人気のマイカーリース会社3選!サービス毎の違いで比較してわかった本当に良いカーリース会社とは?

  • Facebook シェアFacebook シェア
  • TwitterTwitter
  • hatenahatena
  • LINE

出典元:https://sport-car.akakagemaru.info/car-honda/post-12411/

数年前までリースという言葉すらあまり聞き馴染みがなかったかもしれません。「知ってはいるけどリースは法人向けなんじゃない?」と思っていた方も多いでしょう。しかしそれはもう過去の話です。

テレビ、ラジオ、新聞など様々な媒体で取り上げられるようになり、個人に向けたマイカーリースは2020年には20万台を突破するといわれています。今の時代では車を所有することよりも利用することを考えている人は少なくありません。

マイカーリースの人気に伴いカーリース会社の数も増え、どのようにカーリース会社を選べば良いのか分からない人もいるでしょう。そんな方のためにカーリース会社の選び方や評価するべきポイントをお伝えします。新たなカーライフに向けての手助けになればと思います。

カーリースはなぜ人気なの?

出典元:https://www.pakutaso.com/20170831224post-12863.html

なぜ個人に向けたカーリースが人気なのか、人気になったのか気になる人が多いと思います。世間的に話題になったのは最近のことかもしれませんが、日本でカーリースが始まったのは50年以上前なので歴史はかなり長いです。日本の経済成長と共に発展してきたといっても過言ではないでしょう。

カーリースは法人の営業車として使用するのに会計上のメリットが多く、人気を集めることが出来ました。ですが、それは法人だけのメリットではなく個人にとってもありがたい点と思える点が沢山ありました。

人気の理由1.頭金が必要ないのに安く新車に乗れる

出典元:https://www.photo-ac.com/

カーリースの人気の理由として安く新車に乗れるという点が挙げられます。

新車を購入するとなると一般的には頭金を準備することになるはずです。新車をリースで借りるか、購入するか迷っている人が購入を選択する場合、ほぼ間違いなくローンを組むことになるでしょう。

その際頭金を用意出来ないとフルローンになるので月額の支払いが高くなります。それに加えてローンの審査が通らない可能性も出てくるのです。ではリースの場合ではどのようになるのでしょうか?

残価設定で初期費用はゼロ!

リースの場合、車の未来の価値を据え置き残価を設定するので車両価格として支払うお金を減らすことが出来ます。頭金という概念がないので、初期費用として準備するお金は一切必要ないのがリースの支払いの大きな特徴です。

購入することが難しくても利用することは出来るかもしれません。リースだと憧れの車に一歩近づくことが出来ますね。

人気の理由2.車の維持費が少なくなる

出典元:https://www.photo-ac.com/

車の維持費は新車購入と比べてリースの方が圧倒的に安くなります。

車の購入後、負担が大きくてバカにならないのが維持にかかる費用です。自動車税、自動車重量税など…何でこんなお金がかかるのかよく分からないけど、決まったタイミングでお金が消えていくと嘆く方もいるのではないでしょうか?

リースでは、維持にかかる費用をリース代に含んでいる場合はほとんどです。例えば税金類や保険料、車検代などそれぞれのタイミングで支払う必要がありますが、まとめて月額として支払うことになります。

税金類

新車を購入した時には自動車税、自動車重量税、自動車取得税を支払わなければいけません。リースの場合だと車の所有者がリース会社になるので、使用者が支払う必要はありません。

しかし、使用者はリース期間に納税しなければならない費用をリース代として毎月支払っています。そのため支払う額は一緒ですが、分割での支払いなので大きな出費を減らすことが出来ます。

保険料

車を購入する際に税金と同じようにかかってくるのが自賠責保険料です。自賠責保険は加入が義務付けられているのでこの費用もリース代に月額料金に含まれることになります。ですが、多くの人が自賠責保険だけでなく任意保険にも加入するはずです。

リース会社から任意保険が提供されることがありますが、自身で加入しなければいけない場合もあるのでリース会社によって違いがあります。

任意保険に加入していなくても、リース会社から提供された任意保険をリース代として支払うことが出来るのであれば、初期費用が全くかからず安全に車を利用することが出来ますね。

車検代

出典元:https://www.photo-ac.com/

車検代も概ねリース会社が支払ってくれる(リース代として自分が負担する)場合が多いです。ですが、車検代という言葉をもう少し深掘りする必要があります。

車検代は車検基本料のことでリース代に含まれることがほとんどです。ですが、リース代以外でも車検を通すためにタイヤやオイルなど、消耗品の交換にお金が必要になる場合があります。消耗品も負担してくれるリース会社もいくつかあるようなのでチェックしておくといいでしょう。

人気の理由3.月々の支払いが定額

出典元:https://www.photo-ac.com/

こちらは人気の理由2と多少被ってしまいますが、月々のリース代が定額という点もマイカーリースの人気を集める理由の一つです。維持費をまとめて支払うことになるので新車購入と比較すると月々の支払いは多くなりますが、リースだと一定の料金しか掛かりません。

私たちにとって自動車はとても密接で、毎日使っていても意識することは少ない存在です。車検や税金のことを頭に置いている人の方が少ないので、忘れた頃に支払いがやってきて焦ることもあるでしょう。

予期せぬ大きな出費はショックなものです。リースだとそのようなストレスからも解放されるので特別注意しておく必要がありません。

月額が一定なのは家計にも優しい

収入は安定しているのに支出がバラバラだと、お小遣いや貯金なども管理が難しく生活が不安定になっています。毎月の支出が定額であれば計画を練りやすいので不安要素を減らすことが出来るでしょう。

特に自動車税の支払いがある4月は何かと出費がかさんでしまう時期なので、出費を少なく出来るのはお子さんのいる家庭にとてもありがたいです。

カーリース会社を選ぶポイントとは

出典元:http://vw-kurashiki.com/staffblog/2018/04/22/734

カーリースの人気の理由を紹介したことで、読者の皆様もカーリースを選ぶポイントが分かってきたと思います。車種・リース会社の特徴・価格の3点が重視することで良いと思えるカーリース会社を見つけられるでしょう。

ポイント1:車種

出典元:https://www.daihatsu-aichi.co.jp/aichi-limited

多くの人が車を選ぶ際に最重要視しているのが車種です。車種まで絞れていなくてもハッチバック、セダン、SUVなどのボディタイプを選んでいる人が多数ではないでしょうか。

カーリース会社でも種類があり、コスモスマートビークルや住友三井オートサービスなどの国産車種を全て扱っている会社や、トヨタレンタリースやホンダレンタリースなどの大手自動車メーカーがディーラーで提供しているカーリースなどがあります。

もちろんトヨタレンタリースではトヨタ車のみを扱っているので他のメーカーの車種を借りることは出来ません。魅力的なプランを見つけてもそのカーリース会社に借りたい車種が無ければ元も子もないので気をつけておきましょう。

また中古車のみを扱っているリース会社もあるので、月額費用を抑えて乗りたいのであれば中古車のカーリースを選択するのも一つの手です。しかし、中古車の場合は残価設定の割合が新車と比べて低くなるので、実は月々のリース代が新車と変わらないこともあります。

ポイント2:カーリース会社の特徴

出典元:https://gigazine.net/news/20161223-car-owner-keeping-10-year/

カーリース会社を選ぶ際はその会社の特徴をチェックしておきましょう。

例えば前述したように、税金はカーリース会社がリース代に組み込んでいますが、保険料や車検代が含まれていないケースも大いにあります。車両の価格以外にどれだけ料金が入っているのか内訳を確認しておきましょう。

カーリースの月額費用を簡単に表すと(車両本体価格-据置き額+諸費用)÷リース期間という計算になります。この諸費用の部分にどこまで含まれているか漏れなくチェックしておくと、後悔の無い契約が出来るでしょう。

他にも特徴として一部の車種を特選車として低価格で用意したり、ガソリン代の割引特典や契約期間を短く設定するなど会社ごとに違った付加価値を付けています。リース代だけでは大差がないのであればリース会社の特徴を見て選ぶのも良いでしょう。

ポイント3:価格

借りる、購入するに関わらず、料金が安いほうが嬉しいのは誰だって同じです。特にリースの場合は初期費用の安さなど、金銭面に魅力を感じて利用する人が多いので尚更でしょう。

新車購入とリースを比較するとなると頭金の手配、月額料金、維持費など、何を比較するかにもよるので一概に優劣をつけることは出来ませんが、ネットから金額シミュレーションを行えるカーリース会社が多数あります。こちらを使用することでカーリース会社同士で比較することが可能です。

購入する場合と違ってネットで簡単に見積もりが出来るのでとても便利な機能です。

カーリースの注意点も押さえておこう

出典元:https://www.photo-ac.com/

カーリースで注意しなけらばならないのが、契約を結んでも所有者になるのではなあく飽くまで利用者であるという点です。車は所有物ではないのでその分いくつかの制約が出てきます。

人気の理由や選ぶポイントは金銭的なことが大きく関係していましたが、注意点も料金に関する点です。

走行距離

出典元:https://ja.wikipedia.org/wiki/ミッシングリンク_(日本の高速道路)

カーリースは残価設定を行うので料金が安くなりますが、同時に走行距離が制限されることになります。カーリース会社によって最初から月単位で走行制限が決まっている場合もあれば、用途に合わせて走行制限を決めて残価設定を行う場合もあるようです。どちらにしても例外なく走行距離の制限は設けられます。

走行距離超過によって契約終了時の車の価値が残価設定額を下回った場合は、それを補填する額や走行距離に応じた追加料金を支払う必要があります。

約束をして借りたものは約束通りに返さなければなりません。単純なことですがカーリースのネックといもえるので注意しておきましょう。

中途解約

出典元:https://www.photo-ac.com/

カーリースは原則として中途解約をすることが出来ません。不便に感じてしまうかもしれませんが、月々で支払うリース代は契約期間に応じて定められています。

一つの例として、車両価格と税金などの諸費用を合わせて350万円を5年間かけて支払うと仮定します。5年後の車の価値が50万円だとすると300万円を5年かけて支払うことになりますが、2年で解約するとなると120万円しか支払いが完了していません。

解約する場合、据え置いていた50万円分を引いても支払いきれていない費用を支払うことになります。表を作りましたのでそちらをご覧ください。

車両価格+諸費用-据置き額=総額2年間での支払い未払い額未払い額-据置き額=追加料金
300万円+50万円-50万円=300万円120万円180万円130万円

据置き額を差し引いても最低130万円を支払うことになります。リース会社の契約内容にもよりますが、それよりも多い額を請求されることになるでしょう。

条件を満たしていると中途解約が出来るリース会社もありますが、基本的には出来ないと考えておくべきです。中途解約で追加料金を払いたくないと思うので、自分のリース車の使用頻度やリース期間を計画しておけば後悔することなくリースすることが出来ますね。

これらの情報を踏まえて人気のカーリース会社を3社取り上げましたので参考にしてみて下さい。

住友三井オートサービス

出典元:https://www.smauto.co.jp/

住友三井オートサービスでは法人向け、個人向けのカーリース事業を行なっています。

ほぼ全車種に対応!

国産の全車種に対応していますが、一部対応していないこともあるようです。基本的には自分の借りたい車をリース出来ると考えておいて問題ないでしょう。

特徴

出典元:https://toyota.jp/prius/interior/seat/

ETC・ナビ・バックカメラなどの純正オプション5点がリース代に含まれています。諸費用として税金以外にブレーキオイル・エンジンオイル・オイルエレメントなどの交換費用も含まれているので長くリースしたいと思っている人に安心です。

5年契約のCarsma5プラスと7年契約のCarsma7プラスがあります。Carsma5の場合は契約終了後に残価分を支払うことで車を買い取ることもでき、更にCarsma7だと7年契約終了後に車をもらうことが出来るのです。そのまま乗るのも良いですし、自分で売却するのもアリでしょう。

価格

Carsmaでは諸経費が多く組み込まれていますが5年契約、7年契約になるので月々で支払うリース代は必然的に安くなります。ですが、他のカーリース会社よりも借りる期間が長いという点考慮しておかなければいけません。

中途解約には解約金が発生するので、比較的リース期間が長くなる点に問題がなければ良心的な価格でリースできるでしょう。

コスモスマートビークル

出典元:https://www.cosmo-mycar.com/

給油のイメージが強いコスモ石油ですが、コスモスマートビークルとしてカーリース事業も行なっています。最近では女優の桜井日奈子さんがCMに出演していることでも話題を集めました。

国産全車種に対応、検索もラクラク!

コスモスマートビークルでは業界大手というだけあって国産の全車種に対応しています。きっと乗りたい車を見つけることが出来るでしょう。

公式サイトでは普通自動車、軽自動車に分かれた人気ランキングや、すぐにリース出来る在庫車からの検索、燃費やサイズなど車に求める性能から検索することも出来ます。選び方がとても分かりやすくまとまっているのがとても好印象です。

3つのプランとガソリン値引きが特徴!

出典元:http://www.cosmo-hokkaido.com/sp/gs/

3つのプランに分かれており、リース代を下げるために下げるために最低限の諸費用のみを含んだホワイトプラン、車検代や点検代なども含んだシルバープラン、更に消耗品の交換や延長保証などにも対応するゴールドプランがあります。

また、コスモ石油が行なっているサービスというだけあってガソリンに関する特典を推しているようです。月々のリース代が増えるほどそのガソリンの特典は大きくなり、ゴールドプランでは1Lあたり最大5円の値引きになります。エネルギー事業を行なっているコスモ石油ならではのプランですね。

価格

価格帯は他のカーリース会社と比べて比較的安い傾向にあるようです。ガソリン代も安くなるのでとても良心的ですが、走行距離の制限が他のカーリース会社より厳しく月平均1,500kmまでとなっているので注意しておきましょう。

3種類のプランがあるので維持費を抑えたい人、リース代を抑えたい人のどちらにも対応している点も魅力的です。

プランに迷ってしまう方にはシルバープランをオススメします。消耗品の交換にまで対応したゴールドプランはシルバープランよりも3000円程度高く、車に乗る回数があまりないのに消耗品の費用までリース代に組み込んでしまい損をすることも考えられます。その点注意しておきましょう。

マイカー賃貸カルモ

出典元:https://jp.techcrunch.com/2018/01/15/carmo/

国産全車種に対応!

ここまで紹介してきたカーリース会社と同じく国産全車種がラインナップされています。カーリース会社が人気を集める条件には好きな車を選べることは必要不可欠といえるでしょう。

1年からの契約、オンライン手続きが特徴

出典元:https://www.photo-ac.com/

審査申込までの全ての手続きをオンラインで完結することが出来るのがマイカー賃貸カルモの大きな特徴です。ネットだけで車を選ぶことが不安な方もいると思いますが、詳しい知識を持ったカスタマーチームを設けているので電話やLINE、メールを使って車選びのアドバイスをもらうことが出来ます。

クルマ選びを行う際にスペックなど様々な箇所をチェックすると思いますが、外部からの情報が必要ないほどカルモのウェブサイトは充実しています。車の特徴や安全装備、オススメする人まで細かく記載しています。

契約期間は1年から9年の間で選べるようになっており、長期で契約するほど月額料金が下がります。とにかく毎月の支出を抑えたいという方には9年契約がオススメで、ある程度明確に乗りたい期間が決まっている方はその他の契約期間を選ぶと良いでしょう。

日本では新車購入する方の平均常用年数は7.5年というデータもあるので、長期契約をするのも一つの手といえるでしょう。

車両価格を低く設定

マイカー賃貸カルモでは大きな店舗を構えずにネットで完結させることから、多くの固定費用を抑えることに成功しました。その分車両価格を下げることが出来たので、リース代が低価格となっています。

コスモスマートビークルと同じように月々の走行距離制限は1,500kmになっていますが、日本人平均月間走行距離が約400kmであることを踏まえると十分な余裕があるといえるでしょう。

まとめ

出典元:https://matome.response.jp/articles/34

どんなカーリース会社がオススメなのか、カーリース会社を選ぶ時は何をチェックするべきなのかこの記事を通してわかって頂けたでしょうか。今回紹介した3社は国産全車種を扱っていますが、カーリース会社によっては扱っていないところもあるので注意しておきましょう。

車の購入は家の購入の次に大きな買い物といわれていますが、そこまで堅苦しく捉える必要はありません。この機会に車への考え方や利用方法を見直してみるのもいいかもしれませんよ。

宮原 司

この記事の執筆者

宮原 司(みやはら つかさ)

新卒で大手ドイツ車のディーラーへ就職。ディーラー業務と並行して、車の魅力をもっと多くの人に伝えたいという思いから自動車に関する執筆活動を開始。その後、大手メディアとの掲載をキッカケとしてフリーランスとして独立、現在に至る。愛車はBMWのZ4 sDrive 20i

「人気のマイカーリース会社3選!サービス毎の違いで比較して...」をシェアしよう!

  • Facebook シェアFacebook シェア
  • TwitterTwitter
  • hatenahatena
  • LINE
マイカー賃貸カルモ - はじめよう、新しいクルマの乗り方。ネットで新車、月定額

新着記事

【徹底レビュー】トヨタのグローバルコンパクトカー「トヨタヴィッツ」その使い勝手から走りまで

【ニューモデル速報】働く軽自動車のベストセラー候補「ホンダN-VAN」が登場

人気のマイカーリース会社3選!サービス毎の違いで比較してわかった本当に良いカーリース会社とは?

節約するなら、自動車や保険など4大固定費削減から

【試乗記・岡崎五朗】三菱らしい真面目なコンパクトSUV「三菱エクリプス クロス」

【試乗記・岡崎五朗】さらに輝きを増したスタイリッシュSUV「マツダCX-3」

【試乗記】ベストセラーのホンダN-BOX、選ぶならターボかノーマルエンジンか?

【ニューモデル速報】世界で戦う日本車、新型カローラスポーツが登場!

【ニューモデル速報】日本を代表する高級セダン、トヨタクラウンがフルモデルチェンジ!

【徹底レビュー】「トヨタカムリ」は大きな室内とハイブリッドでセダンの新時代を拓くか?

もっと見る

PAGETOP