車購入時に必要な書類は?購入前にやるべきことと納車までの流れを徹底解説

車購入時に必要書類は?購入前にやるべきことと納車までの流れを徹底解説
貯金ゼロでも

車を購入する際には、住民票や車検証などをはじめ、さまざまな書類を用意しなくてはいけません。中には取得に時間がかかる書類もあるので、スムーズに車を購入するためにも、事前に準備しておくと安心です。そこで、車の購入時に必要な書類や購入前にやるべきこと、納車までの流れなどを詳しくご紹介します。

【この記事のポイント】
✔車を購入するときに必要な書類は、普通車と軽自動車で少し異なる
✔車の購入前は駐車場の用意や任意保険の手続きを行っておくとスムーズ
✔手間を省いて簡単に車に乗るなら費用負担も抑えやすいカーリースがおすすめ

車の購入に必要な書類

車の購入に必要な書類

車の購入時に必要な書類には、個人で用意するものと、ディーラーなどの販売店が準備してくれるものがあります。普通車か軽自動車かによっても必要な書類は異なるので、準備の際は注意しましょう。

なお、免許証がなくても車を購入することはできますが、本人確認が必要な場面では、パスポートやマイナンバーカードなど免許証以外の本人確認書類を用意しなければならないこともあります。

普通車の購入時に個人で用意する必要がある書類

普通車を購入する際は、以下の書類を個人で用意する必要があります。

・印鑑証明書
印鑑証明書は、印鑑を実印として登録していることを証明する書類で、市区町村の役所で取得します。普通車を購入する際には発行から3ヵ月以内の印鑑証明書が必要となります。契約時には実印と併せて持参しましょう。

・自動車保管場所証明書(車庫証明書)
車庫証明書は車の保管場所を確保していることを証明する書類で、車庫の所在地を管轄する警察署で申請します。取得までには1週間ほどかかることもある上、申請に必要な書類も多く、駐車場の賃貸契約を結んでいる場合は管理会社などに「保管場所使用承諾証明書」を発行してもらう必要もあるため、早めに準備を始めましょう。

都道府県によっては、申請に必要な書類をインターネットでダウンロードできるので、事前に記入を済ませておくとスムーズです。なお、車庫証明書の取得は、手数料を払って販売店に代行してもらうこともできます。

軽自動車の購入時に個人で用意する必要がある書類

軽自動車を購入する際は、以下の書類を個人で用意する必要があります。なお、契約に必要な印鑑(認印を含む)も書類と一緒に持参しましょう。

・住民票
住民票は、購入者の氏名や住所などを証明する書類で、市区町村の役所で取得します。申請したその場で発行してもらえます。

販売店が用意してくれる書類

車の購入時に必要な書類には、販売店が用意してくれるものもあります。

・自動車検査証(車検証)
一般的に車検証と呼ばれる自動車検査証は、その車が自動車保安基準に適合していることを証明する書類です。車の種類や使用者、所有者などの情報が確認できます。

・自賠責保険証
自動車損害賠償保障法で定められた「自賠責保険」への加入を証明する書類です。車の購入時に加入が義務付けられていることから、強制保険とも呼ばれています。なお、自賠責保険は事故の際の被害者救済を目的とした保険で、対物や運転者などの補償は含まれていません。

・委任状
委任状は、車の購入に必要となる手続きを販売店に代行してもらうときに必要な書類です。署名、捺印をして提出します。

通常記事_コミコミ1万円バナー

車の購入前にしておきたいことは?

車の購入前にしておきたいことは?

車を購入してから納車までにはある程度の時間がかかります。とはいえ、なるべく早く車を手にしたい方も多いでしょう。そこで、スムーズに車の購入手続きを進めるために、購入前に行っておきたいことについて見ていきましょう。

駐車場の用意

車を購入する際に必要な車庫証明書は、駐車場が決まってからでなければ申請できません。新しく駐車場を借りる場合は早めに契約しておきましょう。

任意保険の契約

自賠責保険では運転者や対物の補償がされないため、万が一の事故に備えるためにも、任意保険には加入しておいたほうがいいでしょう。車を初めて購入するときは保険会社やプランを選んで任意保険に加入しますが、現在任意保険に加入している車を買い換える場合には、車両の入替え手続きだけで継続できます。

