ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

クラウンに乗るならリースがおすすめ!その理由とメリットを徹底解説

リースでクラウンに乗ると得られるメリットとは?

出典:トヨタ「クラウン」ギャラリー

国産ラグジュアリーセダンを代表する存在であるトヨタ「クラウン」。数多くあるトヨタ車の中でも長い歴史を誇るモデルで、官公庁の公用車や社用車などとして採用されることも多く、そのステータス性は長い歴史を経てもなお揺るぎありません。

クラウンは最も安いグレードで500万円弱、上級グレードになると700万円を超える高価格帯のセダンです。そのためクラウンを購入したいと思っても、予算の問題であきらめなければならないこともあるかもしれません。その点初期費用不要、月々定額の支払いで新車に乗れるカーリースなら、あこがれのクラウンにも手が届く可能性が高まります。

ここでは、クラウンに乗りたい方にカーリースをおすすめする理由やカーリースのメリットをご紹介します。

クラウンに業界最安水準の料金で乗れるカーリースはこちら

  • カーリースならクラウンに月々58,570円から乗れる
  • クラウンはステータス感のある車や所有欲を満たす上級セダンが欲しい方におすすめ
  • カーリースなら大きな負担なくあこがれのクラウンでのカーライフが始められる
クラウン

カーリースならクラウンに月々58,570円から乗れる!

カーリースは車のサブスクとも呼ばれ、毎月定額で契約して利用できるサービスです。まずは契約年数ごとのクラウンの月額料金をご紹介しましょう。

例として、「おトクにマイカー 定額カルモくん」でクラウンを利用したときの料金を基に、契約年数によってどの程度、月額料金が変わるのかを確認してみましょう。グレードは「HYBRID 2.5L B」で、カーナビやETCなどのアクセサリーや有料のボディカラー、「もらえるオプション」は追加しないものとしています。

なお、以下のクラウンの月額料金は各種税金や自賠責保険料がコミコミの料金です。

契約年数月額料金
11年58,570円
10年62,640円
9年67,040円
8年73,200円
7年80,570円
6年78,370円
5年83,760円
4年94,650円
3年110,660円
2年136,840円
1年220,770円

※2022年5月15日時点の料金

このように、カーリースでクラウンに乗る場合、契約年数により月額料金が異なり、定額カルモくんでは最長の11年契約での料金が最安料金となります。

クラウンの料金をシミュレーションしてみる

クラウンはリースがおすすめ!車のサブスクがお得な理由

カーリースがいい

堂々としたエクステリア、充実したおもてなし装備など、上級サルーンならではの魅力を備えたクラウン。車両本体価格が高い高級車だからこそ、車のサブスクであるカーリースがおすすめです。ここではその理由について、具体的な支払額のシミュレーションも交えながら見ていきましょう。

カーリースならカーローンより手軽にクラウンに乗れる?

毎月決まった金額を支払う、という点においてカーローンとカーリースは似ている、という声も聞きます。しかし、カーリースは初期費用が不要であるのに対し、カーローンでは一般的に新車登録時に必要な諸費用や頭金を用意しなければならず、初めにまとまった資金が必要です。また、税金や自賠責保険料も別に支払わなければなりません。

対してカーリースは初期費用不要、車に関する税金や自賠責保険料などは毎月のリース料金に含まれています。さらにカーリースでは車両本体価格から返却時の想定下取り価格である残価を差し引いた金額を基にリース料金を算出するため、よりお手軽な金額で好きな車を利用できるのです。

では、クラウンのカーローンとカーリースの金額をシミュレーションして比較してみましょう。グレードは「HYBRID 2.5L B」で、各種メーカーオプションやカーリースのオプションは追加しないものとしています。また、カーローンにおいて頭金、ボーナス払いは設定していません。

なお、カーリースの料金は例として定額カルモくんの料金を使用しています。

〈クラウンの支払額比較〉

 カーローン*
(5年)
カーリース
(5年契約)
カーリース
(11年契約)
初期費用12万8,080円0円0円
月々の返済額または
月額料金
94,711円83,760円58,570円
自動車税(種別割)17万4,000円0円0円
自動車重量税+
自賠責保険料(24ヵ月)
52,810円0円0円

