ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す
寄稿記事
モータージャーナリスト
岡崎五朗おかざきごろう

「スバルソルテラ プロトタイプ」(岡崎五朗レポート)

「スバルソルテラ プロトタイプ」(岡崎五朗レポート)

スバル初の電気自動車(EV)として登場したソルテラ。トヨタのbZ4Xと兄弟車となるソルテラのプロトタイプ試乗会の舞台に選ばれたのはなんと雪上。スバル初のEVの出来栄え、そしてEVとスノードライブの相性はどうなのか。岡崎五朗さんのレポートです。

フォレスターに近いサイズだが400kg以上重い

フォレスターに近いサイズだが400kg以上重い

フォレスターに近いサイズだが400kg以上重い2

スバル初のEVとして登場したソルテラ。発売を前にプロトタイプの試乗会が開催されたのだが、試乗の場としてスバルが選んだのはなんと雪上。最近はEVに試乗する機会が多くなったが、僕自身、雪道でEVを走らせるのは今回が初めて。EVはエンジン車よりきめ細かい駆動力コントロールが可能であり、その効果は舗装路よりも雪道でよりわかりやすい、ということは容易に想像できるが、その一方でEVは重い。ソルテラは全長4690mm×全幅1860mm×全高1650mmと、フォレスターに近いサイズだが、重量は4WD車で2トンと、400㎏以上重い。その重さがカーブやブレーキングでどんな影響を与えるのかも気になる部分だ。

デザインよりも死角の少ない優れた視界を優先するスバルの伝統

デザインよりも死角の少ない優れた視界を優先するスバルの伝統

ご存じのように、ソルテラはトヨタbZ4Xと兄弟車で、開発もスバルとトヨタが共同で行った。大雑把に分類すると、バッテリーやモーターまわりなどはトヨタ、車体や4WDの制御はスバルが担当した。ついでに言うと、車両の基本レイアウトにもスバル色が色濃く反映されている印象だ。というのも、視界が非常に優れているからだ。デザインよりも死角の少ない優れた視界を優先するのがスバル伝統のクルマ作り。ソルテラも、シートに座って周囲を眺めただけで視界のよさに感心する。

最低地上高へのこだわり、リアシートはやや犠牲に

最低地上高へのこだわり、リアシートはやや犠牲に

また、210mmという最低地上高もスバルの主張が通った結果だろう。トヨタ製SUVの代表作であるRAV4とハリアーの最低地上高は190mm〜200mm、C-HRは140mmと普通の乗用車並みだ。それに対し、スバルのSUVはアウトバックで213mm、フォレスターは220mmと、悪路走破性に直結する最低地上高をたっぷりとる傾向がある。EVは床下に大量のバッテリーを搭載するため最低地上高をとりにくい。にもかかわらず210㎜を確保してきたあたりは、間違いなくスバルのこだわりである。

最低地上高へのこだわり、リアシートはやや犠牲に2

最低地上高へのこだわり、リアシートはやや犠牲に3

結果、とくにリアシート座面とフロアとの距離が短くなり、身長の高い人が座ると股が浮き気味になるという弊害が出てしまった。トヨタならおそらく最低地上高を20〜30㎜少なくしても床を低くしただろうが、そこを妥協しないのがスバルらしい部分だし、そういうこだわりを尊重し、自分の価値観を押しつけないのがトヨタの度量の広さである。

スバルがあえて雪上で試乗会を開催した理由

スバルがあえて雪上で試乗会を開催した理由

今回試乗したのは前後に80kWのモーターを積んだ4WDモデル。走り出すと、雪上を走っていることを意識させないかのような強力なトラクション性能にまずは驚かされた。まるで舗装路を走っているような安定感と安心感を保ちつつあっけなく速度を上げていく。理想的な前後重量配分や低重心高、前後モーターの出力をきめ細かに制御した結果の強力なトラクションなのだが、制御が緻密だからまるで制御が入っていないような自然なフィーリングだ。さすがにさらにアクセルを深く踏み込むとトラクションコントロールが作動するが、その介入動作も実にスムース。ステアリング操作に対して忠実にノーズをインに向ける性能や、旋回中の安定感も高い。スバルがあえて雪上で試乗会を開催した理由がよくわかった。

EVとスノードライブの相性は想像以上に優れている

EVとスノードライブの相性は想像以上に優れている

次第にペースを上げてみる。クローズドコースとはいえ、コース幅が狭いため車体を横向きにするような派手な走りはできなかったが、タイヤが横滑りをはじめるような領域でもコントロール性は高い。アンダーステアが出てもステアリングを切り足せば外に膨らみかけていたラインを内側に引き戻せるし、リアが流れたらアクセルを戻せばすぐに体勢を立て直せる。そんな懐の深さ、コントロール性の高さは雪道での安心感に直結する。下りのカーブでは2トンという重量を意識して早めにブレーキングを開始するなど、それなりの注意を払う必要はあるものの、加速だけすごくて、止まるのも曲がるのもからきしダメという危なっかしい性格では決してない。むしろ、試乗を通してEVとスノードライブの相性が想像以上に優れていることを確認できた。

購入にこだわるならソルテラ一択

購入にこだわるならソルテラ一択

BRZと86がそうだったように、兄弟車でありながらデザインやサスペンションには独自の味付けを施しているが、それにも増して大きな違いとなるのが売り方。bZ4XはKINTOを通したサブスクリプション専用車となるが、ソルテラはスバルの販売店で購入可能。購入にこだわるならソルテラ一択となる。

(写真:スバル)

メルマガ登録

※記事の内容は2022年3月時点の情報で制作しています。

関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード