ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

【2022年最新】中古車おすすめ21選!失敗しない選び方を解説

【2022年最新】中古車おすすめ21選!失敗しない選び方を解説
【2022年最新】中古車おすすめ21選!失敗しない選び方を解説

中古車市場には数多の車種があふれている上、状態も価格もさまざまで、何から検討すればいいかわからなくなってしまうことも少なくありません。しかし、素人でもポイントさえ押さえれば、状態も性能も良くて安い、いわゆる“コスパの良い”中古車を手に入れることも可能です。
ここでは、車のプロが厳選したおすすめ中古車21車種と、失敗しない中古車選びのコツをご紹介します。

クルマ専門家・マイカーコンシェルジュ:若林
クルマ専門家・マイカーコンシェルジュ:若林

中古車選びを難しいととらえる方は多いですが、しっかりと選べば新車よりもかなりお値打ちの車が手に入る宝の山でもあります。自動車整備士の資格を持ち、大手自動車メーカー系列の整備と中古車販売の経験を経てたくさんの車を見てきた私が、コスパも性能も満足できるおすすめの車種をご提案します。

  • 中古車は燃費の良さ、人気の高さ、流通量の多さの3つを兼ね備えた車がおすすめ
  • 人気が高くおすすめの中古車は「N BOX」「フィット」「アルファード」など
  • 希望にぴったりの中古車がすぐに見つかる、おすすめのサービスがある

あなたにおすすめの中古車がわかります!

コンシェルジュに相談

性能も状態も異なる中古車の中から、自分に合った1台を見つけ出すのは至難の業。さらに、中古車在庫は日々変動するので、希望どおりの車を見つけたときにはすでに売却済みというケースもあります。

そこでおすすめなのが、「おトクにマイカー 定額カルモくん」のマイカーコンシェルジュサービスです。コンシェルジュへの相談は契約不要で無料で受け付けており、ヒアリングを基に全国3,000台以上の中古車からぴったりの車を提案してくれます

先に審査を済ませておけば、日々変動する在庫から最適な車をピックアップしてもらえます。すぐに申込みも可能です。欲しい車を逃さないよう、まずは審査をしておいて車選びのサポートを受けましょう。

クルマ専門家・マイカーコンシェルジュ:若林
クルマ専門家・マイカーコンシェルジュ:若林

いい中古車を見分けるのは難しく、「これだ!」と思える中古車があっても悩んでいるあいだに売れてしまうことも。希望にぴったりの車を手に入れるために、まずは下のバナーから申し込んでおいてはいかがでしょうか。あなたにおすすめの中古車をご提案します。

まずはこちらから気軽に「お試し審査」をどうぞ

おすすめ中古車情報

※審査をしても契約にはなりません

車種選びで知っておきたい!おすすめ中古車の特徴

中古車市場には新旧さまざまな車が流通していますが、おすすめの中古車には共通点と呼べるいくつかの特徴があります。ここでご紹介する3つのポイントを確認して、満足できる中古車を見つけましょう。

燃費の良さ

燃費の良い車は結果的にコスパが高くなるのでおすすめです。例えば、ガソリン代が170円/Lの場合、燃費が20km/Lの車と10km/Lの車では、50,000km走行したときの燃料代に約43万円の差が生じます。車両本体価格が安いという理由だけで燃費の悪い車を選ぶことはおすすめできません。

車の燃費には「JC08モード」と「WLTCモード」の2つの指標がありますが、優先的に確認すべきは実際の使用に近い数値がわかるWLTCモードです。ただし、中古車の燃費はそれまでの乗り方なども影響することがある点は理解しておきましょう。

人気の高さ

人気の高い車は中古車でも高値で販売されていますが、多くの方に好まれるだけに使い勝手や性能、デザインなども良好な場合が多く、カーライフの満足度につながります。また、人気車種は後で売る際にも価値が落ちにくいという点もおすすめの理由です。コアなファンがついている車は古くても高値で取引きされるため、不人気車種よりもコスパ良く乗れる可能性があります。

その半面、乗りつぶすつもりで購入時の安さを重視するのであれば、あえて不人気車種を狙うのも一興です。条件の合う掘り出し物を見つけられれば低価格で手に入るでしょう。

流通量の多さ

中古車市場に多く流通している車種は、走行距離や年式、グレードなどの選択肢が多く、より自分の希望条件に合う車を見つけやすいという利点があります。カーナビやETC、メーカーオプションといった装備も希望どおりの車を見つけられれば、後で追加する工賃もかからず、すぐに理想のカーライフをスタートできるでしょう。

また、流通量が多いと少しのウィークポイントがあるだけで価格が下がりやすくなるので、希望に近い車を低価格で手に入れられる可能性もあります。

クルマ専門家・マイカーコンシェルジュ:若林
クルマ専門家・マイカーコンシェルジュ:若林

車種を決める際にはこれらの情報を有意義に活用したいですが、実際に購入する際には、年式や走行距離、修復歴の有無や車検までの残り期間など、それぞれの車の状態を見極めることも重要です。車の利用目的や予算との兼ね合いも考え、複合的な観点から自分の希望条件にぴったり合った中古車を探しましょう。

