ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す
寄稿記事
モータージャーナリスト
島崎七生人しまざきなおと

いま売れている車はコレ! 新車販売台数速報(2020年1月)

いま売れている車はコレ! 新車販売台数速報(2020年1月)

2020年1月の新車販売台数(軽自動車を除く)は躍進を続けてきたトヨタライズが初のトップに輝きました。乗用車全体で87.9%と前年比を割り込むなか、マイナーチェンジ効果でホンダフリードやスバルインプレッサの復調ぶりも目立ちます。

一方、軽自動車では王者ホンダN-BOXが安定の1位、11月に首位に立ったダイハツタントはスズキスペーシアにわずかに及ばずの4位とやや不振が目立ちます。自動車評論家の島崎七生人さんに詳しく解説をしてもらいましょう。

国産乗用車販売台数 2020年1月(軽自動車を除く)

順位車名メーカー台数前年比
1ライズトヨタ10220(19年11月発売)
2カローラトヨタ8480129.2
3ノート日産752965.8
4シエンタトヨタ683179.4
5セレナ日産678167.1
6フリードホンダ6759100.9
7プリウストヨタ665976.4
8アクアトヨタ662274.6
9ルーミートヨタ619395.4
10ヴォクシートヨタ555776.8
11RAV4トヨタ5549(19年4月発売)
12アルファードトヨタ514787.1
13タンクトヨタ489390.4
14インプレッサSUBARU4160211.7
15ソリオスズキ364294.8
16ヴィッツトヨタ357967.7
17C-HRトヨタ354381.9
18ヴェゼルホンダ350877
19ステップワゴンホンダ325468.3
20ノアトヨタ319078
21ロッキーダイハツ3153(19年11月発売)
22CX-30マツダ2955(19年10月発売)
23エスクァイアトヨタ2878106.1
24CX-5マツダ274282.9
25エクストレイル日産274081
26スイフトスズキ253993.6
27フォレスターSUBARU2172136.3
28MAZDA2マツダ2124(19年9月発売)
29パッソトヨタ211965.7
30ヴェルファイアトヨタ200155.3
31クラウントヨタ176437.9
32ハリアートヨタ174859.1
33シャトルホンダ173673.6
34フィットホンダ173530.8
35ランドクルーザーWトヨタ167261.5
36クロスビースズキ159975.2
37CX-8マツダ153949.6
38トールダイハツ151146
39MAZDA3マツダ1472(19年5月発売)
40デリカD5三菱1365144.8
41ジムニーワゴンスズキ120689.7
42カムリトヨタ110269.2
43オデッセイホンダ92068.9
44RX450Hレクサス869215.1
45UX250Hレクサス83772.4
46WRXSUBARU823176.6
47リーフ日産75326.6
48レヴォーグSUBARU710108.7
49RX300レクサス708240
50マーチ日産64964

 

ついにトップに立ったトヨタライズがカローラの4連覇を阻んだ

年明け2020年1月の販売台数は、昨年12月とはまた情勢が変化した。まず目がいくのは、12月2位だったライズがカローラと入れ替わり、堂々1位の座についたこと。それぞれの登録台数を見ても、ライズが9117台→10220台と台数を上乗せしたのに対し、カローラは昨年12月が9186台、1月は8480台と数字を落としている。12月は僅差だったが、1月はライズがカローラをやや引き離した形だ。

とはいえカローラも昨年9月の発売からまだ半年に満たない。連続首位こそ3ヵ月でいったん止まったものの、TV-CFの投入など手綱を緩める気配はなく、対前年比も129.2%を維持している。なので、来月は再びライズから首位の座を奪還する可能性もあるし、両車とも順調に台数を伸ばしていくようなら、それはそれでトヨタにとってはもちろんうれしいことに違いない。

バリエーション展開で底力を見せた日産セレナ

バリエーション展開で底力を見せた日産セレナ

ベスト10圏内ではほかに、セレナが先月の13位からグッと順位を上げ5位に。対前年比こそ67.1%ながら6781台と、10位のトヨタヴォクシーに1200台ほどの差をつけている。セレナは昨年の8月にマイナーチェンジを実施、“ダブルVモーショングリル”への外観のイメージチェンジや、全方位運転支援システムの全車標準装備化などを行った。こうした商品改良の成果がここにきて表れてきたことと、“e-Power”の打ち出し(6位から3位に順位を上げたノートも同様)も奏功しているようだ。

ちなみにスペシャルモデルの“セレナAUTECH”も販売台数に含まれ、その割合は概ね1割前後とのこと。LV(福祉車両)や、この2月にはマルチベッドも発売している。基準車とはひと味違うスタイル、性能、用途を求めるユーザーにふさわしく、そういうニーズが一定数あるということだろう。

