マツダ6の安全性能を徹底解説!

マツダ6の安全性能を徹底解説!

出典:マツダ「マツダ6」衝突安全性能

被害軽減(自動)ブレーキやペダル踏み間違い時加速抑制装置などをはじめとする車の先進安全性能は、政府が普及を推奨していることもあり、随分と一般的になってきました。近年の新型車には何らかの先進安全性能が搭載されていることがほとんどですが、その充実度は車種によって大きく異なっているので、車選びの際にはその車がどのような安全性能を有しているのかを確認するようにしましょう。

ここではマツダ6の安全性能について紹介します。

マツダ6の安全性能の特徴

マツダでは先進安全性能に頼り切るのではなく、危険な状況そのものを作り出さないようにドライバーの運転環境を整え、事故のリスクを最小限に抑える独自の安全思想「MAZDA PROACTIVE SAFETY」をもとに車づくりを行っています。

マツダ6はドライバーがストレスを感じずに自然に運転できるペダルレイアウト、フロントガラスに速度などの運転に必要な情報を投影してドライバーの視線移動を減らし安全運転に貢献するアクティブ・ドライビング・ディスプレイの採用、左右に広い前方視界の実現などによる「人間中心の基本設計」に、最新の予防安全技術「i-ACTIVSENSE」を組み合わせることにより、高いレベルでの安全性を確保しています。

一本化用マツダ6ワゴン

マツダ6全車に装備される「i-ACTIVSENSE」

マツダ6にはマツダの予防安全技術「i-ACTIVSENSE」が搭載されています。ここではマツダ6全車に標準装備される機能についてご紹介します。

アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート

システムが先行車や歩行者を検知し、衝突のおそれがあるときにはドライバーに警告を行い、自動ブレーキを作動させて衝突の回避、被害軽減をサポートする機能です。

自車の速度が対車両では約4~80km/h、対歩行者では約10~80km/hに作動し、システムが危険を察知するとまずは音と表示でドライバーに注意喚起します。その状態でドライバーがブレーキ操作を行うとシステムがブレーキ踏力を強力にアシスト。ブレーキ操作が行われなかった場合には自動ブレーキを作動させて衝突回避・被害軽減を図ります。

検知対象は車両・歩行者(昼間、夜間)です。

AT誤発進抑制制御(前方・後方)

AT誤発進抑制制御(前方・後方)出典:マツダ「マツダ6」衝突回避支援技術

停車時、もしくは約10km/h以下での低速で前進もしくは後退している際、進路に障害物を検知しているにもかかわらずアクセルが強く踏み込まれた場合には、エンジン出力を制御してペダルの踏み間違いによる急発進、急加速を抑制する機能です。

リアパーキングセンサー

リアバンパーに設置された超音波センサーが近距離の障害物(静止物)を検知し、車両と障害物の距離に応じて音を変化させてドライバーに障害物との接近を知らせる機能です。

スマート・シティ・ブレーキ・サポート

スマート・シティ・ブレーキ・サポート出典:マツダ「マツダ6」衝突回避支援技術

リアパーキングセンサーの機能を利用し、後退時に障害物を認識するとシステムが衝突の危険性を判断してブレーキを自動制御し、衝突被害の軽減を図る機能です。

約2~8km/h以下の低速での後退時に作動します。

車線逸脱警報システム

車線逸脱警報システム出典:マツダ「マツダ6」危険認知支援技術

車両が車線を逸脱する危険があるとシステムが判断すると、ステアリングの振動と音でドライバーに車線逸脱の危険を知らせます。

右側の車線を逸脱しそうな場合は右スピーカーから、左側の車線を逸脱しそうな場合は左スピーカーから警告音を発することで、ドライバーは直感的に逸脱の方向を判断して素早い回避行動がとれるよう工夫されています。

ブラインド・スポット・モニタリング&リア・クロス・トラフィック・アラート

ブラインド・スポット・モニタリング&リア・クロス・トラフィック・アラート出典:マツダ「マツダ6」危険認知支援技術

ブラインド・スポット・モニターは隣車線上の側方もしくは後方から接近する車両を検知すると、サイドミラーのインジケーターを点灯してドライバーに接近車両の存在を知らせます。その状態でドライバーがウインカーを作動させるとインジケーターを点滅させるとともに音でドライバーに危険を知らせ、安全な車線変更をサポートする機能です。

