ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

車一括査定サイトおすすめランキング【2024年】利用者の選ぶポイントや失敗した口コミも紹介

【車一括査定サイトおすすめランキング】利用者147人に聞いた失敗・後悔した口コミも紹介
【車一括査定サイトおすすめランキング】利用者147人に聞いた失敗・後悔した口コミも紹介

車を少しでも高く売るには、買取業者1社への依頼よりも自動的に競り合いが起こる車一括査定サイトがおすすめです。

ただし、電話が非常に多くかかってくるなど一括査定ならではのデメリットもあります。本記事では一括査定サイト利用者へ各社の口コミから失敗・後悔した点をアンケートで聞きこみ。

また、各一括査定サイトの特徴を点数化しランキングにしました。査定時の失敗をしないために一括査定の選ぶポイントや各社の特徴を理解しましょう。

クルマの専門家・若林由晃
クルマの専門家・若林由晃

車の買取は中古車買取業者1社だけではなく、車一括査定サイトでの申込が主流になりつつあります。その分、一括査定サイトも増えてきているため何を参考に選ぶべきか分かりづらくなっています。査定を出す前にどのような点を抑えておくべきか解説します。

車一括査定サイトのランキング結果

車一括査定とは? メリットは何?

車一括査定とは、一度に複数の車買取業者へ査定依頼を行えるサービスです。1社のみの査定だと、自身の車の適正価格がわからず結果的に損をしてしまう可能性も。

より高額な買取を目指す場合、複数の業者へ査定依頼することが重要です。ただし複数社への個別依頼となると、都度各社へ査定依頼の電話を行い個人情報や車の状態などを伝える必要があり、時間と労力が必要となります。

車一括査定とは? メリットは何?

一括査定サイトを通した場合、情報をWebで入力するだけで数10社へ査定依頼をかけることができ、手間が省けます。

車一括査定とは? メリットは何?

つまり、一括査定サイトを利用するメリットは、「高額査定が期待できる」「個別で複数社へ依頼する手間が省ける」の2点です。

ランキングを見る ▼

車一括査定のデメリット

「車一括査定のデメリット」について解説する項目の見出し

大きなメリットがある一方で以下デメリットがあります。

・電話が頻繁にかかってくる

・複数業者との査定日程調整が必要

・キャンセル料が発生する場合がある

電話が鳴り止まない

申込をした後すぐに各買取業者からの電話がくるため、時間に余裕がないタイミングで登録してしまうと、かなりストレスです。業者側も電話が繋がるまでかけようと連絡をします。その前提で時間がある時の査定申込をおすすめします。

実際に一括査定サイト利用者へ名へ聞いた「利用して不満・後悔したポイント」では、「電話がしつこい」が1位になりました。

なお、最近では「カーセンサー」に「メール希望」の機能が付いたため、完全に電話を0にできるわけではありませんが、「大量の電話はちょっと…」という方は「カーセンサー」がおすすめです。また「MOTA(モータ)車買取」は査定価格の高い3社のみとのやり取りになるので、交渉は電話でしたいけど、業者は少ないに限るという人におすすめ。

複数業者との日程調整

個別で複数社に査定依頼をするよりも手間を省けますが、一括査定も依頼が決まった複数社に査定を実施してもらうため、各社との日程調整が必要になります。

クルマの専門家・若林由晃
クルマの専門家・若林由晃

どうしてもやり取りを減らしたい人は「オークション」形式も選べる一括査定サイトがいいでしょう。ただし、直接交渉ができないため、交渉で少しでも高額を狙いたい人は、通常の一括査定が良いです。

「一括査定」と「オークション」の違いは記事内のコチラで紹介しています。

キャンセル料が発生する場合もある

一括査定では直接の査定を行ったり、場合によってはWeb査定実施の時点でキャンセル料が発生するケースもあります。

買取業者が査定員を派遣したり、査定書を作成したりと手間がかかっているためです。「MOTA車買取」は引渡し日の翌日までは無料でキャンセル可能です。

クルマの専門家・若林由晃
クルマの専門家・若林由晃

必ずしも一括査定サイトを利用する必要はありません。高額査定以上に車を早く売却したいという目的を重視するなら、中古車の買取業者1社に絞る方が手間は少ないです。車を売却する目的を明確にしておくとよいでしょう。

以下の記事では中古車買取業者の特徴や口コミをまとめているので参考にしてください。

「239人が選んだ中古車買取業者ランキング」のより詳しい解説はこちら。

車一括査定サイトおすすめランキング

車一括査定サイトおすすめランキング

一括査定サイト
(評価点)
lapin
カーセンサー
(15点/17点)
lapin
MOTA車買取
(13点/17点)
lapin
ナビクル
(12点/17点)
カービュー
(10点/17点)
ズバット 買取比較
(9点/17点)
提携業者数1,000社以上1,000社以上300社以上278社
最大査定数30社20社10社10社10社
連絡手段電話/メール
(メール指定可)
電話
(上位3社のみ)
電話/メール
(指定不可)
電話/メール
(指定不可)
電話/メール
(指定不可)
JPUC加入 ※
業者選択可否
利用実績470万500万人250万人
おすすめポイント電話の時間指定が可能
最大同時査定数は30社!
オークション形式も選べる
高額査定3社のみと電話
キャンセルは引渡し翌日まで無料
キャンセルは一括で可能
査定後すぐに査定相場をお知らせ
利用実績が業界最多クラス
運営元はLINEヤフー株式会社
査定前に愛車の相場がわかる

※「JPUC(一般社団法人 日本自動車購入協会)」は車買取業界の健全な発展を目的にできた組織

評価の詳細を見る(タップする)
点数の付け方 
最多査定数10社以上:3点
20社以上:4点
30社以上:5点
連絡手段1つ:3点
2つ:5点
独自サービス1つ:3点
2つ:5点
JPUC加入加入:1点
非加入:0点
業者選択可否選択可能:1点
選択付加:0点
評価軸カーセンサーMOTA車買取ナビクルカービューズバッと買取比較
最大同時査定数5点4点3点3点3点
連絡手段5点3点5点5点5点
独自サービス3点5点3点0点0点
JPUC加入可否1点
0点1点1点1点
業者選択可否1点1点0点1点0点
合計得点15点13点12点10点9点
(独自サービス)メール希望可能上位3社のみとのやり取り
キャンセルが無条件に無料で可能
一括キャンセルが可能--

1位:カーセンサー

1位:カーセンサー

出典元:カーセンサー

  • 業者選定ができる
  • 電話の時間帯やメール連絡希望を出せる
  • オークション形式も選択できる
提携業者数1,000社以上
最大査定数30社
連絡手段電話/メール
(メール指定可能)
JPUC加入
業者選択可否
利用実績

「カーセンサー」は高額査定に繋がりやすい最大同時査定数が業界トップの30社。電話を0にはできませんが、ほか業者と異なり電話の時間帯希望やメール連絡希望を出せるなど、利用のストレスを減らしてくれるのは嬉しいポイント。

事前の業者選択も可能なため、大手2~3社だけへの査定に絞るということも可能です。

また売却方法を選択できるため、高額査定を最重視の方は交渉が可能な「一括査定」、電話を1社のみにしたい方は「オークション」形式にするといった選択の幅もあるのが特徴。

50代 男性 会社員 「連絡時間の希望を出せるのが便利」
50代 男性 会社員 「連絡時間の希望を出せるのが便利」

提携業者数が多いので最適な買取り業者を見つけやすく、専用サイトにて連絡可能な時間希望をだせる機能が便利だった。

30代 男性 会社員 「提携業者数が多く地域に限らず対応してもらえた」
30代 男性 会社員 「提携業者数が多く地域に限らず対応してもらえた」

提携している買取業者が多くて同時査定社数が多いから、複数の業者を比較できる所が良かった。あと全国に対応していて、住んでいる地域に関わらず対応してくれる点も良かった。

30代 女性 主婦 「キャンセルは各業者ごとに連絡するのが面倒だった」
30代 女性 主婦 「キャンセルは各業者ごとに連絡するのが面倒だった」

一度申し込みをしてしまうとキャンセルができなくなってしまうことです。自分でいくつかの業者にキャンセルを伝えなければならないのは面倒に感じてしまいました。

50代 男性 フリーランス 「カーセンサー経由が一番高額買取だった」」
50代 男性 フリーランス 「カーセンサー経由が一番高額買取だった」」

ディーラーや近中古車買取の業者に見てもらっても、納得の行かない理由で査定額を下げられてネットで一括査定を複数依頼してみたところカーセンサーが一番高値での買取をしてもらうことになりました。 査定の業者の方には、見積もりに出した金額を包み隠さず提示したのが良かったと思う。

カーセンサーでWeb査定する

「カーセンサー利用者50名の口コミ」のより詳しい内容はこちら。

2位:MOTA車買取

MOTA車買取

  • やりとりは最大3社のみ
  • キャンセルが無料で可能
  • 電話の前に査定結果がわかる
提携業者数1,000社以上
最大査定数20社
連絡手段電話
(買取価格の高い3社とのみ)
JPUC加入
業者選択可否
利用実績

「MOTA車買取」は「買取価格の高い上位3社だけ」とのやりとりに絞れる便利な車一括査定サイトです。

メールのみとなっていまうと情報量が乏しくなり交渉がしづらくなりますが、電話の場合、直接の会話となるので交渉スピードが早く、より高額にもっていきやすいです。

ただし10社以上となると交渉も手間と時間がかかってしまうので、上位3社とのやりとりであれば、調整しやすいでしょう。

通常、査定申込後はキャンセルできない、キャンセル料金がかかるケースが多いですが、「MOTA車買取」は“売買契約後でも無料・無条件でキャンセル可能“です。車両引き渡しの翌日までは無料でキャンセル可能と他サイトよりもキャンセルに対してのハードルが低いため、一括査定が初めての方には特におすすめ。

また申込の翌日18時までに上位3社の査定結果がメールで送られてきます。電話の前におよその査定額がわかるため、交渉の準備もしやすいです。

20代 女性 会社員 「電話が3社のみで営業もなかった」
20代 女性 会社員 「電話が3社のみで営業もなかった」

今まで車買取でその度に店舗に持っていって査定してもらっていて、査定にも結構時間がかかっていたのですが、MOTAは翌日には査定結果が出てとても早くだいぶ時短になりました。金額も高額な3社からしか電話がかかってこなくて、営業電話もしつこくなくて、とても良かったです。

30代 女性 会社員 「見積もり額分かるのが即日でなかった」
30代 女性 会社員 「見積もり額分かるのが即日でなかった」

後悔したことは特にないですが、敢えて言えば見積もり額が出るまでに1日かかったこと。

30代 男性 会社員 「無料キャンセルに安心感があった」
30代 男性 会社員 「無料キャンセルに安心感があった」

売買契約成立後でも無料キャンセル可能」というのが他社ではない安心感だったので査定に出しました。どこに出しても電話は結構あるのですが、元から査定価格の高い上位とのみの電話なので交渉もしやすかったです。

30代 男性 会社員 「振込までもっと早ければよかった」
30代 男性 会社員 「振込までもっと早ければよかった」

もっとスピーディーに査定から、契約、振込までできたら良かったと思う。少し振込まで時間がかかったことがマイナス

MOTA車買取でWeb査定する

「MOTA利用者50名の口コミ」のより詳しい内容はこちら。

3位:ナビクル

3位:ナビクル

出典元:ナビクル

  • 査定後すぐに査定相場がわかる
  • キャンセルが電話一本で可能
提携業者数-
最大査定数10社
連絡手段電話/メール
JPUC加入
業者選択可否
利用実績250万人

「ナビクル」は査定後すぐに該当車種の相場額をお知らせしてくれるため、複数業者から電話営業があっても、焦って低すぎる金額での売却という結果にはなりません。

またキャンセルする場合、通常は査定のやり取りをした複数業者へ直接キャンセル連絡が必要になりますが、「ナビクル」は各社連絡は不要。「ナビクル」への1本の電話で一括キャンセルしてくれます。

40代 男性 会社員 「相場がすぐに分かって助かった」
40代 男性 会社員 「相場がすぐに分かって助かった」

一括査定の申し込みをする同時に相場価格が分かるので、その後の査定額に対して目安にしやすかったのは非常に助かりました。

50代 男性 会社員 「電話が鳴りっぱなしになって嫌だった」
50代 男性 会社員 「電話が鳴りっぱなしになって嫌だった」

入力したらすぐに中古車会社から立て続けに電話があり、嫌になった。引き続き各社の買い取り業者から電話が鳴りっぱなしでした。

20代 女性 会社員 「審査もスムーズで査定額も満足」
20代 女性 会社員 「審査もスムーズで査定額も満足」

親戚の叔父が自動車整備士として働いており、車についての悩みと買い替えたい事を伝えるとナビクルを勧められました。審査もスムーズな対応で査定額にも満足しています。

40代 男性 フリーランス 「業者の選定ができなかった」
40代 男性 フリーランス 「業者の選定ができなかった」

他の車一括査定は依頼したくない買取業者を外せますが、査定してくれる業者の選択ができないところが残念でした。

ナビクルでWeb査定する

4位:カービュー

4位:カービュー

出典元:カービュー

  • 実績の多い大手業者
  • 安心のJPUC加入業者
提携業者数300社以上
最大査定数10社
連絡手段電話/メール
JPUC加入
業者選択可否
利用実績500万人

