カーリースでは車庫証明が必要!取得の流れや申請のタイミングについて

カーリースでは車庫証明が必要!取得の流れや申請のタイミングについて

車庫証明は、車の保管場所が確保されていることを証明する書類のことです。新車・中古車にかかわらず、車を購入する際に必要な車庫証明ですが、カーリースでも必要となっています。
そこで、ここでは車庫証明の申請方法や申請のタイミングなどについてご紹介します。

カーリースとは?

まずは車庫証明を説明する前に、カーリースのしくみやメリットについてご紹介します。
カーリースはマイカーのように車の所有権を持つのではなく使用権を取得して車を利用するサービスのこと。定額制の動画サービスのように毎月一定額を支払うことで車を使用することができるため、家計の管理がしやすく急な出費が起こる心配がないのが大きなメリットです。
更にカーリースのメリットについて詳しくみていきましょう。

1. 定額制で利用できる

カーリースの大きな特徴は、車両代金や車の購入にかかる費用を定額制にできること。頭金を用意する必要もないので、まとまったお金が用意できない場合もリース契約をすることが可能です。
一般的に月額料金には車両代金や自動車取得税や重量税などの税金、自賠責保険料、手数料などが含まれていますが、その他にも車の維持に必要な駐車場やガソリン代などは自己負担となります。

2. 好きな車に格安で乗ることができる

カーリースはマイカーと同じように好きなメーカーや車種を新車で乗ることができます。しかし、リース会社によって取り扱っているメーカーや車種が異なります。中には標準グレードのみの取り扱いのリース会社もあるので、契約前にしっかり確認しておきましょう。
また、「おトクにマイカー 定額カルモくん」では、国産メーカー全車種・全グレードを取り扱っているため、豊富な選択肢の中から好きな車を選ぶことができるのでおすすめです。

3. 車検や修理費などの出費の心配がない

カーリースでは、通常はガソリン代や駐車場代と同じく車検や修理費も月額料金に含まれていません。しかし、オプションプランをつけることで車検や修理費などのメンテナンス費用もカバーすることができます。
「おトクにマイカー 定額カルモくん」では、カーリースの原則となっている原状回復の費用もメンテナンスプランに含まれているので、契約期間満了時の返却の際に追加請求の心配もありません。また、「定額カルモくん」のメンテナンスプランには、消耗品の交換費用も含まれています。

カーリースに決まり

もっとカーリースのことを知りたい方はこちら

車を管理するために必要な車庫証明

車を管理するために必要な車庫証明

車の購入時やカーリースの契約時に必要となる車庫証明は、車を管理するうえで欠かせないもの。
ここでは、車庫証明とはどんな役割を持つ書類なのか、車庫証明が必要となるタイミングについてご紹介します。

車庫証明とは?

車庫証明とは、車を保管する場所が確保されていることを証明する書類のこと。そのため、車を保管する場所の住所や配置図が必要となります。また、自宅の所有地などを使用する場合は、その住所で申請を行います。

車庫証明が必要なタイミング

車庫証明は日常的に使用することはほとんどなく、車に関する契約などで必要となる書類です。
また、以下のようなタイミングで必要となるので覚えておきましょう。
・駐車場を借りるとき
・カーリースの契約をするとき
・マイカーを購入するとき
・車の納車をするとき

車庫証明の発行方法

車庫証明の発行方法

車庫証明の発行をするためには、駐車場の所在地の管轄の警察署に行って自身で手続きを行います。発行には時間がかかる場合があるので、早めに用意しておくと安心です。申請の手順や発行にかかる期間、費用などをみていきましょう。

車庫証明に必要な書類

車庫証明の申請には、保管場所使用権原疎明書面や保管場所の所在図などが必要となります。また、申請書は警察署にある用紙もしくは、警察署のホームページからダウンロードしたものを使用します。そのため、事前に記入できる項目は事前に記入しておくと手続きもスムーズに行うことができます。
なお、書類には保管場所の住所だけでなく、車のメーカー名や型式、車台番号などが必要となるので、車検証を持参するといいでしょう。また、駐車場を借りている場合に必要な「保管場所使用承諾証明書」は、駐車場の管理会社などに記入してもらいます。

