インプレッサG4の燃費はどのくらい?実燃費を徹底調査!

インプレッサG4の燃費はどのくらい?実燃費を徹底調査!

出典:スバル「インプレッサG4」プラットフォーム

この記事は、 5 分で読めます。

ラリーの世界で活躍し、世界的にもよく知られているスバル「インプレッサ」。そのインプレッサの4ドアセダンモデルが「インプレッサG4」で、2016年10月に登場した現行モデルはインプレッサとしては5代目、インプレッサG4としては2代目モデルにあたります。

ここでは、カタログ燃費や実燃費など、スバル「インプレッサインプレッサG4」の燃費性能について詳しく紹介します。

【この記事のポイント】
✔駆動方式別カタログ燃費・実燃費はこちら

駆動方式JC08モードカタログ燃費実燃費
2WD16.0~17.2km/L10.86~14.9km/L
4WD15.8~16.8km/L11.2km/L

 

✔ライバル車であるホンダ「シビック セダン」の燃費には劣るが、日産「シルフィ」の燃費より優れる
✔新プラットフォームの採用により優れた操縦安定性と応答性が向上

一本化用インプレッサG4

インプレッサG4の燃費の特徴

スバルは「SUBARU BOXER」と呼ばれるスバル独自の水平対向エンジンを採用しています。インプレッサG4に採用されている水平対向エンジンはFB型と呼ばれる新世代型で、燃料室のコンパクト化やロングストローク化、また摩擦の低減やピストンの軽量化などさまざまな改良を行うことで時代に合った環境性能や燃費性能を実現したエンジンです。

インプレッサG4に搭載するにあたりこのFB型水平対向エンジンのすべての部品を新設計し、さらなる軽量化や摩擦の低減、高剛性化を行うことで心地良い加速と優れた燃費性能を高い次元で両立させているのが特徴といえるでしょう。

加えて、空力性能に優れたフォルムのボディを採用して空気抵抗を減らしたり、アイドリングストップ機構など燃費向上に貢献する技術を複数搭載したりすることによっても燃費性能を高めています。

インプレッサG4のカタログ燃費

インプレッサG4に搭載されるエンジンは1.6L水平対向4気筒エンジンと2.0L水平対向4気筒直噴エンジンの2種類で、組み合わされるトランスミッションはリニアトロニックと呼ばれるCVTのみ、駆動方式はいずれのエンジンにも2WD、4WDが設定されています。

インプレッサG4のJC08モードカタログ燃費は以下のとおりです。

1.6L水平対向4気筒エンジン

グレード駆動方式燃費
1.6i-L EyeSight2WD17.2km/L
4WD16.2km/L
1.6i-S EyeSight2WD16.4km/L
4WD16.2km/L

 

2.0L水平対向4気筒直噴エンジン

グレード駆動方式燃費
2.0i-L EyeSight2WD17.0km/L
4WD16.8km/L
2.0i-S EyeSight2WD16.0km/L
4WD15.8km/L

 

一本化用インプレッサG4

インプレッサG4の実燃費

現在、インプレッサG4に乗っているオーナーの実燃費データを収集しているサイト「e燃費」によると、インプレッサG4の実燃費は以下のとおりです。

エンジン駆動方式燃費
1.6L水平対向4気筒エンジン(全グレード)2WD14.9km/L
4WD※データなし
2.0L水平対向4気筒直噴エンジン(全グレード)2WD10.9km/L
4WD11.2km/L

 

JC08モード燃費とは、平坦でまっすぐな道をライトなどの電装品を使用しないなど、一定の条件下で計測されているもので、指標に使われるといってもいい数値です。しかし、日常生活では坂道や悪路などさまざまな場所で走行することはもちろん、ライトやエアコン、ナビなどを使用することから、どの車でもカタログ燃費と実燃費との乖離が生まれるのです。

路面の状態や運転の方法によって実燃費は変わりますが、平均3割程度は実燃費が低くなるといわれているため、インプレッサG4のカタログ燃費と実燃費の差は1.6Lエンジンの2WD車では平均値より差が小さいといえますが、2.0Lエンジンの2WD車は若干差が平均値よりも大きくなっています。2.0L4WD車はグレードによって多少の差はありますが平均値の範囲内であるといえるでしょう。

一本化用インプレッサG4

インプレッサG4とライバル車のカタログ燃費を比較

インプレッサG4のライバルとしては、ホンダ「シビック セダン」日産「シルフィ」などが挙げられます。ここでは、この2車種とインプレッサG4のカタログ燃費を比較してみましょう。

ホンダ「シビック セダン」

ホンダ「シビック セダン」出典:ホンダ「シビック セダン」デザイン・カラー

ロー&ワイドかつクーペのようなスタイリッシュなエクステリアが特徴のホンダ「シビック セダン」。ホンダ自慢の予防安全技術「Honda SENSING」を標準装備し、高い安全性も備えたモデルです。

シビック セダンのJC08モードカタログ燃費は19.4km/Lです。

シビック セダンの燃費は、インプレッサG4を大きく上回っていることがわかります。

日産「シルフィ」

日産「シルフィ」出典:日産「シルフィ」外観・内装

セダンらしいオーソドックスながら気品を感じさせるデザインが魅力の日産「シルフィ」は、コンパクトセダンながら後席にはゆとりある広さを確保し、居住性の良さには定評があります。

シルフィのJC08モードカタログ燃費は全グレードで15.6km/L。シルフィとインプレッサG4との燃費の比較では、インプレッサG4に軍配が上がる結果となりました。

インプレッサG4の走行性能・乗り心地

インプレッサG4の走行性能・乗り心地出典:スバル「インプレッサG4」デザイン

スバルの新世代プラットフォーム「SUBARU GLOBAL PLATFORM」を初採用したモデルである現行型のインプレッサG4は、こ音の徹底した高剛性化と低重心化した新プラットフォームの採用によって、操縦安定性やステアリング操作に対する応答性を飛躍的に向上させました。

加えて段差を乗り越えたときや悪路を走る際でもショックが少なく快適な乗り心地を実現するとともに、不快な振動騒を抑制し、走行中も会話が楽しめる静粛性を確保しています。

車を選ぶ際には燃費は必ず確認しよう

近年の車は一昔前の車と比較するとそれなりの環境性能や燃費性能を有しているものがほとんどですが、それでも車種によって燃費性能には差があるのが現状です。

そのため、車選びの際にはカタログ燃費はもちろんのこと、実燃費も確認しておくことをおすすめします。

※記事の内容は2020年6月時点の情報で執筆しています。

インプレッサG4の利用を検討されている方へ

「おトクにマイカー 定額カルモくん」では、頭金なし、税金・自賠責保険代金コミ、プランによって車検もコミの月額定額料金でインプレッサG4の利用が可能です。

詳しくはこちら

スバルインプレッサG4の新車カーリース情報

関連するカーリース情報

その他のスバルインプレッサG4の記事

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

この記事をシェアする

タグから記事を探す

pr