車一括査定サイトの老舗「カービュー」は、利用実績数が業界トップクラスの500万人以上です。

運営元も「LINEヤフー株式会社」と大手で、「JPUC」への加盟もしているため安心感があります。

20年以上の歴史を誇る「カービュー」は「ガリバー」や「ネクステージ」など大手の業者から地域密着型業者まで幅広い提携先を持っています。

30代 男性 フリーランス 「古いタイプの車でも満足いく買取額だった」
30代 男性 フリーランス 「古いタイプの車でも満足いく買取額だった」

かなり古いタイプの車だったけど、その割にいい値段で買取できる業者をすぐに探せたので良かったです。

30代 男性 会社員 「連絡が多く大変だった」
30代 男性 会社員 「連絡が多く大変だった」

登録した瞬間にメールや電話が一斉に来て日程を調整するのが手間だったこと。

40代 男性 会社員 「各業者へ依頼する手間が省け楽だった」
40代 男性 会社員 「各業者へ依頼する手間が省け楽だった」

一括査定で、各業者に個別に連絡する手間が省け、時間も節約できました。

40代 男性 会社員 「もっと慎重に進めれば良かった」
40代 男性 会社員 「もっと慎重に進めれば良かった」

数社の査定をみてどこにすればよいか迷い、どこが良いかあまりわからずに買取をお願いしてしまい、あとから別のところにすれば良かったなと思ったことはありました。

カービューでWeb査定する

5位:ズバット 買取比較

  • 32秒の簡単入力で査定可能
  • 6ヶ月先までの買取相場がわかる
提携業者数278社以上
最大査定数10社
連絡手段電話/メール
JPUC加入
業者選択可否
利用実績250万人

「ズバット 買取比較」では査定に出す前に、車種や年式、走行距離やカラーなどを入れることで、現在の査定相場と今後6ヵ月間の査定相場の変動予測を教えてくれます。

事前に相場目安が分かるため、最初の査定電話がかかってきても安心して金額相談できるでしょう。またサイトの使い方から、高額査定テクニックなど多くの情報が掲載されているので一括査定が初めての人も使いやすいです。

サイト内で「車売却のきっかけ」や「売却・乗り替えの工夫ポイント」などを多くの人にインタビューしているので、査定はせずとも色んな人の意見や経験を見て学べます。

40代 男性 会社員 「一気に複数社へ依頼できるので楽」
40代 男性 会社員 「一気に複数社へ依頼できるので楽」

色々な会社の査定を一気に受けることができること。各社に同じような質問をされなくて済む。

60代 男性 フリーランス 「営業電話が多すぎる」
60代 男性 フリーランス 「営業電話が多すぎる」

営業電話がとんでもなく恐ろしいほど入った。以来、この手のサービスには警戒しています。

30代 男性 会社員 「楽に高額売却につながった」
30代 男性 会社員 「楽に高額売却につながった」

複数業者で簡単に査定ができて、1番高額で売却することができてよかった。

40代 男性 会社員 「とにかく電話が多い」
40代 男性 会社員 「とにかく電話が多い」

買い取りが確定するまでに、各社から多くの電話連絡が入ること。メールでの対応をお願いしても会社によってはしつこく電話が入る。

ズバット 買取比較でWeb査定する

車一括査定サイトを選ぶ際のポイント【専門家アドバイスあり】

 