<必要書類>
・自動車保管場所証明申請書
・保管場所標章交付申請書
・保管場所の所在図や配置図
・保管場所使用権原疎明書面(自宅の駐車場を使用する場合)
・保管場所使用承諾証明書(駐車場を借りている場合)

車庫証明の申請手順

車庫証明に必要な書類を用意したら、駐車場の所在地の管轄の警察署で書類を提出します。また、書類の提出の際には保管場所申請手数料と保管場所標章交付手数料それぞれの収入印紙が必要となります。収入印紙は警察署で購入することができるので、事前に購入する必要はありません。
なお、申請後の警察官などによる調査の際、実際に駐車場として使用できるかどうかの確認があるので、申請時には駐車場として利用できる状態にしておく必要があります。

<申請手順>
1. 車庫を用意する
2. 申請書を用意する
3. 申請書を提出する
4. 警察官などによる調査
5. 車庫証明交付

車庫証明の発行にかかる期間

申請書を提出してから車庫証明を取得するまでは、1〜10日ほどかかります。車庫証明は警察署もしくは郵送で受け取ることができますが、郵送の場合は別途費用が必要となるため、予め確認しておきましょう。

車庫証明にかかる費用

車庫証明に必要な費用には、保管場所申請手数料と保管場所標章交付手数料があり、地域や自動車の重量によって異なります。保管場所申請手数料は2,000〜2,200円、保管場所標章交付手数料は500〜610円となっています。
なお、東京都では、保管場所申請手数料が2,100円、保管場所標章交付手数料が500円と決められています。

車庫証明のステッカーは車に貼ろう

車庫証明と同時に、保管場所標章のステッカーが発行されます。車庫証明はリース会社に渡す必要がありますが、ステッカーは自動車の保管場所の確保等に関する法律施行規則第7条にて、自身の車に貼ることが義務付けられています。
また、貼り付ける場所は車両後方のガラスと決まっており、多くの車はガラスの左下に貼られています。また、万が一ステッカーを紛失した場合は、再交付の申請することも可能ですが再度手数料が必要となるためなくさないように注意しましょう。

定額カルモくんでも納車の際に車庫証明が必要!

「おトクにマイカー 定額カルモくん」では、納車時に車庫証明が必要となります。車の納車を行うディーラーより事前に納車日の連絡があるため、その際に車庫証明など必要な書類を用意すれば問題ありません。また、このように必要なタイミングで事前に案内があるので忘れる心配はありません。

車庫証明は早めに準備しておこう

カーリースでは、契約時や車の納車時に必要となる車庫証明。スムーズに申請や納車手続きを進めるためにも、車庫証明について正しく理解しておくことが大切です。また、車庫証明の取得は、ディーラーに代行手続きを依頼することもできますが、このように自身でも簡単に行うことができるので早めに準備しておくと安心です。

よくある質問

Q.カーリースするには車庫証明が必要なの?

A.カーリースの契約時には車庫証明が必要になります。車庫証明は車を保管する場所が確保されていることを証明する書類です。これがないと車の購入もカーリースの契約もできません。

Q.カーリースする前に車庫証明は取ったほうがいい?

A.できれば契約前に車庫証明を取っておくことをおすすめします。車庫証明がないとカーリースの申請や納車の手続きがスムーズに進みません。車庫証明の発行には時間がかかる場合もあるので、早めに用意しておくのがよいでしょう。

Q.車庫証明は代理で取ってもらえないの?

A.手続きが面倒だと思う人は、代理や代行業者に頼むという手段もあります。ただし、その場合でも書類に本人の記入や捺印などは必要になります。

Q.車庫証明を取るにはどれくらい時間がかかるの?

A.都道府県や各警察署によって交付される期間が異なるので、あくまでも目安ですが、申請書を提出してから車庫証明が交付されるまで1~10日ほどかかります。

※記事の内容は2019年7月時点の情報で執筆しています。

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

この記事をシェアする

タグから記事を探す

pr