中古車を購入するときの注意点は?チェックポイントと安く乗る秘訣を解説

中古車を購入するときの注意点は?チェックポイントと安く乗る秘訣を解説
中古車取扱台数日本一

中古車は新車より格安で購入できますが、注意点を踏まえて選ばないと、故障などで多額の修理費用が必要になることがあります。本当にお得な中古車を購入するには、販売価格だけでなく、さまざまなポイントもチェックすることが大切です。
トラブルを回避するために、中古車購入の注意点について確認しておきましょう。

【この記事のポイント】
✔中古車購入時は、ボディタイプや予算を事前に決めておく
✔走行距離や年式だけでなく、動作確認や保証内容のチェックなども忘れずに行う
✔定額カルモくん 中古車なら、頭金0円、月々定額で条件の良い中古車に乗れる

中古車を購入するときの注意点

中古車を購入するときの注意点

中古車購入では、あらかじめある程度条件を決めて絞り込みを行う方が多いでしょう。このとき、価格やボディタイプだけでなく、修復歴の有無や車検の有無なども見ておくことがのちのトラブル回避につながります。
あらかじめチェックしておくべき注意点を見ていきましょう。

用途に合ったボディタイプを選ぶ

車にはさまざまなボディタイプがありますが、選ぶべきボディタイプは車の用途や購入する目的などによって変わってきます。車選びの際に好みだけで決めてしまうと、実用性が伴わず後悔したり、短期で買い替えなければいけなくなったりする可能性があるため、車を購入する理由に合ったボディタイプを最初に決めておきましょう
ボディタイプを絞ることで、車種の選択もしやすくなります。

予算を決めておく

中古車でも、購入時には登録諸費用などが車両本体価格とは別に必要です。カーローンを利用する場合は、頭金を支払わなければならないこともあります。
中古車は同じ車種でも車の状態や年式などが1台ごとに異なるため、より条件のいい中古車を選びがちですが、好条件の中古車ほど車両本体価格も高額になります。初期費用などとは別にどれくらいまで支払いが可能か、予算をあらかじめ決めておき、予算内で購入できる中古車を選ぶことが大切です。

重大瑕疵がある車は避ける

修復歴車、冠水車、塩害車や雪害車などは、重大瑕疵(かし)のある車両に分類されます。
このような車は故障のリスクが高くなるほか、安全面にも問題があるケースが多いため、いくら安くても避けたほうがいいでしょう。

走行距離をチェックする

中古車は走行距離が長いほど安く購入できる傾向があります。しかし消耗品の摩耗や劣化などで修理費が高くつく可能性もあるため、長く乗る予定であれば、走行距離が短い中古車を選んだほうが安心です。
ただし、年式が古いのに走行距離が短い場合は長年放置されていた可能性があります。年式と走行距離のバランスを見て検討するようにしましょう。

年式をチェックする

年式の新しい車ほど、状態が良く最新装備も搭載している可能性が高くなります。その半面、価格は高くなるため、5~6年ほど前の年式までを対象にすれば、予算内で条件のいい中古車を探しやすくなるでしょう。
なお、一般的に中古車の年式は10年が上限といわれているので、乗り続けたい年数を考慮して年式を検討することも大切です。ただし、10年近く前のモデルでも、メンテナンスがしっかりされている車であれば、安く購入して長く乗り続けることも可能になります。

車検の有無や残り期間を確認する

中古車には車検がついているものとついていないものがあり、車検の状態によって次のような表示がされています。

車検整備付き:車両本体価格に法定費用と車検基本料が含まれている
車検整備別:車検費用は車両本体価格と別にかかるが、納車前に車検が実施される
車検整備無:購入した後、購入者が自身で車検を行う

「車検整備無」の中古車を選んでしまうと、購入後に車検を行わなければいけないため、費用と手間がかかります。特別な理由がなければ、車検整備付きか、車検整備別を選びましょう。
なお、車検がついている車でも、有効期間が短いと購入後すぐに車検を受けることになります。車検の残りの期間がどれくらいあるかも忘れず確認しましょう。

中古車購入前のチェックポイント

中古車購入前のチェックポイント

購入したい中古車が決まったら、現車の確認を行います。その際、次の4点をしっかりチェックしましょう。

見た目

見た目とは、「きれいな車かどうか」ということではありません。もちろんそれも大切ですが、それ以上に、安全性などに直結する問題がないかを目視で確認することが重要です。

見た目をチェックするときは、へこみや修理跡がないか全体を確認するとともに、錆が出ている箇所がないか、放置されている傷や塗装の浮きはないかもチェックするのがポイントです。傷や錆があると腐食が広がり、塗装が浮いたり、ボディに穴が開いたりすることもあります。なお、錆の有無は下回りも含めて見ておきましょう。

そのほか、トランクやボンネットに隙間やがたつきがないか、タイヤの溝はあるか、エンジンをかけたときに大きく震えないか、といったあたりもチェックのポイントです。

内装の汚れを見るときは、シートベルトを最後まで伸ばしてみることも大切です。ベルトの見えない部分に汚れがある車は、水没車や冠水車の可能性があります。

におい

ペットやたばこ、芳香剤など、前の所有者のにおいが残っていないかも確認しましょう。においのチェックは、車のドアや窓を閉めた状態で行います。エンジンをかけてエアコンのにおいも確認しておくことをおすすめします。

なお、においの確認は、エアコンがきちんと作動するか、水没車ではないか、といった確認にも効果的です。

動作確認

停車した状態での確認が終わったら、試乗をします。カーナビやETC、ワイパー、バックカメラなど、普段使う機能がすべて問題なく動くかをチェックしましょう。走行中は、異音や異臭がしないかも意識することが大切です。
なお、試乗で使わなかった機能も、スムーズに作動するか十分に確認することをおすすめします。

メンテナンス状態の確認

メンテナンスをしっかり行っていた中古車は、良い状態で長く乗り続けることができます。整備記録簿を見て、メンテナンスを定期的に受けていたか確認しましょう。その際、車検証の内容も確認しておくと安心です。

なお、整備記録簿がない場合は、メンテナンスの履歴がシステムなどに残っていないか、販売店に確認するのがポイントです。整備記録があるのに開示されないときは、何かしらの問題がある可能性が考えられます。

中古車販売店選びの注意点

中古車販売店選びの注意点

中古車の購入では、信頼できる販売店から購入することも重要です。販売店選びは中古車購入後のトラブル対応などにもかかわってくるだけに、次に挙げる注意点を踏まえてしっかり検討しましょう。

表示内容は正確か?

中古車販売店が掲示している中古車の状態と実際が合致するかをチェックします。比較のポイントは販売店の掲示や車検証、オドメーターで、これらの数字や情報が一致しているかを確認しましょう。

購入後の保証はついているか?

中古車は、新車に比べて初期不良があったり、トラブルが起こったりする可能性が高くなります。もしものときに受けられるサポートの内容や保証期間を事前に確認しておきましょう。

なお、中古車の中でも新しい車であれば、メーカー保証が残っていることがあります。その場合は、保証継承手続きを行うことでメーカー保証を引き継げます

対応は良いか?

販売店の対応は信頼にかかわる大きな問題です。安心して付き合っていける販売店か、総合的にみて判断しましょう。なお、対応の良し悪しは次の点を確認することで判断しやすくなります。

  • 瑕疵などのデメリットを隠そうとした形跡がないか
  • 担当者が親身になってくれるか
  • 価格が明瞭で追加料金などが発生しないか
  • サポート体制は整っているか
  • 契約を急かさないか
  • 在庫として置かれている車のメンテナンスや清掃が行き届いているか

ただし、契約につなげたり、少しでも高い車を購入させたりするために親切そうにふるまう担当者もいます。受け答えや質問への対応などからしっかり見極めるとともに、在庫の扱い方や店舗の様子、インターネット上の口コミなども参考にするといいでしょう。

購入よりもお得に、安心して中古車に乗る方法を知りたい方はこちら

中古車の購入手続きにおける注意点

中古車の購入手続きにおける注意点

中古車を購入するときは、「費用」と「書類」に注意しましょう。この2つがきちんと準備できていないと、せっかく選んだ中古車を手に入れることができません。
それぞれの注意点を見ていきましょう。

中古車購入時の費用

中古車の価格として表示されているのは、車両本体価格です。購入時は、車両本体価格のほかに登録諸費用や陸送費、各種手数料などがかかるため、合計でいくらになるのか、販売店から最終的な金額を聞いておきましょう。なお、登録諸費用は車両本体価格の10~20%程度が目安といわれています。
また、カーローンを利用する場合は、頭金が必要になることもあります。

中古車購入に必要な書類

中古車を購入する際に必要な書類には、購入者が用意するものと、販売店で用意してくれるものがあります。

●購入者が用意する書類

  • 印鑑登録証明書
  • 車庫証明書

印鑑登録証明書は、市区町村役場で手に入れることができます。ただし、実印の登録をしていない場合は登録手続きから行わなければなりません。
車庫証明書は、駐車場を管轄する警察署に申請します。発行までに1週間程度かかることもある上、書類を作成するにも手間がかかるので、早めに準備を始めておきましょう。
なお、実際に契約手続きに行くときは、上記の書類と併せて実印も持参します。

●販売店で用意してくれる書類

  • 車検証
  • 自賠責保険証明書
  • 委任状

委任状は名義変更に関する書類で、販売店が購入者に変わって手続きを行う際に必要になります。

中古車をお得に購入できる時期と注意点は?

中古車をお得に購入できる時期と注意点は?