「車一括査定サイトを選ぶ際のポイント【専門家アドバイスあり】」について解説する項目の見出し

これまで一家査定サイトのおすすめランキングを紹介しましたが、利用者によって最も適した一括査定サイトは異なります。

以下の点をチェック・比較すると失敗しづらいでしょう。

  • 提携業者数と最大査定数
  • 連絡手段の豊富さ
  • 業界における信頼性の高さ
  • キャンセル規定と料金

提携業者と最大同時査定数

提携業者の数が多いほど大手から中小まで様々な買取業者が査定に参加します。必然的に選択肢が増えるので、自分に合う買取業者に出会える可能性が高まります。

また同時査定数が多いほど、業者同士の競い合いが激しくなり、高額査定となる傾向も。

クルマの専門家・若林由晃
クルマの専門家・若林由晃

ただし、同時査定数を多くするほど業者数が増えるため電話の数が増えます。電話を極力減らしたい場合は「オークション」形式がおすすめです。

連絡手段の豊富さ

ほとんどの車一括査定サイトが電話での連絡となります。査定の申込をしたとたん、営業電話が鳴り止まないなんてことも。

高額査定を狙うためにも各社との調整は必要ですが、ここにストレスを抱えるケースが多いため、連絡手段が豊富な業者を選ぶことをおすすめします。

その場合、「メール希望」や「電話時間帯の希望」の出せる「カーセンサー」か買取価格の高い上位3社のみとやりとりができる「MOTA車買取」が良いでしょう。

業界における信頼性の高さ

口コミも参考にはなりますが、車の査定は交渉する利用者によって金額が変わります。そのため口コミも参考にはしつつ、数値や信頼のおける客観的な情報も参考にすべきです。

クルマの専門家・若林由晃
クルマの専門家・若林由晃

業界における信頼性を確認するには「利用実績者数」「JPUCへの加盟可否」は特にわかりやすい指標となります。

「JPUC(一般社団法人 日本自動車購入協会)」とは、「キャンセルに伴うトラブル」や「契約締結後の減額交渉」などの被害を防ぐため、業界の健全な発展を目的にできた組織です。

そのため、上記に加盟している業者であれば、査定におけるトラブルが起きづらく安心です。

「車一括査定サイト比較のために色々情報を集めたけど、中々決められない」という場合は上記のような指標を参考にすると判断しやすいです。

キャンセル規定と料金

車の査定申込後はキャンセルできないケースが多いです。また口頭契約でも法律上の契約とみなされるため、電話でのやりとりでも契約は成立します。

思わぬケースで契約をキャンセルしたいということもあるため、キャンセル規定やキャンセル料金については事前に確認しておきましょう。

「MOTA車買取」は車引渡し翌日まで無料でキャンセル可能、「ナビクル」は電話一本で一括キャンセル可能です。

なお、アンケート調査の結果、利用者の一括査定サイト決め手は1位「知名度」、2位「評判」、3位「最大同時査定数」の結果になりました。

車一括査定サイトを選ぶ際のポイント【専門家アドバイスあり】

まずは知っているような会社が安心感に繋がるというのは納得。その後は失敗しないためにも「評判」、また高額査定に繋がりやすい「最大同時査定数」も同じ程度に重視されていることが分かります。

利用者の決め手も参考にしつつ、この記事における選ぶポイントを合わせてチェックするとよいでしょう。

車一括査定サイトのランキング表

車一括査定サイト利用の流れ

車一括査定サイト利用の流れ

車一括査定サイトを利用する流れは難しくありません。

一括査定をしたいサイトが決まったら、Webの査定申込みページで「ブランド」や「車種」、「走行年数」などの情報を入力し申込。

その後、電話やメールで連絡の来た業者と査定日を調整し、店舗か自宅での実車査定をしてもらいましょう。

クルマの専門家・若林由晃
クルマの専門家・若林由晃

複数業者に同じタイミングで査定に来てもらうということも可能です。一気に査定を行ってもらうことで時間や手間削減に繋がります。

最終的に査定額が最も高い業者と売買契約を進める流れとなります。

以下書類が必要書類となるため、事前に用意しておくと手続き・入金までが早くなります。

普通車に必要な書類軽自動車に必要な書類
自動車検査証(車検証)自動車検査証(車検証)
自賠責保険証明書自賠責保険証明書
自動車リサイクル券自動車リサイクル券
振込口座情報振込口座情報
自動車納税証明書軽自動車納税証明書
印鑑登録証明書印鑑(認印可)
実印
譲渡証明書
委任状