中古車選びで失敗しないためのチェックポイントはこちら

車のプロ厳選!人気が高くおすすめの中古車21選

〈おすすめ中古車21選〉

 燃費が良い人気が高い中古車市場に多い
軽自動車スズキ「アルト」(マイルドハイブリッド)スズキ「ジムニー」ホンダ「N BOX」
コンパクトカートヨタ「ヤリス」(ハイブリッド)ホンダ「フィット」日産「ノート」
ミニバントヨタ「ノア」(ハイブリッド)トヨタ「アルファード」日産「セレナ」
SUV日産「キックス」トヨタ「ハリアー」日産「エクストレイル」
セダンホンダ「インサイト」日産「スカイライン」トヨタ「マークX」
ステーションワゴントヨタ「カローラフィールダー」ホンダ「シャトル」スバル「レヴォーグ」
ハッチバックトヨタ「アクア」トヨタ「プリウス」スズキ「スイフト」

 

ここからは、前項で解説した指標を基に、車の専門家がおすすめする車種を厳選してご紹介します。ボディタイプ別に各車種の魅力を解説していきますので、自分の用途に見合うタイプの車種をぜひチェックしてみましょう。

なお、各車種の画像は「おトクにマイカー 定額カルモくん 中古車」の2022年11月14日時点の在庫より掲載しており、新車の販売価格、中古車の相場と併せて中古車リースの料金例もご紹介しています。

軽自動車のおすすめ1. スズキ「アルト」(マイルドハイブリッド)

軽自動車のおすすめ1. スズキ「アルト」(マイルドハイブリッド)

軽自動車のおすすめ車種1台目は、スズキ「アルト」です。イチオシはマイルドハイブリッドを搭載した現行の9代目モデルで、27.7km/L(WLTCモード)の高い燃費性能によりランニングコストをかなり抑えられます。

まだ新しいモデルですが、元々アルトは低価格で買える車をコンセプトにしているので、中古なら少しグレードの高いマイルドハイブリッド搭載モデルを狙っても80万円ほど。流通量も増えてきているので、ある程度好みに合わせた車選びもできるでしょう。

また、先進安全装備「レーダーブレーキサポート」が搭載されていて、安全面に配慮があるのもポイントです。

 金額
新車販売価格94万3,800円~
中古車相場
()内はボリュームゾーン
49万円~169万円(80万円前後)
おすすめ中古車リース月々15,290円~

※2022年11月11日時点の情報を基に、中古車相場は「価格.com」における2021年モデルの相場、おすすめ中古車リースは定額カルモくん 中古車の料金を掲載しており、中古車の相場やリース料金は日々変動します

軽自動車のおすすめ2. スズキ「ジムニー」

軽自動車のおすすめ2. スズキ「ジムニー」

人気の高い軽自動車を狙うなら、スズキ「ジムニー」の現行モデルがおすすめです。2018年にフルモデルチェンジしたジムニーは、オフロードを走り抜ける本格派軽SUVという唯一無二の立ち位置に加え、四角く原点回帰したデザインが支持を得て人気が急上昇。新車は納車待ちが続いていますが、中古車ならすぐに手に入ります。

価格は高いもののリセールバリューも期待できるため、うまく売り抜ければ少ない負担で乗ることができるでしょう。カスタマイズ車の売買も活発なので、タイミングが合えば自分好みの1台に出会えるかもしれません。

 金額
新車販売価格155万5,400円~
中古車相場
()内はボリュームゾーン
98万円~348万円(190万円~)
おすすめ中古車リース月々31,300円~

※2022年11月11日時点の情報を基に、中古車相場は「価格.com」における2018年モデルの相場、おすすめ中古車リースは定額カルモくん 中古車の料金を掲載しており、中古車の相場やリース料金は日々変動します

軽自動車のおすすめ3. ホンダ「N BOX」

軽自動車のおすすめ3. ホンダ「N BOX」

デビュー当時からトップクラスの販売台数を誇るホンダ「N BOX」は、中古車も流通量が豊富です。年式や走行距離、ボディカラーなども好みのものを選びやすいので、ディテールにこだわる方にもおすすめできます。

狙うなら安全性の高い現行モデル。全グレードに「Honda SENSING」が搭載されていて、Lグレード以上なら後席左側のパワースライドドアや充電用のUSBジャックがついているなど使い勝手も上々です。人気が高くても流通量が多いので価格が安定しており、燃費性能も21.2km/L(WLTCモード)と低燃費といえるので、ランニングコストも抑えられます。

 金額
新車販売価格144万8,700円~
中古車相場
()内はボリュームゾーン
53万円~215万円(130万円前後)
おすすめ中古車リース月々22,440円~

※2022年11月11日時点の情報を基に、中古車相場は「価格.com」における2017年モデルの相場、おすすめ中古車リースは定額カルモくん 中古車の料金を掲載しており、中古車の相場やリース料金は日々変動します

おすすめ中古車をリースでお得に手に入れるならこちらをチェック!

本日の激安アリ_限定中古車

コンパクトカーのおすすめ1. トヨタ「ヤリス」(ハイブリッド)

コンパクトカーのおすすめ1. トヨタ「ヤリス」(ハイブリッド)

燃費重視でコンパクトカーを選ぶなら、トヨタ「ヤリス」がおすすめです。旧型までは「ヴィッツ」の名称で販売されていた車種で、現行モデルからは海外での販売名であるヤリスに名称変更され、デザインや走りもスタイリッシュに一新されました。

おすすめはやはり2020年以降の現行モデル、ハイブリッド搭載グレードです。価格は多くが140万円からと高めですが、35km/L前後(WLTCモード)と低燃費で維持費が安くなりますし、内装も高級感があるため中古でも満足度が高いでしょう。「Toyota Safety Sense」を搭載し、最新の安全性能がそろっているのもポイントです。

 金額
新車販売価格147万円~
中古車相場
()内はボリュームゾーン
98万円~278万円(140万円~)
おすすめ中古車リース月々30,690円~

※2022年11月11日時点の情報を基に、中古車相場は「価格.com」における2020年モデルの相場、おすすめ中古車リースは定額カルモくん 中古車の料金を掲載しており、中古車の相場やリース料金は日々変動します

コンパクトカーのおすすめ2. ホンダ「フィット」

コンパクトカーのおすすめ2. ホンダ「フィット」

ホンダ「フィット」は、4代目の現行型、2013年発売の旧型ともに人気の高い車種です。室内空間が広くゆったりとした乗り心地が特徴で、単身者からファミリー層まで幅広く利用されています。

相場が安い旧型も良いですが、おすすめは現行型のガソリンモデルです。中古車なら150万円以下で買えるものも見つけやすく、「Honda SENSING」も標準搭載なのでファミリーカーとしても安心して利用できるでしょう。デザインはグレードごとに特徴がありますが、流通量があるので好みで選べます。長く乗るつもりなら、燃費の良い「e:HEV」搭載モデルもおすすめです。

 金額
新車販売価格159万2,800円~
中古車相場
()内はボリュームゾーン
37万円~289万円(140万円~)
おすすめ中古車リース月々24,530円~

※2022年11月11日時点の情報を基に、中古車相場は「価格.com」における2020年モデルの相場、おすすめ中古車リースは定額カルモくん 中古車の料金を掲載しており、中古車の相場やリース料金は日々変動します

コンパクトカーのおすすめ3. 日産「ノート」

コンパクトカーのおすすめ3. 日産「ノート」

コンパクトカーでも中古の流通量が多い日産「ノート」は、小柄ながら力強い走行が可能で、後席や荷室も十分な空間が確保されている使い勝手抜群の車です。

現行型ノートは全車「e-POWER」搭載ですが、まだ新しく価格帯も高いため、狙い目は先代の2代目モデルとなるでしょう。流通量が多く車の選択肢が豊富な上、価格も手頃で選びやすくなっています。2017年のマイナーチェンジ以降からは「e-POWER」搭載モデルもあり、燃費も申し分ありません。リセールを意識しないなら、あえてマイナーカラーを狙うと安く手に入るでしょう。

 金額
新車販売価格203万3,900円~
中古車相場
()内はボリュームゾーン
9万円~378万円(80万円前後)
おすすめ中古車リース月々24,530円~

※2022年11月11日時点の情報を基に、中古車相場は「価格.com」における2012年モデルの相場(ボリュームゾーンは2017年モデル)、おすすめ中古車リースは定額カルモくん 中古車の料金を掲載しており、中古車の相場やリース料金は日々変動します

おすすめ中古車をリースでお得に手に入れるならこちらをチェック!

本日の激安アリ_限定中古車

ミニバンのおすすめ1. トヨタ「ノア」(ハイブリッド)

ミニバンのおすすめ1. トヨタ「ノア」(ハイブリッド)

ミニバンのおすすめ車種1つ目は、トヨタ「ノア」の現行型、ハイブリッドモデルです。ノアは激戦区となっているミドルクラスミニバンの中でもファミリーの使いやすさを重視しており、燃費、人気、流通量ともに高いレベルで安定しています。

ハイブリッドならいずれも23km/L前後(WLTCモード)の低燃費で、軽自動車やコンパクトカーと並べても引けを取りません。ファミリーで使うことの多い車なので、少し高くても最新の安全機能がついた現行型を選び、燃料代を抑えてバランスをとりましょう。エアロ仕様の登録済み未使用車ならリセールも期待できます。

 金額
新車販売価格305万円~
中古車相場
()内はボリュームゾーン
269万円~549万円(300万円前後)
おすすめ中古車リース月々50,820円~

※2022年11月11日時点の情報を基に、中古車相場は「価格.com」における2022年モデルの相場、おすすめ中古車リースは定額カルモくん 中古車の料金を掲載しており、中古車の相場やリース料金は日々変動します