リア・クロス・トラフィック・アラート出典:マツダ「マツダ6」危険認知支援技術

後退時にはブラインド・スポット・モニターがリア・クロス・トラフィック・アラートとして機能します。

後退して出庫する際などにリアのセンサーが後方の左右から接近する車両を検知して、ドライバーに警告することで安全確認をサポートします。

交通標識認識システム

交通標識認識システム出典:マツダ「マツダ6」危険認知支援技術

走行中にシステムが交通標識を認識し、アクティブ・ドライビング・ディスプレイに情報を映し出してドライバーの標識見落としを防ぎ、標識に従った安全運転を促す機能です。

進入禁止、追い越し禁止、一時停止、はみ出し禁止、速度制限の5種類の交通標識の認識が可能です。

ドライバー・アテンション・アラート

ドライバー・アテンション・アラート出典:マツダ「マツダ6」危険認知支援技術

約65km/h以上で走行中に、システムが正常なドライバーの運転と車両の挙動を学習します。その上で実施の車両の挙動が学習値と異なる場合にはドライバーに休憩を促し、安全運転に貢献します。

先進ライト

先進ライトは全車に標準装備されていますが、グレードによって異なるシステムが採用されています。

ハイ・ビーム・コントロールシステム+アダプティブ・フロントライティング・システム〈AFS〉(20S、XDに標準装備)

ベースグレードの「20S」「XD」にはハイ・ビーム・コントロールシステム+アダプティブ・フロントライティング・システムが装備されます。

ハイ・ビーム・コントロールシステム+アダプティブ・フロントライティング・システム〈AFS〉(20S、XDに標準装備)出典:マツダ「マツダ6」危険認知支援技術

ハイ・ビーム・コントロールシステムは対向車や先行車がいない場合はハイビームで走行し、他車のヘッドランプを検知した場合には自動でロービームに切り替えるシステムです。

アダプティブ・フロントライティング・システム出典:マツダ「マツダ6」危険認知支援技術

またステアリングを切る角度と速度に応じてヘッドランプの向きを自動制御してカーブなどでの進行方向を照射し、夜間の安全運転に貢献するアダプティブ・フロントライティング・システムも採用されています。

アダプティブ・LED・ヘッドライト(20S、XD以外のグレードに標準装備)

アダプティブ・LED・ヘッドライト(20S、XD以外のグレードに標準装備)出典:マツダ「マツダ6」危険認知支援技術

「20S」「XD」以外のグレードではアダプティブ・LED・ヘッドライトが標準装備になります。アダプティブ・LED・ヘッドライトは左右20個のLEDを個別に点灯・消灯させ、明るい視界を確保してドライバーの危険認知をサポートするととともに他車への眩惑を防ぐシステムです。

全車に標準装備される先進安全性能は以上です。このほか「20S」「XD」以外のグレードにはマツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(AT車のみ全車速追従機能付き)やレーンキープ・アシスト・システムが標準装備されます。

また「25T S Package」にはさらに視界をサポートする360°ビュー・モニター+フロントパーキングセンサー(センター/コーナー)が追加されています。

一本化用マツダ6セダン

優れた安全性能を備えたマツダ6

マツダ6は夜間の歩行者を検知する被害軽減(自動)ブレーキや後進時の自動ブレーキ制御なども備え、平均点以上の先進安全性能を備えているといえるでしょう。

充実したカーライフは安全の上に成り立ちます。エクステリアやインテリアのデザイン、走行性能などと同じように安全性能にもこだわって車を選ぶことをおすすめします。

※記事の内容は2019年10月時点の情報で執筆しています。

マツダマツダ6セダンの新車カーリース情報

関連するカーリース情報

その他のマツダマツダ6セダンの記事

マツダマツダ6セダンの新車カーリース情報

関連するカーリース情報

その他のマツダマツダ6セダンの記事

カーリースお役立ち記事

注目のキーワード

タグから記事を探す

pr