ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

ウェイクのグレードはどれを選ぶ?ベストバイを徹底調査!

ウェイクのグレードはどれを選ぶ?ベストバイを徹底調査!

出典:ダイハツ「ウェイク」外観とカラー

一般的に車には複数のグレードが設定されており、それぞれ仕様と価格設定が異なります。そのため車を選ぶ際にはグレードごとに異なる装備を確認し、自身の目指すカーライフに適したグレードを選ばないと後悔することになりかねません。

ここでは、ダイハツ「ウェイク」のグレードについて、詳しく紹介します。

【この記事のポイント】
✔ウェイクには特別仕様車を合わせると7種類の選択肢がある
✔「D」には衝突回避支援システム「スマートアシストIII」が搭載されていない
✔おすすめグレードは特別仕様車「L“VS SA III”」

ウェイク

ウェイクのグレード構成

ウェイクのグレードは大きく分けて「D“SA III”」「L”SA III”」「Gターボ“SA III”」の 3種類。なお、ダイハツの衝突回避支援システム「スマートアシストIII」が省かれた「D」の設定もあります

このほか、「L“スペシャルリミテッド SA III”」「L“VS SA III”」「Gターボ“VS SA III”」の特別仕様車の設定があるため、全部で7種類の選択肢が用意されています。

なお、駆動方式は「D」「D“SA III”」を除き、2WDと4WDの選択が可能です。「D」「D“SA III”」に関しては2WDのみとなっています。

ウェイクのグレードごとの特徴

ここからは、ウェイクのグレードごとの装備内容について見ていきましょう。

エントリーグレードの「D」/「D“SA III”」

ウェイクD出典:ダイハツ「ウェイク」価格とグレード

最も安いエントリーグレードの「D」「D“SA III”」は、必要最小限の装備とすることで買いやすい価格を実現したグレードです。スーパーハイトワゴンは軽自動車の中でも高額になりがちなボディタイプですが、先進安全技術を搭載している「D”SA III“」であっても車両本体価格が150万円を切り、スーパーハイトワゴンでありながらも軽自動車に求められる経済性も追求しているといえるでしょう。

スライドドアは標準装備ですが、左右どちらにもパワースライド機能は搭載されていません。また、エアコンはダイヤル式のマニュアルエアコン、キーシステムはキーレスエントリーです。

なお、「D」と「D“SA III”」の違いは衝突回避支援システム「スマートアシストIII」の有無で、「D」には「スマートアシストIII」が標準装備されません。

「D」「D“SA III”」に頭金・ボーナス払いなし、税金・自賠責保険料コミコミの定額料金で乗るならこちら

両側パワースライドドアが標準装備される「L“SA III”」

ウェイク_L“SA Ⅲ”出典:ダイハツ「ウェイク」価格とグレード

標準グレードといえる「L“SA III”」は、両側にパワースライドドアが標準装備されるのが大きな特徴です。パワースライドドアには運転席やドアハンドルに設置されたスイッチを押すだけで開閉できるワンタッチオープン機能やパワースライドドアが閉まりきる前のドアロックの予約ができる機能もあるため、利便性が各段に向上します。

さらに、電子カードキーを携帯していればキー操作なしでドアの解錠や施錠、エンジンスタートが可能なキーフリーシステムやプッシュボタンスタート、プッシュ式のオートエアコン、格納式リアドアサンシェードなどを搭載し快適装備もグレードアップしています。

また、「D」「D“SA III”」では追加できるパッケージオプションが「純正ナビ装着用アップグレードパック」に限られますが、「L“SA III”」以上のグレードでは「LEDスタイルパック(「Gターボ“SA III」”には標準装備)」「コンフォータブルパック」「ドライビングサポートパック」「パノラマモニター対応純正ナビ装着用アップグレードパック」の追加が可能になるのも注目すべきポイントでしょう。

「L“SA III”」に頭金・ボーナス払いなし、税金・自賠責保険料コミコミの定額料金で乗るならこちら

ターボエンジンを搭載する「Gターボ“SA III”」

ウェイクGターボ “SA Ⅲ”出典:ダイハツ「ウェイク」価格とグレード

「Gターボ“SA III”」は、最高出力64psを発揮するターボエンジンを搭載する最上級グレードです。LEDヘッドランプやLEDフォグランプなどが含まれるパッケージオプション「LEDスタイルパック」が標準装備になり、夜間視認性が向上するとともにルックスに先進的な雰囲気をプラスしています。

また、フードガーニッシュがメッキ仕立てになることに加え、専用デザインの14インチアルミホイールを装着し、ほかのグレードよりも精悍なスタイルに仕上がっているのも魅力といえるでしょう。

そのほかの快適装備などは、「L“SA III”」の内容に準じます。

「Gターボ“SA III”」に頭金・ボーナス払いなし、税金・自賠責保険料コミコミの定額料金で乗るならこちら

3種類の特別仕様車

ウェイクには、3種類の特別仕様車の設定があります。

「L“スペシャルリミテッド SA III“」

L“スペシャルリミテッド SA Ⅲ”出典:ダイハツ「ウェイク」価格とグレード

「L“スペシャルリミテッド SA III“」は「L”SA III“」をベースに、「パノラマモニター対応純正ナビ装着用アップグレードパック」が追加されます。このパッケージにはフロントカメラ、サイドカメラ、バックカメラが含まれ、対応ナビを装着することで車両の周囲の映像を表示するパノラマモニターとして使用できます。

また、ベースグレードの「L“SA III”」では左右両側のスライドドアにパワースライド機能が搭載されていますが、「L“スペシャルリミテッド SA III“」ではパワースライド機能を左側のみとし、お買い得な価格を実現しています。

「L“スペシャルリミテッド SA III”」に頭金・ボーナス払いなし、税金・自賠責保険料コミコミの定額料金で乗るならこちら

「L“VS SA III”」/「Gターボ“VS SA III”」

Gターボ“VS SA Ⅲ”

*画像はGターボ“VS SA III”

出典:ダイハツ「ウェイク」価格とグレード

「L“VS SA III”」「Gターボ“VS SA III”」は、汚れに強い樹脂製のイージーケアフロア、ユーティリティフックや荷室床面フック、固定ベルトなどを特別装備として採用したレジャーに最適な特別仕様車です。「L“VS SA III”」には、ベースグレードには標準装備されない上下2段調節式のデッキボードや「LEDスタイルパック」も追加されています。

このほかにチルトステアリングと運転席シートリフター、走行モードを手元で切り替えできるステアリングスイッチが含まれる「ドライビングサポートパック」「パノラマモニター対応純正ナビ装着用アップグレードパック」も搭載されており、充実した装備内容となっています。

「L“VS SA III”」「Gターボ“VS SA III”」に頭金・ボーナス払いなし、税金・自賠責保険料コミコミの定額料金で乗るならこちら

より詳しい説明や料金シミュレーションはこちら

プラン詳細・お見積り

カーリースならウェイクの上級グレードも夢じゃない

ウェイクに新車で乗るには、車両本体価格のほか、法定費用や各種手数料などの初期費用が必要です。初期費用は本体価格の1~2割ほどになることが多く、カーローンには含められないケースでは現金で支払わなければなりません。

また、カーローンを利用する場合は、頭金としてまとまった金額を用意することも考えられます。

車は人生最大の買い物のひとつともいわれるほど高価な買い物だけに、カーローンの借入可能額や予算によっては、希望するグレードをあきらめなければならないこともあるでしょう。

しかしカーリースであれば、頭金も初期費用も用意する必要がないため、貯金を切り崩すこともなく、憧れのグレードのウェイクを手にすることが可能になります。

カーリースで憧れのグレードが手にできるワケ

月額にコミコミ

カーリースは、リース会社が所有権を持つ車を、定額料金を支払うことでマイカーのように利用できる車のサブスクリプションサービスです。

月々のリース料には法定費用や各種手数料が含まれているため、頭金も初期費用も別途支払うことなく、定額料金だけで車に乗り始めることができます

一本化用月々支払

リース料は、本体価格から契約満了時の想定残価を引き、契約期間で割って算出されます。そのため、本体価格が購入よりも安くなる上、契約期間が長いほど月々のリース料を安くできます。購入費用を借入れるカーローンとは違い、金利という概念もありません。

カーリースについて詳しく知りたい方はこちら

定額カルモくんなら税金、自賠責保険などコミコミでウェイクに月額18,710円から乗れる

カルモくん_new

おトクにマイカー 定額カルモくん」は、頭金なし・ボーナス払いなし・契約満了時の残価精算もない契約方式で日本一安い*カーリースで、ウェイクの新車に月額18,710から乗ることが可能です。

月々支払

月額料金には、毎年納める自動車税(種別割)のほか、車検時に必要な法定費用や自賠責保険料なども含まれるため、大きな出費の心配なくウェイクに乗り続けることができます。

メンテナンスプランをつければ、車検基本料や一部消耗部品の交換費用と工賃が定額にできるほか、プランによっては契約期間中に渡ってメーカー保証と同程度の保証がついたり、返却時の原状回復費用が補償されたりと、充実したサービスが受けられます。

カーリースの定額カルモくんなら、数十万円に上る初期費用や頭金を用意する必要がなく、税金や車検費用などの維持費も定額にできて月額18,710円からウェイクに乗れるため、予算内で最上級グレードのウェイクを手にすることも夢ではなくなります。

定額カルモくん_詳しく見る_追従

*一般社団法人日本自動車リース協会連合会所属のすべての業者の中で、完全定額(頭金なし・ボーナス払いなし・クローズドエンド契約)で新車を個人向けにリースしているサービスにおいて月額料金が日本最安値(2021年7月13日、ステラアソシエ株式会社調べ)

月々18,710円から乗れるウェイクのお試し審査をチェック!

ウェイク

ウェイク 月額18,710円~
・頭金・ボーナス払いなし
・自動車税(種別割)、自動車重量税、環境性能割、登録諸費用、自賠責保険料など、税金+保険料コミコミ

この車でお試し審査

※審査に通過しても契約をする必要はありません。

定額カルモくんをご利用いただくには審査が必要です。なお、審査に通過した場合でもご契約にはなりません。
審査通過後でもキャンセルでき、車種やオプションの変更、プランの作り直しも可能です。
ウェイクは月額18,710円で乗ることができます。
気になる方はまず、ウェブから5分程度でできるお試し審査にお申込みください。

もっと詳しくウェイクのプランを知りたい方はこちら

ウェイクのおすすめグレードは特別仕様車「L“VS SA III”」

ウェイクのようなスーパーハイトワゴンであれば、パワースライドドアは絶対に欲しいところです。さらに特別仕様車「L“VS SA III”」は荷室の使い勝手を高める装備や複数のパッケージオプションを採用しており、コストパフォーマンスの良さが光ります。価格と装備のバランスで考えると、「L“VS SA III”」がウェイクのおすすめグレードといえるでしょう。

よくある質問

Q1:ウェイクのグレード構成は?

A:ウェイクのグレードは、大きく分けて「D“SA III”」「L“SA III”」「Gターボ“SA III”」の3種類で、これに加えてダイハツの衝突回避支援システム「スマートアシストIII」が省かれる「D」があります。さらにウェイクには3種類の特別仕様車も設定されています。

Q2:ウェイクのグレードごとの違いは?

A:「D」「D“SA III”」はパワースライドドアが装備されないエントリーグレードです。「L“SA III”」は左右のパワースライドドアやキーフリーシステムなどの快適装備が搭載されることに加え、オプションの選択肢が増えます。「Gターボ“SA III”」はターボエンジンを搭載し、パッケージオプションの「LEDスタイルパック」が標準装備される最上級グレードです。

Q3:ウェイクのおすすめグレードは?

A:特別仕様車「L“VS SA III”」は汚れに強いイージーケアフロアやユーティリティフックなどのレジャーがより快適に楽しめる装備に加え、「ドライビングサポートパック」「パノラマモニター対応純正ナビ装着用アップグレードパック」なども搭載されており、コストパフォーマンスが良いおすすめグレードといえるでしょう。

※記事の内容は2021年10月時点の情報で執筆しています。

ダイハツウェイクの新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他のダイハツウェイクの記事
関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる
読了後バナー