「残価設定ローン」と「マイカーリース」選ぶならどっち?

「残価設定ローン」と「マイカーリース」選ぶならどっち?

あらかじめ残価を設定し、車両価格からその残価を差し引いた金額を月々支払う「残価設定ローン」と「カーリース」。一見、同じしくみのサービスに見えますが、果たしてどちらを選べばいいのでしょうか?
ここでは、残価設定ローンとカーリースの基本的なしくみや、それぞれのメリット・デメリットについてご紹介します。

カルモ割引バナー

残価設定ローンとは?

 

残価設定ローンとは?

残価とは「購入した車を数年後に下取りとして出した場合の価値」=「下取り価格」のこと。残価設定ローンとは、車両価格から下取り価格を残価として差し引き、残りの金額を支払うタイプのローンです。

例えば、300万円の車を購入し、この車の5年後の下取り価格が120万円の場合、300万円から120万円を差し引いた180万円を5年間で支払うことになります。

あらかじめ設定した年数を過ぎた場合、下記の3つから車の扱いを選ぶことができます。
・車を返却する
・同じ販売店で新しい車に乗り換える
・乗っている車を買取る(一括または分割払いを選べる)

残価設定ローンのメリット

・月々の支払い額を安く抑えることができる
残価設定ローンの場合、車両価格から残価が差し引かれるため、通常のローンと比較すると月々の支払額が安くなります。

・下取り価格が保証されている
あらかじめ設定したローン返済期間が過ぎた後、「車を返却する」もしくは「新しい車に乗り換える」ことを選択した場合は、乗っていた車を下取りに出すことになります。通常は下取り時点での中古車相場によって下取り価格を決定しますが、残価設定ローンの場合はあらかじめ下取り価格が保証されています。そのため、中古車市場が下火になっていても、下取り価格が下がることはありません。

残価設定ローンのデメリット

・車を返却する場合にコンディション次第では追加支払いが発生する
車を返却したときに傷やへこみなどがあれば、査定額が下がり、追加の支払いが必要になる場合があります。また、車をカスタマイズするなど、中古車市場での価値が下がる場合には追加支払いが発生するため注意が必要です。

・車を乗り換える場合、原則として同じメーカーの車種となる
残価設定ローンの支払いが残っている状態で乗り換えをする場合、選択できるのは同じメーカーの車種に限られます。ほかのメーカーの車に乗り換えたい場合は、残りの支払額を一括払いで完済する必要があります。

・利息が高くなる
ローンを組むと利息がかかりますが、残価設定ローンは残価を差し引いた分だけでなく、残価を含めた元金に利息がかかります。月々の支払額が少なくなる反面、元金が減るスピードも遅く、最終的に利息が高くなる可能性があります。

<あわせて読みたい>

花輪陽子と考えよう

カーリース(個人向けカーリース)とは?

カーリース(個人向けカーリース)とは?

カーリースとは、自分が乗りたい車をリース会社に代わりに購入してもらい、その車を年単位の契約で借りるサービスです。車両価格から下取り価格を残価として差し引き、残りの金額を契約年数で割って月々の支払額が決まる点は、残価設定ローンと似ています。

残価設定ローンとの大きな違いは、そもそも購入ではないため、車の所有者はリース会社であるといった点です。契約年数を過ぎた場合、下記の3つから車の扱いを選ぶことができます。
・車を返却する
・再リース契約する(残価を支払うことで購入が可能な場合もある)
・別の車に乗り換える

カーリースのメリット

・初期費用が必要ない
カーリースは頭金がかからないため、元手がなくても車に乗ることができます。

・各種税金や車検費用などまとまった支払いを気にしなくていい
カーリースの月額費用には、各種税金や車検費用が含まれているため、月々の支払いのほかに大きな支払いは発生しません。これによって、家計の予測が立てやすくなり心理的な負担が少なくて済みます。また、法人や個人事業主の方は、かかった税金を100%経費計上することが可能です。

・車のメンテナンスを任せられ、安全な状態を維持しやすい
リース会社の中には、月々の支払いにメンテナンス費用を含むプランを用意しているところもあります。メンテナンス時期にお知らせがくるため忘れることがなく、車を常に安全な状態で維持することができます。

・申し込みから審査までネットで完結できる
マイカー賃貸カルモは実店舗を持たないオンライン販売のため、申し込みから審査までネットで完結できる点もメリットといえます。

カーリースのデメリット

・残価設定ローンより月々の支払いが高くなる傾向にある
カーリースの月額には、各種税金や車検費用などが含まれているため、残価設定ローンよりも月々の支払いが高くなる傾向にあります。

・自由にカスタマイズしにくい
リース契約後、返却された車は中古車として販売されます。そのため、価値が下がるようなカスタマイズをすると、追加の支払いが発生することがあります。必要なオプションは、リース契約時に付けてもらいましょう。どうしてもカスタマイズしたい場合、納車時の状態に戻してから返却することをおすすめします。

・コンディション次第で追加支払いが発生する
残価設定ローンと同じく、返却時に傷やへこみなどがあると、査定額が下がるため、追加の支払いが発生する場合があります。ただし、飛び石や塗装面のすり傷などは、普通に走っていても起こり得る経年劣化であり、そのようなことで追加料金を求められる心配はありません。

まずは審査

「残価設定ローン」と「カーリース」の分かりやすい違い

「残価設定ローン」と「カーリース」の分かりやすい違い

残価設定ローンとカーリースは、どちらも返却を前提としたサービスですが、大きな違いは「定期的に大きい支払いが発生するかどうか」です。

・残価設定ローン
月々の支払額は少ないが、税金や車検の度に大きい支払いが発生する

残価設定ローン

・カーリース
月々の支払額は残価設定ローンを上回ることがあるが、税金や車検費用が含まれているため、契約期間中は定額を支払えばよく家計管理しやすい。
※リース会社のプランによっては月々の支払いに車検費用が含まれていない場合もあります。

カーリース

また、残価設定ローンは購入=所有権を得ることになるため、車を自分の物として使うといった欲求を満たせます。一方、カーリースでは所有権は得られませんが、車をマイカー感覚で利用できるため、それほど気になりません。「家の賃貸と同じ」と考えるとわかりやすいでしょう。

残価設定ローンもカーリースも、それぞれにメリット・デメリットがあるため、ご自身のライフスタイルに合わせて選ぶことをおすすめします。

 

※記事の内容は2018年4月時点の情報で執筆しています。

ラストチャンス
ラストチャンス

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

この記事をシェアする

カテゴリから記事を探す

カーニュース

試乗記

車種カタログ

賢く車に乗る

タグから記事を探す