乗換えの手続き

現在乗っている車から乗り換えるときは、手放す車を下取り、もしくは買取りに出すことになります。下取りでは、新車を購入する販売店に引き渡すことで値引きや特典が受けられます。車の購入と処分を一度にできて、手間も省けるでしょう。中古車販売店などで買取りをしてもらう場合は、車種やカラー、年式などによって買取価格が異なることがあります。

カーローンの申込み

ディーラーローンを利用するときは、車の購入と同時にカーローンの手続きが進められますが、銀行などディーラー以外のローンの場合は、個人で申込みを行わなくてはいけません。審査にはある程度の時間を要する上、審査に通らなければディーラーローンに切り替えるなどの作業が必要となるため、見積りを取得したタイミングで申し込み、審査を受けておきましょう。

まずは審査

車の購入から納車までの流れ

一般的に、車の購入から納車までには、新車で1~2ヵ月、中古車でも1〜2週間ほどかかります。人気車種の新車を買う際は、在庫や注文状況によって納期が伸びる可能性もあり、新車でオプションをつける場合はさらに時間がかかります。納車までの手続きをスムーズに行うためにも、購入から納車までの流れをしっかり理解しておくことが大切です。

1. 予算、条件決め

車の購入を決めたら、まずは予算や条件を考えます。現金一括であれば問題ありませんが、カーローンを利用する場合は、自分がいくらまでローンを組めるか調べておくといいでしょう。また、あらかじめ車に求める条件を考えておくと、車選びもスムーズに行うことができます。

2. 車選び

購入したい車が決まっている方は、カラーやグレードを選びましょう。自分にはどのような車が合うのかわからないという方は、車の用途や乗車人数、よく出かける場所などを考慮すると、車種が絞れて選びやすくなります。

なお、車が必要な期間によっては適している購入方法が変わります。あらかじめ車が必要な期間が決まっている場合には、定額制で利用できるカーリースを検討するのもいいでしょう。

カーリースについて詳しく知りたい方はこちら

3. 試乗

車によって運転席からの視界なども異なるため、車選びでは実際に運転しやすいかどうかも重要となります。購入したい車が決まったら、試乗して乗り心地や運転のしやすさなどを確認しておくといいでしょう。新車であればディーラーで、中古車であれば中古車販売店などに問い合わせて試乗予約をしておきましょう。

4. 見積り

購入したい車が決まったら、車両代金や法定費用、手数料などの諸費用を含めた見積りを出してもらいます。より安い金額で購入したいときは、複数の店舗から見積りを取るのがおすすめです。なお、見積りに書かれている費用に不明点がある場合は、必ず確認しておきましょう。

5. 必要書類の準備

見積りの内容に合意したら、契約に必要な書類を準備します。普通車か軽自動車かによっても必要な書類が異なるので、あらかじめ確認しておきましょう。取得に時間がかかるものもあるので、早めに用意しておくと安心です。

6. 契約

販売店が用意してくれた契約書に記入やサイン、捺印をして、契約を結びます。記載事項には聞き慣れない言葉も多いですが、車は大きな買い物なので、後悔することのないようにしっかり確認しながら手続きを進めましょう。

7. 支払い

契約を結んだら、購入代金の支払いに進みます。支払方法は、現金一括、銀行などのカーローン、自社ローン、クレジットカードなどがあります。それぞれにメリット、デメリットがあるので、自分に合った方法を選ぶことが大切です。なお、選択できる支払方法は販売店によって異なるので、契約時に確認しておきましょう。

8. 納車

すべての手続きが終わったら、納車となります。整備などが完了した連絡を受けたら、自ら店舗に出向いて車を受け取ります。取りに行くことが難しいときは、納車代行手続きを行うことで自宅に届けてもらうこともできます。

手間を省いてカーライフを始めるならカーリースがおすすめ!

車を購入する際は、さまざまな手続きや書類の準備が必要になり、手間と時間がかかってしまいがちです。そこで、手間を省いて気軽に車に乗りたいという方におすすめなのが、カーリースです。

カーリースとは、毎月一定の料金を支払いながら、カーリース会社が購入した新車を借りるサービスです。借りる車は自分で選べるため、カーローンでマイカーを購入する場合と同じように自由に車を選べる上、車に乗るまでのさまざまな手続きをカーリース会社が代行してくれるため、手間がかかりません。

また、月額料金に税金や自賠責保険料、各種手数料などが含まれていることから、大きな出費の心配なく新車に乗ることができるという点もカーリースの魅力です。車選びから納車までのすべての工程を自宅にいながら完結でき、なおかつ車にかかる費用を抑えられることから、近年大きな人気を集めています。

定額カルモくんなら簡単な手続きで日本一安く*新車に乗れる!

