ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

カーリースでも車庫証明が必要?取得の流れや申請のタイミングを解説

カーリースでは車庫証明が必要!取得の流れや申請のタイミングについて

車庫証明は、車の保管場所が確保されていることを証明する書類のことです。新車・中古車にかかわらず、車を購入する際に必要な車庫証明ですが、カーリースでも必要となっています。
といっても、初めて車を手に入れる方にとっては、あまりなじみのないものかと思います。ここでは、車庫証明の申請方法や申請のタイミングなどについてご紹介します。契約時、納車時などに慌てないよう、よく読んで、余裕をもって準備しておきましょう。

  • カーリースでも車庫証明は必要!
  • 申請先は警察署、発行までに日数がかかることも
  • 早めの準備で、契約、納車もスムーズに

そもそもカーリースとは?

ずっと定額

まずは、車庫証明を説明する前に、カーリースのしくみやメリットについてご紹介します。
カーリースはマイカーのように車の所有権を持つのではなく、使用権を取得して車を利用するサービスのことです。定額制の動画サービスのように毎月一定額を支払うことで車を使用することができるため、家計の管理がしやすく、急な出費が起こる心配もないのが大きなメリットです。
カーリースのメリットについて、さらに詳しく見ていきましょう。

まずはカーリースについて詳しく知りたい方はこちら

1. 定額制で利用できる

カーリースの大きな特徴は、車両代金や車の購入にかかる費用を定額制にできること。頭金などの初期費用を用意する必要がないので、まとまったお金が用意できない場合も車を手に入れることが可能です。
一般的に月額料金には車両代金のほか、自動車税(種別割)や自動車重量税などの税金、自賠責保険料、手数料などが含まれています。

2. 好きな車に格安で乗ることができる

カーリースでは、マイカーと同じように好きなメーカーや車種を選んで乗ることができます。しかし、カーリース会社によって取り扱っているメーカーや車種は異なります。グレードについても、標準グレードのみを取り扱っているリース会社があるので、しっかり確認しておきましょう。

なお、カーリースの定額カルモくんでは、国産メーカー全車種・全グレードを取り扱っているため、豊富な選択肢の中から好きな車を選ぶことができるのでおすすめです。「お試し査定」を使えば、自分がどんな車種を契約できるのか、事前に確かめることができて便利です。

まずは審査

3. 車検や修理費などの出費の心配がない

カーリースでは、通常は車検や修理の費用は月額料金に含まれていません。しかし、オプションプランをつけることで車検や修理費などのメンテナンス費用も定額にすることができます

おトクにマイカー 定額カルモくん」のオプションメニューであるメンテナンスプランでは、車検基本料や一部消耗品の交換費用はもちろん、カーリースの原則となっている原状回復の費用も含まれているので、契約期間が満了し、車を返却する際の負担も抑えられます。

メンテバナー

車を管理するために必要な車庫証明

車を管理するために必要な車庫証明

車の購入時やカーリースの契約時に必要となる車庫証明は、車を管理する上で欠かせないものです。
ここでは、車庫証明とはどんな役割を持つ書類なのか、車庫証明が必要となるタイミングについてご紹介します。

車庫証明とは?

車庫証明とは、車を保管する場所が確保されていることを証明する書類のことです。そのため、発行の申請をするには車を保管する場所の住所や配置図が必要となります。
自宅の所有地などを使用する場合は、その土地の所在地で申請を行います。

車庫証明が必要なタイミング

車庫証明は、車に関する契約などの際に必要となります。日常的に使用することはほとんどありません。以下のようなタイミングで必要となりますので、覚えておきましょう。

  • カーリースの契約をするとき
  • 車を購入するとき
  • 車を納車してもらうとき

車庫証明を発行してもらうには?