※2022年5月15日時点の情報

*カーローンの初期費用はメーカー公式サイトでトヨタモビリティ東京、「保証がつくしプラン」「メンテナンスパック」なしとしたシミュレーション結果で、月々の返済額は金利をディーラーローンの相場である6%として算出、自動車税(種別割)は初年度を除く4年分、自動車重量税(エコカー減税は考慮せず)と自賠責保険料は車検1回分の費用を算出しています

クラウンは高額なモデルなので、頭金を入れずにカーローンを利用する場合は借入額が大きく、利息も高くなります。カーローンと同じ5年契約でカーリースを利用した場合、月々の支払額は10,000円以上の差が見られ、カーリースではかなり月々の負担を少なくしながらクラウンに乗れることがわかります。

カーリースとカーローンの比較はこちらもご参照ください。

カーリースならカーシェアやレンタカーと違いクラウンを専有できる

カーシェアやレンタカーの場合、その時点で用意されている車から選んで利用することになります。クラウンに乗りたいと思っていても、必ず乗れるわけではありません。その業者で取扱いそのものがないケースもありますし、取扱いがあってもほかの方が使用していれば利用できません。

その点カーリースなら好きな車を選ぶことができます。ボディカラーやオプションも自由に選べる上、最新モデルに乗れるのはカーリースならではのメリットです。

そのほかに、カーリースでは

  • 契約期間中はリース車を専有できるため、自分だけの車として使用できる
  • 「わ」や「れ」ナンバーにならない
  • 24時間365日好きなときに乗れる

などの特徴があり、カーシェアやレンタカーよりも購入したマイカーに近い感覚で使用できます

カーシェアやレンタカーとの違いはこちらもご参照ください。

リースでクラウンに乗るメリット・デメリット

リースでクラウンに乗るメリット・デメリット出典:トヨタ「クラウン」ギャラリー

リースは月々の支出を抑えて車を利用できることや、ライフステージに合わせて乗換えができることなど、さまざまなメリットがあります。ほかにも、クラウンをリースする上で知っておきたいメリットとデメリットを見ていきましょう。

〈カーリースのおもなメリット〉

  • 定額で利用できる
  • 頭金や初期費用なしで新車に乗れる
  • 手続きがネットで完結できる
  • 契約期間が終わったら返却するだけだから楽
  • サポートが受けられる
  • 経費として計上できる

車両本体価格が高額なクラウンでは、購入するとなると初期費用の負担がかなり大きくなります。しかし頭金、登録諸費用を別途用意しなくていいカーリースならまとまった資金を用意することなく、クラウンにも乗れてしまうのです

また、クラウンは国産車としては排気量の大きい3.5Lエンジンのラインナップもあり、自動車税(種別割)も高額になりがちですが、カーリースの料金には自動車税(種別割)をはじめとする各種税金や自賠責保険料が含まれているため、突然の大きな出費もありません。

なお、事業用にクラウンの利用を検討している方は、法人・個人事業主向けのカーリースについてこちらで詳しくご紹介しています。

法人向けのカーリース

〈カーリースのおもなデメリット〉

  • 走行距離制限がある
  • 返却時には原状回復が必要
  • 中途解約が原則できない
  • 利用するには審査に通過しなければならない

カーリースのメリットや詳しい内容について知りたい方はこちら

カーリースの定額カルモくんなら、7年以上の契約で走行距離の制限がありません。また、メンテナンスプランに加入することで返却時の原状回復費用が補償されます。さらに、1~11年のあいだで契約期間を選べるため、中途解約のリスクも低いでしょう。

このようにカーリースのデメリットを解消している定額カルモくんには、クラウンを利用できるかどうか簡単にチェックできる「お試し審査」があります。審査通過後に車種やプランを変更したり、キャンセルしたりできるので、まずは下のバナーから気軽に試してみましょう。

この車でお試し審査

※審査に通過しても契約をする必要はありません。

クラウンを取り扱うリース3社の料金比較

クラウンを取り扱うリース3社の料金比較出典:トヨタ「クラウン」ギャラリー

個人向けのリースサービスにはさまざまな種類があります。リース会社ごとに取り扱っているメーカーや車種、契約年数などが異なるため、どれを選んでいいかわからないという方もいるのではないでしょうか。

そのような方のために、クラウンを取り扱っているリース3社とそれぞれの月額料金をご紹介します。

〈クラウンの月額料金3社比較表〉*

契約期間おトクにマイカー 定額カルモくんカーコンカーリースもろコミコスモMyカーリース
11年58,570円~61,380円~-
7年80,570円~81,950円~69,960円~
5年83,760円~-81,180円~

*月額料金は2022年5月15日時点の情報で、各社オンライン見積もりでのエントリーグレードの最安料金(頭金・ボーナス払いなし、月々均等払いの場合)ですが、変更になる可能性があります

定額カルモくんの11年契約なら、最安値でクラウンが利用できます。また、「カーコンカーリースもろコミ」は5年、「コスモMyカーリース」は11年契約の設定がありません。対して定額カルモくんでは1~11年の範囲内であれば好きな年数で契約期間を決められるという自由度の高さがあるのもメリットといえます。

また、定額カルモくんは7年以上の契約で走行距離制限がなくなるので、クラウンに採用されている最新鋭の運転支援技術のサポートを受けながらのロングドライブも思う存分に楽しめるのではないでしょうか。

リース会社の比較ポイントについてはこちらをご参照ください。

クラウンの魅力とは?グレードや性能などから徹底解説!

クラウンの魅力とは?グレードや性能などから徹底解説!出典:トヨタ「クラウン」ギャラリー

トヨタ「クラウン」は、風格を感じさせる堂々としたエクステリア、移動中もストレスなく快適に過ごすことができる上級モデルならではの乗り心地の良さや快適装備を備えた国産高級セダンの代表格といえるモデルです。

ここでは、燃費やグレード、安全性能など、クラウンの魅力について詳しく解説しましょう。

【クラウンの魅力】
✔多彩な選択肢が用意されている
✔高級セダンならではの快適な乗り心地
✔最新鋭の充実した安全装備

クラウンとは

トヨタには、悪路走破性の高さで名を知られた本格オフローダー「ランドクルーザー」や世界初の量産ハイブリッドカーとしてデビューした「プリウス」など、車に特に興味がない方でも耳にしたことがあるような知名度の高いモデルが多数存在します。1955年に初代がデビューした上級セダンであるクラウンもそのひとつで、知名度の高さはもちろんのこと、数あるトヨタ車の中でも長い歴史を誇る屈指のモデルでもあります。

15代目となる現行型はDCMと呼ばれる車載通信機を全車に標準装備し、「初代コネクティッドカー」として2018年6月に登場しました。クラウンならではの威風堂々とした風格のあるエクステリアや静かで快適な乗り心地に加え、時代の先を行く先進性・安全性など新たな魅力を備えた1台として、新しい高級セダンの在り方を提案するモデルといえます。

クラウンのグレード

クラウンのグレード出典:トヨタ「クラウン」価格・グレード

クラウンはパワートレインが3種類設定されていることもあり、非常に多彩なグレードが用意されています。

まず、標準仕様とスポーツタイプの「RS」に大別され、標準仕様には「B」「S」「G」「G-Executive」の4種類、「RS」には「RS-B」「RS」「RS Advance」の3種類、計7種類の設定があります。

主要パワートレインである2.5Lハイブリッド車は7種類すべてに設定がありますが、V6エンジンを搭載する3.5Lハイブリッド車は「G-Executive」「RS Advance」のみ、2.0Lガソリン車は「RS」「RS Advance」のスポーツタイプ2種類のみとなっています。

なお、3.5Lハイブリッド車と2.0Lガソリン車には4WDの設定がありませんが、2.5Lハイブリッド車においてはすべてのグレードで2WD、4WDの選択が可能です。4WD車はグレード名に「Four」がつきます。

さらに、クラウンにはこのほかに「RS “Limited II”」と「S “Elegance Style III”」の2種類の特別仕様車もあります。

「B」の特徴

「B」はクラウンの中では最も安いエントリーグレードといえますが、それでも車両本体価格は500万円弱と高額なモデルです。

上級グレードと比較すると省かれる機能はありますが、スマートフォンと連携してスマホアプリが使用できる「T-Connect SDナビゲーションシステム+クラウン・ライブサウンドシステム(6スピーカー)」、「ナノイー」の10倍のOHラジカルを含む微粒子イオンを発生させて車内を快適な空気環境に保つ「ナノイーX」発生装置、左右独立温度コントロールフルオートエアコンなど、快適にドライブが楽しめるための装備が搭載されています。

