ロードスターの燃費はどのくらい?実燃費を徹底調査!

【燃費・走り】ロードスターの燃費はどのくらい?実燃費を徹底調査!

出典:マツダ「ロードスター」

ロードスター

車選びの際にチェックしたい重要なポイントとして燃費性能が挙げられます。燃料費は車を維持していく上で絶対に欠かせないものなので、カタログ燃費と併せて実燃費もしっかりと確認しておきましょう。ここではマツダ「ロードスター」の燃費についてご紹介します。

ロードスターとは?

1989年に登場したこの歴史あるオープンカーのロードスターは「マツダといえばロードスター」といわれるほどの高い知名度と人気を誇るロングセラーの2シーターオープンカーです。

アメリカ、特に西海岸ではオープンカーが好まれる傾向がありそれを反映してか最初にアメリカで販売が開始されましたが、日本においても爆発的な人気となりました。現行のモデルは2015年に登場した4代目モデルで、「2015~2016日本自動車殿堂カーオブザイヤー」や「2015-2016 日本カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞するなど専門家からも高い評価を受けています。

ロードスターの燃費の特徴

先代の3代目モデルからはダウンサイジングされたFR専用設計の「SKYACTIV-G 1.5」エンジンを搭載し、環境性能・燃費性能に配慮するとともに低速域からリニアにスムーズに変わっていく加速フィールがマツダならではの「人馬一体の走り」を実現します。

また減速する際に発生する運動エネルギーを電気エネルギーに回生してオーディオやエアコンなどの装備に使用する減速エネルギー回生システム「i-ELOOP」やアイドリングストップ機構「i-stop」を搭載するなど、走りとともに燃費性能にもこだわりが感じられるシステムを搭載しています。長い歴史を誇るロードスターは時代に合わせて進化した燃費性能を身につけたといえるでしょう。

ロードスターのカタログ燃費

ロードスターの駆動方式は2WDのみ、エンジンのSKYACTIV-G 1.5」の1種類のみですがトランスミッションが「SKYACTIV-MT 6MT」と「6EC-AT」の2種類あります。

グレードごとに燃費の差はありませんがトランスミッションの違い、「i-ELOOP」「i-stop」の搭載の有無で燃費の差が生じています。

ロードスターのWLTCモード燃費は以下の通りです。

グレードトランスミッションWTLC燃費
SSKYACTIV-MT 6MT16.8km/L
S Special PackageSKYACTIV-MT 6MT16.8km/L
S Special Package(「i-ELOOP+i-stop装着車」)SKYACTIV-MT 6MT17.4km/L
S Special Package(「i-ELOOP+i-stop装着車」)6EC-AT17.2km/L
S Leather PackageSKYACTIV-MT 6MT16.8km/L
S Leather Package(「i-ELOOP+i-stop装着車」)SKYACTIV-MT 6MT17.4km/L
S Leather Package(「i-ELOOP+i-stop装着車」)6EC-AT17.2km/L
RSSKYACTIV-MT 6MT16.8km/L
RS(「i-ELOOP+i-stop装着車」)SKYACTIV-MT 6MT17.4km/L
NR-ASKYACTIV-MT 6MT16.8km/L

 

ライバル車とロードスターのカタログ燃費を比較

ロードスターと同じ車格のオープンライトウェイトスポーツカーは国産車ではほとんど見当たらず、国内ではロードスターの独擅場といった印象です。

国内でよく比較されるのはスバル「BRZ」やその兄弟車のトヨタ「86」といったところでしょう。この2モデルはスペックがほぼ同じなので今回はスバル「BRZ」と比較してみます。また輸入車も視野に入れてみるとアバルト「124スパイダー」がロードスターの兄弟車といえる存在なので、こちらとも比較してみましょう。

・スバル「BRZ」

スバル「BRZ」出典:スバル「BRZ」

スバル自慢の低重心、軽量でコンパクトな「超低重心パッケージ」を実現する2.0L水平対向エンジン「SUBARU BOXER」を搭載し、スポーツカーとしての存在感を発揮しているのがこのスバルの「BRZ」です。