車庫証明の発行方法

車庫証明を発行してもらうには、駐車場の所在地を管轄する警察署に行って、ご自身で申請の手続きを行います。発行には時間がかかる場合があるので、早めに準備しておくと安心です。申請の手順や発行にかかる期間、費用などを見ていきましょう。

車庫証明に必要な書類

車庫証明の申請には、自動車保管場所証明申請書のほか、保管場所使用権原疎明書面や保管場所の所在図などが必要となります。自動車保管場所証明申請書は警察署にある用紙、もしくは、駐車場のある都道府県警察のホームページからダウンロードしたものを使用します。ダウンロードしたものがあれば、いくつかの項目を事前に記入しておくことができるので、申請をスムーズに行うことができます。
なお、書類には保管場所の住所だけでなく、車のメーカー名や型式、車台番号などが必要となるので、申請の際には車検証を持参するといいでしょう。また、駐車場を借りている場合には、「保管場所使用承諾証明書」が必要となりますので、駐車場の管理会社などに記入してもらいましょう。

〈必要書類〉

  • 自動車保管場所証明申請書
  • 保管場所標章交付申請書
  • 保管場所の所在図や配置図
  • 保管場所使用権原疎明書面(自宅の駐車場を使用する場合)
  • 保管場所使用承諾証明書(駐車場を借りている場合)

車庫証明の申請手順

車庫証明に必要な書類を用意したら、駐車場の所在地の管轄の警察署に提出し、車庫証明の発行を申請します。また、書類の提出の際には、保管場所証明申請手数料と保管場所標章交付手数料、それぞれの収入印紙が必要となります。収入印紙は警察署で購入できますので、事前に購入しておく必要はありません。

なお、申請後、警察官などによる調査があり、実際に駐車場として使用できるかどうかを確認されますので、申請の時点で駐車場として利用できる状態にしておく必要があります

〈申請手順〉

  1. 駐車場を用意する
  2. 申請書を用意する
  3. 申請書を提出する
  4. 警察官などによる調査
  5. 車庫証明発行

車庫証明の発行までにかかる期間

申請書を提出してから車庫証明が発行されるまでには、1〜10日ほどかかります。車庫証明は警察署もしくは郵送で受け取ることができます。郵送の場合は、別途費用が必要となるため、あらかじめ確認しておきましょう。

車庫証明にかかる費用

車庫証明に必要な費用には、保管場所証明申請手数料と保管場所標章交付手数料があり、金額は地域や自動車の重量によって異なります。保管場所証明申請手数料は2,000〜2,200円、保管場所標章交付手数料は500〜610円となっています。
ちなみに、東京都では、保管場所証明申請手数料が2,100円、保管場所標章交付手数料が500円と決められています。

車庫証明のステッカーは車に貼ろう

車庫証明と同時に、保管場所標章のステッカーが発行されます。車庫証明はカーリース会社に提出しましょう。ステッカーは「自動車の保管場所の確保等に関する法律施行規則」第7条にて、車に貼ることが義務付けられています。
貼り付ける場所も後方のガラスと決まっており、多くの車は後方のガラスの左下に貼られています。また、万が一ステッカーを紛失した場合は、再交付の申請が可能ですが、再度手数料が必要となるため、なくさないように注意しましょう。

カーリースなら、短期間で納車されることも

保管場所標章のステッカーが発行されても、貼り付ける車が納車されてこないことには意味がありません。購入、カーリースを問わず、新車の場合は、注文を受けてから生産が始まるため、納車までにはある程度の日数が必要となります。しかし、カーリース会社によっては、あらかじめ人気の車種を在庫として用意していることも。色やグレードなどの選択肢は限られるものの、納車までの期間は短くなります。また、中古車のカーリースを利用するという方法もあります。少しでも早く車を必要としている方は、カーリースの利用も検討してみるといいでしょう

カーリースについて詳しく知りたい方はこちら

定額カルモくんで納車までにやることをシンプルに

カルモくん_new

「おトクにマイカー 定額カルモくん」は、日本一安い上、安心で便利なオプションプランも充実したカーリースです。納車時に車庫証明が必要なのはほかのカーリースと変わりありませんが、納車を行うディーラーより事前に納車日の案内があるため、案内のあった納車日に間に合うよう必要な書類を用意できるでしょう。車庫証明についてわからないことがあれば、事前に電話で相談することもできます。

定額カルモくんを利用すると、どのようなメリットがあるのか、具体的に見ていきましょう。

*¹一般社団法人日本自動車リース協会連合会所属のすべての業者の中で、完全定額(頭金なし・ボーナス払いなし・クローズドエンド契約)で新車を個人向けにリースしているサービスにおいて月額料金が日本最安値(2021年7月13日、ステラアソシエ株式会社調べ)

定額カルモくんなら、自分でしなくてよくなる手続きも

車を手に入れるまでには、さまざまな手続きやお金の準備が必要になります。車庫証明の申請のように、基本的に自分でしなければならない手続きもある一方、カーリースであれば、自分でしなくてもよくなる手続きもあります。例えば、カーリースの場合、車の所有者はカーリース会社となるため、自賠責保険の加入手続きはカーリース会社が行ってくれます。

定額カルモくんで支払うお金の管理をグッと楽に

車は手に入れてからも大小さまざまな費用が必要となります。これらが「いつ」「いくら」必要になるのか、個別に把握して、お金を準備しておくことは、かなりの負担であるといえます。しかし、カーリースであれば、いくつかの費用を基本料金としてまとめることでお金の管理が楽になります

カーリースの基本料金にどのような費用が含まれるかはカーリース会社によって異なりますが、定額カルモくんの場合、以下のような費用が含まれています。

  • 車両代金
  • 環境性能割
  • 自動車重量税
  • 自動車税(種別割)
  • 自賠責保険の保険料
  • リースの手数料

もちろん上記の費用に含まれない費用もありますが、これだけでもまとめることができれば、負担はかなり減らすことができるでしょう。

定額カルモくんなら、おトクと安心が長く続く

専門家が選ぶカーリース_3冠

定額カルモくんは、カーディーラー勤務者やファイナンシャルプランナーを対象とした調査で、「コストパフォーマンスが高いカーリース」「納得価格のカーリース」「サポートが充実しているカーリース」の3部門で、いずれも第1位*²を獲得しています。車を手に入れてからも、おトク感、安心感が長く続くサービスであるといえるでしょう。

*² 調査方法:インターネット調査 調査期間:2021年2月12日~15日 調査概要:カーリース10社を対象にしたイメージ調査 調査対象:男女、全国、18~69 歳、運転免許保有、(1)(2)週1回以上運転するファイナンシャルプランナー176s、(3)カーディーラー勤務者297s 調査実施:株式会社ショッパーズアイ 比較対象企業:「カーリース」Google 検索9社(2021年1月29日10 時時点) 広告、まとめサイトなどを除く

こうしたことから、少しでも楽に、安心して車を手に入れたいとお考えの方は、定額カルモくんも選択肢に加えてみましょう。まずは、自分が利用できるかどうか、「お試し査定」で事前に確かめることも可能です。

定額カルモくんについて詳しく知りたい方はこちら

まずは審査

車庫証明は早めに準備しておこう

定額カルモくんをはじめとしたカーリースでも、契約時や納車時に必要となる車庫証明。申請や、その後の納車手続きなどをスムーズに進めるためにも、車庫証明について正しく理解しておくことが大切です。

ご紹介してきたように、ご自身でも簡単に手続きすることができますので、早めに準備しておくと安心です。また、車庫証明の取得は、ディーラーに代行手続きを依頼することもできます。わからないことがあれば、カーリース会社に聞いてみましょう。

LINE

よくある質問

Q1:カーリースにも車庫証明が必要なの?

A:カーリースの契約時にも車庫証明が必要になります。車庫証明は車を保管する場所が確保されていることを証明する書類です。これがないと車の購入はもちろん、カーリースの契約もできません。

Q2:車庫証明はカーリースの契約前に取った方がいい?

A:できれば、契約前に車庫証明を取っておくことをおすすめします。車庫証明がないと、カーリースの契約や納車がスムーズに進みません。車庫証明の発行には時間がかかる場合もありますので、早めに申請しておくのがいいでしょう。

Q3:車庫証明の発行にはどれくらい時間がかかるの?

A:地域や警察署によって発行されるまでの期間は異なります。あくまでも目安ですが、申請してから車庫証明が発行されるまで1~10日ほどかかります。

Q4:車庫証明は代理で取ってもらえないの?

A:申請に行く時間が取れない場合などは、代理人や代行業者に頼むという手段もあります。ただし、その場合でも、書類にはご自身による記入や捺印などが必要となります。

※記事の内容は2021年5月時点の情報で執筆しています。

関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる
読了後バナー