寄稿記事
モータージャーナリスト
萩原文博はぎはらふみひろ

「トヨタヤリスクロス」ライズ以上CH-R未満、スマートでちょうどいいサイズのコンパクトSUV

「トヨタヤリスクロス」ライズ以上CH-R未満、スマートでちょうどいいサイズのコンパクトSUV

この記事は、 5 分で読めます。

急速に展開が進むトヨタのSUVラインナップにニューモデルのヤリスクロスが加わりました。発売以来、ヒット街道を突き進むヤリスをベースとし、ライズとCH-Rの中間の使いやすいサイズのコンパクトSUVです。そんなヤリスクロスは早くも納車まで数ヶ月待ちという人気ぶり。その詳細をお届けしましょう。

ライズとCH-Rの中間サイズ

ライズとCH-Rの中間サイズ1

トヨタはフラッグシップモデルとなるランドクルーザー200を筆頭に、ランドクルーザープラド、ハリアー、RAV4、C-HR、ライズと充実したSUVの車種ラインアップを展開しています。この充実したラインアップに2020年8月31日に加わったのが、ヤリスクロスです。

その名のとおりヤリスクロスは、2020年2月に発売されたコンパクトカー、ヤリスの派生モデルで、ヤリスシリーズならではの「軽快な走り」「先進の安全・安心技術」「低燃費」を受け継ぎつつ、利便性にとどまらないコンパクトSUVの新たな価値を追求することを目指し開発されました。

ライズとCH-Rの中間サイズ2

ヤリスクロスはヤリスと同じコンパクトカー向けTNGAプラットフォームを採用し、全長4180mm×全幅1765mm×全高1590mmでちょうど、ライズとC-HRの中間に位置するサイズとなっています。

スマートさとSUVらしさが同居したルックス

スマートさとSUVらしさが同居したルックス

外観デザインは「ENERGETIC SMART」をキーワードとして、アクティブで洗練されたバランスの良いプロポーションを追求しています。フロントビューは、フロントグリル、ロア、フェンダーで構成された立体構成が精悍な印象を与えます。さらに、フロントからリアコンビネーションランプまで高い位置で一気に通り抜ける水平基調のラインによりSUVらしい力強いサイドビューを形成。加えて特徴的なキャラクターラインによって力強さとユーティリティを強調しています。

リアビューは、スクエア形状の中央部と大きな開口のバックドアにより機能性の高さを表現し、大きく張り出したリアフェンダーによってSUVらしい力強さを表現しています。ボディカラーは存在感が際立つブラスゴールドメタリックや立体感が強調されるシルバーメタリックなどの新色を加えた全8色を設定。さらにアクティブさを演出するツートーンカラーも7タイプ用意しています。

インテリアはヤリスベースだが、上質感に磨きが

インテリアはヤリスベースだが、上質感に磨きが1

インテリアは、センターコンソールからディスプレイオーディオにかけての縦方向の流れを強調したデザインを採用し、外観同様に力強さを強調しています。シート、ステアリング、シフトレバーを最適なレイアウトに配置。コクピットには視認性に優れたTFTカラー液晶マルチインフォメーションディスプレイを採用。メーター、ディスプレイオーディオを上方に配置し、さらにヘッドアップディスプレイによりドライバーの視線移動を最小限に抑え、「Eyes On The Roadコンセプト」具現化した運転に集中できるインテリアとなっています。

インテリアはヤリスベースだが、上質感に磨きが2

インストルメントパネルの上部にはソフトパッドを採用。そして温かみのある新素材フェルトをドアトリムの広範囲に採用することで、上質で心地良い室内空間を演出しています。

ゴルフバッグ2個を収納するラゲッジは多彩なアレンジが可能

ゴルフバッグ2個を収納するラゲッジは多彩なアレンジが可能1

全長4180mmというコンパクトなライズクロスですが、ラゲージスペースの容量は390Lを確保(デッキボード下段時)し、9.5インチのゴルフバッグを2個収納可能です。

ゴルフバッグ2個を収納するラゲッジは多彩なアレンジが可能2

一部グレードでは6:4分割アジャスタブルデッキボードをトヨタのコンパクトSUVとして初採用。そして4:2:4分割リアシートとの組み合わせにより多彩なラゲージスペースのアレンジが可能となり、アクティブライフをサポートします。また、スマートキーを携帯していれば、リアバンパー下に足を出し入れするだけで、バックドアの自動開閉が可能なハンズフリーパワーバックドアの用意もあります。

1.5Lガソリンとハイブリッドでそれぞれ異なる4WDを用意

1.5Lガソリンとハイブリッドでそれぞれ異なる4WDを用意1

ヤリスクロスに搭載されているパワートレインは、最高出力120ps、最大トルク145Nmを発生する1.5L直列3気筒DOHCエンジン+CVTと、システム合計出力116psを発生する1.5Lガソリンハイブリッドシステムの2種類。

1.5Lガソリンとハイブリッドでそれぞれ異なる4WDを用意2

駆動方式はガソリン車、ハイブリッド車ともに2WDと4WDを用意し、ガソリン車は3つのモードから選択できるマルチテレインセレクトなどの機能を搭載した4WDシステム、一方のハイブリッド車にはE-Fourと呼ぶ電気式4WDを設定。燃費性能はWLTCモードで2WD車が18.8~30.8km/L、4WD車は17.4~28.7km/Lとクラストップの燃費性能を実現しています。

最新の安全&運転支援装備、コネクティッドサービスも

最新の安全&運転支援装備、コネクティッドサービスも

運転支援システムは、最新の予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」を標準装備(X“B パッケージ”を除く)。全車速追従機能付のレーダークルーズコントロール、アダプティブハイビームシステム(AHS)をはじめ、高度運転支援「トヨタチームメイト(アドバンストパーク)」をヤリスに続き採用するなど、コンパクトクラスにもかかわらずトヨタの最新技術を数多く搭載しています。

また、最新のコネクティッドサービスとして、ディスプレイオーディオ及びDCM(車載通信機) を全車に標準装備。SmartDeviceLink(SDL)やApple CarPlay/Android Auto などスマートフォンと連携した機能により、利便性を向上し、豊かなカーライフをサポートします。

早くも納車待ちの長い列が

販売開始直後から絶好調のヤリスクロス。納車までガソリン車が2カ月、ハイブリッド車が3カ月となっており、ツートーンカラー仕様はさらに半月延びるようです。コンパクトSUVに新たな価値を提供するライズクロスの車両本体か価格は、179万8000円~281万5000円で売れ筋は最上級グレードのZとなっています。

■トヨタ ヤリスクロス価格表

グレード駆動方式WLTCモード燃費(km/L)車両本体価格(円)
X Bパッケージ2WD(FF)20.21,798,000
4WD18.52,029,000
X2WD(FF)20.21,896,000
4WD18.52,127,000
G2WD(FF)19.82,020,000
4WD18.22,251,000
Z2WD(FF)18.82,210,000
4WD17.42,441,000
ハイブリッドX2WD(FF)30.82,284,000
4WD28.72,515,000
ハイブリッドG2WD(FF)30.22,394,000
4WD28.12,625,000
ハイブリッドZ2WD(FF)27.82,584,000
4WD262,815,000

 

メルマガ登録

※記事の内容は2020年9月時点の情報で制作しています。

トヨタヤリスクロスの新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他のトヨタヤリスクロスの記事
関連記事
カーリースお役立ち記事
人気記事ランキング
注目のキーワード