ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

ライバル車を圧倒!フレアの燃費性能を徹底調査

ライバル車を圧倒!フレアの燃費性能を徹底調査
ライバル車を圧倒!フレアの燃費性能を徹底調査

出典:マツダ「フレア」エクステリア

軽自動車は普通車よりもボディサイズが小さく、排気量にも制限があるため燃費が良い傾向にあるといわれていますが、軽自動車の中でも車種によって燃費には大きな差があるのが事実です。そのため車選びの際には燃費性能を確認しておくことが大切といえるでしょう。

ここでは、マツダ「フレア」の燃費性能についてご紹介します。

  • 駆動方式別WLTCモードカタログ燃費・実燃費はこちら
    グレード駆動方式カタログ燃費(km/L)実燃費(km/L)
    HYBRID XG/HYBRID XS2WD25.211.0
    4WD24.29.8
    HYBRID XT2WD22.5---
    4WD20.9---
  • フレアはライバル車のダイハツ「ムーヴ」やホンダ「N-WGN」よりも低燃費を実現している
  • 新開発の軽量・高剛性プラットフォームが軽快で安定感のある走りを実現

フレアの燃費の特徴

フレアは元祖軽ハイトワゴンモデルであるスズキ「ワゴンR」のOEM供給車で、現行モデルは2017年3月に登場しました。発電効率に優れたモーター付き発電機「ISG」と、高効率の専用リチウムイオンバッテリーを搭載したマイルドハイブリッドシステムを全車に採用し、優れた燃費性能が自慢のモデルです。

また、エンジンにもさまざまな熱効率向上技術を採用しているほか、停止前の減速時約10km/h以下になると自動でエンジンを停止させてガソリンの消費を抑えるアイドリングストップシステム、アイドリングストップ中でも一定の時間、冷たい風をキープして室内の温度上昇を防ぐ「エコクール」など、実燃費向上に貢献する技術が搭載されているのも特徴といえるでしょう。

なお、2022年9月の一部改良ではターボエンジン搭載モデル「HYBRID XT」が追加されました。

フレアのカタログ燃費

フレアのWLTCモードカタログ燃費は、以下のとおりです。

グレード駆動方式カタログ燃費(km/L)
HYBRID XG/HYBRID XS2WD25.2
4WD24.2
HYBRID XT2WD22.5
4WD20.9

フレアの実燃費

フレアに乗っているオーナーの実燃費データを収集しているサイト「e燃費」によると、フレアの実燃費(2023年3月26日現在)は以下のとおりです。

グレード駆動方式実燃費(km/L)
HYBRID XG/HYBRID XS2WD11.0
4WD9.8
HYBRID XT2WD---
4WD---

 

現時点では、フレアのカタログ燃費と実燃費のあいだにはある程度の差が生じています。

フレアとライバル車のカタログ燃費を比較

フレアのライバル車としては、ダイハツ「ムーヴ」ホンダ「N-WGN」などが挙げられます。ここでは、この2車種とフレアのカタログ燃費を比較してみましょう。

ダイハツ「ムーヴ」

ダイハツ「ムーヴ」出典:ダイハツ「ムーヴ」外観・カラー

2014年12月に登場した現行型のダイハツ「ムーヴ」は、新開発の軽量・高剛性ボディ「Dモノコック」によって優れた操縦安定性や静粛性を実現し、乗り心地の良さには定評のあるモデルです。

ムーヴのWLTCモードカタログ燃費は、以下のとおりです。なお、グレード間での燃費の差はありません。

エンジン駆動方式カタログ燃費(km/L)
NAエンジン2WD20.7
4WD20.0
ターボエンジン2WD19.5
4WD18.8

 

いずれのエンジン・駆動方式においても、フレアの燃費がムーヴを上回っています

ホンダ「N-WGN」

ホンダ「N-WGN」出典:ホンダ「N-WGN」スタイリング

ホンダ「N-WGN」は、親しみやすいキュートな丸目ヘッドライトが印象的なエクステリアデザインが特徴。ホンダならではの「センタータンクレイアウト」によって実現した室内の広さが魅力的な軽ハイトワゴンです。

N-WGNのWLTCモードカタログ燃費は、以下のとおりです。N-WGNもグレードによる燃費の差はありません。

エンジン駆動方式カタログ燃費(km/L)
NAエンジン2WD23.2
4WD21.2
ターボエンジン2WD21.2
4WD20.0

 

N-WGNとの比較においても、フレアがN-WGNの燃費よりも良い数値となっていることがわかります。

フレアの走行性能・乗り心地

フレアの走行性能・乗り心地出典:マツダ「フレア」グレード・価格

現行型のフレアでは、軽量・高剛性の新プラットフォームの採用やサスペンション、ボディの軽量化によって車の基本性能を向上させ、軽快で安定感のある走りを実現しています。

また、車両や歩行者を検知して危険を知らせてくれたり、車線からはみ出しそうになったりしたらシステムが警告を発する機能など、急ハンドルや急ブレーキの少ない安全で快適な乗り心地をサポートしてくれる機能も備わっています。

優れた燃費性能が自慢のフレア

フレアのような軽ハイトワゴンは近年人気が高く、ライバル車もたくさん登場していますが、フレアはその中でも高いレベルの燃費性能を持つモデルです。

一般的に長期間使用することになる車の燃費性能は、一見わずかな差であっても積もり積もると大きな差になります。満足のいくカーライフを送るためにも、車選びの際には燃費性能をしっかりと確認するようにしましょう。

よくある質問

Q1:フレアのカタログ燃費はどのくらい?

A:フレアのWLTCモードカタログ燃費は、NAエンジン2WD車が25.2km/L、4WD車が24.2km/L、ターボエンジン2WD車が22.5km/L、4WD車が20.9km/Lです。

Q2:フレアとライバル車のカタログ燃費を比較すると?

A:フレアのライバル車としては、ダイハツ「ムーヴ」やホンダ「N-WGN」などが挙げられます。この2車種とフレアのカタログ燃費を比較すると、フレアが両者を圧倒する低燃費であることがわかります。

Q3:フレアの走行性能は?

A:軽量・高剛性の新プラットフォームの採用、さらにサスペンションやボディの軽量化によって車の基本性能を向上させ、軽快で安定感のある走りを実現しています。

※この記事は2023年3月時点の情報で制作しています

マツダフレアの新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他のマツダフレアの記事
関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる