ウェイクのグレードはどう選ぶ?グレード別装備やおすすめグレードをご紹介

ウェイクのグレードはどう選ぶ?グレード別装備やおすすめグレードをご紹介
ウェイク

軽自動車最大の室内空間が魅力のダイハツ・ウェイク。軽自動車の概念を超えるような室内空間は、性別や年齢を問わず、幅広い層の支持を集めています。
また、積載力が高く車内のアレンジ性に優れているため、アウトドア用の車としても選ばれているようです。

ここでは、幅広いシーンでの使用が可能な、ダイハツ・ウェイクの各グレードについて調査してみました。

ダイハツ・ウェイクの各グレードについて調査してみました

安く手に入れる

ダイハツ・ウェイクのグレード構成

ダイハツ・ウェイクのグレード構成は、基本的にD、L、Gターボの3種類。それに加えて、ダイハツの先進安全性能「スマートアシストⅢ」が搭載された”SA Ⅲ”と、レジャー向きの装備がプラスされた”レジャーエディションSA Ⅲ”があります。

また、特別仕様車として L“スペシャルリミテッド SA Ⅲ” 、 L“リミテッド SA Ⅲ” 、 Gターボ“リミテッド SA Ⅲ”がラインナップされています。さっそく各グレードの詳細を見ていきましょう。

<グレード別の価格>

グレード駆動方式価格
D2WD1,350,000円
D “SA Ⅲ”2WD1,414,800円
L“SA Ⅲ”2WD1,555,200円
4WD1,679,400円
L“レジャーエディション SA Ⅲ”2WD1,598,400円
4WD1,722,600円
Gターボ “SA Ⅲ”2WD1,674,000円
4WD1,798,200円
Gターボ “レジャーエディション SA Ⅲ”2WD1,717,200円
4WD1,841,400円
特別仕様車 L“スペシャルリミテッド SA Ⅲ”2WD1,490,400円
4WD1,614,600円
特別仕様車 L“リミテッド SA Ⅲ”2WD1,614,600円
4WD1,738,800円
特別仕様車 Gターボ“リミテッド SA Ⅲ”2WD1,717,200円
4WD1,841,400円

 

ウェイクのグレード別装備をご紹介

D

D

標準グレードとなるのが、このDです。このグレードにのみ、スマートアシストⅢが標準装備されていません。

シートはチェックパターンの撥水加工ファブリックシート、ステアリングホイールやインパネセンターシフトの素材はウレタンになります。

標準グレードでも、シートが撥水加工になっているのはうれしいですね。レジャーシーンでの使用を意識したウェイクならではの装備でしょう。

このグレードでは、プッシュボタンスタートが装備されておらず、鍵を差し込むタイプとなります。また、パワースライドドアも装備されません。エアコンはマニュアル(ダイヤル式)になっています。

D”SA Ⅲ”

D”SA Ⅲ”は、Dの装備に先進安全性能のスマートアシストⅢが搭載されたグレードです。

スマートアシストⅢには、歩行者にも対応する衝突回避支援ブレーキ機能と衝突警報機能、車線逸脱警報機能、誤発進抑制機能(前方、後方)、先行車発進お知らせ機能、オートハイビームがセットになっています。

また、リヤのコーナーセンサーも装備されています。そのほかの装備はDと同じです。

L”SA Ⅲ”

Lは中位グレードであり、このグレードからスマートアシストⅢが標準装備されます。

L”SA Ⅲ”で注目すべきなのは、左右のパワースライドドアが装備されている点。運転席のボタンや電子カードキーでドアの開閉が可能です。また、ドアハンドルのスイッチを押すだけでロック解除とドアオープンができるワンタッチ機能付きになっています。

さらに、パワースライドドアが閉じている最中にロック操作を行うと、自動でロックしてくれる予約ロック機能も搭載。クルマが閉まり切るのを待たなくてもよくなりますね。半ドアの位置まで閉めるとあとは自動で全閉してくれるスライドドアイージークローザーも装備されています。

エアコンは、クリーンエアフィルター付きのフルオートエアコンを装備。オートライト、格納式リヤドアサンシェード、リヤヒーターダクトなどの快適装備も充実しています。足回りには14インチのアルミホイールがプラスされています。

L”レジャーエディションSA Ⅲ”

L”レジャーエディションSA Ⅲ”は、L”SA Ⅲ”にレジャーエディションの特別装備がプラスされたグレードです。

レジャーエディションの特別装備の目玉は、イージーケアフロア。防水素材を使用したフロアであり、泥などで汚れた靴や濡れた荷物にも対応しています。座席部だけでなく、荷室にもイージーケアフロアが装備されており、まさにレジャーにうってつけです。

このほかにも、ユーティリティフックが4個、荷室床面フック、上下2段調節式デッキボード(固定フック付)、固定ベルトなどが装備されています。

また、レジャーエディションではフロントパーソナルランプ、リヤパーソナルランプ、ラゲージルームランプ、バックドアランプがLEDとなっています。

レジャーシーンでの使用を想定している方にとっては、魅力的なグレードといえるでしょう。

Gターボ”SA Ⅲ”

Gターボ”SA Ⅲ”

最上級グレードのGには、ターボエンジンが搭載されています。

LEDスタイルパック(オートレベリング機能付きLEDヘッドランプ、LEDクリアランスランプ、LEDフォグランプ)が装備され、足元はGターボ”SA Ⅲ”専用の14インチアルミホイールに。

ステアリングホイール、インパネセンターシフトが本革巻きになり、タコメーター付きの自発光式大型3眼センターメーターを装備しています。

さらに、ハニカムパターンのシートを採用し、メッキ加飾されたインナードアハンドルや、エアコンレジスターノブが上質な室内空間を演出します。

Gターボ”レジャーエディションSA Ⅲ”

Gターボ”レジャーエディションSA Ⅲ”は、Gターボ”SA Ⅲ”に、レジャーエディション特別装備がプラスされたグレードです。また、アルミホイールが15インチにアップします。

ウェイクに特別仕様車が新たに仲間入り!

ウェイクに特別仕様車が新たに仲間入り!

2018年の9月からは、3種類の特別仕様車がラインナップされています。特別仕様車の共通装備として、パノラマモニター対応純正ナビ装着用アップグレードパックがプラスされます。

このアップグレードパックには、ステアリングスイッチ、フロント・バック・サイドカメラ、16㎝リヤスピーカー、ツィーター、GPSアンテナ、フルセグTVフィルムアンテナ用ハーネスがセットになっています。ナビは含まれていないため、別途装着する必要があります。

それぞれのグレードの特徴をチェックしてみましょう。

L“スペシャルリミテッドSA Ⅲ”

L“スペシャルリミテッドSA Ⅲ”は、L”SA Ⅲ”をベースに、パワースライドドアやホイールの素材をグレードダウンして価格を抑えた特別仕様車です。

L”SA Ⅲ”には、左右のパワースライドドアが装備されていましたが、L“スペシャルリミテッドSA Ⅲ”では左側のみパワースライドドアが装備されています。また、14インチアルミホイールは、14インチのフルホイールキャップに変更となります。

L“リミテッドSA Ⅲ”

L“リミテッドSA Ⅲ”は、機能性を重視したモデルです。L”SA Ⅲ”の装備をベースに、Gターボに装備されているLEDスタイルパックが装備されます。

Gターボ“リミテッドSA Ⅲ”

Gターボ“リミテッドSA Ⅲ”のベースモデルは、Gターボ”SA Ⅲ”。レジャーシーンでの使用を想定し、アルミホイールが15インチにアップします。

10036_ウェイク

ウェイクのおすすめグレードは?

ウェイクのおすすめグレードは?

特別仕様車も合わせると9種類のグレードがあるダイハツ・ウェイク。ひとつずつ整理して見ていくことで、各グレードの特徴がつかめてきたのではないでしょうか。

ウェイクにはさまざまな装備がありますが、パワースライドドアと先進安全機能のスマートアシストⅢは外せません。また、ウェイクは、軽自動車にしては車両重量が990~1.060㎏と比較的重たいため、できればターボエンジンを搭載しているほうが望ましいですね。これらの条件を踏まえると、Gターボ”SA Ⅲ”を選ぶのがおすすめです。

レジャーシーンでの使用が多い方はGターボ”レジャーエディションSA Ⅲ”でもいいでしょう。価格だけでなく、ご自身の使用環境を考えることで、後悔のないグレードを選択できるはずです。

日常使いからアウトドアまで幅広いシーンで活躍するダイハツ・ウェイクですが、購入するのは難しいという方もいるでしょう。そんな方には、「おトクにマイカー 定額カルモくん」のリースサービスがおすすめです。リースのメリットである車両価格や保険料などが月々定額制となるだけでなく、契約満了時に車がもらえる「もらえるオプション」など、お得なプランが充実しています。

できるだけ費用をおさえてカーライフを始めたい方は、新しい車の利用法であるカーリースを検討してみてはいかがでしょうか?

定額カルモくんについて詳しく知りたい方はこちら

※記事の内容は2018年11月時点の情報で執筆しています。

ダイハツウェイクの新車カーリース情報

関連するカーリース情報

その他のダイハツウェイクの記事

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

タグから記事を探す

読了後バナー