バッテリーの交換時期は本当に2~3年?劣化のサインと長持ちさせるコツ

バッテリーの交換時期は本当に2~3年?劣化のサインと長持ちさせるコツ
カルモくんなら新車が

バッテリーは定期的な交換が必要ですが、一般的に言われている交換時期と実際に交換したほうがいいタイミングは異なるケースも多く、適切な交換時期がわからず悩んでいる方も多いでしょう。そこで、バッテリーの交換時期の目安や、バッテリーが寿命に近づいた際の兆候を、バッテリーを長持ちさせるコツと併せてご紹介します。

【この記事のポイント】
✔バッテリーの交換目安時期は車のタイプによって異なる
✔電気系統のトラブルが起きたらバッテリーが劣化しているサインの可能性も
✔バッテリーの劣化を遅らせるには定期的なメンテナンスが大切

Group 19

車のバッテリー交換はなぜ必要?

車のバッテリー交換はなぜ必要?

車のバッテリーはスターターモーターやウィンカーといった電装品や、カーナビゲーションをはじめとする電子機器など、車のあらゆるシステムに電力を供給する蓄電池です。
車が動くためにはなくてはならない存在ですが、バッテリーは繰り返し使用することで劣化していきます。劣化したバッテリーの性能は元に戻らず、さまざまな不具合が発生するようになるため、劣化が進む前に交換が必要になります。

「バッテリーは2~3年で交換」はウソ!?

バッテリーには一般的に2~3年の保証期間があることから、交換時期の目安と思っている方も多いようです。しかし保証期間はメーカーが製品の機能や品質を保証する期間なので、必ずしも2~3年で使えなくなるわけではありません
バッテリーを交換する時期は乗り方などによっても変わってきますが、車のタイプによって概ね次のようになります。

車のタイプ交換目安時期
一般的な車2〜5年
アイドリングストップ搭載車2~3年
ハイブリッド車4~5年

 

・一般的な車のバッテリーの寿命は2~5年
一般的なガソリン車のバッテリーの寿命は、2~5年と言われています。目安時期の幅が広めなので、バッテリーの状態から交換時期を見定めることが重要になります。

・アイドリングストップ搭載車のバッテリー寿命は2~3年
環境へ配慮したアイドリングストップ搭載車は、アイドリングストップによってエンジン停止と再始動が繰り返されてバッテリーに負荷がかかりやすいことから、バッテリー寿命は2~3年と一般的な車よりも短い傾向があります。メーカーの保証期間も1年半ほどと非常に短くなっています。

・ハイブリッド車のバッテリー寿命は4~5年
ハイブリット車には、電気モーターを動かすための駆動バッテリーと、エンジン始動や車内機器を使用するための補機バッテリーの2つがついており、駆動バッテリーのメーカーの保証期間は5年程度と長めになっています。駆動バッテリーは走行するほどに容量が少なくなるため、走行距離に応じて交換時期を見定めましょう。なお、補機バッテリーの寿命は4~5年程度です。

バッテリーの交換時期を見極めるポイントは?寿命が近い5つのサイン

前項で紹介した車のバッテリーの交換時期は、一般的な目安の年数です。そのため、実際に交換すべきタイミングを見極めるには、車の状態から判断するのが望ましいでしょう。バッテリーの寿命が近づいているサインを知り、日ごろから意識しておきましょう。

1. エンジンがかかりにくい

1. エンジンがかかりにくい

車のエンジンは、バッテリーから流れた電流がセルモーターを回転させることで始動するため、エンジンの始動時には多くの電力を消費します。バッテリーが劣化するとセルモーターの回転が弱まって、エンジンのかかりが悪い、エンジンをかけるときの音が弱いといった症状が出てきます。

2. ヘッドライトが暗い

2. ヘッドライトが暗い

バッテリーが消耗すると、十分な電力供給が行われずヘッドライトが暗くなります。ただし、走行中はバッテリーが充電されることでヘッドライトに明るさが戻るので、停車時の明るさで確認しましょう。なお、LEDライトやHIDライトの場合は、ライトの明るさでバッテリーの寿命を見分けるのは難しくなります。