「S」の特徴

「S」では前席のヒートシータ―の追加や、サウンドシステムがワンランク上の「クラウン・スーパーライブサウンドシステム(10スピーカー)」にグレードアップするなど快適性に磨きをかけていることに加え、「ブラインドスポットモニター/後方車両への接近警報」などの車両後方に対応した予防安全装備が追加されます。

「G」の特徴

「G」になると、3眼LEDヘッドランプやLEDシーケンシャルターンランプ、本革シート、前席シートベンチレーションなど、高級車らしい装備が多数追加されます。また、後席の快適性を高めるパッケージオプション「リヤコンフォートパッケージ」の選択も可能です。

「G-Executive」の特徴

「G-Executive」は、本杢調のインテリア加飾やリアオーディオコントロールに加え「リヤコンフォートパッケージ」が標準装備される標準タイプの最上級グレードです。

「RS」シリーズの特徴

スポーツタイプの「RS」シリーズは、 専用のブラック塗装×メッシュパターンのフロントグリルやメッキモール付きフロントバンパー、左右4本出しのエキゾーストテールパイプなどを備え、スポーティーなたたずまいが特徴です。そのほかの装備は「RS-B」は「B」、「RS」は「S」、「RS Advance」は「G」の内容にほぼ準じます。

なお、2.0Lターボガソリン車にはリアのパフォーマンスタイヤやリアフロアパネルブレースを追加装着し、高速走行時の安定性を高めています。

クラウンの詳しいグレードの情報はこちら

クラウンの内装

クラウンの内装出典:トヨタ「クラウン」ギャラリー

現行型クラウンの内装は人の五感に響く「感性品質」にこだわり、実際にふれたときの触感や質感、動きや細部の見栄えなどを追求しています。

コックピットは適度な包まれ感と開放感を両立させ、ドライバーがストレスを感じることなく運転に集中できる空間としています。また、シンプルなデザインながら合成皮革巻きのドアトリムやインパネオーナメント表皮、カーボン調加飾、本杢調加飾などの採用によって高級車ならではの上質感も演出。さらに高精細12.3インチTFTワイドタッチディスプレイなどの先進のデバイスを組み合わせ、知性と品格を感じさせる室内空間に仕上げています。

高級車らしく、後席の快適性を徹底的に追求し十分な前後間乗員距離を確保するのはもちろん、フロントシート下に足を入れるスペースを設けたことで心地よくくつろげるゆとりを確保しました。さらに上級グレードには、後席用シートヒーターや左右席の無段階調整が可能なリアパワーシート、クーラー機能付きのリアオートエアコンなど、より快適さをもたらす「リヤコンフォートパッケージ」も用意されています。

シート表皮はグレードによって異なり、ファブリック、ファブリック+合成皮革、ブランノーブ®+合成皮革、本革の4種類の設定があります。なお、いずれのグレードも標準の内装色はブラックですが、グレードによってはラグジュアリーな「ヴァログレー」、繊細なカラーの「コガネ」、「ホワイト」など複数の選択肢が用意されています。

クラウンの内装について詳しく知りたい方はこちら

クラウンの燃費

クラウンは、3種類のパワートレインをそろえています。2.5Lハイブリッド車は高い燃料効率と高出力を両立させた「2.5Lダイナミックフォースエンジン」を採用し、動力性能とクラストップレベル(2020年11月、トヨタ調べ)の低燃費を両立しています。

3.5Lハイブリッド車は、V6エンジンと2個のモーターで構成するハイブリッドシステムに、直列で有段ギアを備えた「マルチステージハイブリッドシステム」を採用。あらゆる速度域で応答性の良い駆動力を発揮することに加え、アクセル操作に連動したダイレクトな加速フィーリングを実現し、走る楽しさを味わえるのも魅力です。

ガソリン車には、「D-4ST」などのトヨタ独自の直噴過給技術を採用した2.0L直噴ターボエンジンを搭載しました。

なお、クラウンのWLTCモードカタログ燃費・実燃費は以下のとおりです。

 駆動方式カタログ燃費(km/L)実燃費(km/L)
3.5Lハイブリッド車2WD16.014.9
2.5Lハイブリッド車2WD20.016.6
4WD18.214.6
2.0Lターボガソリン車2WD12.47.2

