中古車購入の手順を詳しく解説!もっと手軽に中古車に乗れる方法とは?

中古車購入の手順を詳しく解説!もっと手軽に中古車に乗れる方法とは?
貯金ゼロでも

車によって個体差がある中古車の場合、購入してから後悔しないように車や業者選びをしなくてはいけません。中古車は最低でもワンオーナーが使用しているので、車によってはすぐにメンテナンスが必要となる場合もあります。
そこで、中古車の購入手順や、状態のいい中古車を購入するためのポイントをチェックしましょう。

【この記事のポイント】
✔中古車購入の手順は、予算決めから始める
✔新車と比べて、中古車購入のほうが納車が早い傾向があるのが魅力
✔簡単な手続きで、支出をフラットにしたい方にはカーリースという選択肢もある

中古車を購入する手順を詳しく解説!

中古車を購入する手順を詳しく解説!

これまで新車しか買ったことがない、初めて中古車を購入する方のために、中古車を購入する手順を詳しく解説します。

〈中古車購入の手順〉

1. 事前準備として予算、車のクラスを決める

2. 車種を絞り込み、購入先を決める

3. 気に入った車の見積りを取る

4. 車と購入店が決まったら必要書類を準備する

5. 購入契約を結ぶ

6. 保険の手続きをする

7. 初期費用や納車費用などを支払う

8. 納車される

手順1. 事前準備として予算、車のクラスを決める

中古車を購入するために、まずは予算と車のクラスを決めましょう。

車を購入する際には、車両本体価格のほかに各種税金や保険料、車検費用などがかかります。そのため、それらも含めて月々いくら返済できるかを考えなくてはいけません。なお、中古車の場合は特に、車の状態によって修理やメンテナンスの費用がかかることもあるので、余裕を持って予算を組むことが大切です。

なお、購入する方法には、現金一括のほかに、銀行系ローンや中古車販売店で申し込める自社ローンなどがあります。ローンによって金利や手数料が異なり、総支払額にも影響するため、事前に検討しておきましょう。また、購入方法によっては審査に時間がかかったり、厳しかったりなどのデメリットがあるので、自分に合った方法を選ぶことが大切です。

手軽な審査で中古車に乗れる方法はこちら

次に、予算や使用目的を基に車のクラスを選びます。
送迎や通勤通学、買い物などで近所を走る程度なら小回りが利く軽自動車やコンパクトカー、遠出や長時間のドライブを前提としているなら室内が広々としたSUVを選ぶなど、用途やライフプランによって車のクラスを検討するのがおすすめです。

手順2. 車種を絞り込み、購入先を決める

まだ車種が決まっていない場合は、予算を基にどんな車種が選べるのかを調べてみましょう。中古車の相場はインターネットで検索すればおおよその金額がわかります。また、安全装備やスライドドアなど、必ず欲しい装備がある場合は、条件を含めた相場を調べてみましょう。

具体的に欲しい車種が決まっている場合は、予算内で扱っている中古車販売店を探しましょう。最近は大手中古車ポータルサイトで車選びや販売店選びが可能です。なお、金額は高くなる可能性がありますが、ディーラー系の中古車販売店ではコンディションのいい中古車が見つけやすいでしょう。

なお、新車と違って中古車は車ごとに価格に差があり、年式や走行距離、状態や人気度などで値段が変わります。また、決算時期や年度末などは車の値段も変動するので、購入時期の見定めも重要です。

手順3. 見積りを取る

見積りを取る

希望に合う車種が決まったら、複数の販売店に見積りを依頼しましょう。また、比較しやすいように必ず総支払額で出してもらうことが重要です。なお、相見積りは値引き交渉の材料としても利用できるので、お得に購入するためにも取得しておくのがおすすめです。

中古車の場合、車によって車検や整備内容など、購入時に必要な費用が異なります。そのため、車両本体価格以外にどんな費用がかかるのかも併せて比較することが大切です。なお、あまりにも諸費用が高い車は、状態に不安がある可能性があるので、車の比較にも役立ちます。

手順4. 必要書類を準備する

購入する販売店が決まったら、購入手続きに必要な書類を準備しましょう。必要書類などは軽自動車と普通自動車で異なり、普通自動車は実印が必要なのに対して、軽自動車は認印でもいいとされています。

〈軽自動車の場合〉

必要書類など必要数交付元
印鑑(認印でも可)1-
住民票1市区町村の役所など

*地域によっては車庫証明書が必要

〈普通自動車の場合〉

必要書類など必要数交付元
実印1-
印鑑登録証明書1市区町村の役所など
車庫証明書1警察署

 

本人確認のための住民票や印鑑登録証明書は、発行から3ヵ月以内のものを用意しましょう。車庫証明書は、駐車場がある場所を管轄する警察署で取得できますが、業者によっては取得を代行してくれることもあります。なお、地域によって金額は異なりますが、東京都の場合は自動車保管場所証明書交付手数料として2,100円かかります。

また、名義変更などの手続きをしてもらうために、販売店に用意してもらった委任状への記入捺印が必要なケースがあります。実際に必要な書類については、販売店に確認しておきましょう。

手順5. 契約する

必要書類を提出したら、契約手続きに進みます。ナンバープレートの希望があれば事前に伝えておきましょう

契約内容が決まったら、中古車販売店が用意した売買契約書(注文書)を確認し、捺印します。このとき、購入後のトラブルを避けるために、車名やグレードなどの車に関する情報や納車予定日など、細かい項目もしっかり確認しておきましょう。特に、保証については期間や内容を細かく把握しておくのがおすすめです。

手順6. 保険を契約する

保険を契約する

購入時の諸費用には自賠責保険料が含まれているのが一般的ですが、自賠責保険には運転者への対人補償や対物補償は含まれていません。そのため、必要に応じて任意保険に加入しておくと安心です。なお、中古車販売店は任意保険の代理店となっていることもあるので、手軽に加入したい方は利用するといいでしょう。

手順7. 支払う

ここまでの内容からもわかるように、中古車購入時には車両本体価格以外にも多くの費用がかかります。特に車検が切れている場合は、車両本体価格と諸費用に加えて車検費用がかかるため、法定費用や整備費用が必要となる可能性も考えられます。

そのため、車両本体価格が20~30万円と表示されていても、実際に支払う金額は50万円近くになってしまうこともあります。ローン購入の場合は利息もかかるので、思っていたより費用がかかってしまうケースも少なくないでしょう。

手順8. 納車される

新車の場合は、納車まで数ヵ月かかるのが一般的ですが、中古車は早ければ1週間程度で納車されるケースもあります。そのため、少しでも早く車を手に入れたい方にとっては魅力のひとつといえるでしょう。

なお、新車には3年間のメーカー保証がついていますが、中古車は販売店や購入条件によって保証内容がさまざまです。また、保証があっても短いケースが多いため、納車後の点検はしっかり行っておきましょう。実際に長距離を走ってみて、異音や不具合を確認しておくと安心です。警告灯や表示灯が正しく点灯するかどうかなど、メーターパネルに異常がないかも確認しておきましょう。

車検と故障保証付き_中古車リース

新車と中古車、購入の手順はどこが違う?

新車と中古車、購入の手順はどこが違う?

新車も中古車も、購入時の手続きに大きな違いはありません。ただし、中古車の場合は車によって状態が異なるため、その車に応じてかかる費用に違いが生じます。
ここでは、購入する車のチェックポイントと納車までのスピードを比較してみましょう。

購入する車のチェックポイント

新車も中古車も、ほとんどの場合に試乗できますが、長距離を走ることはできないので、運転時の違和感には気づきにくいでしょう。そのため、特に中古車の場合は試乗でより丁寧に観察することが必要です。また、運転していても窮屈でないか、ハンドリングやペダル操作などに不安はないかなどをチェックしておくといいでしょう。
また、不明点や疑問点があれば、どんなことでも遠慮せずに販売店のスタッフに確認することが大切です。

ほかにも、中古車の場合、同じ車種でも車の状態が一台一台違うため、定期点検整備記録簿や保証内容もしっかりチェックしておきましょう。

なお、新車の場合は車の状態による安全性に関して心配する必要はないため、デザインや装備、燃費、安全性能など、自分のこだわりを叶えられるかどうかがポイントとなります。

納車までのスピード

カーリースの定額カルモくんが2021年3月に新車を購入したことのある全国の男女1,056人に行った調査によると、納車までの期間について、39.5%が1ヵ月、45%が2〜3ヵ月と回答しました。新車を購入した場合、多くは納車されるまで1〜3ヵ月ほどかかっていることがわかります。さらに、人気がある車種は受注生産になることもあるので、納車されるまでの期間は余裕を持って想定しておきましょう。

一方、中古車の場合は、整備が終われば納車が可能です。そのため、1〜2週間程度で納車されることが多いでしょう。新車と比べると、納車までの期間ははるかに短いため、すぐに車が必要な場合にも利用しやすいのではないでしょうか。

中古車をもっと簡単に手に入れたい方にはカーリースがおすすめ!

中古車をもっと簡単に手に入れたい方にはカーリースがおすすめ!

中古車も新車も、購入するとなると車両本体価格以外にさまざまな費用がかかります。購入後も自動車税(種別割)や自動車重量税などの税金や車検費用がかかるため、車の維持費の負担は少なくありません。しかし、家族の送り迎えがあったり、地方で暮らしていたりする場合など、日常生活に車が欠かせないケースもあるでしょう。

そこでおすすめなのが、車のサブスクリプションとも呼ばれるカーリースです。そこで、中古車だけでなく新車にも気軽に乗れるカーリースについてご紹介します。

カーリースとは?

リース料金の残価設定

カーリースは、リース会社が所有する車をあらかじめ決められた期間中、使用者として長期的に借りるサービスです。
購入時のように初期費用がかからないので、定額料金だけでカーライフが始められるのが大きな特徴です。
また、一般的にカーリースの月額料金には自動車重量税や自動車税(種別割)などの税金や、自賠責保険料などが含まれているため、車検時の法定料金を別途用意する必要もありません。

また、リース会社によって新車だけでなく中古車も扱っているので、費用を抑えて車が欲しい方にもおすすめです。

ほかにも、レンタカーのような「わ」や「れ」ナンバーではなく、自家用車のナンバープレートが使えるので、見た目でリース車だとわかることもありません。

さらに、車種やリース会社によっては月々10,000円台から利用できる車種もあり、中古車リースでは走行距離の少ない車に安い月額料金で乗れるケースもあります。
月額1万円台からどんな車に乗れるのか見てみたいという場合は、下のバナーからどうぞ。画面中ほど「中古車を選ぶ」の「1万円台からのクルマを選ぶ」をクリックしてみてください。

1万円台から乗れる車

各リース会社のサービスの違い

カーリースでは、リース会社によって取り扱う車種や契約期間、月額料金に含まれる費用などが異なります。また、車検費用は自己負担となるケースもあるため、購入や維持にかかる費用のうち、どの費用がコミコミなのかを確認しておくと安心です。

ほかにも、一般的にカーリースには走行距離制限が設けられていて、超過すると費用が発生することもあります。用途や使用頻度を基に、走行距離を想定して契約することが大切です。また、カスタマイズの可否や、返却時の原状回復費用なども確認しておきましょう。

また、カーリースの中には中古車に特化したサービスもあります。
ただし、月々5,000円などの激安リースには注意が必要です。そのほとんどは、ボーナス払いでまとまった費用負担があることを前提に、月々の料金を安くしているため、実質定額では利用できません。

リース会社を選ぶときは月々の料金の安さだけで判断するのではなく、月額料金に含まれている費用や支払い総額を比較することが大切です。

定額カルモくんで中古車を安心して手に入れよう

カルモ中古車

多くのリース会社がありますが、中古車購入を考えている方におすすめなのが「おトクにマイカー 定額カルモくん 中古車」です。取扱台数日本一の定額カルモくんの中古車リース*なら、豊富な選択肢の中から、自分に合った車を選ぶことができます。

ほかにも、全車1年の故障補償と2年間の車検付き、最短4日納車など、定額カルモくんの中古車リースについて詳しくご紹介します。

*一般社団法人日本自動車リース協会連合会の特別会員・正会員の中で、一般消費者を対象にリースを行う中古車の取り扱い台数において(2021年7月2日、ステラアソシエ株式会社調べ)

たった5分、オンラインで気軽に審査が受けられる

定額カルモくんでは、車種を選んだら簡単に料金シミュレーションができます。さらに、そのまま審査に進めるので、スマートフォンやパソコンから5分程度で申込み手続きが可能です。また、契約締結後、最短4日で納車できるなど、スムーズに車が手に入れられるのも定額カルモくんのメリットとなっています。

故障補償と車検付きだから安心して中古車に乗れる

「定額カルモくん 中古車」では、全車に2年間の車検が付いています。さらに、1年間の故障補償付きなので、中古車に乗るときの心配や負担を軽減することができます。そのため、中古車は安全性や修理費の負担が心配という方でも、安心して利用できるのではないでしょうか。

維持費のほとんどを定額化できるので急な出費の心配がない

定額カルモくんの月額料金には法定費用が含まれていて、メンテナンスにかかる費用はメンテナンスプランでフラットにすることが可能です。メンテナンスプランには、車検基本料や12ヵ月法定点検、オイル交換など消耗品交換費用などが含まれています。

さらに、メンテナンスプランに加入するだけで、リース期間終了後に車をもらうことができるので、カスタマイズも楽しむことが可能*です。また、原状回復費用の心配もないので、気軽にカーライフが楽しめます。

*契約満了時に返却を選択、もしくは中途解約した場合、内容により原状回復対応が必要になります

月々10,000円台からのお得な料金で利用できる

定額カルモくんにはボーナス払いなしの月々10,000円台で乗れる車種が豊富に用意されています。

価格や車種、走行距離、装備なども記載されているので、条件を基に希望の中古車を簡単に探すことができます。また、走行距離制限がないので、マイカー同様にリース車に乗れるのも「定額カルモくん 中古車」の特徴です。

さらに、中古車購入時のように面倒な手続きもありません。自宅まで納車してくれるので、スムーズに手続きが完了すれば忙しい方でも手間をかけずに中古車を手に入れられます。

中古車リースにご興味のある方は、定額カルモくんの「お試し審査」を受けてみてはいかがでしょうか。オンラインで必要な項目を入力するだけで、カーリースを利用できるか確かめられます。お試し審査を通過しても、契約になるわけではないので、とりあえず試してみる、ということも可能です。通常、翌営業日には結果が届くお試し審査は、下のバナーから受けられます。

まずは審査

中古車は購入よりもリースする時代へ

新車よりも費用を抑えられるのがメリットの中古車購入ですが、それでも初期費用や税金、ローンであれば金利も上乗せされます。さらに、購入時に車の状態までは判断しにくいので、購入後に修理やメンテナンス費用の負担が生じることもあるでしょう。

しかし、さまざまな費用がコミコミのカーリースであれば、家計の負担軽減にもつながります。中でも、定額カルモくんのように保証も付いているカーリースなら、安心してカーライフが送れるのではないでしょうか。

よくある質問

Q1:中古車購入の手順の流れやポイントを教えてください

A:まず、予算や車のクラスを決めます。次に中古車販売サイトなどで相場を確認し、購入する販売店を選びましょう。いくつか候補店を絞ったら相見積りを取ります。販売店によって見積りに含まれる費用が異なるので、総支払額で比較することが大切です。また、任意保険についても並行して検討しておくとスムーズです。

Q2:中古車選びではどんなポイントに気をつけたらいい?

A:中古車は車によって状態がさまざまで、走行距離が長く、年式が古い車は安く販売される傾向があります。さらに、車検が切れていると初期費用が高くなるので、車検がどれくらい残っているかも確認しておきましょう。また、中古車は購入後に故障などで費用がかかることも考えられるので、保証が充実している販売店を選んでおくと安心です。

Q3:中古車の購入よりも簡単に安く車に乗る方法は?

A:手軽に中古車に乗りたいなら、カーリースがおすすめです。自動車税(種別割)や自動車重量税、自賠責保険料など、購入や維持にかかる費用が月額料金に含まれているので、家計の負担軽減にもつながります。さらに、「定額カルモくん 中古車」なら車検基本料やメンテナンス費用も定額にでき、契約終了後に車をもらうことも可能です。

※記事の内容は2021年10月時点の情報で制作しています。

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

安い中古車