頼度の高い公式リースを利用したい方にもおすすめです。

●NOREL
中古の外車をリースできるサービスです。中古車限定のため、どんな外車でも選べるわけではありませんが、古い外車に乗りたい方にはメリットがあるでしょう。

●SOMPOで乗―る
BMW、ベンツ、フォルクスワーゲンなどの外国の新車にリースで乗れるカーリースです。豊富なラインナップの中からグレードを選んで乗れるというメリットがあります。

上記のようなカーリース会社なら、月々定額で外車に乗れます。ただし、リース料金は車の価格に応じて決まるため、月額10~20万円前後といった非常に高額な料金がかかるケースもあります。安く外車に乗れるというわけではないという点に注意しましょう。

予算を抑えるなら日本一安い*定額カルモくんで国産車に乗ろう

カルモくん_new

元々の販売価格が高額な外車は、カーリースでも月額料金が高額になりがちです。支払い負担がかなり大きくなるため、問題なく支払い続けられるかどうか、慎重に検討する必要があります。

費用の負担を減らして車に乗るなら、国産車のカーリースも選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。国産車のカーリースであれば、外車よりもさらに豊富な選択肢の中から車を選べる上、月々の費用負担もぐっと軽減できます。

ここでは日本一安い*月々10,000円台から新車に乗れる、カーリース定額カルモくんの魅力を紹介します。

* 一般社団法人日本自動車リース協会連合会所属のすべての業者の中で、完全定額(頭金なし・ボーナス払いなし・クローズドエンド契約)で新車を個人向けにリースしているサービスにおいて月額料金が日本最安値(2021年7月13日、ステラアソシエ株式会社調べ)

全車種・全グレードの国産車から選べる

定額カルモくんでは、現在販売中のすべての国産新車の中から、好きな車種やグレードを選べます。外車はないものの、マツダ「ロードスターRF」やトヨタ「スープラ」、日産「シーマ」といった高級新車にも月々定額で乗れます。

さらに、カラーやメーカーオプションも自由に選べるため、マイカーを買うときのようにカスタマイズが可能です。

シーマ

メンテナンスプランで維持費も定額にできる

定額カルモくんでは、メンテナンスプランに加入することで車検代や定期的に発生するメンテナンス費用も月額料金に含めることができます。車にかかるほぼすべてのお金を一本化できるため、家計管理が楽になるでしょう。

また、メンテナンスプランに加入すると、メーカー保証の延長も受けられます。万一の故障や初期不良も保障されるので、安心してカーライフを送ることができます。

メンテナンスプランについて詳しく知りたい方はこちら

必要な期間を指定して契約できる

定額カルモくんでは、1年から11年のあいだの1年単位で好きな期間を選択して契約できます。そのため、「5年間はリーズナブルな国産車にリースで乗って、5年後に外車を買おう」といったマネープランの実現にも最適です。
契約期間満了後は、車を返却するだけで手続きが完了し、面倒な売却手続きやローン残債の精算なども必要ありません。手間をかけずに、希望に合った乗り方ができる柔軟性も魅力でしょう。

なお、月額料金は契約期間が長くなるほど安くなるため、できるだけ安く新車に乗りたい場合は、11年契約にするのがおすすめです。

外車に乗る方法は自社ローンだけじゃない

外車に乗る方法は、自社ローン以外にも、カーリースや一括購入などがあります。自社ローンは審査に通りやすい反面、注意点もあるため、メリットとデメリットの両面から検討しましょう。

まずは費用負担を抑えた国産車カーリースを活用して、外車の購入資金を貯めるのもおすすめです。また、外車はカーシェアリングなどで乗ることもできるため、普段は国産車カーリースを利用して、特別なときだけ外車に乗るのもひとつの方法でしょう。

定額カルモくんならリーズナブルな価格で国産の高級車にも乗ることができます。どのような車に乗れるのか気になる方は早速チェックしてみてはいかがでしょうか。

1万円台から乗れる車
カルモくんを資料で詳しく

よくある質問

Q1:外車(輸入車)も自社ローンで買える?

A:外車(輸入車)でも自社ローンで買うことはできます。ただし、自社ローンは「ローン」という名前ですが、実際には、おもに中古車販売店が取り扱っている分割購入制度です。取り扱っていない販売店もあるため、まずはどこの販売店で利用できるのかを調べて、利用できる店舗の中から希望の車を探すことになります。

Q2:自社ローンは審査に通りやすいって本当?

A:自社ローンの審査は、信販会社や銀行ではなく、販売店が独自に行います。そのため、比較的審査に通りやすい傾向があるでしょう。ただし、保証人が必要だったり、手数料が高かったりする可能性があります。審査の難易度だけでなく、条件面も事前にしっかり確認しておきましょう。

Q3:ローンを組まずに外車に乗る方法はある?

A:カーリースなら、ローンを組まずに外車に乗れます。リース料金には税金や自賠責保険料も含まれているので、車にかかる費用を均一化できるというメリットもあります。ただし、外車のカーリースは月々のリース料金が高額です。手頃な価格で乗るなら、国産車のカーリースがおすすめです。

※記事の内容は、2021年10月時点の情報で制作しています。

関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる
新車が1万円台