ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

【最新版】安いカーリースランキング1位はここ! 失敗しない選び方も解説

【最新版】安いカーリースランキング1位はここ! 失敗しない選び方も解説
【最新版】安いカーリースランキング1位はここ! 失敗しない選び方も解説

カーリースは安い料金で新車に乗れることから近年人気のサービスですが、各社がさまざまなプランを提供しており、また、料金設定も異なることから、どこが本当に安いのかわからないといった声も少なくありません。

そこで、月額料金が安いカーリース上位7社の最安料金と各社の特徴を紹介するとともに、カーリースを安く利用するためのポイントや注意点について解説します。

業界最安水準のカーリースについて詳しく知りたい方はこちら

  • カーリースは残価設定などのしくみによって購入するより安く新車に乗れる
  • 料金が安すぎるカーリースはボーナス払いなど月額料金以外の出費がかさむ可能性がある
  • 業界最安水準のカーリースなら初期費用もボーナス払いもなしで月々10,000円台から利用可能

安いカーリースはどこ?月額料金最安ランキングTOP7

 定額カルモくん オリックス カーリース・オンライン SOMPOで乗―る idemitsuオートフラット カーコンカーリース ニコノリ コスモMyカーリース 
​​​月額料金最安値 11,220円~ 12,210円~ 13,970円~ 14,300円~ 14,300円~ 14,880円~ 16,280円~ 
​​月額料金に含まれる費用 ・車両本体価格 
・自賠責保険料 
・自動車税(種別割)
・自動車重量税 
・環境性能割 
・登録費用 
・その他諸費用 
・仲介手数料 
・お客様サポート料 
・車両本体価格 
・自賠責保険料 
・自動車税(種別割) 
・自動車重量税 
・環境性能割 
・新車登録時手数料 
・車両本体価格 
・自賠責保険料 
・自動車税(種別割) 
・自動車重量税 
・環境性能割 
・登録諸費用 
・車両本体価格 
・自動車税(種別割) 
・環境性能割 
・登録諸費用 
・車両本体価格 
・自賠責保険料 
・自動車税(種別割) 
・自動車重量税 
・環境性能割 
・登録諸費用 
・車検基本料 
・車両本体価格 
・自賠責保険料 
・自動車税(種別割) 
・自動車重量税 
・環境性能割 
・登録諸費用 
・車検・点検 
・オイル交換 
・車両本体価格 
・自動車税(種別割) 
​​頭金・ボーナス払い 共になし 頭金:プランにより選択可 
ボーナス払い:選択可 
共に選択可 共に選択可 頭金:なし 
ボーナス払い:選択可 
共に選択可 共に選択可 
​​取扱車種(新車) 国産メーカー全車種・全グレード 国産メーカー全車種・全グレード 国産メーカー全車種・全グレード 国産メーカー全車種 国産メーカー全車種・全グレード 国産メーカー全車種・全グレード 国産メーカー全車種 
​​契約年数 1~11年 5年、7年、9年、11年 1~9年 3~7年 3年、5年、7年、9年、11年 1~9年 3年、5年、7年、9年
※9年は店舗限定  
​​走行距離制限 7年以上の契約でなし 
※7年未満は月間1,500km 
月間2,000km 月間1,000km、1,500km、2,000km、3,000km 月間500km、1,000km、1,500km、2,000km、2,500km 月間2,000km
※もらえるプランでは制限なし 
見積もり時に相談 
※もらえるパックでは制限なし 
月間500km、1,000km、1,500km 
​​​車をもらえるプラン あり あり あり あり あり あり あり 

※2022年11月4日時点の料金です

 

カーリース人気の高まりとともに、安い料金で利用できるカーリースも増えてきています。ここでは、2022年11月4日時点で「カ―リース」というキーワードでGoogle検索をした際に上位表示された個人向けカーリース10社の中から、月々均等払いの月額料金が安い順(自家用車が対象)に7社をピックアップしました。

各社のサービスの特徴や、選べる車種、契約できる年数などについてそれぞれ見ていきましょう。

1. おトクにマイカー 定額カルモくん

一本化用定額カルモくん
月額料金が安い車種TOP3 
ダイハツ「ミライース」 11,220円~ 
トヨタ「ピクシスエポック」 13,320円~ 
スズキ「アルト」 14,200円~ 

※頭金・ボーナス払いなし、月々均等払いの場合で2022年11月8日時点の料金です

定額カルモくんは、月々11,220円からという業界最安水準の料金設定で注目を集めており、申込者数はサービス開始から4年で10万人を突破しています。また、申込みから契約までほとんどの手続きをインターネット上で行えて、納車時も車を自宅まで届けてもらえるため、自宅にいながらカーライフをスタートできる点も人気の理由です。

契約期間はライフプランに合わせて最短1年から最長11年まで、1年単位で自由に選べる上、国産メーカーの全車種・全グレードを取り扱っているので、ボディカラーやオプションなども新車購入時と同様に選択できます。

契約は残価精算のないクローズドエンド方式で、マイカーコンシェルジュによる無料相談やオンライン割引き、7年以上の契約で契約満了時に車がもらえるプランなど、独自のサービスとサポートも充実しています。

また、審査に通る範囲で利用可能な車種について最短の納車期間を教えてもらえるほか、高年式かつ低走行距離の中古車が最短4日で届く「マッハ納車」といったサービスもあるため、すぐに車が必要な方にもおすすめです。

なお、中古車リースのサービスでは、事故歴・修復歴なしの車両のみ取り扱っており、車によっては最大9年の契約が可能となっています。

定額カルモくんでは審査に通るかどうかをあらかじめ気軽にチェックできる「お試し審査」を用意しています。審査を通過した後にキャンセルや変更も可能で、車種やプランをマイカーコンシェルジュと相談しながら決めることができます。

通常翌営業日には審査結果をご連絡。車の納期についても相談が可能なので、急いで車が欲しい方は、まずは以下のバナーからお試し審査に申し込んでみましょう。定額カルモくんへの申込みもこちらから行えます。

2. オリックス カーリース・オンライン

オリックス カーリース・オンライン出典:オリックス カーリース・オンライン

月額料金が安い車種TOP3 
ダイハツ「ミライース」 12,210円~ 
スズキ「アルト」 13,200円~ 
スバル「プレオプラス」 14,190円~ 

※頭金・ボーナス払いなし、月々均等払いの場合で2022年11月8日時点の料金です

オリックス自動車が運営する「オリックス カーリース・オンライン」は、月額料金12,210円から利用が可能です。国産全車種の取扱いがあり、オイル交換や車検の基本点検整備費用が無料になるクーポンの特典もあります。

契約期間は5年・7年・9年・11年から選べますが、各契約期間のプランにおいて、定められた期間が経過した時点からいつでも自由に乗換えと返却が行えるようになります。また、7年以上のプランでは、契約満了時に車をもらうことができます。

中古車リースでは、オリックスグループが新車から管理している車両を中心に扱うことで、リーズナブルな価格でのサービスを実現しています。

3. SOMPOで乗―る

SOMPOで乗―る出典:SOMPOで乗―る

月額料金が安い車種TOP3 
トヨタ「ピクシスエポック」 13,970円~ 
ダイハツ「ミライース」 13,970円~ 
スズキ「エブリイバン」 14,410円~ 

※頭金・ボーナス払いなし、月々均等払いの場合で2022年11月8日時点の料金です

SOMPOで乗ーるは、SOMPOホールディングスとDeNAが共同出資した「株式会社DeNA SOMPO Carlife」が提供するカーリースサービスで月額料金13,970円から利用可能です。

契約期間は1~9年のあいだから選ぶことができ、メンテナンスや自動車保険(任意保険)を含めたプランにすることもできます。月間走行距離は1,000km、1,500km、2,000km、3,000kmの4種類から選べますが、3,000kmの設定ができるのはカーリース業界でも珍しいといえるでしょう。

そのほか、オプション料金を支払うことで将来ライフプランの変更があっても解約金なしで中途解約ができるなど、さまざまなサービスがあります。

4. idemitsuオートフラット

idemitsuオートフラット出典:idemitsuオートフラット

月額料金が安い車種TOP3 
ダイハツ「ミライース」 14,300円~ 
トヨタ「ピクシスエポック」 14,520円~ 
スズキ「エブリイバン」 14,630円~ 