新車より安く購入できる中古車ですが、相場が下がる時期を狙って購入すると、よりお得に手に入れることも可能です。
一般的に、決算直前の3月や9月は中古車の価格が下がりやすいといわれています。また、最新モデルにこだわらない場合は、モデルチェンジのタイミングで旧モデルを安く手に入れられる場合もあります。

とはいえ、中古車は新車と違って在庫次第なので、安くなる時期を待っているあいだに希望の車が売れてしまう可能性がある点には注意が必要です。

条件の良い中古車に安く乗るなら中古車リースという選択肢も

条件の良い中古車に安く乗るなら中古車リースという選択肢も

人気の車種では走行距離が10万kmを超えていても高値で取引されることがあります。希望の車種が予算と合わないときや、とにかく安く車に乗りたいときなどは、中古車リースを利用することも検討してみましょう。

中古車リースのメリット

中古車リースは、リース会社が所有する中古車を月額定額制で利用できるサービスです。月額料金には各種税金や手数料などが含まれているため、初期費用不要でカーライフを始められます。また、月額料金は総額を契約月数で割って算出されるので、契約期間が長いほど月々の負担も抑えられます。
カーリースの定額カルモくん 中古車のように、月額10,000円台から人気車種を利用できる中古車リースもあります。

さらに、独自の保証がついていたり、サポートが充実していたりするリース会社であれば、契約期間中の車のトラブルにも対応してもらえるので、車に詳しくない方でも安心して乗り続けられるでしょう。

中古車リースの注意点

メリットが多い中古車リースですが、いくつか注意点もあります。

●希望の車種を取り扱っていない場合がある
中古車リースで利用できる車種は、リース会社の取扱いによって異なります。希望に合う中古車を見つけるには、取扱台数の多い中古車リースを選びましょう

●契約満了時に返却しなければならない
中古車リースは契約期間を決めて利用するしくみのため、契約満了時には返却するのが原則です。ただし、もらえるプランを用意しているリース会社であれば、そのままマイカーにすることが可能です。

●走行距離が制限されることがある
返却を前提としていることから、車の価値を下げないために走行距離制限を設けているリース会社も多いです。制限を気にせず利用したいときは、走行距離制限のない中古車リースがおすすめです。

安心して乗れる中古車リースなら、定額カルモくん 中古車がおすすめ!

カルモ中古車

おトクにマイカー 定額カルモくん 中古車」は取扱台数日本一*の中古車リースです。毎朝追加される豊富な在庫の中から、乗りたい車を自由に選ぶことができます。しかも全車で走行距離無制限。月額料金も10,000円台からと、購入するより負担を抑えて中古車に乗れる定額カルモくん 中古車のメリットをご紹介します。

* JALAの特別会員・正会員の中で、一般消費者を対象にリースを行う中古車の取扱台数において(2021年7月2日、ステラアソシエ株式会社調べ)

頭金0円、ボーナス払い0円の完全定額制

定額カルモくん中古車は、頭金もボーナス払いも不要の完全定額制です。月額料金には各種税金や自賠責保険料、手数料なども含まれているため、車に関する出費がフラットになります。メンテナンスプランに加入すれば、車検基本料や一部消耗品の交換費用も定額にできます。

修理費上限なしの故障保証1年、車検2年付きで安心

定額カルモくん 中古車では、全車に修理費上限なしの故障保証が1年ついてきます。故障受付も24時間365日対応。さらに車検2年つきで納車されるため、中古車でも安心です。

契約満了時に車がもらえる

メンテナンスプランに加入している場合は、契約満了時にそのまま車をもらうことができます。返却の必要がないため、原状回復が不要になるほか、カスタマイズも自由に行えるようになります。

希望の車種に月額いくらで乗れるのか、こちらからチェックしてみましょう

料金をチェック

中古車は注意点を踏まえて慎重にチェックしてから購入しよう

中古車は注意点を踏まえて慎重にチェックしてから購入しよう

きちんと整備された中古車であれば、長く快適に乗り続けることができます。中古車は1台ごとにコンディションが異なるため、購入時は外装や内装、動作について十分にチェックしましょう。

状態確認ができるか不安なときや、予算に見合う中古車が見つからないときなどは、保証が充実した中古車リースの利用がおすすめです。定額カルモくん 中古車なら1年の故障保証がついている上、契約期間中のメンテナンスや車のトラブルにも親身に対応してもらえます。月額10,000円台から利用できるので、予算が少ない方にもおすすめです。

1万円台から乗れる車

よくある質問

Q1:中古車を購入するときの注意点とは?

A:中古車を購入するときは、購入にかかる車両本体以外の費用のほか、走行距離と年式のバランス、重大瑕疵の有無などに注意が必要です。

Q2:中古車はどうしたらお得に購入できる?

A:少しでもお得に中古車を購入したい場合は、決算前の3月や9月、モデルチェンジ時など、中古車の相場が下がりやすい時期を狙うといいでしょう。ただし、時期を待つあいだに売り切れる可能性もある点には注意が必要です。

Q3:中古車を購入するほかに、お得に安心して車に乗る方法はある?

A:月額定額制で中古車に乗れる中古車リースがおすすめです。定額カルモくん 中古車なら、故障保証1年と車検2年がついた中古車に、初期費用不要で月額10,000円台から乗ることができます。もしものときのサポートも充実しており、安心して乗り続けることができるでしょう。

※この記事の情報は2021年9月時点の情報で制作しています

関連記事
カーリースお役立ち記事
人気記事ランキング
注目のキーワード
在庫状況毎朝更新