ミニバンのおすすめ2. トヨタ「アルファード」

ミニバンのおすすめ2. トヨタ「アルファード」

人気の高い中古ミニバンを選ぶなら、トヨタ「アルファード」がおすすめです。洗練された乗り心地と快適な装備が備わったラグジュアリーな車として、ミニバンで圧倒的なシェアを占めています。

おすすめは現行型でマイナーチェンジ前の2015~2017年式、ガソリン車2.5Gのモデルです。最も人気が高いエアロ系モデルは割高感がありますが、これなら車両本体価格300万円前後で見つかります。ただし、リセールバリューも期待するなら好みのカスタマイズ車両を手に入れるのも悪くないでしょう。

 金額
新車販売価格359万7,000円~
中古車相場
()内はボリュームゾーン
148万円~2,399万円(300万円~)
おすすめ中古車リース月々66,100円~

※2022年11月11日時点の情報を基に、中古車相場は「価格.com」における2015年モデルの相場、おすすめ中古車リースは定額カルモくん 中古車の料金を掲載しており、中古車の相場やリース料金は日々変動します

ミニバンのおすすめ3. 日産「セレナ」

ミニバンのおすすめ3. 日産「セレナ」

日産「セレナ」はファミリー層からの支持が厚く人気があり、流通量も多い車種です。癖の少ないデザインで広く受け入れられ、シートアレンジも豊富で使い勝手もよく考えられています。

おすすめモデルは現行型の1.2Lエンジン、「e-POWER」搭載のハイブリッドモデルです。予算300万円程度で力強くスムーズな加速と高い燃費性能を実感できる車が手に入るでしょう。なお、「e-POWER」を外すと価格はぐっと下がり、250万円以下で充実装備の車が手に入れられます。中古車セレナの選択肢は豊富なので、予算や好みに合わせて選びましょう。

 金額
新車販売価格322万6,300円~
中古車相場
()内はボリュームゾーン
198万円~430万円(320万円前後)
おすすめ中古車リース月々39,500円~

※2022年11月11日時点の情報を基に、中古車相場は「価格.com」における2018年モデル(「e-POWER」搭載)の相場、おすすめ中古車リースは定額カルモくん 中古車の料金を掲載しており、中古車の相場やリース料金は日々変動します

おすすめ中古車をリースでお得に手に入れるならこちらをチェック!

本日の激安アリ_限定中古車

SUVのおすすめ1. 日産「キックス」

SUVのおすすめ1. 日産「キックス」

日産「キックス」には2008〜2012年に販売された軽SUVと、2020年6月にデビューしたコンパクトSUVの2タイプが存在しますが、ここでおすすめするのは現行型のコンパクトSUVです。発売からもうすぐ3年とあって1回目の車検を前に手放す方が増えてきているため、価格が下がり始めている今が狙い時でしょう。

キックスは「e-POWER」専用モデルでプロパイロットも標準搭載、2WDならカタログ燃費で23.0km/Lという低燃費です。躍動感が欲しいならツートーンインテリアエディション、シックな内装が好みならXグレードと、好みに合わせて選びましょう。

 金額
新車販売価格279万8,400円~
中古車相場
()内はボリュームゾーン
199万円~349万円(250万円前後)
おすすめ中古車リース月々45,650円~

※2022年11月11日時点の情報を基に、中古車相場は「価格.com」における2020年モデルの相場、おすすめ中古車リースは定額カルモくん 中古車の料金を掲載しており、中古車の相場やリース料金は日々変動します

SUVのおすすめ2. トヨタ「ハリアー」

SUVのおすすめ2. トヨタ「ハリアー」

トヨタ「ハリアー」は、プレミアムSUVとして絶大な人気を誇ります。エレガントなデザインと走りの上質感が支持され、本格的なオフロードではなく街乗りメインのクロスオーバーSUVという位置付けです。

現行型は人気が高く、中古車でも新車の販売価格とほとんど変わりません。それなら、旧型の上級グレードを狙い、価格とラグジュアリー感、両方満足できる車を探すのがおすすめです。旧型も人気で価格は高めの推移ですが、流通量が増えているので、手頃な車も見つかるでしょう。

 金額
新車販売価格312万8,000円~
中古車相場
()内はボリュームゾーン
149万円~537万円(~250万円)
おすすめ中古車リース月々50,500円~

※2022年11月11日時点の情報を基に、中古車相場は「価格.com」における2013年モデルの相場、おすすめ中古車リースは定額カルモくん 中古車の料金を掲載しており、中古車の相場やリース料金は日々変動します

SUVのおすすめ3. 日産「エクストレイル」

SUVのおすすめ3. 日産「エクストレイル」

アウトドアも楽しめるSUVが欲しいなら、中古車流通量の多い日産「エクストレイル」がグッドな選択です。防水シートや防水加工フロアなどアウトドアで活躍する装備により、若い方を中心に非常に人気があります。

現行モデルは2022年に発売されたばかりで中古車としての旨みがないので、ここでおすすめするのは旧型、中でもエマージェンシーブレーキが標準装備となった2016年以降のモデルです。流通量が多いだけに価格もこなれていて、150万円を切る車もそれなりに豊富です。時間をかければ安く状態の良い車も見つかるでしょう。

 金額
新車販売価格319万8800円~
中古車相場
()内はボリュームゾーン
69万円~479万円(200万円前後)
おすすめ中古車リース月々36,500円~

※2022年11月11日時点の情報を基に、中古車相場は「価格.com」における2013年モデルの相場、おすすめ中古車リースは定額カルモくん 中古車の料金を掲載しており、中古車の相場やリース料金は日々変動します

おすすめ中古車をリースでお得に手に入れるならこちらをチェック!

本日の激安アリ_限定中古車

セダンのおすすめ1. ホンダ「インサイト」

インサイト

※ホンダ「インサイト」の新車画像です

セダンの中古車でコスパと高級感の両方を叶えるなら、ハイブリッド専用のセダンである現行型ホンダ「インサイト」がおすすめです。

28.4km/L(WLTCモード)の高い燃費性能で維持費負担が軽減できるのはもちろん、一般的なハイブリッドとは異なり、走りも楽しめる「e:HEV」だけあって、走行性重視の方にも最適です。また、「Honda SENSING」標準装備なので長く乗る車としても安心して購入できます。本革やシルバーの装飾などプレミアムな内装の上級グレードでも、中古車なら260万円から見つけられるでしょう。

 金額
新車販売価格335万5,000円~
中古車相場206万円~360万円
おすすめ中古車リース-

※2022年11月11日時点の情報を基に、中古車相場は「価格.com」における2018年モデルの相場を掲載し、おすすめ中古車リースの定額カルモくん 中古車では取扱いがありませんでした。中古車の相場や在庫は日々変動します

セダンのおすすめ2. 日産「スカイライン」

セダンのおすすめ2. 日産「スカイライン」

ファンの多い人気セダンといえば日産「スカイライン」でしょう。スポーティーな走りを楽しめる国産セダンとして長い歴史を誇ります。

おすすめは2019年式までの350GTハイブリッドです。2019年にマイナーチェンジが行われたことで、それ以前のモデルは価格が落ち着いて、200万円を切る価格のものも見つかります。燃費性能も高く、発売当時としては最新の運転支援システムが搭載されているので安全性も十分。さらに、流通量も多いので、カスタマイズ済みの車両も選びやすいです。

 金額
新車販売価格456万9,400円~
中古車相場
()内はボリュームゾーン
45万円~604万円(230万円前後)
おすすめ中古車リース月々46,600円~

※2022年11月11日時点の情報を基に、中古車相場は「価格.com」における2014年モデルの相場、おすすめ中古車リースは定額カルモくん 中古車の料金を掲載しており、中古車の相場やリース料金は日々変動します

セダンのおすすめ3. トヨタ「マークX」

セダンのおすすめ3. トヨタ「マークX」

セダンの中でも選択肢豊富なのが、2019年12月まで販売されていたトヨタ「マークX」です。国産高級セダンで、稀少なV6エンジンを搭載した後輪駆動ということでファンの多い車です。

マークXを今購入するなら、故障リスクの少ない2代目モデルを狙いましょう。中でも年式や走行距離重視なら流通量が多い250G、スポーツセダンの醍醐味を味わうなら6速マニュアル車のGRMNがおすすめです。GRMNは600万円前後のプレミア価格ですが、リセールバリューに期待して少し背伸びをして買っても損はないでしょう。

 金額
新車販売価格-
中古車相場
()内はボリュームゾーン
34万円~679万円(170万円~)
おすすめ中古車リース月々42,680円~

※2022年11月11日時点の情報を基に、中古車相場は「価格.com」における2009年モデルの相場、おすすめ中古車リースは定額カルモくん 中古車の料金を掲載しており、中古車の相場やリース料金は日々変動します

おすすめ中古車をリースでお得に手に入れるならこちらをチェック!

本日の激安アリ_限定中古車

ステーションワゴンのおすすめ1. トヨタ「カローラフィールダー」

ステーションワゴンのおすすめ1. トヨタ「カローラフィールダー」

セダンの人気車種として愛されてきたカローラのワゴン版がトヨタ「カローラフィールダー」です。現行型のハイブリッドモデルは27.8km/L(WLTCモード)とかなり燃費性能が良く、維持費の軽減が期待できます。

ビジネスカーとしても人気があるため多く流通しており、5年落ちなら130万円前後で程度の良いものが見つかるでしょう。広々としたラゲッジスペースと乗用車並みに快適な居住性を両立した車なので、ミニバンまでは必要ないという方にとって非常にコスパが良いといえます。

 金額
新車販売価格175万8,400円~
中古車相場
()内はボリュームゾーン
43万円~249万円(130万円前後)
おすすめ中古車リース月々24,530円~

※2022年11月11日時点の情報を基に、中古車相場は「価格.com」における2012年モデルの相場、おすすめ中古車リースは定額カルモくん 中古車の料金を掲載しており、中古車の相場やリース料金は日々変動します

ステーションワゴンのおすすめ2. ホンダ「シャトル」

ステーションワゴンのおすすめ2. ホンダ「シャトル」

ホンダ「シャトル」は、ホンダを代表する5ナンバーサイズのコンパクトステーションワゴンです。まだ現行モデルしか出回っていない比較的新しい車種ですが、ワゴン並みに実用性の高い荷室がありながらフットワークが良いことから、アウトドアやロングドライブなどを楽しむ方々に人気があります。

おすすめは「Honda SENSING」が全車に搭載されるようになった2017年以降のモデルで、特に人気なのはハイブリッド車です。2019年のマイナーチェンジ以前のものが価格もこなれていて狙い目でしょう。

 金額
新車販売価格180万8,400円~
中古車相場
()内はボリュームゾーン
60万円~269万円(150万円前後)
おすすめ中古車リース月々25,190円~

※2022年11月11日時点の情報を基に、中古車相場は「価格.com」における2015年モデルの相場、おすすめ中古車リースは定額カルモくん 中古車の料金を掲載しており、中古車の相場やリース料金は日々変動します

ステーションワゴンのおすすめ3. スバル「レヴォーグ」

ステーションワゴンのおすすめ3. スバル「レヴォーグ」

ステーションワゴンで市場に最も多く出回っているのがスバル「レヴォーグ」です。特に2020年のフルモデルチェンジ以前に発売された旧モデルが多く流通しており、価格帯も幅広くなっています。年式、走行距離などの希望条件にぴったりのものが見つけやすいでしょう。

価格を抑えつつ程度の良い中古車を狙うなら、旧型の1.6ターボGTがおすすめです。予算150万円前後を見ておけば、豊富な選択肢から好みの1台を探すことができるでしょう。250万円程度まで予算を上げれば、本格的な走りを楽しめるSTIスポーツも狙えます。

 金額
新車販売価格310万2,000円~
中古車相場
()内はボリュームゾーン
79万円~406万円(170万円前後)
おすすめ中古車リース月々39,900円~

※2022年11月11日時点の情報を基に、中古車相場は「価格.com」における2014年モデルの相場、おすすめ中古車リースは定額カルモくん 中古車の料金を掲載しており、中古車の相場やリース料金は日々変動します

おすすめ中古車をリースでお得に手に入れるならこちらをチェック!

本日の激安アリ_限定中古車

ハッチバックのおすすめ1. トヨタ「アクア」

ハッチバックのおすすめ1. トヨタ「アクア」

5ナンバーサイズのコンパクトハッチバックで燃費の良い車種といえば、トヨタ「アクア」です。全車ハイブリッドシステム搭載で低燃費、かつ小回りが利くため人気も高く、デビューから10年経つこともあって中古車市場にもかなりの台数が流通しています。

おすすめは先代のマイナーチェンジを実施した2017年以降のモデルです。2021年登場の現行モデルはまだ高い価格で推移しているので燃費を考慮しても費用が気になるところですが、以前のモデルなら100万円を切るものも見つけられるため、コスパの良い1台が手に入るでしょう。

 金額
新車販売価格198万円~
中古車相場
()内はボリュームゾーン
23万円~286万円(150万円前後)
おすすめ中古車リース月々25,080円~

※2022年11月11日時点の情報を基に、中古車相場は「価格.com」における2011年モデルの相場、おすすめ中古車リースは定額カルモくん 中古車の料金を掲載しており、中古車の相場やリース料金は日々変動します

ハッチバックのおすすめ2. トヨタ「プリウス」

ハッチバックのおすすめ2. トヨタ「プリウス」

ハイブリッド車の代名詞トヨタ「プリウス」は、長く販売される人気車種で流通量も多く、希望どおりの車が見つけやすいでしょう。また、プリウスのハイブリッドシステムやバッテリーは信頼性が高く、寿命は走行距離15〜20万kmが目安と長持ちする点も魅力です。

プリウスから1台を選ぶなら、現行の前期モデル、2016年頃の車がおすすめです。少々いかついデザインですが、130万円ほどで買える中古車も出てきておりお得感があります。ただし、見た目が好みでない場合は予算を追加して後期モデルを視野に入れるのがベターです。

 金額
新車販売価格259万7,000円~
中古車相場
()内はボリュームゾーン
74万円~438万円(170万円~)
おすすめ中古車リース月々32,560円~

※2022年11月11日時点の情報を基に、中古車相場は「価格.com」における2015年モデルの相場、おすすめ中古車リースは定額カルモくん 中古車の料金を掲載しており、中古車の相場やリース料金は日々変動します

ハッチバックのおすすめ3. スズキ「スイフト」

ハッチバックのおすすめ3. スズキ「スイフト」

コンパクトハッチバックであるスズキ「スイフト」は中古車市場に多く出回っており、現行モデルにしぼっても2,000台以上が流通しています。そのため価格が安定しており、100万円前後で狙えるお値打ち車両も見つかりやすいのがポイントです。

中古車のスイフトを購入するなら、現行型のXGがおすすめです。2019年以降のモデルには運転支援システムが標準装備され、ハイブリッドではないものの燃費性能も18.8〜21.8km/L(WLTCモード)と悪くありません。100万円以下でも150台以上流通している狙い目のグレードです。

 金額
新車販売価格138万8,200円~
中古車相場
()内はボリュームゾーン
59万円~389万円(130万円前後)
おすすめ中古車リース月々26,950円~

※2022年11月11日時点の情報を基に、中古車相場は「価格.com」における2017年モデルの相場、おすすめ中古車リースは定額カルモくん 中古車の料金を掲載しており、中古車の相場やリース料金は日々変動します

定額カルモくんなら、日々入れ替わる在庫の中から自分にぴったりの車を提案してもらえるので、中古車選びの失敗がないでしょう。まずは審査して希望を伝えておくと安心です。

下のバナーから「お試し審査」に進めます

おすすめ中古車情報

中古車選びで失敗したくない!おすすめのチェックポイントとは?

中古車は価格も状態も千差万別です。事故や修理のリスクを避けるためにも、購入時にはさまざまな角度からしっかりと車を比較検討しましょう。ここでは中古車を選ぶ際にチェックしておくべきポイントをご紹介します。

年式や走行距離、修復歴、メンテナンス履歴

年式が古く走行距離の長い中古車ほど安価になり、反対に高年式で走行距離が短いほど価格は上がります。年式と走行距離のバランスは1年で10,000kmほどが標準的で、きれいなものを狙うなら3年落ち、安さを重視するなら7年落ちがおすすめです。なお、細かくメンテナンス履歴があれば年式が古くても故障しにくい傾向があります。

修復歴のある中古車は車の骨格部分に損傷があったもので、安全面のリスクが高く、購入後の修理費がかさむ可能性もあるのでおすすめできません。

外装、内装、足回り

中古車を購入するときは、内外装を可能な限り自分の目で見て確認するのがベターです。ボディの傷やへこみが思ったより目立っていたり、シートの染みやにおいが気になったりするケースもあるので、さまざまな角度からチェックしましょう。

特に足回りは車の安全面に関わります。タイヤのすり減りやひび割れがある場合や、サスペンションの劣化を感じる場合は交換が必要になり、追加費用がかかるため注意しましょう。

運転のしやすさや見通し

自分にとっての運転のしやすさや見通しの良さも確認したいところです。例えば狭い道や駐車場を利用することが多いなら小回りの利く車が便利ですし、目線が高い車は視界が良好で歩行者や危険物にいち早く気付くことができ安全です。

反対に、シート位置や目線の高さが体に合わず疲れやすい車や、欲しい機能がついていない車は、どれほど状態が良くてもおすすめできません

初期費用、購入費用

購入後の家計を圧迫しないよう、おおよその予算を決め、その範囲で車を選ぶことも大切です。ただし、車両本体価格が高くても状態が良ければ結果的に車にかかる費用を抑えられる場合もあるので、ケースバイケースで考えましょう。

なお、中古車にも購入時には税金や保険料、手数料や整備代といった初期費用がかかります。初期費用はすべて合わせると車両本体価格の10~20%程度になるので、これらも合わせた総額を必ず確認しておきましょう。

車検の有無や保証内容

中古車の中には、車検切れの状態で販売されているものもあります。この場合、乗り始める前に車検を通す必要があり、追加費用がかかるため注意が必要です。維持費を抑えるなら、車検までの残り期間をチェックしておくことも大切です。

また、中古車はそれまでの乗り方で状態が大きく異なります。乗り始めてすぐに不具合が起こるケースもあるので、修理費に備えた保証や返品の制度があると安心です。納車前に車検・整備を行ってくれる販売店なら安心して購入できるでしょう。

自分で探すよりも楽!

カーリースの定額カルモくんでは、車種ごとの違いや年式の選び方にも詳しいマイカーコンシェルジュが、希望どおりの車を探してくれます。日々変動する中古車の在庫を毎日チェックしなくても、簡単に希望の車に出会えます。中古車探しを楽にするために、まずは下のバナーから審査申込みをしておくのがおすすめです。

おすすめ中古車情報

中古車に乗るなら、失敗しない車選びができる方法がおすすめ!

中古車に乗るなら、失敗しない車選びができる方法がおすすめ!

毎日在庫が変わる中古車の中から、自分の希望にぴったりで程度の良い車を見つけるのは、時間も手間もかかりたいへんです。楽してお得に車に乗りたいなら、サブスク感覚でお気に入りの車を利用できるカーリースを検討してみましょう。
カーリースとは、リース会社所有の車に月額制で乗れるサービスです。一般的には新車が対象ですが、ここでは良質な中古車を取り揃えている「おトクにマイカー 定額カルモくん 中古車」をご紹介しましょう。

中古車リースについて詳しく知りたい方はこちら

定額カルモくん 中古車で安心して車を持てる理由

カルモくん中古車リース_アフターサービス

定額カルモくん 中古車には、安心して中古車に乗れる理由があります。それぞれ詳しく見ていきましょう。

初期費用0円!厳選中古車からぴったりの1台に出会える

定額カルモくんの利用に初期費用はかかりません。初月から月額料金のみ、それも月々10,000円台からと負担が少ないので、限られた予算でも好みの中古車を見つけやすいでしょう。しかも、定額カルモくんの中古車は大手中古車販売店の品質評価基準で4点以上の厳選された中古車のみなので、どの車を選んでも品質は申し分ありません。常時3,000台以上の豊富な中古車在庫から、自分にぴったりの1台を選べます。

定額カルモくん中古車_限定中古車

車検2年、故障保証1年付きで自宅に届く

定額カルモくんの中古車は、全車に2年間の車検と1年間の故障保証がついています。そのため、乗り始めてすぐに車検の出費で焦ったり、予期せぬトラブルで修理費がかさんだりする心配はありません。保証期間中の修理回数や金額に上限はなく、万一の場合も全国30,000以上の指定店舗で対応してもらえるので安心です。

走行距離無制限&車をもらえる

一般的なカーリースには利用期間中の走行距離に制限がありますが、定額カルモくん 中古車なら全車走行距離無制限で利用できます。しかも、車検やメンテナンスが定額になるメンテナンスプランに加入しておけば、契約満了時に車がもらえるので長く乗り続けることも可能で、カスタマイズもマイカー同様に楽しめます。

気になる車に月々いくらで乗れるかチェックする

失敗しない中古車選びをマイカーコンシェルジュがサポート

定額カルモくんのマイカーコンシェルジュとは?担当者や相談事例、利用者の声を紹介

定額カルモくん 中古車には、中古車選びやカーリースに精通したマイカーコンシェルジュが、一人ひとりにぴったりの中古車選びをサポートしてくれるうれしいサービスがあります。

基本的な中古車選びの考え方から修復歴や足回りの見分け方といった細かい疑問まで対応してくれるほか、メーカーを横断して最適な車種やグレードも紹介してくれるので、車に詳しくなくても満足できる1台を手に入れられるでしょう。

マイカーコンシェルジュを詳しく見る

まずは申込みを済ませておくのがおすすめ!

中古車選びでは、収入とのバランスや納車時期などの条件も重要です。希望に合った車でも維持費に無理があると生活の負担になりますし、すぐに車が欲しくても審査に通らないといったケースも少なくありません。

事前に条件を登録しておけば、無理なく乗れて希望にぴったりの車を探してもらえます。まずは無料の審査申込みを済ませておいて、自分だけのおすすめ中古車情報を手に入れましょう。

おすすめ中古車情報

おすすめの中古車から安心・安全な1台を

中古車は人気車種でも新車より安く手に入れられますが、その一方で新車以上に故障のリスクもあります。中古車を選ぶ際には人気や価格だけではなく、車の状態や購入後の修理費、サポートなども含め、あらゆる面からしっかりと比較検討することが大切です。

カーリースを利用すれば頭金は不要で、月々定額の料金で中古車に乗れます。中でも定額カルモくんの中古車リースはサポートが充実していて安心です。この機会にカーリースを利用して、賢く中古車ライフを始めてみませんか。

定額カルモくん 中古車について詳しくはこちら

メルマガ登録

よくある質問

Q1:おすすめの中古車を教えて!

A:燃費の良さ、人気の高さ、流通量の多さの3つを兼ね備えた中古車がおすすめです。例えば、軽自動車なら「アルト」や「N BOX」、コンパクトカーなら「ヤリス」や「フィット」、ミニバンなら「ノア」や「アルファード」がこれに当たります。車の専門家がおすすめする中古車21選はこちらでご紹介しています。

Q2:失敗しない中古車の選び方は?

A:モデルや年式、走行距離、車の状態などに見合った価格かを、中古車市場を見て確認することが大切です。安すぎる車は購入後に修理が多発する可能性があるので注意が必要です。また販売店が購入後にどのようなサポートをしてくれるのか、保証内容はどうなっているのかも確認しましょう。

Q3:中古車に安心して乗るためにおすすめの方法は?

A:カーリースなら頭金や初期費用といったまとまった資金がなくても中古車に乗り始めることができます。また、メンテナンス費用も毎月定額で支払えるため、大きな出費の心配がありません。中でも、定額カルモくん 中古車は車検2年と故障保証1年付きで、車選びから契約後までサポートが充実していておすすめです。

※この記事は2022年11月時点の情報で制作しています

関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる
LINE買い方診断_ポップアップ