インプレッサを筆頭に、目立つSUBARUの好調ぶり

インプレッサを筆頭に、目立つSUBARUの好調ぶり

一方で自販連の発表データ50位以内での順位の変動を見ると、先月から今月にかけて順位を上げたのは24車種、反対に下げたのは21車種、変わらずは5車種。このうち順位を上げた車種で目に止まったのがSUBARUだ。12月のデータに対しインプレッサ(20→14位)、フォレスター(36→27位)が上昇、先月は50位圏外だったWRX(46位)、レヴォーグ(48位)もランクインを果たした。

インプレッサは4160台と12月の2989台から台数を大きく伸ばし、対前年比は211.7%と倍増。昨年10月に“アイサイト・ツーリングアシスト”を全車標準化するなど大幅改良を実施し、その成果が表れ始めた形だ。なおこのインプレッサのデータには、人気のコンパクトSUV、XVも含まれている。台数的にはおよそ半数がXVで、残りがインプレッサ(スポーツとセダンのG4)だそう。XVでは追加設定された1.6ℓモデルの納車が1月下旬から始まっており、その分の台数も数字に上乗せされた形。

スバリストをひきつけたEJ20が載る最後のWRX

スバリストをひきつけたEJ20が載る最後のWRX

また熱いマニアから注目のWRXのランクインも見逃せない。初代レガシィから搭載され30年の歴史を刻んだ水平対向EJ20エンジンが載る最後のモデル。昨年12月23日がラストオーダーだったが、実際には12月中旬で受け付けは締め切られたとのこと。当初の予定どおり今年3月末までに生産され、オーナーの元に届けられるのだという。

ちなみに昨年の東京モーターショーでも話題となったファイナルエディション555台も、すでに11月にはオーダー受け付けが締め切られている。次期型プロトタイプが公開されてはいるが、レヴォーグも1月23日に2ℓの高性能DITエンジン搭載の“2.0GT EyeSight V-SPORT”が発売され、スバリストの気持ちをひきつけているのだろう。

マツダ、特にマツダ3の踏ん張りに期待

マツダ、特にマツダ3の踏ん張りに期待

対してクルマの魅力を思うと応援したい気持ちにさせられるのがマツダ車だ。50位圏内にはCX-30(22位:2955台)、CX-5(24位:2742台)、マツダ2(28位:2124台)、CX-8(37位:1539台)、マツダ3(39位:1472台)と5車種がランクイン。

このうち先月の41位から順位と台数を伸ばしたのがCX-5で、12月の商品改良の成果と思われる。CX-30とマツダ2は順位的には横ばい。問題はマツダ3で、順位が先月の23位から39位に、台数も2793台から1472台に落としている。フルモデルチェンジ早々で、独創的なデザインの評価は高いものの、販売上では残念な状態が続いているのが現状。何とか飛躍してほしいと願うばかり。先月47位に入っていたロードスターも、1月のデータでは実は50位圏内から外れた。

軽乗用車販売台数 2020年1月

順位車名メーカー台数前年比
1N-BOXホンダ  1895398.8
2デイズ日産   14266105.4
3スペーシアスズキ  1241186.5
4タントダイハツ 1233294
5ムーヴダイハツ 895786.5
6ミラ ダイハツ 584163.6
7アルトスズキ  563699.5
8ハスラースズキ  5534100.3
9ワゴンRスズキ  418256.3
10N-WGNホンダ  337278
11eK三菱   284968.4
12キャストダイハツ 275876.8
13ジムニースズキ  2559106.2
14エブリイワゴンスズキ  1493110.4
15ウェイクダイハツ 122159

※ 同一車名のものは合算して集計しています(アルト、ミラ、ムーヴ、タント、eK、プレオ、N-BOX、デイズ、ピクシスなど)

生産再開のホンダN-WGNがTOP10に復帰、スズキハスラーも上位をうかがう

生産再開のホンダN-WGNがTOP10に復帰、スズキハスラーも上位をうかがう

軽自動車では、生産が再開されたホンダのN-WGNが10位にランクインを果たした。これからの再加速が期待される。他方でN-BOXは安定の1位を保っており、さらに言えば、1位~9位までの顔ぶれは先月と同じ。ダイハツタントは先月と変わらず4位に甘んじている。スズキハスラーは順位をひとつ上げ8位となった。台数は5534台だが、このうち4089台が1月20日から発売開始した新型だという。

LINEクルマ診断

※記事の内容は2020年2月時点の情報で制作しています。

関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード