中古車の購入手続きはどうやるの?必要書類やお得に買う方法について解説!

中古車の購入手続きはどうやるの?必要書類やお得に買う方法について解説!
安い中古車に安心して乗る方法

新車に限らず中古車においても契約から納車までの間に手続きが発生します。手続きをスムーズに行うためには、大まかな流れと手順、必要な書類を知っておくことが大切です。どのような書類が必要で、それをどのように準備したらいいか、解説します。また、中古車を少しでも安く購入する方法や、購入以外の手軽な乗り方についても併せてご紹介します。

【この記事のポイント】
✓中古車購入時には「名義変更」と「車庫証明」の手続きが必要
✓少しでも安く中古車を購入するなら現金一括か低金利ローン
✓中古車リースなら手続きが簡単で頭金も諸費用も不要

中古車購入の流れ

中古車購入の流れ

中古車と新車では購入の手続きに関して多少異なる点があります。契約時の必要書類について知る前に、中古車を購入するまでの大まかな流れについて把握しておきましょう。

購入の流れよりも手続きを知りたい方はこちら

1. 予算を決める

中古車を買おうと思い立ったときは、まず予算を決めることが大切です。予算を設定しておけば、車種が選びやすくなる上に、客観的な判断のもとに無理のない範囲での購入ができます。
中古車の購入には、車両価格だけでなく自動車税(種別割)などの税金、自賠責保険料、登録手続き代行費用、納車費用などが必要です。予算を立てる際はこうした初期費用も併せて考えておく必要があります。

2. 支払方法を決める

中古車の支払方法は、現金一括払いもしくはカーローンなどが一般的ですが、それぞれの特徴を把握して、無理なく払える方法を選ぶことが大切です。

●現金一括購入の特徴
現金で一括購入する場合、金利が発生しないのでローンを組むよりも支払総額が少なくなります。ローンを組む手続きもいらず、所有者の名義は自分になるため売却もカスタマイズも自由にできます。
ただし当然ですが、数十万~数百万といったまとまった額の現金が必要です。

●カーローンの特徴
車両代金を借入れ、月々分割で返済していく方法です。カーローンには銀行系ローンやディーラーローンなどがあり、それぞれ金利や審査基準などは異なります。
ローンを組むと借入額に対して金利が発生し、現金一括購入に比べて返済総額は高くなります
しかし、大きな資金の用意がなくても購入できる、一括では手の届かない車種も買えるというメリットがあります。

3. 購入する中古車の希望条件を決める

中古車の車両状態は1台ごとに異なります。車種やボディカラーのほか、年式、走行距離、修復歴、内外装の状態といった車両の状態についても、あらかじめ希望条件を決めておきましょう

中古車を選ぶときは年式と走行距離のバランスを確認する必要があります。一般的に、中古車の走行距離の目安は1年で約8,000~10,000kmとされています。これを参考に、年式と走行距離が適切かを判断するといいでしょう

また、骨格(フレーム)部位などを交換または修復したことを修復歴といいますが、フレームの歪みなどは走行に支障をきたすこともあるため、修復歴のある車は避けたほうが無難です。

4. 車を探す

インターネット上には複数の中古車情報サイトがあるので、希望条件に合った中古車を探してみましょう。
目当ての車種があれば販売店に出向いて試乗し、アイポイントの高さや運転のしやすさ、乗り心地などを確認するといいでしょう。
また、モデルチェンジがあると旧モデルの車は値段が下がる可能性があります。希望の車種にモデルチェンジの予定があるかも確認しましょう

5. 契約する

見積りを取り、車の本体価格とその他の費用を確認し、提示された条件に納得できたら、契約となります。契約には、実印や印鑑証明書、軽自動車であれば住民票などが必要です。
なお、現在加入している保険を引き継ぐ場合は、保険会社に連絡し対象車両を切り替えるための手続きを行います。

すべての手続きが完了したら納車ですが、中古車の納車までにかかる期間は一般的に、契約から1~2週間程度です。納車前に点検整備や車検を受ける場合は、3週間程度かかることもあります。

購入よりも手軽でお得!?おすすめの中古車リースについて知りたい方はこちら

定額カルモくん中古車

中古車購入時に行う手続きと必要書類

中古車購入時に行う手続きと必要書類

中古車を購入したときには登録手続きが必要となります。登録手続きには、おもに「移転登録(名義変更)」と「自動車保管場所証明(車庫証明)申請」があります。それぞれに必要な書類を見ていきましょう。

移転登録(名義変更)

名義変更の正式名称は「移転登録」といい、車の所有者を変更した場合に行う手続きです。名義変更は納車されてから15日以内に、現住所を管轄する検査登録事務所か運輸支局で行うように定められています。
名義変更は自分でも行えますが、手続きが煩雑であるため販売店に任せるのが一般的です。

●必要書類

  • 自動車検査証(車検証)
  • 旧所有者の印鑑証明書(旧所有者)
  • 新所有者の印鑑証明書(新所有者)
  • 譲渡証明書
  • 自動車保管場所証明書(車庫証明)
  • 申請書
  • 手数料納付書
  • 自動車税申告書
  • 委任状(本人が直接申請するときには不要)

なお、自動車保管場所証明書(車庫証明)は発行からおよそ1ヵ月以内のものとされているので、注意しましょう。

自動車保管場所証明(車庫証明)申請

一般的に「車庫証明」申請といわれる、車の保管場所を証明する際に管轄の警察署で行う手続きです。車庫証明も販売店で代行できますが、移転登録ほど手続きが複雑ではないため個人で行う方もいます。

●必要書類

  • 自動車保管場所証明申請書(軽自動車は自動車保管場所届出書)
  • 保管場所標章交付申請書(2枚組)
  • 保管場所の所在図・配置図
  • 保管場所使用権限疎明書面(自身が所有する土地・建物の場合)
  • 保管場所使用承諾証明書(他者が所有する土地・建物の場合)

以上を用意して警察署で車庫証明書を申請しますが、手数料は都道府県によって異なり、普通車で2,000~2,200円ほどで、標章交付手数料500円も必要です。軽自動車は標章交付手数料のみの支払いで済みます。

なお、地域によっては車庫証明申請が不要な場合もあります。申請の際は、お住まいの地域を管轄する警察署のホームページで確認しておきましょう。

中古車購入の手続きに必要な書類はどう用意する?

中古車購入の手続きに必要な書類はどう用意する?

契約時や納車後に必要な書類については、自分で用意するものと、販売店が用意するものがあります。必要書類に不備があると再び販売店に出向かなくてはならない場合もあるため、あらかじめ確認しておきましょう。

印鑑証明書の取得方法

印鑑証明書は正式には「印鑑登録証明書」といいます。
印鑑証明書は、役所の窓口では印鑑登録証の提出と手数料300円を支払うことで発行してもらえます。コンビニ交付が可能な場合は、マイナンバーカードと手数料数百円を支払うことで取得できます。
印鑑証明書の有効期間は発行から3ヵ月以内であるため、前もって準備しておくことが可能です。

なお、ディーラーローンを利用して中古車を購入するときは、車の所有者はディーラーか信託会社となるため、印鑑証明書は不要です。また、軽自動車の場合は印鑑証明書の代わりに住民票を用意します。

自動車保管場所証明書(車庫証明書)の取得方法

自動車保管場所証明書(以下「車庫証明書」)は、必要書類をそろえて警察署に申請すれば、通常は1週間以内に交付されます。交付されたら手数料500円を支払い、車のリアガラスに貼る標章を受け取ります。
車庫証明書の申請を販売店に代行してもらう場合、10,000~20,000円ほどの代行費用がかかります。

自動車検査証(車検証)の取得方法

自動車検査証(以下「車検証」)は自動車が保安基準を満たしていることを証明する書類です。
中古車の車検証は販売店が保管しているので、自分で用意する必要はありません。車検証は名義変更や変更登録の際に必要なので、代行してもらわずに自分で行う場合は、忘れずに受け取っておきましょう。

委任状・譲渡証明書の用意

委任状は登録手続きを販売店に任せる旨を記した書面で、所有者と使用者の記名が必要です。通常は販売店側が用意してくれます
譲渡証明書は車の所有者が変更になった場合に、誰に譲渡したかを証明する書類です。基本的に旧所有者である販売店側が用意しますが、車検証と同じく、名義変更を自分で行うなら受け取っておきましょう

中古車購入手続きに関する注意点

中古車購入手続きに関する注意点

必要書類をそろえたら契約は成立します。ただし、故障発生時のトラブルを防ぐためにも購入前に保証内容を確かめることが大切です。保証なしの現状販売でない限り、通常は販売店が用意した保証が付帯しますが、販売店ごとに内容は異なるため保証対象となる範囲はどこか、保証期間はいつまでかを確認しておきましょう。保証内容が書かれた保証書を発行してもらうと安心です。

また、納車前の点検整備費用については、車両価格に含まれる場合もあれば別途発生する場合もあります。見積書などで諸費用の内容を確認しておくことも重要です。

中古車を少しでも安く購入するコツ

中古車を少しでも安く購入するコツ

中古車を購入する際には、予算だけでなく支払方法を決めておく必要があります。中古車を少しでもお得に購入するための方法についてご紹介します。

現金一括で購入する

現金一括で購入すれば、支払いに必要なのは車両代金と初期費用だけ済みます。まとまった資金が必要ですが、支払総額が抑えられます。

ローンを組むなら頭金を用意する

ローンを組む際に頭金を用意すれば月々の返済額を抑えられます。またカーローンには、銀行系ローンとディーラーローンなどがありますが、一般的に銀行系ローンは金利が年1%~、ディーラーローンは年4~8%程度といわれます。
返済総額を抑えたいなら、頭金を用意し、審査がきびしくても金利の低いローンを組むといいでしょう

中古車の価格が下がりやすい時期を狙う

中古車の相場は市場の需要と供給のバランスによって上下するので、供給が多いタイミングを狙えば、普段よりもお得に購入できる可能性があります
特にディーラーの決算月である3月は新車の販売台数が多く、買替えにより下取り車が中古車市場に多く出回るので、結果として中古車の相場が下がる傾向があります。

定額制のサブスクで車を利用する

手軽に車に乗る方法として、定額制のサブスクであるカーリースを利用するという方法もあります。車の新しい利用法として今注目を集めているカーリースは、毎月定額の利用料を支払うのですが、その月額料金の中に購入時の諸費用も含まれているため、初期費用を抑えて車に乗ることができます

業界最安値のカーリースをチェックしたい方はこちらへ。

業界最安値のカーリース

購入より手軽!?中古車カーリースとは

購入より手軽!?中古車カーリースとは

カーリースは月々の利用料をカーリース会社に支払うことで、マイカーのように車に乗れるサービスです。カーリースでも車庫証明は必要ですが、申込みから納車までの手続きのほとんどをネット上で行えるリース会社なら、販売店に出向くよりも手間なく進められます。利用者が増えているカーリース、その特徴についてご紹介します。

中古車リースのメリット

中古車を購入ではなくリースした場合、月額料金が一定であるほかにも、以下のようなメリットがあります。

●頭金や初期費用が不要

車を購入する場合、現金一括でもローンでも、税金や登録に関わる諸費用は現金で払うのが基本です。しかし、カーリースなら、そうした諸費用も月額料金に組み込まれているので、頭金を含め初期費用をまとめて支払うことはありません

●車検費用やメンテ代も月額料金にまとめて定額化できる

車に乗ると車検やメンテナンスなどの維持費がかかりますが、カーリースなら、メンテナンス費用をカバーするプランに加入することで、車検費用や消耗品の交換といった維持費を月額料金に組み込めます。

●ローンよりも支払う車両価格が安い

カーリースで支払う車両価格は、返却時につくと想定される車の価格(残価)を差し引いた額なので、同じ車なら残価の分だけカーローンよりお得に乗れるといえます。

中古車リースのデメリット

手軽に乗れる中古車リースですが、デメリットもいくつかありますので、知っておきましょう。

●走行距離に制限がある

カーリースは、基本的に月間あるいは年間の走行距離の上限が決められていて、これを超過すると支払いが発生する場合があります
ただし、「おトクにマイカー定額カルモくん 中古車」のように走行距離に制限がない*カーリースもあるので、距離を気にせず乗りたい方にはそうしたカーリースを選ぶことをおすすめします。

*契約期間7年以上が対象となります。

●中途解約は基本的にできない

カーリースは基本的に契約途中での解約や契約内容の変更はできません。中途解約となると違約金が発生する場合もあります。家族構成やライフステージの変化に合わせて車を乗り換えたいという方は、1年単位など短期の契約を結べるカーリースを選ぶといいでしょう。

●返却時に残価精算のリスクがある

カーリースでは、契約期間が終わると基本的に車を返却します。このとき、残価が契約時の想定よりも下回っていると、その差額分を利用者が支払わなければいけないことがあります。こうした契約方式を「オープンエンド方式」といいます。

一方で、残価精算のない「クローズドエンド方式」もあります。こちらの場合、利用者に残価精算は求められません。返却時の負担を抑えたいなら、クローズドエンド方式のカーリースを選択するといいでしょう。

「定額カルモくん 中古車」なら初期費用0円で憧れの車に乗れる!

一本化用定額カルモくん

定額カルモくん 中古車は業界最大級*の掲載台数を誇るカーリースで、車選びから契約までに必要な手続きの多くをネット上で行えます。定額カルモくんの中古車リースについて、ご紹介しましょう。

*ネット専業の個人向け中古カーリース業界において2019年10月自社調べ

1日1回在庫追加

走行距離が無制限!

定額カルモくん 中古車は、契約期間7年以上なら走行距離制限がありません。通勤はもちろん、休日のレジャーや旅行など、いつでも好きなだけ乗れます。

24時間いつでもネット申込み可能

中古車選びから料金のシミュレーション、申込み、審査、いずれもネットで完結するので、販売店に足を運んで手続きする手間が省けます。もちろん登録や車庫証明の代行もしていて、自宅にいながらにして中古車を手にすることができます。
納車は契約から3週間程度とスピーディーで、全国どこでも自宅まで車を届けてくれます。

故障保証あり、残価精算なし、だから安心!

定額カルモくん 中古車では、全車に1年間の故障保証と2年の車検がついています。故障受付は365日24時間対応なので、万一、納車されてすぐに不具合が見つかった、ということになっても安心です。

また、先述のようにカーリースの契約方式によっては、契約満了時に車の価値が下がると差額分の支払いを求められる場合があります。しかし、定額カルモくん 中古車はクローズドエンド方式なので残価精算がありません

メンテナンス費用も毎月フラットに

定額カルモくん 中古車は、頭金もボーナス払いも不要で、月々の料金がずっと一定です。月額料金には自動車税(種別割)や自動車重量税などの税金のほか、自賠責保険料なども含まれています。

そしてそれ以外の維持費、例えば車検費用やオイル交換などの費用も、「メンテナンスプラン」に加入することで毎月の月額料金に組み込むことができます。車の利用料と維持費の大部分がまとめて定額になれば、家計の管理もしやすくなります

また、点検や修理を依頼したい場合、整備工場を探すのに手間取ることもありません。定額カルモくん 中古車は、全国30,000店舗以上の指定業者と提携しているので、自宅近辺の整備工場でメンテナンスを受けられます。

さらに、メンテナンスプランに加入している場合、契約満了時に車をもらうことも可能です。

中古車を探す

手間と費用を抑えて中古車を購入するなら低金利ローンやリースがおすすめ

中古車を購入するには、あらかじめ予算と支払方法を決めておき、必要書類を準備しておくとスムーズです。現金一括購入が難しい場合、頭金を入れて低金利のローンを利用すると返済総額を抑えられます。また、頭金などのまとまった資金がなくても最初から月々定額の支払いで好きな車に乗れる、カーリースもおすすめです。定額カルモくん 中古車なら、サポートも充実している上、手続きはオンラインでほぼすべてが完了するので、買うときほどの煩雑さがありません。

よくある質問

Q1:中古車購入の流れは?

A:予算、支払方法、希望条件を決めて、車を探します。同時に必要書類を準備し、車が見つかったら契約します。車探しは中古車情報サイトなどを利用し、目星をつけてから販売店に行くのが効率的です。販売店では試乗して乗り心地などを確認するだけでなく、保証内容や点検整備を実施しているかなども聞きましょう。

Q2:中古車購入の手続きに必要な書類は?

A:実印と印鑑証明書、委任状、譲渡証明書、車庫証明書、車検証などです。実印・印鑑証明書は自分で用意する必要があるので事前に準備しておくといいでしょう。ほかの書類は販売店が用意してくれますが、代行費用がかかるものもありますので、販売店で確認しておきましょう。

Q3:中古車を購入するときの支払方法は?

A:現金一括かローンがあり、現金一括であれば利息もつきませんが、当然まとまった資金が必要です。またローンの場合でも、頭金や諸費用は現金で支払うのが一般的です。一方カーリースなら、頭金や初期費用は不要です。定額カルモくん 中古車なら、月々10,000円台から新車にも中古車にも乗ることができます。

※記事の内容は2021年6月時点の情報で制作しています。

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

タグから記事を探す

在庫状況毎朝更新