一括査定で愛車を高く売る

営業電話を避けたい人におすすめ!オークション形式の一括査定

「営業電話を避けたい人におすすめ!オークション形式の一括査定」について解説する項目の見出し

車一括査定サイトでは申込をしたらすぐに電話がたくさんかかってきます。直接の交渉などが苦手な方や忙しくて電話対応する余裕がない人は「オークション」形式がおすすめです。

「オークション」形式であれば、電話をするのはオークションサービスの窓口担当のみとなり、やりとりのストレスは少なくなります。

営業電話を避けたい人におすすめ!オークション形式の一括査定

査定もオークション会社のみが行うため、複数業者との日程調整をせずに済むので、工数が減るという点では大きなメリットです。

ただし、オークションの場合は、事前に車の査定士が車を確認し、その後決まった日時でオークションがスタートするという流れになるため、売却まで時間がかかります。早めに車の売却をされたい場合は、一括査定サイトを利用するのがよいです。

またオークション形式となるため、車の価値によって「落札されない」という可能性があることも理解しておきましょう。以下では代表的なオークション形式の一括査定サイトを紹介します。

楽天Car車買取

楽天Car車買取

出典元:楽天Car車買取

参加業者数2,000社
対応エリア全国エリア
成約手数料22,000円(税込)
(成約時)
おすすめポイント売却成約で楽天ポイント1,000ポイント

楽天グループの運営する「楽天Car車買取」では、買取業者の競り合いがリアルタイムで見れるのが特徴。買取成約時には楽天ポイントが1,000ポイントもらえる楽天グループならでは仕組みもあります。

事前に最低落札価格を設定できるため、想像以上に安く売却することになってしまったという心配はありません。ただし、オークション出品前のキャンセルは10,000円(税込)がかかります。

楽天Car車買取でオークションに出す

ユーカーパック

参加業者数8,000社
対応エリア全国エリア
成約手数料手数料完全無料
おすすめポイント参加販売店の数が国内最大級
手数料が完全無料

「ユーカーパック」は「オークション」形式では国内トップクラスの参加業者数で、その数は8,000です。地方の場合、一括査定サイトではエリア対象外となり、業者からの連絡が全然来ないというケースもありますが、「ユーカーパック」は全国対応しているので安心です。

査定~成約まで手数料は完全無料なのも嬉しいポイント。

ユーカーパックでオークションに出す

「ユーカーパック利用者の口コミ」のより詳しい内容はこちら。

一括査定と比べると「オークション」形式は最低落札価格を決められる分、売却時に最低限の買取価格にはなります。ただし直接の交渉ができない分「オークション」形式のほうが、買取金額は低い傾向にあります。

車一括査定サイトのメリット・デメリットと比較してどちらを利用するかを検討しましょう。以下では各車買取業者について詳しく比較解説しています。

「239人が選んだ中古車買取業者ランキング」のより詳しい解説はこちら。

利用者の失敗・後悔した口コミ

利用者の失敗・後悔した口コミ

車一括査定サイト利用者へ、利用した上での不満・後悔した点を聞いてみた結果、「電話がしつこい」が1位の結果に。

電話が苦手な人はメール希望も出せる「カーセンサー」ややりとりが最大3社のみとなる「MOTA車買取」へ依頼するのがおすすめです。

30代 男性 会社員 売却車種:<span>ホンダ「フィット</span>」
30代 男性 会社員 売却車種:ホンダ「フィット

電話番号などの個人情報を登録して査定依頼をするので、営業の電話が頻繁にかかってくることが不満です。査定を依頼してから1ヵ月くらいはかなりの頻度でかかってきました。

30代 男性 会社員 売却車種:<span>トヨタ「プレミオ</span>」
30代 男性 会社員 売却車種:トヨタ「プレミオ

一括査定を申し込んでからかなり多くのところから直ぐに連絡が来て鳴りやまずややしつこい感じがして不快になった。

2位は査定額への不満。これは一括査定サイトだからという理由よりも、通常の買取業者への査定依頼でも同様に不満として出やすいです。最初からMAXの査定額で交渉をしてくる業者はいないため、利用者からすると期待より低く感じてしまいます。

その後の査定額の結果は交渉次第な部分もあるため、まずは愛車の相場を事前に確認しておきましょう。

「その他」では、「キャンセルができない」「業者の選択ができない」「日程調整が手間」などの意見が見られました。なお、今回のアンケートでは不満を持った人の意見のみを記載しており、多くの人は「特になし」の結果となりました。