3. バッテリー液が変色している

3. バッテリー液が変色している

バッテリーの中に入っている液体は硫酸で、新品の状態では無色透明です。一方、使うほどに濁ってくるので、バッテリー液が変色していたらバッテリーの寿命が近いサインです。エンジンを切った状態で容器の蓋を開け、バッテリー液に濁りがないかを確認しましょう。ただし、希硫酸が皮膚につくと炎症を引き起こすおそれがあるため、業者にお願いしたほうが安心です。

4. バッテリーの電圧が下がっている

4. バッテリーの電圧が下がっている

バッテリーの適正な電圧は12.5~13V程度です。バッテリーが劣化してくると電圧が下がるため、12.5Vを下回っていれば交換が必要なサインです。バッテリーの電圧は、バッテリーのプラス端子とマイナス端子に検電テスターをあてることで計測できます。計測は必ずエンジンを止めた状態で行いましょう。

5. アイドリングストップ機能が使用できない

5. アイドリングストップ機能が使用できない

バッテリーが劣化して十分に充電できなくなると、アイドリングストップに必要な電力が不足して、機能が使えなくなることがあります。アイドリングストップ機能がONになっているにもかかわらず、信号待ちや渋滞時にエンジンが止まらない場合は、バッテリーが劣化している可能性があります。

バッテリーの消耗を早める車の乗り方と改善方法

バッテリーをできるだけ長持ちさせたいときは、日ごろの車の乗り方を意識してみましょう。次に挙げるケースに思いあたることがあれば、バッテリーの消耗を早めている可能性が高いです。できるところから改善していくことで、バッテリーの交換時期を遅らすことができます。

車に乗る頻度が少ない、短距離走行が多い

車のバッテリーは、走行してエンジンを回転させることで充電されます。そのため、車に乗る頻度が少ない場合や短い距離しか運転しない場合はバッテリーが充電不足になりやすく、消耗を早めてしまいます。また、充電が溜まっていない状態でエンジンスタートとストップを繰り返すと、充電がなくなってバッテリーが上がる可能性があります。

〈改善するには〉
定期的に長い距離を走行することで、バッテリーの消耗を防ぎやすくなります。バッテリーを十分に充電するには、1週間に1回30分程度の走行が必要です。普段あまり車に乗らないという方も、できるだけ週に1回のロングドライブを意識しましょう。

夜間に車に乗ることが多い

夜間走行では、日中の走行よりも多くのライトを使用します。ライトを使用する時間が長いと、電気の使用量が蓄電量を上回る過放電になりやすく、バッテリーの劣化が早まります。

〈改善するには〉
夜間の使用回数が減らせない場合は、電力消費量が比較的少ない電球などに変えるだけでもバッテリーの負担をやわらげることができます。

ライトやスイッチが常時ついている

ライトや電装品のスイッチが長時間ついたままの状態は、バッテリーに負担がかがります。ライトや車内機器のスイッチが入ったままエンジンをかけるのも、エンジンと車内機器の両方に電気を送る必要が生じて、バッテリーが消耗しやすくなります。

〈改善するには〉
エンジン停止中の電力は、バッテリーが溜めている電気から供給されるため、充電が不足するとバッテリー上がりを起こす可能性もあります。エンジンが止まった状態で車内機器を使用するのはできるだけ避けましょう。

電気を多く消費するアクセサリーを使用している

カーナビやドライブレコーダー、イモビライザーなど、電気の消費量が多いアクセサリーを搭載していると、バッテリーの消耗が早まります。スマートフォンやタブレットを頻繁に車で充電している場合や、カーオーディオに凝っている場合も要注意です。

〈改善するには〉
使用するアクセサリーを減らしたり、電力消費の少ないものに変えたりして、バッテリーの負担を減らしましょう。

低温や高温の環境で車に乗る

バッテリーは寒さや暑さに弱く、20〜25度程度の環境でないと本来の性能が発揮されません。とりわけ寒さには非常に弱く、外気温が0度で約20%、マイナス20度では約50%性能が低下すると言われています。また、エアコンも多くの電気を消費するため、よりバッテリーへの負担が大きくなります。

