ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

ローン中の車を売ることはできる?必要書類や手続きの手順を徹底解説

ローン中の車を売ることはできる?必要書類や手続きの手順を徹底解説
ローン中の車を売ることはできる?必要書類や手続きの手順を徹底解説

あこがれの車がマイカーに!詳しくは資料で

新たな車に乗り換えたいときや、ローンを返済するのが難しいときなど、ローン中の車を売ることを検討するケースも あるかもしれません。ローン中の車を売る場合、どのようなことに気を付けたらいいのでしょうか。ここでは、ローン中の車を売るために必要な書類や手続きについて解説します。

なお、ローン中の車を売ることでまとまった資金を得られても、再びローンを組んで車を購入するとなると返済の負担が大きくなる可能性があります。そこで負担を抑えてお得に新車に乗る方法もご紹介します。

  • ローン中の車を売ることはできるが、名義人によって手続きが異なる
  • ローン中の車を売って新たな車に乗り換えるときは慎重に
  • 車を売った後でも、カーリースなら初期費用がかからず負担を抑えて新車に乗れる

ローン中の車を売ることはできる?

ローン中の車を売ることはできる?

車の所有者であれば、ローン中の車を売ることができます。しかし、車の所有者によって売る方法が異なるため、ローン中に車を売る場合は、正しい方法を確認する必要があります。次項から、所有者別に車の売り方を確認していきましょう。

本人や家族名義の場合にローン中の車を売る方法

カーローンを組むとなると、金融機関などから購入費用を借り入れることになるため、車の所有権はディーラーやローン会社にあるのが一般的です。

一方、銀行系カーローンの場合、車が担保とならず本人名義となることがあります。このように、ローン中に本人名義の車を売るときは、借入先に確認してから売却手続きを進めましょう。名義が契約者本人であっても、ローン完済まで車の売却が禁止されるケースがあるからです。

車の名義が本人や家族であれば、名義変更の手続きが不要なので、比較的スムーズに売却手続きを進められるでしょう。まず以下の必要書類を用意して買取業者に依頼すれば売却できます。

  • 車検証(正式には自動車検査証)
  • 自賠責保険証明書
  • 自動車納税証明書(軽自動車は軽自動車納税証明書が必要)
  • リサイクル券の預託証明書
  • 印鑑登録証明書(軽自動車の場合は不要)
  • 実印(軽自動車の場合は認印でも良い)
  • 委任状(手続きするのが本人でない場合のみ)

ローン会社やディーラー名義の場合にローン中の車を売る方法

ローン会社やディーラー名義の場合にローン中の車を売る方法

ローン中の車の名義がローン会社やディーラーの場合でも売却はできますが、自分名義の場合よりも手続きが複雑になります。ローン中の車の所有者はローン会社やディーラーであるため、ローンを完済して名義変更し、車を自分名義のものにしなければ売却できません。ローン会社やディーラー名義の車を売る手順は以下のとおりです。

1. 売却価格からローンを完済する方法を確認する

自分名義ではない場合にローン中の車を売るときは、まずローンの残債をどのように返済するのか決めましょう。車の売却価格とローンの残債額のどちらが高いのかによって対応が変わります。

●売却価格がローンの残債額より高いとき
売却価格をそのままローンの返済にあてて完済します。完済したら、名義変更の手続きを行いましょう。基本的に買取業者が手続きを代行してくれることが多いです。

●売却価格がローンの残債額より低いとき
不足分を支払い、完済する必要があります。方法としては、現金一括で支払う、新たにローンを組む、新しく購入する車のローンに組み込むことなどが挙げられます。

2. 車の名義を変更する

ローンの完済方法を決めたら、車の名義変更をします。名義変更に必要な書類は、以下のとおりです。

  • 旧所有者の実印を押した譲渡証明書
  • 新旧所有者の印鑑登録証明書
  • 新旧所有者の実印を押した委任状(代理人が申請する場合)
  • 車検証
  • 新所有者の車庫証明書(正式には自動車保管場所証明書)
  • 新所有者の実印

運輸支局の窓口で手数料納付書、自動車税申告書、申請書を受け取り、移転登録手数料分の印紙を購入し手数料納付書に添付しましょう。必要書類に不備がなければ新しい車検証が交付されます。その後、税申告窓口で自動車税申告書と新しい車検証を提出して税金を納めましょう。