※頭金・ボーナス払いなし、月々均等払いの場合で2022年11月8日時点の料金です

出光興産が運営する「idemitsuオートフラット」は14,300円から利用することができます。国産の全車種をリースできますが、中古車の取り扱いはありません。

apollostationまたは出光で契約することで、特典として、ガソリン代がリース期間中最大7円/L値引きされるか、20,000円の商品券をもらうかを選ぶことができます。

また、3~5年で契約した方全員に、免許返納や取消し、契約者の死亡の場合に中途解約金が0円になる「あんしんキャンセルサポート」が付帯されるという特徴もあります。

5. カーコンカーリース

カーコンカーリース出典:カーコンカーリース

月額料金が安い車種TOP4 
トヨタ「ピクシスエポック」 14,300円~ 
ダイハツ「ミライース」 14,630円~ 
スズキ「アルト」 15,510円~ 
スバル「プレオプラス」 15,510円~ 

※頭金・ボーナス払いなし、月々均等払いの場合で2022年11月8日時点の料金です

カーコンビニ倶楽部が運営する「カーコンカーリース」は月額料金14,300円から利用できます。契約期間は3年・5年・7年・9年・11年となっており、複数の期間から選択可能です。

消耗品の交換にかかる費用は「メンテナンスパック」でカバーでき、タイヤ交換とバッテリー交換が含まれているかなどで複数が用意されています。なお、メンテナンスは全国のカーコンビニ倶楽部の店舗で受けることができます

福祉車両なども取り扱っており、取扱車種が豊富な点も特徴です。

6. ニコノリ

ニコノリ出典:ニコノリ

月額料金が安い車種TOP3 
トヨタ「ピクシスエポック」 14,880円~ 
ダイハツ「ミライース」 14,881円~ 
スバル「プレオプラス」 16,110円~ 

※頭金・ボーナス払いなし、月々均等払いの場合で2022年11月8日時点の料金です

ニコニコレンタカーを運営するMICが展開しているカーリースです。月額14,880円からの利用が可能で、国産全車種から車を選ぶことができます。また、新車だけでなく中古車の取扱いもあり、関東エリアのみ最短1ヵ月からの短期中古車リースを利用できます。

月額料金にはエンジンオイル交換やウォッシャー液無料補充など、メンテナンス費用も一部含まれており、月々定額の料金としてまとめることができる項目が多いのが特徴いえるでしょう。

ガソリンスタンドでガソリンを購入すると、5円/Lの割引きになる特典があるのも魅力です。

7. コスモMyカーリース

コスモMyカーリース出典:コスモMyカーリース

月額料金が安い車種TOP4 
トヨタ「ピクシスエポック」 16,280円~ 
ダイハツ「ミライース」 16,500円~ 
スズキ「アルト」 17,490円~ 
スバル「プレオプラス」 17,490円~ 

※頭金・ボーナス払いなし、月々均等払いの場合で2022年11月8日時点の料金です

コスモ石油が運営する「コスモMyカーリース」は、月額料金16,280円から利用することができます。頭金やボーナス払いを組み合わせて月々の料金を抑えることも可能です。

コスモMyカーリースでは、一定の条件を満たすことでコスモ石油のガソリンスタンドで給油した際にガソリン代の割引きを受けることができます。割引率は契約内容によって異なりますが、車の利用頻度が高い方にとってはうれしい特典といえるでしょう。

また、リース期間、走行距離制限、メンテナンスパックはそれぞれ複数の選択肢があり、自由に組み合わせてプランを決められます。

カーリースが安い理由は?カーリースのしくみを基に解説

リース料金の残価設定_PC
リース料金の残価設定_SP

カーリースは毎月定額の料金を支払うことで、安く新車に乗れる車のサブスクサービスです。

一括払いやカーローンで車を購入した場合はまとまったお金が必要になるのに対し、カーリースなら車に安く乗れる理由には、次のようなカーリースのしくみが関係しています。

残価設定で車両本体価格を下げているから

カーリースが安いのは、料金を決める際に「残価設定」をしているからです。残価とは契約満了時の車両の想定下取り価格であり、カーリースでは、車両本体価格から残価をあらかじめ引いた額を基に料金を算出しています。

そのため、利用者は車両本体価格すべてを支払う必要がありません。残価設定によって実際に使用する年数分の車両本体価格だけを負担することになり、購入するよりも安く車に乗れるのです。

初期費用が不要で、月額料金だけで乗り始められるから

月々支払_PC
月々支払_SP

カーリースが安い理由として、初期費用が不要なことも挙げられます。

通常車を購入するときは、車両本体価格のほかに、自動車税(種別割)や自動車重量税、環境性能割といった税金や自賠責保険料、各種手数料などの初期費用が必要です。初期費用は車両本体価格の1~2割程度になることが多く、カーローンで借入れに含められない場合は、現金で用意しなければなりません。

一方カーリースでは、それらの費用がすべて月額料金に含まれています。例として、「おトクにマイカー 定額カルモくん」の月額料金に含まれる項目を上の図で見てみましょう。税金や登録費用など、車購入時に必要な費用が含まれていることがわかります。

このように、を購入した際に必要な初期費用を支払う必要がないため、カーリースでは安い月額料金だけで車に乗り始めることができるのです。

初期費用0円、月々10,000円台で新車に乗れる格安カーリースはこちら

車検・点検代やメンテナンス費用を月額料金に含むことができるから

車を購入すると、車検・点検代やメンテナンス費用がかかり、その都度費用負担が発生します。

一方でカーリースの中には、車検・点検代やメンテナンス費用を月額料金にまとめられるメンテナンスプランがある会社もあります。メンテナンスプランを利用すれば、メンテナンス関連の費用も含めて車にかかる支出を一定にできるので、家計管理が簡単になります。

このように、急な出費がなくなることでメンテナンス費用の負担を抑えることが可能になり、結果的に安い料金だけで車を利用できるのです。

カーリースを安い料金で利用するためにチェックしたいポイント

カーリースを安く利用するためにチェックしたいポイント

カーリースは安く車に乗れるしくみが整っていますが、さらにお得に利用するには、どのような点に注意して契約すればいいのでしょうか。ここでは、より安い料金でサービスを利用するために、チェックしておきたいポイントをご紹介します。

契約満了時に残価精算がない

カーリースをより安い料金で利用したいのであれば、残価精算のないカーリースを選ぶようにしましょう。

残価精算とは、契約満了時の車の市場価値を査定し、契約時に設定した残価との差額を精算することです。残価精算を行うカーリースでは、契約満了時の車の価値が残価を下回っていた場合に、差額を請求される可能性があります。

一方、価精算のないカーリースでは、契約満了時の車の価値が想定残価より下がっていた場合でも差額を求められません。最初から最後まで一定の月額料金で車に乗れるので、安心してカーライフを送れます。

なお、残価精算のあるカーリースをオープンエンド方式、残価精算のないカーリースをクローズドエンド方式と呼びます。

月額料金に維持費の大半が含まれている

カーリースの月額料金には、各種税金や自賠責保険料、車の新規登録やナンバーの取得にかかる代行費用などが含まれているケースが大半です。さらに、サービスによってはそれ以外の維持費が含まれていることもあります。

車を最適な状態で維持し、安心してカーライフを送るためには、各種税金やメンテナンスといった車の維持に必要な費用のほとんどが月額料金に含まれているカーリースを選びましょう。

なお、月額料金に含まれる項目はカーリース会社によって異なるため、契約前にしっかり確認しておかないと、月額料金以外の支出がかさんで車に関する出費が高額になる可能性があります。

本当に最安で車に乗れるカーリースを見つけるには、見積もりを取って月額料金に含まれる項目と実費で必要になる項目を確認し、試算した上で各社を比較してみるのがおすすめです。

車検代込みで月々10,000円台から新車に乗れるカーリースはこちら

総額が高くならない

カーリースを利用する際は、月額料金だけではなく総額にも注意が必要です。月額料金が安く設定されているケースでも、契約終了までの総額で見ると高くなってしまうことがあるからです。

例えば、頭金やボーナス払いが必要な場合と比べると、月額料金が若干高くて頭金やボーナス払いがないカーリースのほうが、総額が安くなるケースがあります。また、月額料金が安くても、含まれる項目が少ないことで自己負担が増え、結果的に高額になってしまうケースもあります。

そのため、カーリースを選ぶ際には、月額料金以外にかかる費用も含めた総額を算出して比較検討するようにしましょう。

契約期間を長く設定できる

なるべくコストをかけずにカーリースを利用したい場合、長期の契約期間が用意されているカーリース会社を選ぶのがおすすめといえます。

なぜなら、カーリースでは総額を契約月数で割って月額料金を決めるので、契約期間を長く設定するほど月額料金が安くなるからです。

そのため、月額料金を下げたい方はライフプランも考慮しつつ、できるだけ長期で契約するのがおすすめです。

お得な割引きや特典がある

カーリース会社の中には、インターネットから申し込むことでオンライン割引きが受けられたり、よりお得に利用できるキャンペーンがあったりと、お得な割引きや特典を用意しているところもあります。

活用できそうな割引きや特典があるカーリース会社を選ぶことで、車にかかる金銭的な負担を軽くできる場合があります。激安のカーリース会社を探していると、つい月額料金にばかりに目が向きがちですが、割引きや特典などもチェックして、トータルでお得になるカーリースを選ぶことが大切です。

走行距離制限が長い、もしくはない

カーリースでは、1ヵ月あたり1,000~2,000kmほどの走行距離制限が設けられていることが多く、走行距離制限を超過してしまうと、契約満了時に超過料金の支払いを求められてしまいます
そのため、超過してしまいそうな方はあらかじめ走行距離制限の長いカーリース会社を選んでおきましょう。

なお、走行距離制限のないプランのあるカーリース会社もあります。そのようなカーリースを選んでおくと、超過料金の支払いを心配しなくていい上に、走行距離を気にしながら乗るストレスからも解放されるのでおすすめです。

7年以上の契約で走行距離制限がなくなるカーリースはこちら

頭金やボーナス払いがない

カーリース会社の中には、頭金やボーナス払いがあることで月額料金を安くしている会社もあります。そのような会社を選んでしまうと、月額料金では格安に思えても、頭金やボーナス払いを含めると、結果的に総額が高くなってしまうことがあります。

こういったケースを避けるために、頭金やボーナス払いがないことを確認することが大切です。
また、頭金やボーナス払いがないカーリース会社にしぼって検討することで、各カーリース会社の月額料金がわかりやすくなり、比較しやすくなるというメリットもあります。

選べる車の種類が多い

カーリース会社によって取り扱う車種やグレードは異なり、特定メーカーの車だけだったり、特定のグレードだけだったりすることがあります。

カーリースで契約内容を決める際には、希望条件に合わせて車種やグレードを変更することが多いです。取扱車種の多いカーリースを選んでおくと、希望条件に合った車をより安い料金で探しやすく、また、車種ごとの料金比較も行いやすいためおすすめです。

カーリースを安い料金で利用するためにチェックしたいポイントをすべて満たしたカーリースなら、定額カルモくんがおすすめです。

月々10,000円台から乗れる車種が豊富にある上、契約期間は最長11年まで設定可能なので、月額料金を限界まで安くすることができます。

結果を基に予算内で乗れる車を提案してもらえる「お試し審査」もあるため、とにかく安い料金でカーリースを利用したいという方は、下のバナーから早速チェックしてみましょう。

カーリースを安い料金で利用するときの注意点

車のエアコンを臭いままにしておくのは危険!

カーリースを安い料金で契約できたとしても、車の乗り方によっては残価精算が発生したり、走行距離制限を超過して追加料金を請求されたりすることがあります。

最終的に支払いがかさむようでは、安い料金で契約している意味がなくなってしまうため、負担が増えないように注意点をしっかり確認しておきましょう。

契約満了時に残価精算が必要なことがある

カーリースの契約方式_PC
カーリースの契約方式_SP

オープンエンド方式を採用しているカーリース会社の中には、残価を高く設定して月額料金を安く見せ、最終的に高額な差額を請求するカーリース会社もあります。そのため、提示している月額料金だけで判断しないように気をつけましょう。

なお、残価精算を行わない「クローズドエンド方式」のカーリースであれば、市場価格を基にした差額を請求されることがないので安心です。

中途解約すると違約金の支払いが必要になる

一般的に、カーリースでは契約期間を長くするほど月額料金を下げることができます。そのため、契約期間をできるだけ長くするのはカーリースを安い料金で利用する上でのポイントのひとつといえるでしょう。

しかしカーリースでは基本的に中途解約ができず、中途解約をする場合は違約金を支払わなければならないことが多いです。

長期契約で月額料金を安くしても、中途解約しなければならなくなってしまうと違約金がかかってしまい、結果的に支払総額が増えてしまいます。そのため、自身のライフプランをよく考えて、中途解約しなくていい期間で契約するようにしましょう。

なお、事故などで強制解約になった場合も違約金が発生することが多いです。この対策としては、リース車両についてもカバーできる保険に加入しておくのがおすすめです。

走行距離制限を超過すると追加料金がかかる

カーリースでは通常、走行距離制限が設けられており、複数のプランがあるケースでは制限距離が短いほど月額料金が安くなる傾向があります。このことから、月額料金を下げて安く車に乗るために、走行距離制限が短いプランを選ぶ方もいるでしょう。

しかし、走行距離制限を超過すると契約満了時に追加料金を請求されてしまいます。また、走行距離制限を気にしながら車に乗ることで、ストレスを感じてしまう可能性もあります。

カーリース会社によっては走行距離制限が長いプランや、走行距離制限がないプランを選べる場合があります。また、車がもらえるオプションをつけると、基本的に走行距離制限はなくなります
走行距離制限を超過することがないよう、自分の車の乗り方を考慮の上、余裕を持って乗れるプランを選択することが大切です。

安いはずのカーリースでお金がかかってしまったという口コミ

安いはずのカーリースでお金がかかってしまったという口コミ

安いといわれるカーリースですが、Twitter上では月額料金以外にも出費が必要になることに不満を感じているような口コミが散見されます。

ツイートの内容からどのような点が不満につながりやすいのかを確認し、安いカーリースを利用するときの参考にしましょう。

ボーナス払いがあるため月々定額ではないという方

カーリースではボーナス払いが必要な会社があります。この方は、年2回のボーナス払いがあるのに、カーリースが定額制をうたっていることに不満を感じているようです。

カーリースは基本的にボーナス払い不要の定額制で車に乗れるサービスですが、格安のカーリース会社の中には、ボーナス払いを設定して月額料金を安く見せているところもあります。月額料金は安くても、年に2回のボーナス月にまとまった支払いが発生するため、負担がかなり大きくなってしまいます。

月々定額で安く利用するには、ボーナス払いが不要のカーリースを選びましょう。
なお、ボーナス払いがあることがわかりにくくなっていることもあるため、見落とさないよう注意することが大切です。

中途解約した場合の費用が高かった方

カーリースでは基本的に中途解約ができません。この方は、中途解約をして車を買い取りましたが、そのほかの手数料等も必要になり、出費がかさんでしまったようです。

上に述べたように中途解約すると違約金がかかり、費用がかさむことが多いです。カーリースを中途解約しなくていいよう、プランや契約期間をよく検討しましょう。

月額料金が安いカーリースでも、契約内容をよく確認して利用しないと予想外の出費につながる可能性があります。
格安の月額料金で安心して車に乗りたい方におすすめのカーリースとして、定額カルモくんが挙げられます。業界最安水準の料金で、頭金やボーナス払いもないため、最後まで定額で利用することができます。
詳しく知りたい方は下のバナーからチェックしてみましょう。

カルモくん_詳しくみる

業界最安水準のカーリースなら安い料金でサービスにも満足できる!

専門家が選ぶカーリース_3冠

安いカーリースの利用を検討している方には、業界最安水準の料金で人気の「おトクにマイカー 定額カルモくん」がおすすめです。定額カルモくんは専門家が選ぶカーリースで3冠を獲得*しており、コスパの良さやサポートの充実度で高い評価を得ています

格安で安心できるサービスを探している方におすすめの定額カルモくんについて、以下で特徴を詳しく見ていきましょう。

*調査方法:インターネット調査 調査期間:2021年2月12日~15日 調査概要:カーリース10社を対象にしたイメージ調査 調査対象:男女、全国、18~69 歳、運転免許保有、(1)(2)週1回以上運転するファイナンシャルプランナー176s、(3)カーディーラー勤務者297s 調査実施:株式会社ショッパーズアイ 比較対象企業:「カーリース」Google 検索9社(2021年1月29日10 時時点) 広告、まとめサイトなどを除く

メンテナンスプランで車検代やメンテナンス費用も定額にできる

一般的にカーリースの月額料金には、車検代やメンテナンス費用は含まれていません。しかし、車検やメンテナンスでは定期的にある程度の出費が必要になってしまいます。

このような出費が心配な方におすすめなのがメンテナンスプランです。定額カルモくんではメンテナンスプランが用意されており、車検整備代や消耗品交換費用などを月額料金にまとめることができます

最後まで安心して車に乗り続けられる上、車の維持に関わる出費を抑えられるので、とてもお得だといえるでしょう。

クローズドエンド方式と原状回復費用補償で最後まで安心

定額カルモくんではクローズドエンド方式の契約を採用しています。そのため、契約満了時に残価との差額の精算を求められる心配がありません。

また、消耗部品の交換費用や車検基本料なども定額にできるメンテナンスプランをつければ、返却時の原状回復費用も補償されます。
業界最安水準の月額料金で利用できる上、最後まで経済的な心配なくカーライフを楽しめます。

7年以上の契約で走行距離を無制限にできる

上でも述べたように、通常カーリースでは走行距離制限が設けられており、制限距離を超過すると追加精算が必要になることが多いです。しかし定額カルモくんでは契約期間が7年以上の場合、走行距離制限が無制限になります

これにより、走行距離制限を気にしながら車に乗る必要がなくなるとともに、追加で支払いが発生するリスクもなくなるため、費用の心配なく好きなだけ車に乗ることができます。

カーリースを利用する際には通常、審査を受ける必要がありますが、定額カルモくんでは「お試し審査」でカーリースを利用できるかどうかをあらかじめ簡単にチェックできます。

申込みはオンラインで5分ほどの入力で完了し、審査通過後にはマイカーコンシェルジュに利用可能なプランを案内してもらえたり、条件に合った車種を相談できたりします。

審査に通過してもキャンセルが可能で、後から条件変更も可能ですので、定額カルモくんを利用できるかどうかだけでも、まずは以下のバナーから確認してみましょう。

気軽におためし審査

カーリースで、安い月額料金で利用可能な車種

〈定額カルモくんにおける安い月額料金の車種ランキング〉

順位 車種 月額料金
ダイハツ「ミライース」 11,220円~
トヨタ「ピクシスエポック」 13,320円~
スズキ「アルト」 14,200円~
スズキ「プレオプラス」 14,310円~
マツダ「キャロル」 14,750円~
スズキ「ワゴンR」 15,410円~
ダイハツ「ムーヴ」 15,960円~
ダイハツ「ミラトコット」 16,070円~
スズキ「スペーシア」 16,400円~
10 スズキ「ハスラー」 16,730円~

※月額料金は2022年11月15日時点の情報

定額カルモくんで月額料金が最も安いのはダイハツ「ミライース」で、月額11,220円から利用できます。また、それ以外の車種についても上位10位までがすべて月額10,000円台で利用可能です。

上でも述べたとおり、カーリースではオプションや契約年数により、月額料金が変化します。そこで、ミライースに実際に乗るとすると、どれくらいの料金がかかるのかシミュレーションしてみましょう。

また、実際に定額カルモくんでミライースに乗っている方の口コミもご紹介します。

ミライースでの月額料金のシミュレーション

ミライース

定額カルモくんで提供している車の中でも最安のダイハツ「ミライース」Bグレードを例にシミュレーションしてみましょう。

契約期間は月額料金をなるべく抑えたい方から選ばれている最長の11年とし、オプションでカーナビも追加。維持費も定額にするためにメンテナンスプラン(ゴールド)にも加入するものとします。

契約条件

契約期間 11年 
カーナビ あり 
メンテナンスプラン ゴールド 
頭金・ボーナス払い なし 

 

定額料金の内訳(2022年11月の情報)

月額料金 11,220円 
メンテナンスプラン(ゴールド) 4,460円 
カーナビ 847円 
月額合計(ネット割適用後) 16,527円 

※価格はすべて税込表示

ミライースで11年契約をした場合、返却時の原状回復費用や車検点検料、消耗品の交換費用などが含まれたメンテナンスプランやカーナビをつけても、月々16,527円でミライースの新車に乗れることがわかります。

頭金やボーナス払いは不要で、車にかかる維持費の大半がメンテナンスプランによってカバーされているため、月額料金以外にかかるのは駐車場代や燃料費といった都度必要な出費程度です。

カーローンを組んで購入した場合はもちろん、同様の条件でほかのカーリースと比較した場合でも、かなりお得な料金といえるでしょう。

なお、カーナビやメンテナンスプランをつけずに利用した場合は月々11,220円からと、よりリーズナブルにミライースを利用できます。

定額カルモくん利用者の声「決め手は安さ。アフターケアもしっかりしていて安心」

利用者Yさん

Yさん(40代)静岡県在住。ダイハツ「ミライース」をプラチナメンテプラン11年でご契約

車の車検が近づいて、中古車での乗換えを考えていました。その一方で、ローンを組むならやっぱり新車かなという気持ちもありました。

カーリースのことは以前から知っていましたが、月10,000円台で新車に乗れて車検代も含まれているなんて、そんなうまい話はないと思っていたんです。でも、テレビで定額カルモくんのCMを見て、テレビCMをしているなら大丈夫かと思い、申し込みました。

決め手になったのはやはり安さですね。頭金がいらないことや、メンテナンスプランをつけても想定範囲内の金額で収まったのもよかったです。車にはそれほど興味がないので、一番納車が早くて一番安い車でリクエストしたら、しっかり車検切れまでに用意してくれました。

何かあったときどこに連絡すればいいかもわかりやすく、アフターケアもしっかりしていて安心です。車の乗り心地もいいし、現在のカーライフすべてに満足しています。

定額カルモくんには、専門的な知識を持ったマイカーコンシェルジュにLINEや電話、メールで何度でも無料で相談できるサポート体制があり、カーリースの利用に不安のある方にもおすすめです。

契約前から利用できるので、車選びやカーリースに関する疑問など、下のバナーから気軽に相談してみましょう。

マイカーコンシェルジュ_無料相談
平日10:00~19:00(土日祝・年末年始休み)

安いカーリースを利用して、お得に車に乗ろう

安いカーリースを利用して、お得に車に乗ろう

安いカーリース会社はいくつかあり、月額10,000円前後で乗れるサービスも少なくありません。

しかし、月額料金に含まれる項目や契約方式、ボーナス払いの有無など、月額料金以外の内容もしっかり確認することが大切です。また、安心して車に乗り続けるためにも、サポート体制が整っているカーリース会社を選びましょう。

定額カルモくんであれば業界最安水準の月額料金で好きな新車に乗ることができ、充実したサポートも受けられます。また、オンラインで5分程度の入力で完了する「お試し審査」も行っており、審査通過後に、どの車種を選べばいいかなどをマイカーコンシェルジュに相談することができます。

お試し審査通過後に車種やプランの変更をすることも可能なので、まずは気軽に下のバナーから申し込んでみましょう。

よくある質問

Q1:安いカーリースで一番お得なのはどこ?

A:定額カルモくんが一番お得といえます。業界最安水準の料金に加えて、サポートの良さにも定評があります。充実したメンテナンスプランや、残価精算のない契約方式、7年以上の契約で走行距離が無制限にできるなど、魅力的なサービスが満載です。

Q2:安い料金でカーリースを利用できるのはなぜ?

A:カーリースが安いのは、料金を算出する際に、契約満了時の下取り価格である残価を想定して車両本体価格から引いているためです。実際に利用する年数分の車両本体価格だけを負担すればいいので、購入するよりも少ない負担で車に乗ることができます。

Q3:安いカーリースの注意点は?

A:オープンエンド方式を採用しているカーリースの中には、残価を高く設定して月額料金を安く見せ、契約満了時に高額な差額を請求するところもあります。残価精算のないクローズドエンド方式のカーリースのほうが安心といえるでしょう。

※この記事は2022年11月時点の情報で制作しています

関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる
保険税金コミコミ