一括査定で愛車を高く売る

利用者の使って良かった口コミ

利用者の使って良かった口コミ

20代 女性 学生 売却車種:<span>トヨタ「カローラ アクシオ</span>」
20代 女性 学生 売却車種:トヨタ「カローラ アクシオ

車を売るのに査定に時間がかかるのは嫌だったのでカーセンサーを利用すると、年式や走行距離、車種を入力するだけで簡単に申し込めてすぐに連絡もきたのでよかったです。

40代 男性 会社員 売却車種:<span>三菱「パジェロ</span>」
40代 男性 会社員 売却車種:三菱「パジェロ

色々な業者に一括で依頼をかけれたので、申し込む手間が省けました。また、査定価格も比較検討できましたので、一番高い金額で売却できた点です。

30代 女性 主婦 売却車種<span>:トヨタ「アクア</span>」
30代 女性 主婦 売却車種:トヨタ「アクア

複数の業者に一括で査定依頼ができるため、一番高く売れる業者を選ぶことができる。また、業者間で競わせることによって、査定額を上げることができる

30代 女性 会社員 売却車種:<span>マツダ「CX-60</span>」
30代 女性 会社員 売却車種:マツダ「CX-60

トップページで売却したい愛車の情報、売却先地域をすぐに設定できた点が良かったです。迅速に最寄りの売却先と買取金額の提示もされたおかげで、希望に見合った価格で手放すことができました。

なんといっても、車一括査定サイトのメリットは手間を省いて複数業者への依頼が可能な点です。

複数業者への依頼がないと、後から「他の業者にも査定に出しておけば、もっと高く売れていたかも?」といった後悔が残りやすいです。

最速で車の売却をされたい方は買取業者1社への依頼がおすすめですが、時間に余裕がある場合は、一括査定サイトを利用すれば査定額に満足できる買取ができるでしょう。

一括査定で愛車を高く売る

車一括査定サイトでよくある質問一覧

Q1:車一括査定サイトのメリット・デメリットは?

メリットは、「高額査定が期待できる」「個別で複数社へ依頼する手間が省ける」ことです。

デメリットは、「査定後は電話が鳴り止まない」「複数業者との日程調整が手間」「キャンセル料が発生する場合もある」ことです。

Q2:先に査定金額の相場を知りたい場合は?

愛車の査定相場を事前に確認したい時は、「ナビクル」を利用することで、現在及び6月後の想定相場が確認できます。

またその他にも「ガリバー」では直近のデータを元に最低~最高価格を見れるので便利です。

Q3:車一括査定サイトはやめたほうがいいという意見はなぜ?

最も多い意見としては「営業電話の多さ」です。査定申込をした後は引越し業者の見積もり同様に、電話が鳴り止みません。

ただし、「カーセンサー」ではメール希望を事前に出せたり、「MOTA車買取」では査定価格の高い上位3社のみとのやりとりにできます。

電話を極力減らしたい人は「オークション」形式もおすすめです。

Q4:電話番号など個人情報無しに一括査定はできる?

通常の買取業者同様に、氏名と電話番号は必須となります。立会査定やオークションへの出品などを前提としているため、匿名での利用ができません。

もし買取相場だけ知りたいだけという状況なら、「ナビクル」などを利用して、愛車の買取相場を確認してみるといいでしょう。

Q5:車一括査定に出したらキャンセルはできない?

基本的にキャンセルは可能ですが、数万円以上のキャンセル料がかかることが多いです。キャンセル規定やキャンセル料金は各社によって異なるため、必ず事前にチェックしましょう。

なお、「MOTA車買取」は引渡し翌日まで無料でキャンセルが可能です。

まとめ

「まとめ」について解説する項目の見出し

車一括査定のおすすめランキングの結果は、「カーセンサー」が1位となりました。

一括査定を利用した際の不満点1位は「電話がしつこい」でしたが、その課題に対して、「メール希望」が出せること、また「オークション」形式を選べることなど柔軟なサービスが人気の要因でもあります。

147名へのアンケート結果でも、利用者数1位は「カーセンサー」でした。

mとめ

ただし、そもそも一括査定サイトが向いているかどうかは人それぞれの目的で異なるため、メリットだけでなくデメリットも抑え、自分に合った愛車の買取を検討しましょう。

車一括査定サイトのランキング結果

※この記事は2024年3月時点の情報で制作しています

カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
この記事をシェアする