GT300クラスで活躍し、その魅惑のパフォーマンスは熱心なスバルファンを虜にし続けています。

BRZのWLTCモード燃費は11.6~12.8km/L。排気量の違いがあるので単純には比較できませんが、単純に燃費の数値だけで比較するとロードスターに軍配が上がります。

・アバルト「124スパイダー」

アバルト「124スパイダー」出典:ABARTH JAPAN「アバルト124スパイダー」

このアバルト「124スパイダー」は現行型のロードスターをベースとして作られたモデルです。プラットフォームやインテリアは共通ですがエクステリアは初代モデルであるフィアット・124スパイダーのデザインを踏襲したものとなり、ロードスターとは大きく異なります。

124スパイダーのカタログ燃費はJC08モードで12.0~13.8km/L。ロードスターと兄弟車とはいえロードスターとは異なる1.4Lのフィアット製エンジンを搭載しているため燃費性能も大きく異なっています。

ロードスターはWLTC燃費、124スパイダーはJC08燃費とカタログ燃費の計測方法が異なるため一概にはいえませんが、ロードスターの燃費性能のほうが優っているといっていい数値でしょう。

ロードスターの実燃費

燃費性能をしっかりとチェックするには実燃費のチェックが欠かせません。ロードスターで採用されているWTLCモード燃費は日本で従来使用されてきた計測方法のJC08モード燃費よりも実燃費との差が少ないとはいわれていますが、それでもカタログ燃費と実燃費の乖離はあるのが現実です。

オーナーの実燃費データを収集しているe燃費のデータを参考にすると、ロードスターの実燃費は15.10~16.51km/Lです。カタログ燃費との差は1割程度にとどまっており、実燃費とカタログ燃費の差はそれほど大きくないといっていいでしょう。

安く手に入れる

ロードスターの乗り心地

ロードスターの乗り心地出典:マツダ「ロードスター」

乗り心地もエクステリアやインテリアのデザイン、燃費性能とともに車選びの際にはチェックしておきたいポイントです。ロードスターの乗り心地について見てみましょう。

スカイアクティブ テクノロジーが生み出した静かで強い軽量オープンボディ

ロードスターでは先代の3代目モデルよりも100kg以上の重量削減を実現しています。新開発のダウンサイジングエンジンや足回りの軽量化、エンジンルーム内にアルミを使用するなど各所に軽量化への工夫が凝らされるとともにフレームワークのストレート化、連続化やフロントフェンダーや前後バンパーなどのアルミを使用した軽量オープンボディの「SKYACTIV-BODY」を採用しています。

これによって軽量化と剛性アップを実現させるとともにボディパネルの振動特性をコントロールしてロードノイズを大幅に低減し、より軽やかな走りと静粛性を実現しました。

複数の先進安全機能を搭載し安心・快適な乗り心地をサポート

車両のふらつきを察知してドライバーに警告を与えるシステムや、車両後方の死角に入りやすい部分への車の接近をドライバーに知らせて安全な車線変更をサポートする機能など、急ブレーキや急ハンドルを防止して安全・快適な運転をサポートする先進安全機能もロードスターには装備されています。

スタイリッシュさと走行性能、燃費性能を兼ね備えたロードスター

オープンカーならではのスタイリッシュさと軽快で静かな走り、そしてライバル車よりも優れた燃費性能を持つロードスター。

初代の登場から30年という長い時が経っても唯一無二の存在感を放つこの車に魅せられる方は少なくないようです。時代に合わせてさまざまな部分を進化させてきたロードスターはこれからも長く愛されるモデルであり続けるでしょう。

※記事の内容は2019年7月時点の情報で執筆しています。

マツダロードスターの新車カーリース情報

関連するカーリース情報

その他のマツダロードスターの記事

関連記事

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

読了後バナー