クラウンの内装は?居心地やインテリアを深掘り!

【内装・使い勝手】クラウンの内装は?居心地やインテリアを深掘り!

出典:トヨタ「クラウン」

居心地の良さに深く関わる車の内装は車選びのポイントとなる要素です。ここではラグジュアリーさやエレガントさを兼ね備えたトヨタのフラッグシップセダンである「クラウン」の内装について、グレードごとの違いなども含め、詳しくご紹介します。

クラウンのインテリアの特徴は?

ゆとりのある空間とシート設計、座席ごとに細かく調節できる空調機能など、快適なロングドライブに焦点があてられたクラウンのインテリアは、質感の高さや見栄えにこだわり、細部にまで吟味された素材を使用して心地よい室内空間を作り上げています。クラウンの特徴はオーナーであることの喜びを感じさせる仕上がりといえるでしょう。

クラウンのグレード別インテリアの違いに迫る

クラウンのグレード別インテリア出典:トヨタ「クラウン」ユーティリティ

クラウンはラグジュアリーさを追求した標準仕様(ラグジュアリー仕様)と、専用のエアロパーツをまとい、スポーティな装いのスポーツ仕様である「RS」の2つのラインで構成されています。豊富なグレードに加え、多彩なオプションも用意され、自由度が高いのもうれしい点です。
では、グレードごとのインテリアの違いについて見ていきましょう。

ベーシックながらしっかりクラウンらしさを感じさせる「B」グレード

クラウンらしさを感じさせる「B」グレード出典:トヨタ「クラウン」ユーティリティ

基本となるベーシックグレードででも、さすがラグジュアリーセダンとうなずけるシンプルモダンなインテリアが魅力です。
幾何学模様が施されたファブリックシートやセンターコンソール、標準設定のブラックがベースのインテリアには派手さを抑えた上質感が漂います。
また随所に施されたステッチがインテリアに一体感をもたらし、モダンなイメージを演出しています。
インテリアカラーはブラックのほかにニュートラルベージュ、またブラック×テラロッサが選択できます。
左右両開きのセンターコンソールボックス、昇降式のフロントカップホルダーなどの細かい収納も使い勝手がよく考えられている印象です。

レザーシートパッケージが選択できる「S」グレード/「S“C package”」

レザーシートパッケージが選択できる「S」グレード/「S“C package”」出典:トヨタ「クラウン」ユーティリティ

ステアリングホイールが本革巻きになり、コックピットの上質感がアップした「S」グレード。
このグレードでは本革のシートにフロントシートのヒートヒーターやシートベンチレーション、ハンドルを温めてくれるステアリングヒーターステアリングヒーターなどの快適装備がセットになったオプションパッケージである「レザーシートパッケージ」の設定が可能になります。

ジャパンカラーセレクションパッケージ出典:トヨタ「クラウン」ユーティリティ

また、日本古来の色を表現したボディカラー「ジャパンカラーセレクションパッケージ」もこの「S」グレードから設定できるようになっており、この場合はインテリアカラーについても「B」に加えてオプションで赤、青、こがねが選択可能になります。
インテリアカラーの選択肢が6種類もあるのはとても魅力的です。

上質感あふれる「G」グレード

上質感あふれる「G」グレード出典:トヨタ「クラウン」ユーティリティ

リヤセンターアームレストにサテンメッキ加飾が施され、より上質感を際立たせたスタイリングが印象的です。各種コントロールスイッチやボックスもセットされ、後席の居住性もアップしています。
フロントシートのヒートシーターやリヤシートの分割パワーリクライニングシートも標準装備になり、クラウンらしい上質感をしっかりと味わえるグレードです。

贅を尽くした「G-Executive」

贅を尽くした「G-Executive」出典:トヨタ「クラウン」ユーティリティ

「レザーシートパッケージ」の内容がすべてセットになったグレード「G-Executive」。シート表皮が本革になり、最上級グレードにふさわしい気品と贅沢さを兼ね備えています

インパネやセンターコンソールなどの加飾が本杢調になり、本革巻きシフトノブも追加され、気品あふれる車内空間を作り上げています。
3席独立温度コントロール機能のつついたフルオートエアコンや「ナノイー」、リヤオートエアコンまでがついているので、どの席にいても各個人の快適な温度で過ごせるという、居住性も極めています。

電動式リヤサンシェード出典:トヨタ「クラウン」ユーティリティ

電動式リヤサンシェードも装備され、後部座席への配慮が感じられます。

さらに、イルミネーテッドエントリーシステムの照明が各ドアやインパネなどにも追加され、華やかな雰囲気を醸し出します。まさに最上級クラス。クラウンに乗る歓びを感じさせてくれることでしょう。

スポーティさを追求したRS-B/RS

スポーティさを追求したRS-B/RS出典:トヨタ「クラウン」ユーティリティ

「RS-B」は「B」グレード、「RS」は「S」をベースにしてインテリアがRSライン専用のカーボン調にサテンメッキ加飾を施したものになります。インテリアカラーはブラック、ブラック&テラロッサの2色になります。
「RS」グレードでは「ジャパンカラーセレクションパッケージ」が選択できるので、標準設定の2色に加えて赤、青、こがねの選択も可能です。

クラウンならではのラグジュアリーさとスポーティさを融合させた「RS Advance」

「RS Advance」出典:トヨタ「クラウン」ユーティリティ

RSラインの最上級グレードにあたるこの「RS Advance」は「G」グレードをベースにしています。シートはスエード調の高級素材であるブランノーブと合成皮革のコンビシート。
インテリアカラーはブラックとホワイト、加えてオプションの「ジャパンカラーセレクションパッケージ」の3色が用意されています。

ドアトリムやインパネにシート素材と似た質感のグランリュクスを使用し、スポーティさとラグジュアリーさを兼ね備えた統一感のある室内空間が魅力的です。
スポーツモデルであってもトヨタのフラッグシップセダンであるという誇りはしっかりと保たれています。

一本化用クラウン

クラウンの収納力は?

座席周りの収納などはドライブ中の快適性に大きく関わってくる部分です。物を入れる場所、置く場所がないと快適性は落ちてしまいます。荷室に関しても収納力はもちろんですが、使いやすさという視点でもチェックしてみるとよりいいでしょう。

使い勝手とルックスの良さを両立させた収納

使い勝手とルックスの良さを両立させた収納出典:トヨタ「クラウン」ユーティリティ

運転席、助手席のどちらからでも使用しやすいように考えられた左右開きのセンターコンソールボックスはティッシュボックスも入る大型サイズ。
使わない際はセンターコンソールと一体化し邪魔にりません。なりません。ほかにも昇降式のカップホルダーなど、デザイン性も考えられた収納が快適なドライブを支えます。
また、キー付きのグローブボックスの内部にはLED照明が装備されるなど、細かな部分にも使い勝手が考慮されているのが魅力です。

広く使いやすい荷室

広く使いやすい荷室出典:トヨタ「クラウン」ユーティリティ

9.5インチのゴルフバッグが4個まで収納可能なクラウンの荷室はセダンとは思えないほど広いスペースが確保されています。「S”C package“」以上のグレードにはラゲージドアに半ドア状態でも確実にドアを閉めてくれるイージークローザー機能が装備されているので、それほど力を入れずに閉じられるのもうれしいポイントです。

居住性のカギを握るクラウンの内装をしっかりとチェックしておこう

クラウンはグレードによって選択できるインテリアカラーやシート素材、オプションも変わってくるのでグレードごとの違いをしっかりとチェックしておくことはとても大切です。
車選びの際にはエクステリアのデザインや走行性能だけではなく、内装もきちんと把握するようにすると、後々まで満足のいくカーライフカーライフを送れるのではないかと思います。

よくある質問

Q1:クラウンの室内空間の特徴は?

A:快適なロングドライブに焦点があてられたクラウンのインテリアは、質感の高さや見栄えにこだわり、細部にまで吟味された素材を使用して心地よい室内空間を作り上げています。

Q2:クラウンのグレードごとの内装の違いは?

A:ベースグレードでは幾何学模様が施されたファブリックシートやステッチがモダンなイメージを演出しています。「G-Executive」ではレザーシートパッケージの内容がすべてセットになっており、本革巻きシフトノブが追加されるなど最上級グレードらしい高級感となっています。

Q3:クラウンの特別仕様車の内装はどんな感じ?

A:最上級グレードの「RS Advance」はスエード調の高級素材であるブランノーブと合成皮革のコンビシートになり、インテリアカラーのオプションには「ジャパンカラーセレクションパッケージ」の3色が用意されています。

※記事の内容は2019年5月時点の情報で執筆しています。

トヨタクラウンの新車カーリース情報

関連するカーリース情報

その他のトヨタクラウンの記事

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

この記事をシェアする

タグから記事を探す

pr