カルモくん_new

カーリースの定額カルモくんでは、頭金なし、ボーナス払いなし、契約満了時の残価精算がないクローズドエンド方式のカーリースで日本一安い*月額10,000円台から新車に乗ることが可能です。

契約手続きもネットと郵送だけで完結するので、忙しい方でも手間をかけずにカーライフをスタートできるでしょう。

* 一般社団法人日本自動車リース協会連合会所属のすべての業者の中で、完全定額(頭金なし・ボーナス払いなし・クローズドエンド契約)で新車を個人向けにリースしているサービスにおいて月額料金が日本最安値(2021年7月13日、ステラアソシエ株式会社調べ)

国産メーカー全車種・全グレードから自分が好きな新車を選べる!

定額カルモくんでは、国産メーカー全車種・全グレードから新車を選ぶことが可能です。メーカーやボディタイプ、価格帯、人気順などから細かく絞り込めるため、気になる車同士の比較も簡単にでき、妥協することなく車を選ぶことができるでしょう。

気になる車がある場合は、具体的にどれくらいの月額料金で乗れるのかもすぐにシミュレーションできるため、すでに目当ての車があるという方は、以下のバナーからぜひチェックしてみてください。

車検代やメンテナンス費用も月額料金だけでまかなえる!

カーリースでは、車検代やメンテナンス費用は月額料金には含まれておらず自己負担となることが一般的です。しかし、定額カルモくんのメンテナンスプランに加入すれば、月額料金に車検代やメンテナンス費用、一部の消耗品の交換費用などを含めることができるほか、返却時の原状回復費用も補償されます

さらにプランによってはメーカー保証の延長保証を契約期間中ずっと受けることができます。カーローンを組んで車を購入した場合、月々の返済とは別にこれらの費用の支払いも発生しますが、定額カルモくんでは車を維持するためにかかる費用を月額料金に含めてもなお安く車に乗れるため、費用を抑えて車に乗りたい方にぴったりです。

ネットと郵送だけで納車まで完結!事前に審査結果もチェックできる

定額カルモくんでは、ネットと郵送だけで車探しや料金シミュレーション、審査申込みから審査通過後の契約手続き、さらには契約後の納車まで完結します。審査結果は通常翌営業日(最大3営業日)にわかるため、早く車に乗りたいという方も安心です。

なお、審査に通るかどうか簡単にネットで確認することも可能です。もちろん、本契約前であればキャンセルすることもできるので、気軽に試してみてはいかがでしょうか。

事前に審査結果がわかるお試し審査はこちら

まずは審査

必要書類をチェックして、スムーズにカーライフを始めよう

車購入の際には、まとまった資金だけでなく、時間や手間もかかります。スムーズにカーライフを始められるように、必要書類の確認や用意は余裕をもって進めておきましょう。

※記事の内容は2021年8月時点の情報で制作しています。

よくある質問

Q1:車を購入するときに必要な書類は?

A:普通車の場合は印鑑証明書と車庫証明書、軽自動車の場合は住民票を用意する必要があります。なお、車検証、自賠責保険証、委任状などは販売店側が用意してくれるのが一般的です。

Q2:車を購入する前にしておくことはある?

A:駐車場の用意や任意保険の手続きを行っておくとスムーズです。なお、現在乗っている車から乗り換えるときは、車の売却先も併せて検討しておきましょう。

Q3:手続きの手間を省いて簡単に車に乗る方法は?

A:手間を省いて簡単に車に乗りたいという方にはカーリースがおすすめです。カーリースとは、毎月一定の料金を支払いながら、カーリース会社が購入した新車を借りるサービスです。借りる車は自分で選べるため、カーローンでマイカーを購入する場合と同じように自由に車を選べる上、車に乗るまでのさまざまな手続きをカーリース会社が代行してくれるため、手間がかかりません。

※記事の内容は2021年8月時点の情報で制作しています。

関連記事
カーリースお役立ち記事
人気記事ランキング
注目のキーワード
読了後バナー