ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

「プロパイロット」標準装備!キックスの安全性能に迫る

「プロパイロット」標準装備!キックスの安全性能に迫る
「プロパイロット」標準装備!キックスの安全性能に迫る

出典:日産「キックス」ギャラリー

万一の事故の危険を減らしたり、被害を軽減したりしてくれる衝突被害軽減ブレーキなどの先進安全技術は近年の車にはなくてはならないものといえます。先進安全技術の充実度が車を選ぶひとつのポイントとなる時代なので、車を選ぶ際にはその車がどのような安全性能を有しているのかをチェックすることが大切です。

ここでは、日産「キックス」の安全性能についてご紹介します。

  • 最新の運転支援技術「プロパイロット」を標準装備
  • 緊急時に自動通報する「SOSコール」を採用
  • キックスは全車が「サポカーSワイド」に認定されている

キックスの安全性能の特徴

キックスは、日産が誇る最新の運転支援技術「プロパイロット」を全車に標準装備しているのが大きな特徴です。「プロパイロット」は高速道路での長距離運転や渋滞などの運転をサポートし、疲労やストレスを大幅に軽減してくれる機能。ミリ波レーダーを採用したことによって検知機能を向上させ、より遠くの先行車の挙動を察知してスムーズな制御を行います。

また、キックスは万一の事故や急病などの緊急時に自動通報を行う先進技術「SOSコール」も標準装備。最新の先進安全技術を数多く搭載し、優れた安全性を持つモデルといえるでしょう。

キックスに搭載されている先進安全技術

ここからは、キックスに搭載されている先進安全技術について、詳しく見ていきましょう。なお、「プロパイロット」や「SOSコール」については後述します。

インテリジェント エマージェンシーブレーキ

インテリジェント エマージェンシーブレーキ出典:日産「キックス」セーフティアシスト

自車の前方の車両や歩行者を検知し、ぶつかる危険があるとシステムが判断した場合は警告を発して注意喚起します。それでもドライバーが減速できない場合にはシステムがブレーキを作動させ、衝突の回避や被害軽減をサポートする機能です。

対車両では車速約5km/h以上、歩行者や人が乗車している自転車に対しては車速約10~60km/hで作動します。

インテリジェント FCW(前方衝突予測警報)

インテリジェント FCW(前方衝突予測警報)出典:日産「キックス」セーフティアシスト

2022年7月のマイナーチェンジで新たに追加された機能で、ドライバーが目視できない2台前を走る車両をシステムがモニタリングし、減速が必要であると判断した場合にはドライバーに注意喚起することで玉突き事故防止に貢献する機能です。

踏み間違い衝突防止アシスト

踏み間違い衝突防止アシスト出典:日産「キックス」セーフティアシスト

進行方向に壁やガラスなどの障害物を検知している状態でアクセルを強く踏み込むと、走行用モーターの出力を自動制御することでペダル踏み間違いによる飛び出しを抑制する機能です。エンジン出力の抑制だけでは衝突を避けられないとシステムが判断すると、ブレーキ制御も入ります。

踏み間違い衝突防止アシストは前進時・後退時のどちらにも対応しています。なお、前進時には壁などの障害物に加えて歩行者の検知も可能です。

インテリジェント LI (車線逸脱防止支援システム)/ LDW(車線逸脱警報)

インテリジェント LI (車線逸脱防止支援システム)/ LDW(車線逸脱警報)出典:日産「キックス」セーフティアシスト

インテリジェント LI(車線逸脱防止支援システム)

LDW(車線逸脱警報)が作動すると、車線内に車を戻す方向へ短時間力を発生させ、ドライバーの回避操作を支援する機能です。

LDW(車線逸脱警報)

走行中に車線を逸脱する危険があるとシステムが判断すると、表示とステアリングホイールを振動させることによってドライバーに注意喚起します。

インテリジェントDA(ふらつき警報)

ドライバーのハンドル操作をシステムがモニタリングし、ドライバーの注意力の低下が見られると判断した場合には音と表示によって休憩を促すことで事故防止に貢献する機能です。

ハイビームアシスト

対向車や先行車のライトや周囲の明るさを認識し、必要に応じてハイビームとロービームを自動で切り替えるシステムです。切り替え忘れをなくすとともに手動切り替えの手間を減らし、安全運転に貢献します。

インテリジェント アラウンドビューモニター(移動物 検知機能付き:X スタイルエディション・AUTECHに標準装備、そのほかのグレードにメーカーオプション)

インテリジェント アラウンドビューモニター出典:日産「キックス」セーフティアシスト

ナビ画面やインテリジェント ルームミラーのディスプレイにキックスを真上から見下ろしたような画像を映し出すことでドライバーの死角になるエリアを可視化し、安全確認をサポートします。

また、車の周囲に人や自転車など動くものを検知した場合は注意喚起する機能も搭載しています。

「プロパイロット」や「SOSコール」も全車標準装備

キックスには、日産が誇る最新の先進技術が搭載されています。

プロパイロット

プロパイロット出典:日産「キックス」セーフティアシスト

システムが適切な車間距離維持をサポート

高速道路や自動車専用道路において、システムが先行車をモニターして適切な車間距離を保って走行するようにアクセル・ブレーキ操作をアシストします。

ステアリング操作も支援

また、システムが白線をモニターして車線走行を維持するようにステアリング操作をサポートすることでドライバーの疲労を軽減し、ロングドライブも快適に楽しめるようにサポートする機能です。

SOSコール

SOSコール出典:日産「キックス」セーフティアシスト

緊急時に自動通報

事故や急病などの緊急時に、システムが専任オペレーターに位置情報やセンサー情報を自動で通報し、オペレーターが緊急車両の手配を行ったり、迅速に関係各所へ連絡を行ったりしてくれる心強いサービスです。

手動通報も可能

近年、社会的にあおり運転が問題になっています。「SOSコール」はあおり運転に遭遇した際などには手動で通報できるため、あおり運転に遭遇しても安心です。

最新の先進安全技術を多数搭載し、優れた安全性能を持つキックス

キックスは「プロパイロット」や「SOSコール」などの最新鋭の先進安全技術を搭載し、先進性や安全性に優れているのが特徴です。また、政府が普及を啓発している先進安全技術を搭載した車「サポカー」の中でも最も内容が充実した「サポカーSワイド」に全車が認定されているため、誰もが安心してカーライフを楽しめるモデルといえるでしょう。

よくある質問

Q1:キックスには先進安全技術は全車に標準装備されているの?

A:はい、キックスには全車に同じ内容の先進安全技術が標準装備されています。

Q2:キックスに搭載される先進安全技術にはどんなものがあるの?

A:車両や歩行者を検知して必要であれば自動ブレーキを作動させる「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」やアクセルとブレーキの踏み間違い時の飛び出しを防止する「踏み間違い衝突防止アシスト」、車線からの逸脱防止を支援する「インテリジェント LI / LDW(車線逸脱警報)」やハイビームとロービームを自動で切り替える「ハイビームアシスト」などの先進安全技術が搭載されています。

Q3:キックスに搭載される「プロパイロット」や「SOSコール」ってどんなもの?

A:「プロパイロット」は高速道路においてシステムがステアリングやペダルの操作を支援することでドライバーの運転負荷を減らす運転支援技術。「SOSコール」は事故などの緊急時に位置情報やセンサー情報を専任オペレーターに通報し、緊急車両の手配など非常時のサポートが受けられるシステムです。

※この記事は2022年12月時点の情報で制作しています

日産キックスの新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他の日産キックスの記事
関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる

LINEでクイズキャンペーン