ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

審査が甘い運転免許ローンはある?ローンの種類や審査内容を解説

審査が甘い運転免許ローンはある?ローンの種類や審査内容を解説

運転免許を取得するためには、一般的に25~30万円ほどかかります。学生やアルバイト、フリーターなどの場合は資金に余裕がなく、月々の支払いの負担を抑えられる運転免許ローンを利用したいと思う方も多いでしょう。

運転免許ローンを利用するには、ほかのローンと同様に審査に通らなくてはなりません。運転免許ローンの審査は甘い、という声もありますが、実際のところはどうなのでしょうか。

ここでは、運転免許ローンの審査について詳しく解説します。審査内容や、運転免許ローンの種類別の特徴などを見ていきましょう。

ローンを組まなくていい!初期費用0円・月々10,000円台から新車に乗る方法はこちら

  • 運転免許ローンの審査がほかのローンよりも特別甘いということはない
  • 運転免許ローンでは安定した収入の有無や信用情報などが見られる
  • 運転免許ローンの種類によって審査のきびしさは異なる

審査が甘い運転免許ローンはある?

審査が甘い運転免許ローンはある?

未成年や学生でも利用することができる運転免許ローンですが、その審査はほかのローンよりも甘いという声もあります。本当に運転免許ローンの審査はやさしいのかを見ていきましょう。

審査内容はほかのローンと同じ

結論から言うと、運転免許ローンだからといって、その審査がほかのローンよりも特別甘いということはありません。ほかのローンと同様に審査が行われ、借り手側に問題があれば審査を通過することはできません。

ローンの申込みが簡単=審査が甘いというわけではない

運転免許ローンの審査が甘いというイメージが広まっている理由のひとつとしては、18歳以上であれば未成年でも本人名義で申込むことができ、学生やアルバイトでも申込みやすいことが挙げられます。

しかし、収入のほとんどない学生でも運転免許ローンを組めるのは、実際に審査対象となるのが連帯保証人である親権者の収入や信用情報であるためです。もし本人が返済できなくなったとしても、連帯保証人に返済能力があれば問題ありません。

運転免許ローンの審査では何が見られる?

運転免許ローンの審査でも、ほかのローンと同様の審査が行われます。具体的に、申込み者のどのような情報が審査で見られるのかをご紹介します。

収入と勤続年数

ローン審査では、単なる収入の高さではなく、問題なくローン返済ができる収入かどうかが審査されます。
審査に通過するためには、年収に対する年間のローン返済の割合が3割以下となる必要があります。運転免許ローン以外のほかのローンの借入れ額も含めて、年間返済割合が3割以下であることがポイントです。

また、安定した収入があるか判断するために勤続年数も見られます。一般的には、勤続年数1年以上であることが審査通過の目安とされています。

なお、申込み者が学生や主婦の方で収入や勤続年数を審査できない場合は、連帯保証人や世帯主の収入、勤続年数などが審査されるケースもあります。

信用情報

携帯料金や税金の支払い遅延や滞納など信用情報に傷がついていると、審査でも不利になってしまいます。特に過去5年以内の信用情報に問題がある場合は、審査に通らない可能性があるため注意が必要です。

なお、学生が運転免許ローンに申込む場合は、連帯保証人となる親権者の支払い能力や信用情報が見られるケースが多いです。

年齢

運転免許ローンの種類によって、申込み者の年齢に制限が設けられていることもありますが、信販会社のローンや大学生協ローンは、未成年の学生が利用するケースも多いことから、親権者の同意があれば18歳以上から申込むことが可能です
ただし、銀行系ローンは申込み者本人が20歳以上で、安定した収入があることが条件となっています。

運転免許のローンの種類と申込み方法

運転免許のローンの種類と申込み方法

運転免許ローンは、種類によって申込み方法や金利、審査のきびしさなどが異なります。自身の状況に応じて利用条件や金利を比較しながら、無理なく返済していけそうなローンを選ぶことが大切です。
ここでは、3種類の運転免許ローンそれぞれの特徴を見ていきましょう。

信販会社の運転免許ローン

信販会社の提供する運転免許ローンは、未成年の学生や専業主婦の方でも本人名義で申込むことができます。審査では、学生は親権者の、専業主婦は配偶者の収入や信用情報が見られます。
申込みやすいというメリットがある一方で、金利相場が高めな点に注意が必要です。

申込み方法

インターネットや電話から申込むことができます。また、教習所ではその教習所と提供している信販会社の運転免許ローンへの申込みを受け付けているところも多いです。

インターネットや電話から申込む場合は、利用する教習所と返済プランについて担当者と相談した上で審査を受け、通過後に窓口または郵送で本契約を行います。

銀行の運転免許ローン

銀行や信用金庫などの金融機関が提供する運転免許ローンもあります。免許取得専用のローンのほか、車を購入する際に利用できる自動車ローンを使って、運転免許取得資金を借入れることができる金融機関もあります。

銀行系ローンはほかのローンと比べて低金利で利用できる点がメリットですが、利用条件はきびしい傾向にあり、20歳以上で契約者本人に安定した収入がなければならないケースがほとんどです

申込み方法

銀行系ローンは、申込みから契約までインターネットで完結するタイプが多いです。まずは各ローンの公式サイトから仮審査へ申込み、通過後に本審査を受けます。必要書類などを提出し、本審査にも通過できたら、契約手続きに進みます。

大学生協の運転免許ローン

大学生協の提供する運転免許ローンは、その大学の生徒であれば利用することができます。学生でも利用しやすく、金利も信販会社のローンと比べると低めに設定されている点がメリットといえるでしょう。

ただし、提携先の教習所でしか利用できないなどの制限が設けられているケースもあるため、利用条件はよく確認しましょう。また、収入のない学生が利用することが多いため、連帯保証人が求められることも多いです。

申込み方法

大学の生協へ行き、専用申込み書を受け取ります。必要事項を記入し、必要書類もそろえた上で申込みましょう。
生協によっては、ウェブ申込みに対応しているところもあります。

ローンより審査に通りやすいかも?最小限の負担で新車に乗る方法

消費者金融のカードローンを運転免許ローンとして利用する方法も

消費者金融のカードローンを運転免許ローンとして利用する方法も

信販会社や銀行、大学生協の運転免許ローンの利用が難しい場合は、消費者金融のカードローンを活用するという方法もあります。カードローンは用途が自由なため、もちろん運転免許取得費用にあてることも可能です。
カードローンのメリットと、利用時の注意点を見ていきましょう。

用途自由なカードローンなら運転免許取得費用にも使える

用途に制限のないカードローンなら、運転免許の取得費用に使うこともできます。運転免許ローンは、借りたお金を運転免許の取得に使ったと証明するための書類を提出する必要がありますが、用途の自由なカードローンならそのような手間もかけずに利用することが可能です

審査が比較的やさしく手続きもしやすいため、ほかの運転免許ローンの利用が難しいけれど、すぐに免許を取得したいというときに便利です。

カードローンは返済期間を長引かせないよう注意が必要

カードローンは、限度額の範囲内であれば何度でも借入れと返済をすることができます。しかし、限度額に余裕があるからといって返済期間中にもかかわらず何度も追加で借入れると、そのぶん完済までの期間も延びてしまいます。返済期間が長引くだけ利息の負担も大きくなってしまうため、注意しましょう。

カードローンを運転免許ローンの代わりに使うときは追加の借入れはせず、まずは免許取得のために借入れたお金の完済に専念することをおすすめします。

運転免許ローンを選ぶときのポイント

運転免許ローンを選ぶときのポイント

運転免許ローンは3種類に分けられ、さらに用途自由のカードローンで借りたお金を免許取得の費用にあてることもできます。自身の状況に合ったローンを利用するためにも、ローン選びのポイントを確認しておきましょう。

大学生なら大学生協の運転免許ローン

学生が利用できる大学生協のローンは、ほとんど親権者の信用度で利用可否が決まります。申込み者本人に収入がなくても利用できる上、信販系ローンやカードローンよりも金利相場も低いため、大学生なら生協のローンを利用することをおすすめします。

少しでも低金利で利用したいなら銀行の運転免許ローン

少しでも利息を抑えたいのであれば、最も金利相場の低い銀行系ローンがおすすめです。審査はきびしいですが、そのぶんローンの返済総額をほかのローンよりも抑えられるでしょう。

申込みやすさや審査の早さを優先するなら信販会社の運転免許ローン

信販会社のローンは、インターネットや教習所から申込むことができます。自宅でじっくり検討した上で好きなタイミングで申込んだり、通う教習所で直接ローン契約を結んだりすることができるため、手続きも簡単です。

すぐに免許を取得したい場合は消費者金融のカードローン

どの運転免許ローンも利用が難しいけれど、すぐに免許取得資金が必要。そのようなときは、審査が比較的やさしく、スピーディーに利用できる消費者金融のカードローンを検討しましょう。

免許取得後、負担を抑えて新車に乗るならカーリース!

免許取得後、負担を抑えて新車に乗るならカーリース!

無事運転免許を取得した後は、マイカーが欲しいという方も多いはず。しかし、運転免許ローンの返済や車を購入した後の維持費なども考えると、購入資金にあまり余裕がないという方もいるのではないでしょうか。

しかし、月々の定額料金だけで車に乗れるカーリースなら、費用負担を抑えながら新車に乗ることができます

頭金やボーナス払いなしの定額制で好きな新車に乗れる

カーリースとは、月々定額の料金でリースした車に、契約期間のあいだずっとマイカーのように乗れる車のサブスクリプションサービスです。

毎月支払いがあると聞くと、自動車ローンのような返済をイメージするかもしれません。しかし、カーリースは頭金やボーナス払いが不要で、金利という概念もないサービスなので、初期費用や利息などの負担なしに毎月定額で新車に乗ることができます

月々のリース料金には車両価格だけでなく各種税金や自賠責保険料も含まれているので、初心者でも車関連の出費を管理しやすく、家計管理も楽になります。

リース料金の残価設定

また、カーリースのリース料金は、契約期間満了時の車の想定価格である「残価」を車両価格から差し引いた上で算出されます。ローン購入するよりもお得な料金で新車に乗ることができるのは、この残価設定のしくみによって車両価格を抑えられるためです。

さらに、カーリースはレンタカーやカーシェアリングとは異なり、利用者の乗りたい新車が用意されます。豊富な車種から、予算や用途に合わせて好きな車を選べるという点も魅力です。

定額カルモくんなら初期費用0円で日本一安く*新車に乗れる!

カルモくん_new

おトクにマイカー 定額カルモくん」は、頭金なし、ボーナス払いなし、返却時の残価の支払いなしで利用できる日本一安い*カーリースです。資金に不安がある免許を取得してすぐの方でも、気軽にカーライフを始めやすいサービスが充実しています。ここでは、定額カルモくんの魅力をご紹介します。

* 一般社団法人日本自動車リース協会連合会所属のすべての業者の中で、完全定額(頭金なし・ボーナス払いなし・クローズドエンド契約)で新車を個人向けにリースしているサービスにおいて月額料金が日本最安値(2021年7月13日、ステラアソシエ株式会社調べ)

日本一安い*月額料金が魅力!人気車種も勢揃い

月額料金が日本一安い*定額カルモくんでは、月々10,000円台から新車に乗ることができます。月額料金には各種税金や自賠責保険料、手数料などが含まれており、さらにメンテナンスプランを適用すれば車検代やメンテナンス費用、原状回復費用などもリース料金に組み込んで定額化することができます

まとまった資金を用意するのが難しい方でも、費用負担を抑えながら好きな新車に乗ることができるでしょう。

さらに定額カルモくんは、国産メーカーの全車種・全グレードの新車を取り扱っています。希望の車、予算に見合う車を選びやすいため、初めての車選びで困る心配もありません。

* 一般社団法人日本自動車リース協会連合会所属のすべての業者の中で、完全定額(頭金なし・ボーナス払いなし・クローズドエンド契約)で新車を個人向けにリースしているサービスにおいて月額料金が日本最安値(2021年7月13日、ステラアソシエ株式会社調べ)

契約前からLINEやメール、電話で相談できる

定額カルモくんには、車に関して何でも相談できる専任のカーコンシェルジュが常駐しています。

車選びや申込み方法、契約期間中の疑問や車のトラブルなどを、LINEやメール、電話で気軽に相談することができます。契約前でも、利用者一人ひとりの希望や状況に合わせてぴったりの車やプランを提案してくれるため、初めてカーリースを利用したいという方でも安心です。

LINEで無料相談する

お試し審査で審査に通るか先に確認できる

カーリースの審査に通過できるか不安な方には、定額カルモくんの「お試し審査」がおすすめです。ネットから受けられる簡単な審査で、申込みには5分程度しかかかりません。審査結果は通常で翌営業日、最大3営業日で届きます。

お試し審査に申込んだ後でも、契約前であればキャンセルしたり、車種やプランを変更したりすることもできます。審査と並行して車選びをすることで、納車を早めることも可能になるでしょう。

まずは審査

免許取得後の資金繰りも考慮したローン選びをすることが大切

運転免許の取得にかかる費用も、ローンで支払うとなると利息によって支払総額が大きくなってしまいます。免許取得後のマイカー購入費用を残すためにも、利用するローンの金利や返済期間についてよく比較検討し、負担が大きくなりすぎない範囲でローンを組むことが大切です。

もし車の購入が資金的に難しい場合は、費用負担を抑えながら新車に乗れるカーリースも検討してみてはいかがでしょうか。定額カルモくんのように、車の選択肢が豊富で費用を抑えられるサービスが充実したカーリースなら、初心者の方でも安心してカーライフをスタートできるでしょう。

よくある質問

Q1:運転免許ローンの審査が甘いというのは本当?

A:運転免許ローンの審査が、ほかのローンよりも特別甘いということはありません。ほかのローンと同様に審査が行われ、借り手側に問題があれば審査には通りません。

Q2:運転免許ローンの審査内容は?

A:運転免許のローンでは、申込み者の年収や勤続年数、信用情報などが審査されます。ただし、収入のほとんどない学生や主婦の場合は、連帯保証人の方が審査対象となります。

Q3:免許取得後にできるだけ負担を抑えて新車に乗るには?

A:月々の定額料金だけで車に乗れるカーリースであれば、費用負担を抑えながら新車に乗ることができます。定額カルモくんなら、月々10,000円台から新車に乗ることができる上に、月額料金には各種税金や自賠責保険料、手数料などが含まれており、さらにメンテナンスプランを適用すれば車検代やメンテナンス費用、原状回復費用などもリース料金に組み込んで定額化することができます。

※記事の内容は、2021年10月時点の情報で制作しています。

関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる
ローンを組まなくても