3. 車買取店に売る

名義変更の手続きを済ませたら、車買取店で車を買い取ってもらいましょうディーラーより買取店のほうが高く買い取ってくれる傾向があります。さらに買取店に頼めば、疑問点などがある場合も相談しやすく、スムーズに対応してもらえるでしょう。

ローン中の車をなるべく高く売る方法

ローン中の車をなるべく高く売る方法

ローン中の車を売って新しい車に乗り換える際、高く売れれば売却額でローンを完済できる可能性があります。車を乗り換えない場合でも、車を高く売ることができれば、まとまったお金を手にできます。
ここでは、ローン中の車を高く売るためのポイントをご紹介します。

車をできるだけきれいにする

車を査定する際、できるだけきれいな状態にしておくことで査定額が上がる可能性があります。ボディは洗車し、汚れや水垢をきちんと落としておきましょう。汚れや水垢が蓄積されると落ちにくくなってしまうので、日頃からきちんと手入れをしておくのがおすすめです。

車内は掃除機などでほこりを取り除き、雑巾で軽く拭きましょう。革のシートの場合は変色しないように、から拭きで汚れを落とします。たばこやペットのにおいがあると査定額が下がる可能性があるので、消臭スプレーなどを使って対策しましょう。

なお、車体の傷を自分で修理すると逆に目立ち、査定額が下がる可能性があるため、そのままの状態にしておきましょう。

パーツやオプションについて把握しておく

乗っている車のパーツやオプションについて把握しておくと、売却時の査定額アップにつなげやすいです。純正パーツで構成されている車は、比較的高く査定される傾向があります。カスタマイズの際にパーツを交換して純正パーツを外していたとしても、売却時に車といっしょに渡しましょう。

また、その車専用に作られた純正オプションは高い査定につながりやすいです。カーナビや自動ブレーキシステム、フロアマットなど純正オプションを取り付けている場合は、査定時に伝えましょう。

車を高く売りやすい時期を狙う

車を高く売りやすい需要期に売却することで、査定額を高めることができます。中古車買取業者の決算時期前である1〜3月と9〜10月は、業者が車の在庫を多めにそろえて販売数を向上させる動きに出るため、車を高く買い取ってくれる傾向があります。

ただし、時期を狙うことで走行距離が増えたり、年をまたいで年式が古くなったりすると査定額が下がる可能性があります。ローン中の車を売るときは、高く売れる時期を把握した上で、売却益とのバランスを重視しましょう。

複数の業者で見積りを取る

複数の業者で見積りを取ることで、査定額や査定内容を比較した上で売却できます。2~3社から見積りを取り寄せることで、より良い業者を選びやすくなるでしょう。

車を売ったお金を次の車に使うなんてナンセンス!?
まとまった資金がなくても新車に乗れる方法は、こちら

貯金ゼロでもマイカー持てる!カーリースの定額カルモくんはこちら!

ローン中の車を売るべきか迷ったときにチェックすること

ローン中の車を売るべきか迷ったときにチェックすること

ローン中の車を売る方法はありますが、売ることでかえって損をする可能性もあります。ここでは、ローン中の車を売るべきかどうか迷ったときに確認すべきポイントを見ていきましょう。

ローンの残債額

ローン会社などに問い合わせをして残債額を確認しましょう。その後、無料査定を受けてローン中の車を売るといくらくらいになるのか把握します。売却額でローン残債額を無理なく支払えるようであれば、車を売ってもいいと判断できるでしょう。

一方、現金で完済できないほどローンの残債額が大きい場合、新たにローンを組んで返済していくことになります。返済額の負担が大きくなる可能性があるため、ローン中の車を売る場合は慎重に判断したほうがいいでしょう。

ローンを組むより負担を抑えて新車に乗る方法があります。
詳しくは、こちらのバナーからどうぞ

新車が10000円台

車の維持費を支払っていけるかどうか

車を維持するためには、税金や駐車場などの費用のほか、消耗品の交換や車検などのメンテナンス費用を負担する必要があります。ローンの返済に加えて維持費を支払うことが難しいという場合は、車を売るべきでしょう。

車に乗る頻度

月に数回しか車に乗らないなど、車に乗る頻度が少ない場合でも先述したように維持費を支払う必要があります。車を使う頻度が少ない場合は、ローン中でも車の売却を検討してもいいでしょう。

ローン中の車を売って新しい車を買うときの注意点

ローン中の車を売って新しい車を買うときの注意点

ローン中の車を売るという判断をした場合、新しい車に買い替える際はいくつか注意点を押さえておく必要があります。ここでは、ローン中の車を売って新しい車を買う際の注意点をご紹介します。

ローン中の車を売っても残債はなくならない

ローン中の車を売っても、ローンの返済義務はそのまま残ります。ローン中の車を売り、車を買い替えるために新たなローンを組む場合、二重ローンとなってしまう可能性があります。二重ローンとなると月々の返済額が増え、家計を圧迫してしまう可能性があるため注意が必要です。

ローンによっては返済中に売却できない場合もある

ローン中の車は、ローン会社や信販会社が所有者となっていることが多いため、基本的に名義を変更できなければ売却できません。ただし名義が契約者本人であっても、契約内容によっては返済期間中に車を売ることが禁止されているケースもあります。

ローン中の車を売る場合は、事前に契約書の内容を確認しておく必要があります。

下取りだと金額がつきにくい場合もある

ローン中の車を売る際は、ディーラーに下取りに出すというケースも少なくありません。しかし下取りに出して新しい車に乗り換えても、思うような金額がつかない可能性があります。

ディーラーは新車の販売をおもな目的としているため、下取りした中古車は代車などとして使うケースが多いです。また下取りした中古車は販路がないことが多く、ディーラーは利益を得られないため、下取り価格を安く設定する傾向があります。ディーラーに下取りに出すなら、買取業者に依頼したほうが高額で売れる可能性が高いです。

車のローンよりお得に新車に乗れるカーリースとは?

車のローンよりお得に新車に乗れるカーリースとは?

ローン中の車を売ってまとまった資金が手に入ったとしても、残債が完済できない場合は売却後も返済を続ける必要があります。車を買い替えたくても、新たに車を持つ経済的な余裕がなくなる可能性もあるでしょう。

近年、初期費用がかからず毎月定額で利用できるカーリースが注目を集めています。カーリースなら、ローン中の車を売った後でも、負担を抑えて車に乗ることができます。ここでは、カーリースの特徴を詳しく見ていきましょう。

カーリースのしくみ

カーリースの料金算出のしくみを表した図で、車両本体価格から契約満了時の想定残価を差し引いた部分を契約月数で割って、車両代の支払い分を算出していることを説明した図
カーリースの料金算出のしくみを表した図で、車両本体価格から契約満了時の想定残価を差し引いた部分を契約月数で割って、車両代の支払い分を算出していることを説明した図

カーリースは、毎月定額の料金で車に乗れるサブスクリプションサービスです。一般的に、3年、5年、7年などから契約期間を選び、その期間中は自由に乗ることができます。

カーリースの月額料金は、基本的に車両本体価格から契約終了時の車の価値、つまり残価を差し引いた金額を基に算出されます。このしくみにより、安価な料金で車に乗れるのが特徴です。

月額料金に車の維持費を含められる

ローンを組んで車を購入する場合は、ローンの返済とは別に各種税金や自賠責保険料といった初期費用が必要です。また、車の維持費を支払う必要があります。カーリースの月額料金には初期費用が含まれる上に、リース会社によっては車の維持費も定額にできる場合があります。

維持費が支払えるかどうかが不安でローン中の車を売るというケースでも、カーリースを利用すれば維持費のためにまとまった費用を用意することもありません。

定額カルモくんなら業界最安水準の料金*でお得に新車に乗れる

カルモくん_new

数あるカーリースの中でもおトクにマイカー 定額カルモくん」は、業界最安水準の料金*で負担を抑えて新車に乗れるのが特徴です。ローン中に車を売却した後でも、ローンを組むことなく車に乗り換えられます。ここでは、定額カルモくんの特徴をご紹介します。

*文末の制作日における調査結果に基づく。調査概要はコンテンツポリシー参照

初期費用がなくても月々10,000円台から新車に乗れる

定額カルモくんを利用すれば、初期費用なし、ボーナス払いなしで、車検費用込みでも月々10,000円台から新車に乗れます。購入時のように初期費用としてまとまった資金を支払う必要もなく、格安料金で利用できるのが魅力です。ローン中の車を売った後、残債を返済しながらでも無理なく新しい車に乗れるでしょう。

また、カーリースの利用には審査が必要ですが、残価設定がある分、ローンの審査よりもハードルが低いといわれています。
定額カルモくんには、オンラインから5分程度で手軽にできる「お試し審査」があります。審査を通過しても契約にはならないので、リースが利用できるかどうか気になる方は、気軽に試してみてはいかがでしょうか。

まずは審査

メンテナンスプランを追加すれば維持費も定額にできる

定額カルモくんはメンテナンスプランに加入することで、月額料金に車検代や消耗品交換費用などの維持費をカバーできるのが特徴です。ローンを組むと、利息を含めた返済額のほかに車の維持費などを支払う必要があります。一方、定額カルモくんなら車に関する費用の管理がしやすく、修理や車検の度に大きな費用を支払う必要もありません。

面倒な手続きの負担を抑えて契約満了後に車をもらえる

定額カルモくんは、7年以上の契約で月々500円をプラスすることで「もらえるオプション」に加入できます。「もらえるオプション」に入れば、契約満了時に車をそのままもらえます。車の返却時に原状回復をする必要がないので安心して乗れる上、カスタマイズもできるようになります。

所有権が自分にない場合にローン中の車を売るとなると、名義変更などの煩雑な手続きをしなければなりません。しかし、定額カルモくんの「もらえるオプション」なら面倒な手続きの負担がなく、契約満了後には手軽に車が自分のものとなります。マイカーのように新車に乗りたい方には最適のオプションといえるでしょう。

サービス資料(パンフレット)もございます。

サービスガイド

カーローンで購入した場合との費用比較や、大手リース他社とのサービス・料金比較、素朴な疑問への回答など、詳しくご紹介しています。

カルモくんを資料で詳しく

ローン中の車を売るかどうかは慎重に決めよう

ローン中の車を売ることは可能ですが、所有権が自分にある場合とローン会社などにある場合で手続きの方法が変わります。ローン中に車を売った後、新たな車のローンの返済で家計を圧迫する可能性もあります。そのため、車の売却額とローンの残債を比較して、無理なく完済できるよう慎重に計画を立てなければなりません。

一方、毎月定額で新車に乗れるカーリースなら、初期費用がかからず負担を抑えることができます。定額カルモくんの「もらえるオプション」に加入すれば、手軽な手続きで契約満了時に車が自分のものとなる上、契約年数も1~11年のあいだで1年単位で設定できます。気になる方は、ぜひ利用を検討してみてください。

定額カルモくんの「お試し審査」なら、審査通過後もキャンセルができます。
とりあえず審査に通過できるかどうか試したいという方はこちらからどうぞ

3車種からお試し_追従

よくある質問

Q1:ローン中の車を売ることはできる?

A:ローン中の車を売ることはできますが、車の名義人によって手続きが異なります。名義が自分や家族の場合は必要書類をそろえて買取店に依頼します。一方、ローン会社やディーラーなどに名義がある場合はローンを完済し、車の名義を変更してから売却しなければなりません。

Q2:ローン中の車を売るときの注意点は?

A:ローン中の車を売ったとしても、ローンの残債がなくなるわけではありません。ローン残債は現金一括払い、別のローンを組むなどして完済する必要があります。ローン中の車を売るときは、売った後のことも考慮してきちんと返済計画を立てる必要があります。

Q3:カーローンより負担を抑えて新車に乗る方法はある?

A:カーリースなら、初期費用がかからず負担を抑えて新車に乗れます。中でも、定額カルモくんなら月々10,000円台から新車に乗れます。さらにメンテナンスプランをつければ車の維持費を月額料金に含められるため、突発的な出費を気にすることもありません。

※記事の内容は2021年9月時点の情報で執筆しています。

関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる

お得なクルマ情報が届く_リース&カルモの最新情報も!_LINEで受け取る