ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

ローンが残っている車を売る際の手続き方法と必要書類、高く売るコツを解説

ローンが残っている車を売る際の手続き方法と必要書類、高く売るコツを解説

ローンが残っている車を売るためには、まず車の名義を確認する必要があります。名義が自分以外になっている場合は、ローンを完済して自分名義に変更しなければなりません。また、いざ車を売るとなっても、売却額がローンの残債よりも安ければ、残ったローンをどうするのかという問題も出てきます。

そこで、ローンが残っている車を売る際の手続き方法や、売却額がローンの残債を下回ってしまったときの対処法と併せて、最初からローンを組まずに車に乗る方法もご紹介します。

初期費用不要で月々10,000円台から新車に乗る方法はこちら

  • ローンが残っている車でも、名義が自分になっていれば売ることができる
  • 売却額がローンの残債を下回った場合は、差額の精算が必要
  • 買替え時の手間を省くなら手続きが簡単でローンも不要なカーリースがおすすめ

ローンが残っている車でも売ることはできる?

ローンが残っている車でも売ることはできる?

ローンが残っている車でも、売ることは可能です。
ただし、売却前に車検証の「所有者」が誰になっているのかを確認しましょう。銀行のマイカーローンを利用している方は、所有者が自分になっているはずです。この場合は、スムーズに売却することができます。

一方、ディーラーローンや信販会社でローンを組んでいる方は、名義が信販会社などになっている可能性があります。この場合、車は自分の持ち物ではないため、勝手に売ることはできません。まず、名義変更手続きを行う必要があります。

ここでは、それぞれの売却手順について詳しく解説します。

自分や家族名義の車を売る手順

車検証の「所有者」が自分や家族の名前になっている場合は、ローンが残っている車でも以下の3ステップで比較的スムーズに売却できます。それぞれ詳しく見ていきましょう。

1. 買取業者に査定を依頼する

まずは、買取業者に車の査定を依頼します。その際、ローンが残っていることを買取業者に説明したり、ローンを組んでいる銀行に連絡したりする必要はありません。

ただし、家族名義の車を売却する場合は、家族の委任状が必要です。無断で売却できるわけではないため、必ず同意を得てから査定に申し込むようにしましょう。

2. 売却手続きを行う

査定額に納得がいったら、売却手続きを行います。詳しい手順は買取業者からの案内に従いましょう。必要になる場合が多い書類は、以下のとおりです。

  • 車検証
  • 自賠責保険証
  • リサイクル券の預託証明書
  • 自動車税の納税証明書
  • 印鑑(普通車は実印、軽自動車は認印)
  • 印鑑証明書(普通車の場合)

そのほか、買取業者に指定された書類がある場合は準備しましょう。

3. 売却代金が入金される

売却手続きが完了すると、指定した口座へ売却代金が振り込まれます。
なお、売却が完了した後もローンの返済は続くため、売却代金が入金されたら、そのお金で繰上返済を行うのがおすすめです。

また、繰上返済をしても残債が残ってしまった場合は、車の買替えをするのであれば、新しい車のローンに残債を含められる可能性があります。希望する方は、新たにローンを組む金融機関などと相談しながら、手続きを進めるようにしましょう。

自分以外の名義の車を売る手順

ディーラーローンなどを利用している場合は、基本的に車の名義は自分ではなく、販売店や提携している信販会社になっています。自分や家族以外の名義の車は、名義変更をするまで売却できないため、以下の手順に沿って進めるようにしましょう。

1. 買取業者に査定を依頼する

最初のステップは自分名義の場合と同様です。まずは、買取業者に査定を依頼しましょう。なお、この段階で「ローンが残っている車でも買取可能」とうたっている業者を選んでおくと、後々の手続きをスムーズに進めやすくなります。

2-1. 査定額がローン残債を上回った場合は、そのまま売却手続きを進める

査定額がローンの残債を上回れば、売却額でローンを完済できるため、そのまま手続きを進めます。
ただし、売却するためには、まず名義変更手続きをしなければいけません。そのために、一時的に買取業者に残債を立て替えてもらう必要があります。ローンが残っていることを買取業者に伝えて、手続きをしてもらいましょう。

2-2. 査定額がローン残債を下回った場合は、差額の精算方法を決める

反対に、査定額がローンの残債を下回った場合は、差額をどのように精算するのかを決めなければいけません。残債の精算方法には、以下のようなものがあります。

  • 貯金の中から現金で支払う
  • (乗換えの場合)新しい車のローンに残債を上乗せする
  • 買取業者で残債を支払うためのローンを組む

どのような選択ができるのかは、買取業者によっても異なります。まずは相談してみることをおすすめします。

3. 名義変更手続きおよび売却手続きを行う

ローンの残債の精算方法が決まったら、車の名義変更手続きと売却手続きを行います。車の買取業者から、名義変更や売却手続きに関する案内があるため、それに従いましょう。

なお、売却手続きの際に必要になる場合が多い書類は、名義が自分の場合と同様です。そのほか、買取業者に指定された書類がある場合は別途準備するようにしましょう。

4. 差額の精算を行う

最後に、ローン残債の精算を行います。
他人名義のローンが残っている車を売却する際は、買取業者にローンの残債を立て替えてもらうことになります。そのため、入金されるのは売却額から残債を引いた金額です。査定額が全額入金されるわけではないので注意しましょう。

なお、残債を精算しきれなかったときは、あらかじめ決めておいた精算方法で残債を精算します。

ローンを組まなくても新車に乗れる方法はこちら

車の名義を変更する方法

車の名義を変更する方法

車の名義変更手続きには、自分でそろえる書類だけでなく、旧所有者に用意してもらう書類も必要です。スムーズに手続きを進めるために、早めに準備しておきましょう。なお、実際の変更手続きは陸運局で行いますが、買取業者に依頼して代行してもらうことも可能です。

車の名義変更に必要な書類

自分や家族名義以外の車を売却するためには、まず、必要書類をそろえる必要があります。書類の準備に時間がかかると査定額が変わってしまうこともあるため、早めに取り掛かりましょう。

旧所有者(信販会社など)に用意してもらわなければいけない書類と自分で用意する書類は、それぞれ以下のとおりです。

旧所有者(信販会社など)に用意してもらう書類

  • 譲渡証明書(旧所有者の実印を押印したもの)
  • 印鑑証明書(発行から3ヵ月以内のもの)
  • 委任状(旧所有者の実印を押印したもの)

自分で用意する書類(手続きを買取業者に依頼する場合)

  • 印鑑証明書(発行から3ヵ月以内のもの)
  • 委任状(新所有者の実印を押印したもの)
  • 車検証
  • 車庫証明書

自分で用意する書類(手続きを自分で行う場合)

  • 印鑑証明書(発行から3ヵ月以内のもの)
  • 車検証
  • 車庫証明書
  • 手数料納付書(運輸支局で手続き当日に取得可能)
  • 自動車税・自動車取得税申告書(運輸支局で手続き当日に取得可能)
  • 申請書(第1号様式)(運輸支局で手続き当日に取得可能)

そのほか、実印と名義変更にかかる費用を当日陸運局へ持参します。

車の名義変更にかかる費用の目安

車の名義変更にかかる費用の目安は、以下のとおりです。なお、買取店に名義変更を依頼する場合は、それぞれの店舗が定める名義変更代行料が別途かかります。

名義変更にかかる費用

  • 移転登録手数料:500円
  • 車庫証明書取得費用:3,000円程度
  • 自動車税環境性能割:車によって異なる
  • ナンバープレート代金(変更がある場合:1,500円程度)

陸運局での手続きの流れ

車の名義変更は、自分の住所(車庫証明書を取得した際の「使用の本拠の位置」)を管轄している陸運局で行います。なお、陸運局は平日昼間しか開いていません。受付時間をあらかじめ確認してから行くようにしましょう。
陸運局での手続きの流れは以下のとおりです。

1. 必要書類の記入
2. 必要な金額の印紙を購入する
3. 窓口に書類を提出する
4. 新しい車検証を受け取る
5. 税金の申告と納付をする

ローンが残っている車をできるだけ高く売るポイント

ローンが残っている車をできるだけ高く売るポイント

ローンが残っている車は、残債をすべてクリアにするためにも、できるだけ高く売りたいものです。そこで、査定額アップにつながる4つのポイントをご紹介します。

複数の業者で査定を受ける

車の買取査定は、できるだけ複数の業者で受けることで、出された査定額が妥当なものかどうか判断できたり、できるだけ査定額が高い業者を選んだりできるようになります。

また、「○○という業者では、××円だった」と他店の査定額を伝えることで、査定額のアップ交渉を行うことも可能です。ただし、多くの業者で見積りを取ろうとすると、査定が出そろうのに時間がかかってしまいます。そのあいだに買取額が変動してしまうこともあるので注意しましょう。

査定の前にお手入れをする

車の買取査定を受ける前に、洗車や車内の掃除、消臭などをしておきましょう。自分で貼ったシールや持ち込んだ備品など、購入後に設置したものは撤去しておくのが基本です。

反対に、元々車についていた付属品はすべて用意しておきます。取り外したものがあれば、元通りにしておきましょう。また、取扱説明書や車検証などの車関連の書類も準備しておくことで、高評価につながる可能性があります。

高額買取が期待できる時期を選ぶ

車の買取価格は、時期によっても変動します。高額買取が期待できるおすすめの時期は、買取店の決算・半期決算直前の1~3月と9~10月といわれています。ただし、この時期が来るのを待っていると、そのあいだに車の価値が下がってしまう可能性もあるため注意が必要です。

また、フルモデルチェンジ後は、旧型の中古車が出回りやすいため、査定額が下がる傾向があります。基本的にどの車も新しいほうが高値で売れますが、特にフルモデルチェンジが予定されている車は、その前に売却するのがおすすめです。

買い替えよりも簡単に新車に乗るには?

ローンが残っている車を売るか悩んだら

ローンが残っている車を売るか悩んだら

ローンが残っている車を売却する場合、「本当にこれでいいのか」と悩むこともあるかもしれません。売却すべきかどうか悩んだら、以下のポイントについて検討してみてください。

ローンの残債と査定額のバランス

ローンの残債が査定額を大幅に上回ってしまうようでは、売却するメリットは少ないでしょう。車を売却したにもかかわらず、その後も長期間返済を続けなければいけないとなると、金銭的な負担も大きくなります。

ローンの残債がいくらあって、いつまで支払いが続くのかということと、査定額がいくらなのかを比較して、売却のメリットがあるかどうかを検討しましょう。

車を売却することで得られるメリットはどのくらいあるか

ローンが残っている車を売却するおもな理由は、以下の2つです。

  • 別の車に買い替える
  • 車を手放す

どちらの場合も、売却によってどのくらいメリットが得られるのか検討してみてください。

例1:維持費が高いので、軽自動車に買い替えたい

買替えによって、維持費がどのくらい下がるのかをチェックしてみましょう。維持費の減少分よりも残債の負担のほうが大きいようであれば、買い替えることで損をしてしまう可能性があります。

同時に、軽自動車で本当に問題がないのか検討する必要もあるでしょう。軽自動車に買い替えたにもかかわらず、「狭くて使いづらい」「もう一度大きい車に買い替えたい」ということになると、損失が大きくなってしまいます。

例2:維持費がかかる車を手放して、レンタカーなどを随時使うようにしたい

レンタカーやカーシェアリングは、夜中に急に出かけたくなった場合などに不便なことがあります。普段の車の使い方や頻度を考えて、金銭的メリットと利便性を比較しましょう。

このように、車を使う目的や買い替える目的は人それぞれです。自分の場合のメリットと、乗り換えた後の生活に不便がないかどうかを考えましょう。

新たなローンが組めるかどうか

売却にあたって新たなローンを組むのであれば、審査に通るかどうかも重要なポイントです。元の車を売却した後、新しい車のローン審査に落ちてしまうと、車の買替えができなくなってしまいます。新たなローンを組む予定の方は、審査に通るかどうか事前に確認しておくことが大切です。

手間を省いて簡単に乗り換えるならカーリース

手間を省いて簡単に乗り換えるならカーリース

手間なく乗り換えをするなら、必要な期間だけ契約して車に乗れるカーリースがおすすめです。初期費用も不要なので、「売却額が思ったよりも低くて買い替える費用が足りない」という方でも安心です。

なお、カーリースを利用する場合も審査はありますが、カーリース独自のしくみである残価設定を行うことから、審査の対象となる金額を通常のカーローンよりも抑えることができます。そのため、新たなローンの審査に落ちてしまった方でも利用できる可能性があるでしょう。

ここでは、カーリースの3つのメリットをご紹介します。

購入するわけではないため、手続きが簡単

カーリースは、ローンを組んで車を買う場合に比べて、手続きが簡単で手軽に利用できます。

そもそも、カーリースとは車をリース会社から借りて乗るサービスです。ローンが残っている車から乗り換える場合も、新たにローンを組む必要はありません。

また契約期間満了後は、乗っていた車を返却するだけで手続きが完了します。別の車へ乗り換える場合も、ローンの精算や追加の支払いがないのでスムーズです。

月々の支払額がずっと一定

ずっと定額

カーリースは、月々定額の料金を支払うだけで自分が好きな新車に乗ることができます。頭金や初期費用、ボーナス払いなどはすべて不要なので、契約の際にまとまったお金を用意する必要がありません。

また、税金や自賠責保険料なども月額料金の中に含まれているのが一般的です。車にかかるほとんどの費用を一本化できるので、家計管理もぐっと楽になるでしょう。

マイカーと同じように好きなときに乗れる

カーリースでは、借りた車をいつでも好きなときに使うことができます。この点が、レンタカーやカーシェアリングとの大きな違いです。

曜日や時間を問わず、マイカーのように自由に乗ることができるので、不便を感じることはありません。通勤や普段の買い物、レジャーなど、好きなときに自由に使えます。

定額カルモくんなら初期費用不要で月額10,000円台から新車に乗れる!