*実燃費は2022年5月15日時点のe燃費のデータを基に掲載しています

また、現行型のクラウンはトヨタの新時代の車づくりの考え方である「TNGA(Toyota New Global Architecture)」に基づいたプラットフォーム、パワーユニットや乗員を低く配置する低重心パッケージの採用によって前後重量配分や慣性モーメントを最適化。さらに超高張力鋼板やアルミニウムを採用し軽量化したボディなどによりコーナリング性能や操縦安定性を高め、走りの質も向上させています。

クラウンの燃費について詳しく知りたい方はこちら

クラウンの安全性能

クラウンは、単眼カメラとミリ波レーダーの2種類のセンサーを採用し、高い認識性能と信頼性を両立させた最新の予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」を標準装備し、全車が「サポカーSワイド」に該当する安全性能を有しています。

衝突被害軽減ブレーキに相当する「プリクラッシュセーフティ」は昼夜の車両・歩行者に加え、昼間の自転車運転者を検知し、ぶつかるおそれがあれば警告やブレーキアシスト、ブレーキ制御をすることによって衝突の回避または衝突被害軽減をサポートします。

さらに2020年11月の一部改良では、交差点での衝突被害軽減サポートに対応したことに加え、衝突が迫った緊急時にドライバーの回避操舵をきっかけにステアリング操作を支援する「緊急時操舵回避支援機能」、低速走行時に自車の直前にいる車両や歩行者、自転車運転者を検知して加速抑制を行う「低速時加速抑制機能」が追加されました。

また、高速道路などの自動車専用道路において、先行車との車間距離を保ちながら追従走行することでドライバーの負担を減らす運転支援機能「レーダークルーズコントロール」には、システムがカーブの大きさを推定し、必要に応じてステアリングの切り始めで速度抑制を開始することで安全な走行をサポートする「カーブ速度抑制機能」も搭載。

そのほか、車線中央の走行維持をサポートする「レーントレーシングアシスト」の作動中に一定時間無操作状態が続いた場合、音や表示でドライバーに注意喚起することに加え、ホーンとハザードで外部に異常を知らせながら減速、停車し、コネクティッドサービスの「ヘルプネット®」に接続して救命要請を行うなど、万が一の際の自損・加害事故の回避や被害の軽減、ドライバーの早期救命・救護に貢献する「ドライバー異常時対応システム」などもあります。

クラウンの安全性能について詳しく知りたい方はこちら

クラウンはステータス感のある高級セダンが欲しい方におすすめ!

クラウンはステータス感のある高級セダンが欲しい方におすすめ!出典:トヨタ「クラウン」ギャラリー

クラウンは国産高級セダンとして圧倒的な知名度を誇るモデルです。風格のあるたたずまいは街なかにあっても一際目を引くでしょう。所有欲を満たしてくれるステータス感のある車が欲しい方にはぴったりではないでしょうか。

また、現行型は高級車にふさわしい快適な乗り心地や快適装備、上質さを感じさせる内装などに加え、コネクティッド機能や最新鋭の予防安全技術など先進性も備えています。

すべてにおいて上質なもの、最新のものを求める方にもおすすめできる1台といえるでしょう。

クラウン

クラウンに乗りたい!おすすめリースは?

カルモくん_new

さまざまなリース会社がありますが、国産メーカー全車種、全グレードを取り扱う「おトクにマイカー 定額カルモくん」なら、どのグレードやカラーのクラウンでも契約が可能。料金は業界最安水準で、月々 58,570 円からクラウンに乗ることができます

そのほかにも、オプションプランで車検などのメンテナンスも定額制にできることなど、知っておきたい定額カルモくんの魅力をご紹介します。

〈定額カルモくんの魅力〉

  • 国産メーカーの全車種、全グレードから選べる
  • 初期費用0円!貯金がなくても新車に乗れる
  • メンテナンスプランが充実していて安心!原状回復費用もカバー
  • オンラインと郵送で手続きが完結、自宅に納車してもらえる
  • 7年以上の契約で全車走行距離制限なし
  • 7年以上の契約に「もらえるオプション」をつけると契約満了時に車をもらえる

定額カルモくんの魅力を詳しく知りたい方はこちら

クラウンのグレード別料金シミュレーション

同じ車種であっても、選択するグレードによって車両本体価格は異なります。特にクラウンはグレードによる価格差も大きいため、ここではおすすめグレードの「2.0L RS Advance」と上位グレードの「3.5L HYBRID RS Advance」、それぞれの3年、7年、11年の定額カルモくんのリース料金を確認してみましょう。

なお、クラウンはカーナビとバックカメラが全車標準装備であることに加え、一部のグレード・特別仕様車を除きETCも搭載されています。

〈クラウンの料金シミュレーション〉*¹

 3年7年11年
おすすめグレード
(2.0L RS Advance)
オプションなし127,820円96,300円69,460円
オプション選択*² 131,087円97,873円70,549円
もらえるオプション選択-96,800円69,960円
上位グレード(3.5L HYBRID RS Advance)オプションなし176,990円118,630円85,630円
オプション選択*² 180,257円120,203円86,719円
もらえるオプション選択-119,130円86,130円

*¹ 料金は2022年5月15日時点の情報で、変更になる可能性があります
*² フロアマット、ドアバイザー、希望ナンバーを選択した場合

ぴったりの条件でシミュレーションしてみたい方はこちら

プラン詳細・お見積り

顧客対応満足度98.9%*という万全のサポート

顧客対応満足度

定額カルモくんなら、専門的な知識を持ったマイカーコンシェルジュに無料で相談できます。クラウンのプランの選び方がわからないという方も、車選びのプロであるマイカーコンシェルジュに希望条件などを相談することで、ライフプランや生活スタイルに合った最適なプランを見つけられるはずです。

家族や友達と大人数で出かけたい、趣味に使いたい、とにかく安く車が欲しいなど、車のことなら何でも気軽に相談してみましょう。

契約前から何度でも無料で気軽に相談できます

LINE
フリーダイヤル

* 2019年12月~2021年6月までの定額カルモくんご契約者様504名を対象としたアンケート

サブスクだから気楽!クラウンに乗るならリースで決まり

日本が誇る高級セダンの王者として君臨するクラウン。高額なモデルではありますが、ほかの車には代えられない魅力を備えた1台といえます。だからこそクラウンに乗るのであれば、頭金などの初期費用が不要なことに加え、月々のリース料金には各種税金や自賠責保険料などがコミコミで大きな負担なく乗れるカーリースがおすすめです。

さらに定額カルモくんなら、もらえるオプションや柔軟に選べる契約年数などのさまざまなメリットがあるだけでなく、顧客対応満足度も高く、安心して利用できるでしょう。定額カルモくんでクラウンに乗ってみませんか?

カーリースを利用できるかどうか「お試し審査」で簡単にチェックできます。審査通過後に車種変更やキャンセルも可能なので気軽に試してみましょう。

よくある質問

Q1:クラウンのリース料金は月額どのくらい?

A:業界最安水準の「定額カルモくん」では、国産高級セダンの代名詞であるトヨタ「クラウン」も大きな負担なく利用することができます。なお、ベースグレードの「HYBRID 2.5L B」であれば最長の11年契約なら月額50,000円台から乗ることが可能。詳しい料金シミュレーションはこちらをご参照ください。

Q2:クラウンをリースするメリットは?

A:クラウンは最も安いグレードでも500万円程度、上級グレードになると700万円を超える高額なセダンです。購入するとなるとカーローンを利用するとしても非常に大きな資金が必要になりますが、初期費用不要のカーリースならまとまった資金を用意することなくクラウンでのカーライフが始められます。

Q3:クラウンはどんな方におすすめの車?

A:クラウンは国産高級セダンとして、揺るぎない魅力を持つモデルです。ステータス感のある車が欲しい方や、所有欲を持たす上級セダンが欲しい方には最適な選択肢となるでしょう。さまざまな先進機能も備えているため、最新鋭の装備の車で快適なカーライフを堪能したい方にもおすすめです。

※この記事は2022年5月時点の情報で制作しています

トヨタクラウンの新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他のトヨタクラウンの記事
関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる