ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

残価設定ローンはデメリットだらけ!?安さのしくみをわかりやすく解説

残価設定ローンはデメリットだらけ!?安さのしくみをわかりやすく解説

残価設定ローンは毎月の返済額の安さばかりが注目されますが、本当にお得なのでしょうか?しくみをきちんと理解していればお得に利用できるケースもありますが、注意すべきデメリットもあります。ここでは残価設定ローンの安さのしくみやメリット、デメリットとあわせて、残価設定ローンの利用は得なのか損なのかをケースごとに解説します。

  • 残価設定ローンは残価を据え置くから毎月の支払額を抑えられる
  • デメリットは車の利用制限や追加費用のリスクがあること
  • 同じ残価設定なら、残価を差し引くカーリースがおすすめ

残価設定ローンのしくみ

残価設定ローンとはローンの支払方法のひとつで、残価設定型クレジットとも呼ばれています。なお、残価とは、ローン契約満了時の想定下取り価格のことです。契約時にあらかじめ残価を設定し、その支払いをローンの最終支払い時まで据え置くことで、毎月の支払額を抑えることができます。

残価設定ローンは返却を前提としているため、返済を終えても車を自分のものにできませんが、毎月の返済額を抑えられることから利用者が増えています。ではなぜ支払額が安くなるのか、その理由や契約期間終了後の対応について詳しく見ていきましょう。

残価設定ローンはどうして安いの?

残価設定ローンでは残価を最終回の支払いまで据え置き、車両価格から残価を差しい引いた価格のみを契約期間で分割して支払うことで毎月の支払額を安く抑えるしくみです。

例えば300万円の車を5年間の残価設定ローンで購入した場合を考えてみましょう。仮に5年後の残価を120万円とすると、車両価格から残価を差し引いた180万円のみを5年間で分割して支払うことになります。

残価は中古車市場価格を参考に、車種やグレードごとにディーラーが独自に決定します。そのため中古車市場価格が高い車ほど残価が高く、支払額は安くなる傾向にあり、高額な車でも毎月の支払額を大幅に抑えることが可能となっています。ただし、据え置いた残価は最後に精算しなくてはなりません

契約期間が終わった車はどうなる?

残価設定ローンでは、契約期間が終了しても車を自分のものにすることはできません。車を乗り換えるか、残価を支払って乗り続けるか、返却するかの3つの選択肢から選ぶことになります。据え置いた残価はこの3つのどれかの方法で精算するというのが残価設定ローンのしくみです。

先の例でいえば、車に乗り続けるには残価の120万円を一括返済するか、再度ローンを組み直して分割で支払わなければなりません。そのため、高い残価を支払って車に乗り続けるよりも、再び残価設定ローンで新車に乗り換える方が多いようです。

つまり、利用者側は安く新車に乗り継ぐことができ、販売店側は新たな車の販売と状態のいい中古車を入手できる、双方にメリットのあるシステムといえるでしょう。

残価設定ローンと一般的なローンではどちらがお得?

アルファード

毎月の支払額を安く抑えられる残価設定ローンですが、一般的なディーラーローンや銀行のマイカーローンを利用して車を購入する場合と比較してどの程度お得になるのでしょうか。残価設定ローン、一般的なディーラーローン、銀行のマイカーローンの支払額を比較してみましょう。

ここでは例としてトヨタ「アルファード」のエントリーモデルである「X 8人乗り」を借入期間3年で購入した場合をシミュレーションします。なお、シミュレーションはあくまで一例であり、残価設定額や支払期間などによって金額が異なります。

〈トヨタ アルファード X 8人乗り(車両本体価格359万7,000円):借入期間3年〉

 残価設定ローン一般的なディーラーローン銀行のマイカーローン
借入額359万7,000円359万7,000円360万円 *¹
頭金(税金・諸費用)22万1,480円22万1,480円22万1,480円
金利0.0480.0680.03
初回支払額60,905円11万2,002円10万4,692円
月々支払額57,700円11万700円10万4,692円
利息負担額40万4,055円38万9,502円16万8,912円
最終回支払額(残価)197万8,350円--
支払総額446万2,810円437万6,004円398万7,028円

*残価設定ローン、ディーラーローンはトヨタモビリティ東京「見積りシミュレーション」を使用
*マイカーローンは、価格.com「自動車ローン 返済額シミュレーション」を使用
*¹ 借入れが1万円単位となるため、360万円にて計算

残価設定ローンは金利に対して利息負担額が大きい

残価設定ローンの金利は一般的なディーラーローンより低く、銀行のマイカーローンよりは高めに設定されています。しかし、利息の負担額が最も大きいのは残価設定ローンという結果になりました。その理由は、据え置いた残価にも金利がかかるためです。残価を据え置くと毎月の返済額を抑えられる一方で、元金の減りが遅いために利息の負担額が増えてしまうのです。

3年で乗り換える場合、残価設定ローンは最終回支払額である残価を支払う必要がないため、毎月の返済額、支払総額ともに安く抑えられます。しかし、長く乗り続けるなら銀行のマイカーローンや一般的なディーラーローンを利用したほうが支払総額を安く抑えられるという結果になりました。

お得になるかどうかはリセールバリュー次第

残価設定ローンは手元に資金がなくても安く最新の車に乗り継げるため、次々と新車に乗りたい方にとってはお得なシステムといえます。ただし、本当にお得になるかどうかは購入した車のリセールバリュー次第です。

残価は車の購入時にディーラーが独自に設定しますが、中古車市場で人気の高い車の場合、売却価格が設定した残価を上回るケースもあります。こういったケースでは残価設定ローンを利用すると損をしてしまうことになるでしょう。

ただし、数年後に車の市場価格がどうなっているのかは誰にもわかりません。リセールバリューの高い車を選ぶ自信がない場合、下取り価格が保証されている残価設定ローンを利用することは有効な手段といえます。

残価設定ローンのメリット・デメリット

残価設定ローンのメリット・デメリット

残価設定ローンはうまく利用できればメリットの大きいシステムですが、デメリットもあります。利用の際にはどちらも正しく理解しておくことが大切です。残価設定ローンのメリットとデメリットを解説しましょう。

残価設定ローンのメリット

残価設定ローンには以下のようなメリットがあります。

● 毎月の支払額が抑えられる
同じ車を購入する場合でも、残価設定ローンはフルローンに比べて毎月の支払額を安く抑えることができます。また、フルローンでは手が届かない価格の車を購入できる可能性もあります。

● 数年おきに新車に乗り換えられる
フルローンの場合、短期間でローンを組むと毎月の返済額が高額となる傾向があります。また、ローン返済後の乗換えには手間がかかるため、短いスパンで新車に乗り換えるにはややハードルが高いでしょう。しかし、残価設定ローンは購入時点で乗換えの時期が設定され、返却すれば手間もかからないため短期間でスムーズに乗り換えられます。

● 売却時の市場価格で悩む必要がない
残価設定ローンでは車の購入時にあらかじめ残価を設定するため、一定の買取価格が保証されているのと同じ状態になります。市場価格の上下に悩まされることなく、費用が見通しやすいので安心して車を購入できるでしょう。

残価設定ローンのデメリット

残価設定ローンには以下のようなデメリットがあります。

● 走行距離制限がある
残価設定ローンでは車の価値を保つため、走行距離の制限を定めています。通勤や趣味などで走行距離が多い方にとってはこの制限がネックになる場合があります。

● 追加費用のリスクが高い
制限距離をオーバーしたり、事故などで車に傷やへこみを作ってしまったりすると、契約満了時に残価との差額を請求されることがあります。

● 車を返却もしくは残価精算しなくてはいけない
フルローンの場合、返済が終われば車は自分のものになります。しかし、残価設定ローンでは車を返却して同じメーカーの車種に乗換え、もしくは一括で買い取らなくてはいけません。

● 車を乗り換える場合、原則として同じメーカーの車種となる
残価設定ローンで車を乗り換える場合、原則として購入した販売店に車を返却し新たな車を選びます。ほかのメーカーの車に乗り換える際は、残価を一括精算する必要があります。

デメリットのない残価設定サービスはこちら

残価設定ローンで得するケース・損するケース

残価設定ローンで得するケース・損するケース

残価設定ローンを利用するとお得になるのか、損をしてしまうのかは車の利用方法や運転者の条件などにより異なり一概にはいえません。ただし、残価設定ローンで得をしやすいケース、損をしやすいケースにはいくつか具体例があるので、該当する項目がないかチェックしてみましょう。

残価設定ローンで得するケース

以下のようなケースに当てはまる場合、残価設定ローンを利用することでお得に車に乗れる可能性が高いでしょう。

● 新車にこだわりがある
残価設定ローンは元々短い期間で次々に新車に乗り換えることを前提としたローンです。新車が好きで、常に新しい車に乗りたいと考える方にとっては最適といえるでしょう。また、グレードの高い車や人気オプションの付いた車は残価も高額に設定されやすく、より安い支払額で乗れる可能性が高いためお得です。

● 乗換えの手間が面倒
一般的なローンでは車の乗換え時に下取りか売却かを選んだり、複数の買取業者の見積りを取ったりといった手間がかかりますが、残価設定ローンなら乗換え時に車を返却するだけでいいので簡単です。あれこれ悩む必要がなく、車の返却から乗り換える車の購入、新たなローンの手続きまでを販売店の担当者に任せられます

● 車を利用する期間が決まっている
フルローンよりも残価設定ローンのほうが毎月の支払額を抑えられるので、単身赴任中だけ車が必要な場合や、子供の手が離れるまでの数年間は大きな車を利用して、その後は小回りの利く車に乗り換えるなどの方法にも向いています。

残価設定ローンで損するケース

以下のようなケースに当てはまる方は、残価設定ローンの利用で損をしてしまう可能性があるため注意して検討すべきです。

● 十分な貯蓄がある
残価設定ローンでは金利手数料による負担が大きく、数十万円もの負担が生じるケースもあるため、十分な余裕資金がある場合には一括購入がお得です。

● ロングドライブが多い
残価設定ローンでは走行距離制限が定められています。ロングドライブが多い方は、制限距離を超えてしまう可能性があるため、差額を請求されるリスクがあります。

● 運転が苦手
残価設定ローンは車の価値を保ちながら使うことを前提としています。事故やトラブルで車に傷を付けてしまった場合、残価との差額を負担しなければなりません。運転が苦手な場合は事故リスクが高くなるため、残価設定ローンの利用は慎重に検討すべきでしょう。

● 長期的なコストを抑えたい
短期的には毎月の支払額が安い残価設定ローンがお得に見えますが、7年、10年と同じ車に長く乗り続けたい場合は一般的なローンを利用するほうがコストを抑えられます。また、フルローンは返済が終われば車にかかる費用が下がるため、生活費に余裕があるうちに支払いを終えてしまうこともできるでしょう。

残価設定ローンより下取りに出したほうがお得な車

残価設定ローンより下取りに出したほうがお得な車

残価設定ローンは、ローン返済時の下取り価格を想定して残価が設定されます。そのため、中古車市場で人気のある車種や、安定した需要のある定番カラーの車は残価よりも買取額のほうが高くなる可能性があります。ここでは、残価よりも下取り額が高くなる可能性のある車について解説します。

注目度の高い車種

トレンドの車は中古車でも人気が高く、査定額が高くなりやすい傾向にあります。以下のような車種は残価より高い買取価格が付く可能性があるでしょう。

●高級ミニバン
高級ミニバンは新車での購入価格が高額なため、中古車を求める方も少なくありません。ファミリーカーとしても人気が高く、需要が安定しているため売却時に高値が付く可能性があります。

●ハイブリッドカー
燃費のいい車はガソリン代が安くなるなど維持費を抑えられるため人気です。同じ車種でも、ハイブリッドモデルかそうでないかで査定額が大きく異なるケースもあります。

●SUV車
近年はアウトドアブームとも相まってSUV車の人気が高まっており、中古車買取額も期待できます。また、SUV車の中でも悪路走行性に優れるクロスカントリー系の車種はコアなファンも多く、市場価格が下がりにくいひとつの要因となっています。

定番カラーの車

シルバー・ブラック・ホワイトといった定番のカラーは中古車市場でも需要が高いため、高値での買取が期待できるでしょう。一方、個性の強い奇抜なカラーは市場価格が安くなる傾向にあり、ボディカラーだけで何十万円も買取価格が異なるケースもあります

人気のオプション付きの車

カーナビやETC、自動ブレーキなどの先進安全技術といった実用性の高いオプションが付いている車は中古車市場でも人気が高く、売却時に高値が付きやすいです。反対に、これらのオプションが装備されていない車は、残価設定ローンを組んでも損をする可能性が低いといえるでしょう。

残価設定ローンの注意点

残価設定ローン

ここまでの知識をふまえて、やはり残価設定ローンを利用したいと考えている方向けに、残価設定ローンを利用する際に覚えておきたい注意点を解説します。

十分な資金計画を立てる必要がある

残価設定ローンでは、契約満了時に車を乗り換えても新しい車のローン返済が始まり、乗り換えずに再度ローンを組んでも支払いが続きます。また、乗換え時には新車購入時の初期費用が再度必要になること、返却する車の状態によっては差額請求が発生する可能性があることも考慮し、資金に余裕を持って計画を立てておくことが大切です。

ライフプランによっては合わないこともある

残価設定ローンでは、契約年数が3~5年と狭い範囲でしか決められないことが多いため、ライフプランによっては合わないケースもあるでしょう。

維持費に備える必要がある

車の維持には、ガソリン代や駐車場代はもちろん、毎年の自動車税(種別割)、2年に一度の車検費用、メンテナンス費用など、多くのお金がかかります。残価設定ローンを組んだ場合は、これらの費用を別途用意しなくてはいけません。

月々の支払額を抑える残価設定サービス

ずっと定額

月々の出費を抑えて新車にお得に乗る方法は残価設定ローンだけではありません。同じく残価を設定して新車に乗れる方法に、カーリースがあります。初期費用や維持費用まで定額にできるため、残価設定ローンよりも家計管理がしやすいのが特徴です。ここでは、カーリースのしくみについて詳しく解説します。

残価設定ローンよりも支払いがフラットなカーリースのしくみ

リース料金の残価設定

カーリースとは、毎月定額で長期間、車を借りるサブスクリプションサービスです。残価設定により車両本体価格を安く抑えられる点では残価設定ローンと同じですが、カーリースの利点は月額料金に含まれる費用の種類の多さにあります。

カーリースの月額料金には、自動車税(種別割)や車検時の法定費用など、車に乗る上で欠かせない維持費が含まれています。また、頭金も不要なので、貯金が0円でも車が手に入ります。さらに、金利という概念がないので、残価設定ローンのように高い利息負担もありません

カーリースなら低コストで長期的に乗れる

残価設定ローンの期間が3~5年と短い期間で設定されているのに対し、カーリースの契約期間は最短1年から、長いものでは11年までと選べる年数の範囲が広いこともメリットです。

ライフプランに合わせて好きな期間で契約できますし、長期契約で同じ車に乗り続ければ車のコストを抑えることも可能です。契約期間が長いほど毎月の利用料金も安くなるので、少ない予算でも希望の車に手が届きやすいでしょう。

契約満了時に追加費用なしで車をもらえるカーリースもあり、さらに長期間お得に利用できるサービスが充実しているのも魅力です。

定額カルモくんなら残価精算のリスクなし、月々10,000円台で新車に手が届く!

おトクにマイカー 定額カルモくん

数あるカーリースの中でも、「おトクにマイカー 定額カルモくん」なら、頭金0円、日本一安い料金*で新車に乗り始められます。契約期間は最長11年、1年単位で選べるためライフプランに合わせやすいなど、定額カルモくんの魅力をご紹介します。

* 一般社団法人日本自動車リース協会連合会所属のすべての業者の中で、完全定額(頭金なし・ボーナス払いなし・クローズドエンド契約)で新車を個人向けにリースしているサービスにおいて月額料金が日本最安値(2021年7月13日、ステラアソシエ株式会社調べ)

走行距離制限なしで安心、車がもらえるプランも!

定額カルモくんでは国産メーカーの全車種を扱っており、グレードやオプションも自由に選べます。また、7年以上の契約なら走行距離制限なしで車に乗れるため、毎日の通勤や趣味のドライブにも距離を気にせず利用でき安心です。

さらに、月額500円の「もらえるオプション」に加入すれば、契約満了時に追加費用なしで乗っていた車をそのままもらえます。車を返却しないので、もちろん残価精算もありません。マイカーのように自由に車を楽しみたい方に最適です。

メンテナンスプランなら原状回復費用も補償!

メンテナンスプラン料金

残価設定ローンはあくまで車両本体価格の支払方法のひとつであるため、メンテナンスや車検の費用は自己負担です。一方、定額カルモくんのカーリースなら、選べるメンテナンスプランでオイル交換などの定期的なメンテナンス費用や、高額になりやすい車検費用のほとんどを定額にできます

車を乗り換える際の原状回復費用を補償してくれるプランも用意されているため、万が一車に傷が付いてしまっても大きな費用がかかりません。

専門家が選ぶカーリースで3冠を獲得!

専門家が選ぶカーリース_3冠

定額カルモくんはファイナンシャルプランナーやカーディーラー勤務者を対象とした調査で、「コストパフォーマンスが高いカーリース(1)」「サポートが充実しているカーリース(2)」「納得価格のカーリース(3)」の3つの部門で1位に輝き、3冠を獲得*¹しています。

さらに、充実したサポートで顧客満足度98.9%*²を達成。実際に定額カルモくんのカーリースを利用している方からの評価も高く、長く続くカーライフのサポートを安心して任せられます。

*¹調査方法:インターネット調査 調査期間:2021年2月12日~15日 調査概要:カーリース10社を対象にしたイメージ調査 調査対象:男女、全国、18~69 歳、運転免許保有、(1)(2)週1回以上運転するファイナンシャルプランナー176s、(3)カーディーラー勤務者297s 調査実施:株式会社ショッパーズアイ 比較対象企業:「カーリース」Google 検索9社(2021年1月29日10 時時点) 広告、まとめサイトなどを除く

2019年12月~2021年6月までの定額カルモくんご契約者様504名を対象としたアンケート

残価設定ローンはデメリットも理解した上で検討しよう

残価設定ローンは毎月の支払額が安く、少ない予算でも新車に乗れるお得なローンです。しかし、利息の負担が大きくなったり、車の使用方法に制限があったりとデメリットがあることも事実です。実際に利用を検討する場合は、自身の車の乗り方に適しているかをよく考えることが大切です。

なお、走行距離制限や残価精算のリスクが気になる方には、車がもらえるプランのある定額カルモくんのカーリースがおすすめです。

よくある質問

Q1:残価設定ローンはお得に車を買えるの?

A:毎月の支払額を安く抑えられるという点ではお得です。ただし、金利手数料の負担額は一般的なフルローンよりも大きくなる場合があります。本当にお得かどうかは車のリセールバリューや使用方法などによっても異なります。

Q2:残価設定ローンにはデメリットが多いって本当?

A:残価設定ローンのおもなデメリットは、車の走行距離制限や残価精算のリスク、ほかのメーカーの車に乗り換えにくいことの3点です。デメリットを許容できるかどうか、メリットと照らし合わせてよく検討することが大切です。

Q3:金利なしでお得に車に乗れる方法は?

A:カーリースがおすすめです。カーリースは借入れではなく毎月の利用料を支払うしくみなので金利という概念がありません。また、維持費も定額にできるのでお得です。数あるカーリースの中でも定額カルモくんなら、走行距離制限や残価精算のリスクがなく安心です。

※記事の内容は2021年10月時点の情報で制作しています。

関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる
ローンを組まなくても