カルモくん_new

おトクにマイカー 定額カルモくん」は、月額10,000円台から新車に乗れる、日本一安い*カーリースです。ここでは、リース期間終了後に車をもらうことも可能な定額カルモくんの3つのメリットをご紹介します。

* 一般社団法人日本自動車リース協会連合会所属のすべての業者の中で、完全定額(頭金なし・ボーナス払いなし・クローズドエンド契約)で新車を個人向けにリースしているサービスにおいて月額料金が日本最安値(2021年7月13日、ステラアソシエ株式会社調べ)

簡単な手続きですべての国産車種・グレードに乗れる!

定額カルモくんでは、すべての国産車種・グレードの中から好きな新車を選んで乗ることができます。メーカーオプションやカラーの選択も可能なので、マイカーを購入するときと同じように車選びを楽しめるでしょう。

その上、車の選択やオプションの選択、申込みはすべてネット上から行うことができます。納車の際も、自宅や指定場所まで車を届けてくれるので、忙しい方でも安心です。

豊富な選択肢が魅力!定額カルモくんで乗れる車はこちら

長期契約なら日本一安い*月額料金がさらにリーズナブルに!

定額カルモくんでは、1年から11年の幅広い選択肢の中から希望に合わせて1年単位で契約期間の選択が可能です。

カーリースの月額料金は、車両価格を契約月数で割ることで算出されるため、契約期間を長くすればするほど月額料金が安くなり、より負担を抑えてカーライフを楽しむことができるでしょう。

* 一般社団法人日本自動車リース協会連合会所属のすべての業者の中で、完全定額(頭金なし・ボーナス払いなし・クローズドエンド契約)で新車を個人向けにリースしているサービスにおいて月額料金が日本最安値(2021年7月13日、ステラアソシエ株式会社調べ)

契約期間満了後の選択肢は4つ

定額カルモくんでは、契約満了後に以下の4つの選択肢の中から、好きな方法を選べます。

  • 返却
  • 再リース
  • 乗換え
  • もらえるオプション

返却なら、車を返すだけで手続きが終わります。カーローンのように残債の精算をする必要はありません。

また、乗っていた車に引き続き乗りたい場合は再リース、乗り換えたい場合は新しい車を契約すれば完了です。その後は、また月々定額の料金を支払うだけで車に乗れます。乗り換える場合でも、契約時の初期費用などは一切かかりません。

さらに、契約時に月々500円の「もらえるオプション」をつけていた方は、乗っていた車をそのままもらうことができます。リーズナブルな料金でマイカーのように車を使えて、最後には本当にマイカーにできてしまうのは大きなメリットでしょう。

定額カルモくん_詳しく見る_追従

残債の心配をしないで車に乗るなら、ローンを組まない方法を検討しよう

ローンが残っている車や、名義が自分以外の車でも売ることは可能です。ただし、ローン残債の精算手続きが必要な点に注意するようにしましょう。ローンの精算が面倒な方や、残債の負担が大きい方は、ローンを組まずに新車に乗れるカーリースも検討してみてください。

定額カルモくんなら、カーリースを利用できるかどうか事前に確認できる「お試し審査」を受けることもできます。本契約前であればもちろんキャンセルも可能なため、まずは気軽に利用できるかどうか試してみてはいかがでしょうか。

まずは審査

LINEクルマの買い方診断

よくある質問

Q1:ローンが残っている車を売ることはできる?

A:ローンが残っている車でも、名義が自分や家族であれば売ることができます。名義が車を購入した販売店や信販会社になっている場合は、まずは完済して名義変更をしなければなりません。買取業者にローンが残っている旨を相談しましょう。

Q2:ローンが残っている車を売った場合、ローンの残債はどのように精算するの?

A:自分名義の車を売った場合は、売却後も元々のローンがそのまま残ります。売却額で繰上返済をするか、引き続き支払いをしましょう。一方、信販会社名義などの場合は、買取業者が一度残債を立て替えて完済し、その後、売却額で精算を行います。売却額がローンの残債を下回ると、差額を現金で支払うか、再度ローンを組まなければいけません。

Q3:ローンを組まずに車を買い替えるためにはどうすればいい?

A:カーリースなら、ローンを組まずに新車に乗れます。乗り換えるときも返却するだけなので、面倒な名義変更手続きや売却手続きは不要です。定額カルモくんなら月額10,000円台から豊富な種類の新車に乗ることができ、月々たった500円の「もらえるオプション」に加入することで契約満了時にそのまま車をもらうことも可能です。

※記事の内容は、2021年10月時点の情報で制作しています。

関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる
ローンを組まなくても