〈改善するには〉
寒い地域の場合は、寒冷地仕様のバッテリーを使用することで、寒さによる性能ダウンやバッテリー上がりを防止することができます。また、夏場は直射日光を避けられる屋根付きの駐車場に車を停めたり、冬場はカバーをしたりして、外気の影響を極力少なくする工夫も大切です。

バッテリーを劣化させないためにしておきたいメンテナンス

バッテリーを劣化させないためにしておきたいメンテナンス

バッテリーを長持ちさせるには、乗り方などに気をつけることも有効ですが、やはり日ごろのメンテナンスが重要になります。バッテリーの劣化を防ぐためにしておきたいおもなメンテナンスは、おもに次の2つになります。

1. 定期的にバッテリーの点検と補水を行う

バッテリーに充填されている硫酸は少しずつ減っていきます。液がない状態が続くと、最悪の場合は火災が発生してしまうおそれもあるため、1~6ヵ月に1度のペースでバッテリーの点検と液の残量確認を行いましょう。バッテリー液は、容器に記載されている「LOWER LEVEL」と「UPPER LEVEL」のあいだが適量です。「LOWER LEVEL」に近かい場合は、市販の補填液で補充しましょう。

2. バッテリー上がりを起こさない

バッテリーが1回でも上がってしまうと、本来の性能まで回復しなくなるだけでなく、新品との交換が必要になる場合もあります。バッテリー上がりを起こさないためにも、車内機器の使いすぎやライトの消し忘れ、室内灯が点灯したままになる半ドアなどにも十分注意しましょう。

カーリースならバッテリー交換もメンテナンスも定額にできる!

バッテリーの状態は車によって異なるため、日々のメンテナンスが重要となります。しかし、バッテリー交換をはじめ車の維持にかかるメンテナンスは、費用も手間もかかります。
できるだけ費用も手間も抑えながら、車の状態を常に快適に保つには、カーリースの利用がおすすめです。

カーリースは、月額料金で新車に乗れる新しい車の利用方法です。カーリースの定額カルモくん では、メンテナンスプランをつけることで、バッテリー交換費用はもちろん、エンジンオイルやブレーキパッド、タイヤなど、さまざまな消耗部品の交換費用が定額になります。
メンテナンスは全国30,000店舗以上の提携大手事業者から好きな業者を選んで受けられるので、面倒になりがちな定期的なメンテナンスも、自宅近くで楽に済ませることが可能になります。

カルモくんなら新車が

バッテリー交換時期はバッテリーの状態をよく確認して判断しよう!

バッテリーの寿命は、車の乗り方や日頃のメンテナンスによって延ばすことができます。とはいえ、経年劣化は避けられないため、定期的に確認をして、劣化が進む前に交換しましょう。バッテリー交換やメンテナンスの手間や費用に不安がある方は、「おトクにマイカー 定額カルモくん」のようなカーリースの利用を検討してみましょう。

よくある質問

Q1:バッテリーの交換時期の目安を教えて!

A:バッテリーの交換時期の目安は車のタイプによって異なり、一般的な車の場合は2~5年、アイドリング機能を搭載した車は2~3年、ハイブリッド車は4~5年となっています。

Q2:バッテリー交換のタイミングはどうやって見極める?

A:バッテリー交換のタイミングは、バッテリーの劣化によって起きるサインで見極めることができます。エンジンがかかりにくくなったり、停車時の光量が下がったりしたときは交換を検討したほうがいいでしょう。また、バッテリー液の濁りや電圧の低下もサインとなります。

Q3:バッテリーを長持ちさせる方法は?

A:電力の消費量が多いアクセサリーを減らしたり、エンジン停止中のライトやカーオーディオなどの使用を控えたり、1週間に1度は30分以上のドライブをするなど、バッテリーの負担を減らすとともに、定期的に点検をして、バッテリー液の補填など必要なメンテナンスを行うことです。

※記事の内容は2020年11月時点の情報で制作しています。

カルモくんなら新車が

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

タグから記事を探す

読了後バナー